ビジネスで起業しようと思った時に、一つの障壁となるのはビジネスアイデアではないでしょうか。自分でビジネスをする時に、斬新なアイデアが必要だと思っている人は多いですが、決してそんなことはありません。ビジネスをスタートする上で大切な考え方をご紹介します。

ビジネスのアイデア集!起業で使える考え方や50万以下でスタートする方法

目次

  1. ビジネスのアイデア集!起業で使えるアイデアなどをご紹介!
  2. 起業で使えるビジネスのアイデアや考え方とは?
  3. 50万円以下からスタートできるビジネスのアイデアをご紹介
  4. 起業で使えるビジネスのアイデア①「ネットショップ」
  5. 起業で使えるビジネスのアイデア②「アフィリエイト」
  6. 起業で使えるビジネスのアイデア③「Webライター」
  7. 起業で使えるビジネスのアイデア④「Youtuber」
  8. 起業で使えるビジネスのアイデア⑤「ブロガー」
  9. 起業で使えるビジネスのアイデア⑥「LINEスタンプ」
  10. 起業で使えるビジネスのアイデア⑦「セールスライター」
  11. 起業で使えるビジネスのアイデア⑧「テレマ代行」
  12. 起業で使えるビジネスのアイデア⑨「電子書籍出版」
  13. 起業で使えるビジネスのアイデア⑩「シェアリングサービス」
  14. ビジネスのアイデアは無数にある!
  15. ビジネスのアイデア集!起業で使えるアイデアのまとめ

ビジネスのアイデア集!起業で使えるアイデアなどをご紹介!

サラリーマンから社長へなるには、会社で出世するか自分で起業するかしか方法はありません。サラリーマンでいる限りは、会社があなたの給料を保証してくれますが、起業して社長になるとそうはいきません。しかし、男なら一度は社長として一国一城の主人になってみたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし多くの人が「自分でビジネスができるか不安」「将来が不安」などという理由で、一歩踏み出せずにいます。そんな悩みの中でも一番多いのは、「これまでにない斬新なビジネスのアイデアが浮かばない」という人です。既存のビジネスではなく、新しいビジネスを創出しなければ起業できないという考え方をしている人が多いのです。

そんな起業に一歩踏み出せないあなたへ、起業に必要なビジネスのアイデアの考え方やスタートアップに必要なもの、さらに50万円以下の資金でスタートできるビジネスのアイデアをご紹介します。

ビジネスに役立つアプリ特集!仕事を効率化させる便利・人気のものは? | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデアや考え方とは?

起業する人、または起業しようと思っている人のほとんどが「面白いアイデア」や「斬新なビジネス」という考え方を持っています。これ考え方は、別に悪いことではありません。しかし、そのような斬新なアイデアや面白いアイデアというのは、本当にトップ数%のいわゆる「天才」という人たちが生み出すべきビジネスだということを、まずはじめに理解しましょう。

では、そのような人ではないと起業することはできないのか、というと決してそんなことはありません。凡人がビジネスをスタートする上で大切な考え方は、「既存のビジネスの盲点」を考えるということです。1からビジネスの新しいアイデアを考えるというのは、並大抵の知識やひらめきではありません。

しかし、すでにあるビジネスの隙間をつく、応用するという考え方を持つようにすると、意外と面白いアイデアや斬新なビジネスに見えるビジネスで起業することが可能です。これからビジネスをスタートしたい人は、自分の得意分野のビジネスを少し違った角度から見るようにすると、新しいアイデアが生まれるかもしれません。

ビジネスレター・文書の書き方は?書き出しや例文など分かりやすく解説 | MensModern[メンズモダン]

50万円以下からスタートできるビジネスのアイデアをご紹介

ビジネスをスタートするときは、なるべく費用はかけたくないものです。資金が潤沢にあればその分ビジネスに投資してもいいでしょう。しかし、これから起業を考えている人の多くは、そこまで資金に余裕はないと思います。

当面の生活費や広告費なども考えると、ビジネスをスタートする上では仕入れやスタート時の資金は抑えるに越したことはありません。ということで今回は、50万円以下でスタートすることのできるビジネスのアイデアを10個、ご紹介します。

人間力を高める10の方法!仕事ができる人に共通のビジネススキル! | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア①「ネットショップ」

元手は工夫次第でいくらでも抑えることができる上に、思った以上にレバレッジが効く可能性を秘めたビジネスアイデアといえば、ネットショップでしょう。ブックオフなどの古本屋で安く仕入れたものを高く販売することを「せどり」と言います。その他にも、メルカリなどのフリマアプリを使って、これまでは捨てていたような物でも売りに出すと意外にも購入者が現れる可能性があります。

