井手らっきょが活動拠点を熊本へ!経営していた野球塾や裸芸の第一人者の現在は?

元祖裸芸人ともいえる井手らっきょ。そんな井手らっきょを以前ほどテレビで見かけなくなったと感じる人も多いのではないでしょうか。実は、現在の井手らっきょは野球塾を行ったり、熊本で活動する芸人になっていると言われているんです。井手らっきょの現在に迫ります。

井手らっきょが活動拠点を熊本へ!経営していた野球塾や裸芸の第一人者の現在は?

目次

  1. お笑い芸人の井手らっきょの現在は?
  2. 井手らっきょの経歴
  3. 井手らっきょと言えばスキンヘッドと裸芸
  4. 井手らっきょの芸能界入りまでの道のり
  5. ものまねが井手らっきょの芸能界入りのきっかけ
  6. 井手らっきょとたけし軍団
  7. 井手らっきょと野球塾
  8. 野球塾をに対する井手らっきょの熱い思い
  9. 井手らっきょの野球塾とその後は
  10. 野球塾からは実際にプロ野球選手が生まれた
  11. 現在の井手らっきょは熊本で活動している?

お笑い芸人の井手らっきょの現在は?

元祖裸芸人といえる井手らっきょ。そんな井手らっきょなのですが、現在あまり見かけないと感じていませんか?井手らっきょは野球塾を行っていた時期もあるようで、そんな井手らっきょの現在が気になるところです。

現在の井手らっきょもあの頃のように裸芸人として活動はしているのでしょうか。そして、井手らっきょは現在は熊本で活動しているという噂もあるようです。そんな、現在の井手らっきょのお笑い芸人としての、活動を調査してみました。

井手らっきょの経歴

井手らっきょは1959年12月11日生まれの58歳です。熊本県熊本市出身で、オフィス北野所属のたけし軍団の団員です。

お笑い芸人であり、裸芸人の第一人者ともいえる人物ですよね。井手らっきょの本名は井手博士と言います。

これは「いで はかせ」ではなく「いで ひろし」と読みます。たけし軍団に所属していると、なんとなく本名すらも芸名のようにふざけた読み方に見えるのが不思議です。

井手らっきょの息子は実はラッパーで「ROOK」という人物なんです。そして、井手らっきょには娘さんもいるようですね。

井手らっきょと言えばスキンヘッドと裸芸

井手らっきょといえば、スキンヘッドがトレードマークですよね。そして、もう一つがビートたけしお気に入りの裸芸が特徴です。

昨今は、テレビ業界もスポンサーに迷惑をかけないために、そういった芸も厳しくなっているようで、井手らっきょの裸芸をゴールデンタイムに見れるかどうかは、なかなか厳しいもののようです。

TV番組のバラエティ番組で活躍していたのはもちろんなのですが、映画や舞台での俳優としての活動も井手らっきょの真骨頂といえます。

井手らっきょの芸能界入りまでの道のり

井手らっきょは熊本県熊本市出身で、熊本県立第二高等学校を卒業したあと、なんと早稲田大学商学部に入学しているんです。

たけし軍団にはインテリな存在とアウトローな存在が入り乱れていると言われ、裸芸が武器な井手らっきょですが、実際は早稲田大学に合格していたインテリ組だといえます。しかし、早稲田大学は中退してしまったようですね。

井手らっきょといえばTBS「オールスター感謝祭」の「赤坂5丁目ミニマラソン」でのマラソンの姿も印象に残っていますが、もともと短距離走が得意な学生生活だったようです。しかも、井手らっきょのイメージには無いですが、ダーツも特技なのだとか。

ものまねが井手らっきょの芸能界入りのきっかけ

裸芸人として有名な井手らっきょですが、もともとは西城秀樹の「傷だらけのローラ」を真似たのがきっかけで、ものまねにハマったのがお笑い芸人になる、きっかけだといえます。

その後も、学生時代は西城秀樹や水谷豊のものまねをして、素人モノマネ番組の常連だったんです。そのことで、井手らっきょは注目されるようになり、太田プロダクションに誘われて、お笑い芸人とてデビューすることになります。

そして、井手らっきょはフジテレビの初期の「笑っていいとも!」のレギュラーだったんですよ。そういったこともあり、井手らっきょはたけし軍団に入るまえから、お笑い芸人としては若手のホープ的な芸人だったといえます。

井手らっきょとたけし軍団

井手らっきょは、たけし軍団の中で「一軍」といわれるたけし軍団の初期中の初期のメンバーです。井手らっきょはお笑い芸人としてデビューしたころは「井手ひろし」という芸名で活動していたようです。