また、通販で自分が作った作品を販売するBASEというサービスもあるので、ネットショップは新しくビジネスをスタートしたい人は、50万円以下で起業できると言えるでしょう。

ただし、「安く買って買った金額より高く売る」という性質上、そこまで儲からないので、オリジナルアイテムを作る、売ることにプラスして付加価値をつけて販売価格を高くするなどの工夫が必要なビジネスアイデアです。副業でスタートするには、もってこいのビジネスだと言えるでしょう。

責任感が強い人に共通する5つの特徴!ビジネス上での長所とは? | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア②「アフィリエイト」

ビジネスの基本として、在庫を持たないビジネスモデルという考え方があります。ネットショップなどの物販や、飲食店などの飲食店ではこの在庫の概念からどうしても外れることができないので、初期投資やスタート時の資金がある程度必要となってしまいます。

しかしアフィリエイトならば、自分で在庫を持つわけではなく、自分が使ってよかった製品やサービスを紹介して、自分のサイトやブログの中の広告リンクから商品を買ってもらうことで、報酬が得られる仕組みとなっています。パソコンとインターネット環境があれば誰でもできます。スマホだけでもできるので、初期投資は50万円どころか、0円からでもスタート可能です。

しかし、自分のサイトやブログにアクセスを集めるために、最初の3年はコツコツ頑張り続ける必要があるので、長期的な視野を持ってビジネスに取り組む必要があります。いきなり起業するよりも、副業として始めると良いでしょう。

バンドワゴン効果のビジネスでの活用法は?マーケティング用語解説 | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア③「Webライター」

Webの様々な媒体に寄稿して原稿料をもらう、Webライターも独立起業するためにはアイデアの1つだと言えるでしょう。紙媒体と違い、いつでも修正・加筆ができるWebコンテンツのライターは、雑誌や新聞などと比べると参入のハードルが低いので、素人でもできます。大切な考え方として、文章がうまいことではなく、事実を正確に伝えるということ考え方が必要です。

自分のメディアで記事を発信しつつ、初心者でもOKの案件をどんどんこなしていくことで、執筆スピードもどんどん上がっていくことでしょう。もちろん、スタートの資金も50万円以下で始めることが可能です。

ある程度仕事が確保できそうならばいきなり起業してもいいかもしれません。しかし、最初は低単価の案件をひたすらこなすだけになるので、最初の1年は黙々と数をこなして月収20万円前後というのが現実的なラインでしょう。

初めてのメールで失敗しない例文集!印象の良いビジネスメールの挨拶文は? | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア④「Youtuber」

アフィリエイターやブロガーと近い考え方ですが、小学生がなりたい職業の上位にランクインするYutuberもビジネスアイデアの1つです。人気のYoutuberはたくさんいるので、参考になるアイデアや企画はあるでしょう。模倣しつつ、少し新しいアイデアを加えることでビジネスとしては成り立つとは思います。

Youtuberというのは、アーティストと似ており、動画を撮影・編集の作業に関しては報酬は発生しません。しかし、それがYoutubeに公開され、再生されることで報酬が入る仕組みです。印税に近い考え方です。Youtuberの場合は、コンテンツが資産として蓄積されていくので続ければ続けるほど、ビジネスとして強いものとなるでしょう。

ビデオカメラも50万円以下のものは売っているので、初期投資もそこまでしなくてもスタートすることが可能です。本当にお金がなければ、スマホで撮影することも可能です。

ビジネスメールで使える締め・結びの言葉・フレーズ文例集まとめ | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア⑤「ブロガー」

Youtuberと似て非なる職業として挙げられるのがブロガーです。ブロガーとアフィリエイターの違いとして、アフィリエイターはブログやサイトにアクセスを集めて、商品を紹介することで報酬を得ることが仕事ですが、ブロガーはアフィリエイトは収益の1本の柱として考えているだけということが挙げられます。

ブログ運営の教科書を販売したり、オンラインサロンを開いたり、メルマガを行ったり、実際の読者と交流を持つなど、アフィリエイトだけではなくブログを通じて色々な展開を見せる人のことをブロガーとして定義されています。

ブロガーも初期投資は50万円も必要ありませんが、ビジネスのアイデアとしては、グルメで絞ったり、ライフスタイルで絞ったりするなど、ある程度方向性を決めて起業する必要があります。一朝一夕で成功するビジネスモデルではないので、こちらも副業から始めると良いでしょう。

起承転結の意味とは?ビジネス文書に向いていない理由を例を用いて解説! | MensModern[メンズモダン]