芸人として活動を続けていた中、井手らっきょは若くして脱毛症になってしまい、カツラをかぶって芸人としての活動を続けていたそうです。

そして、大好きな野球がこうじて、ビートたけしのたけし軍団の草野球に参加していました。そのときに、ビートたけしからたけし軍団入りを打診されて参加を決意しました。

そのときに井手らっきょは、ビートたけしから思い切って、髪の毛を全部そってしまうことを提案されたんです。井手らっきょは、その提案を受け入れてスキンヘッドになり、同時にたけし軍団に入って以降は、すぐに裸になる裸芸を身に着けて、精力的に活動していきました。

井手らっきょと野球塾

井手らっきょは過去に、ビートたけしの番組の「スポーツ大将」という番組で、たけし軍団全員が日本ハムファイターズの入団テストを受けるという企画があったんです。

その中で、なんと井手らっきょだけが総合で日本ハムファイターズの入団テストの合格ラインに達しており、もう少し年齢が若ければ、実際に採用する可能性があったほどの、野球の腕前だったんです。

それだけに、野球に対するこだわりはつよく、ミズノに硬式野球特注グラブを複数発注し、合計8個もグラブを持っているほどの野球好きなんです。

井手らっきょはそういった野球に強い思いがあったことから、バラエティ番組の「マネーの虎」に出演し、元・プロ野球選手による野球塾開校のための資金支出を希望したんです。

野球塾をに対する井手らっきょの熱い思い

井手らっきょは番組で軟式野球で4度も優勝した経験もあり、野球塾開設のために「2270万円」を願い出ます。室内練習場を作って、毎日2時間の練習を出来る環境を作りたいというものでした。

井手らっきょは都内には、小学生は練習出来る環境はあっても、中学生になるとチーム数が激減し、その原因には練習できる施設と指導者がいないことが問題であり、そのために野球塾を開設したいという願いだったんです。

井手らっきょはこの番組時点で野球経験が40年あり、5歳のときから野球経験があることをアピールしました。そして、元プロ野球選手が指導者になるとして、元ヤクルトの秦真司や元広島の小早川毅彦、川口和久など10名以上が講師として話がついているというものでした。

ただし、経営者の経験がない井手らっきょに不信感を感じる、虎たちだったのですが、まさかの秦真司が実際に登場し、指導方針を伝えると、その雰囲気が一気に変わりました。

井手らっきょの野球塾とその後は

井手らっきょの熱い思いや、井手らっきょ自身もスイングを見せるなどして、ついに虎たちのうち3人が野球塾に賛同し、満額の2270万円が出資されました。

そして開設された井手らっきょの野球塾「プロフェッショナルベースボールアカデミー」は、現在も活動を続けています。井手らっきょは、出資金で有限会社裸裸裸(ららら)を設立し、井手らっきょが代表取締役社長、秦真司と浅井裕詞が取締役に就任しました。

当初は神奈川県に開設する予定だったものの、建築基準法などのトラブルから、井手らっきょの故郷である熊本県熊本市にて開校されました。

元広島の今井譲二、元ダイエーの御船英之が指導者に、名誉顧問には元広島の古葉竹識の名前が並ぶなど、本格的な野球塾になりました。

野球塾からは実際にプロ野球選手が生まれた

野球塾としては好調だったようですが、いつのころからか井手らっきょは運営から手を引いて、現在は有限会社西日本物流サービスが運営会社になっており、井手らっきょ関係のコメントも削除されてしまっています。

そして、2008年には野球塾に所属していた猪本健太郎がドラフトで、福岡ソフトバンクホークスに3巡目で指名されて、発のプロ野球選手も生まれています。

2010年には、高野一哉がロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶなど、井手らっきょの夢は現在も受け継がれています。

現在の井手らっきょは熊本で活動している?

2005年に開設された野球塾から身を引いた井手らっきょですが、その後はどのような活動をしているのでしょう。

その後も井手らっきょはバラエティ番組や、得意の陸上やマラソンに関係するイベントに参加していたようです。そして、2018年3月8日に「大竹まこと ゴールデンラジオ」に出演した際に、4月1日から活動拠点を地元「熊本」に移すことを発表したんです。

ゲストとして出演した井手らっきょは「獅子舞つきビキニパンツ」で登場し、大竹まことから、熊本に移住することについて質問されました。その事実を認めた井手らっきょからは、その理由についても説明があったようです。

井手らっきょは地元が熊本であること、そして熊本での震災以降、熊本の番組に呼ばれる機会が増えたようです。番組のスタッフなどから、熊本に居てくれたらもっと番組に出演してもらえることを遠回しに匂わされたようで、井手らっきょも、なら熊本に移住しようと地元に帰ることを決めたようです。

井手らっきょ本人は震災復興のためというより、井手らっきょ自身が復興するため、などとふざけていたようですが、すでに熊本でのレギュラーが2本決まっており、4月から熊本で井手らっきょんの活動が本格化しそうですね。

すでに58歳という年齢なこともあり、そういった自分にレギュラーが2本ももらえたことが、とても嬉しかったようです。井手らっきょが熊本に笑いを届けてくれるのが4月から楽しみですね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