起業で使えるビジネスのアイデア⑥「LINEスタンプ」

おじいちゃん、おばあちゃんでも販売しているというLINEスタンプ、ビジネスのアイデアとしては面白いものの1つです。LINEスタンプを中心にビジネスをしている人は、デザイナーさんが多いので、とにかく自分でキャラクターなどを掛ければあとはLINEスタンプに登録しまくればOKです。

何かをきっかけにバズればある程度の収益は見込めるでしょう。ただし、LINEスタンプだけでの起業は粗利が低すぎるという考え方もできるので、少し危険です。ネットショッピングなどで、LINEスタンプのキャラのTシャツやステッカーをオリジナルで作成し、コンテンツを流用して別の収益を作るという考え方が必要となるでしょう。

こちらも特にパソコンやiPadがあれば初期投資は50万円以下でのスタートが可能なビジネスアイデアだと言えるでしょう。

起業で使えるビジネスのアイデア⑦「セールスライター」

初期投資は本などで勉強する費用だけと考えると、一番リスクが低く、なおかつ粗利が見込めるビジネスアイデアは、セールスライターです。セールスライターとは、セールスレターやランディングページといった、企業が商品やサービスを販売することを目的として作られるページのライティングを担当する人のことを言います。

セールスライターとして活動する人は、1つの案件で100万円以上の単価で請け負う人も存在しており、セールスライティングができれば自分でビジネスをすることはもちろん、人のビジネスを多いに手助けすることが可能です。

初期投資も50万円以下でスタートできるので、セールスライターはビジネスのアイデアとしてはマーケティングを学べることもあり、企業には最適なものでしょう。しかし、クライアントを獲得しないことには実績が詰めず、実績が出るまでは成功報酬で行う必要があるので、最初は苦しいかもしれません。

起業で使えるビジネスのアイデア⑧「テレマ代行」

電話で製品を販売する手法である、テレフォンマーケティング。全国各地でテレマの代行会社はありますが、企業としても需要が多く、あまり人がやりたがらない仕事であるということを考えると、ビジネスアイデアとしては価値の高いものであると言えるでしょう。

こちらも電話があればビジネスをスタートすることが可能です。最初のうちはこちらも成功報酬となるでしょうが、ある程度実績が出てくれば最初から一定の金額をもらえるように交渉できるでしょう。

しかし、事業を拡大することを考えると、どうしても人を雇用し、電話も多く設置しないとならないので、そういう意味でビジネスをスタートするのは簡単ですが、拡大するのにはある程度のビジョンが必要なビジネスのアイデアかもしれません。

起業で使えるビジネスのアイデア⑨「電子書籍出版」

セールスライターやブログ、またはスタンプなどができる人は、ある程度の数をまとめたものを電子書籍として出版しても良いでしょう。電子書籍は、書籍を書くことに費やした時間はかかりますが、それ以外に費用がかかることはありません。

自費で出版可能なので、誰でも販売することができます。何か、コンテンツとして面白いものを書きたい、書いたものがあるという人には、電子書籍というビジネスアイデアで起業することもおすすめです。

起業で使えるビジネスのアイデア⑩「シェアリングサービス」

使っていない車をカーシェアリング、使っていない部屋をルームシェアリングというように、所有するものをシェアしてお金を稼いでいる人も多くいます。そういった需要と供給を結びつけるサービスも世界中で展開されており、物は所有する時代からシェアする時代に変わりつつあると言えるでしょう。

現在、使っていない、あるいは使用頻度の低いものがあれば、それを人とシェアすることができるのかどうか、シェアするならどういうサービスにするのかを考えると、ビジネスのアイデアとして価値のあるものになるかもしれません。

ビジネスのアイデアは無数にある!

ビジネスのアイデアは、100人いれば100通りのアイデアがあると言えます。考え方として大切にして欲しいのが、既存のサービスを違った視点から見てみること、そして既存のサービス同士をくっつけられないか考えてみるということです。この2つの角度を持った考え方をすると、新しいビジネスにアイデアが降りてくるかもしれません。

これは、既存のサービスでなくても構いません。自分の得意なことを2つ以上掛け合わせてみると、意外にも新しいアイデアになるかもしれません。ビジネスチャンスは、実はそこら中に転がっているのです。

ビジネスのアイデア集!起業で使えるアイデアのまとめ

ビジネスのアイデア集や起業に使えるアイデアや大切な考え方、初期投資が50万円以下でスタートできるビジネスモデルなどをご紹介しました。起業したいけれど難しい、斬新なビジネスモデルやアイデアが思いつかないという人は、もっと簡単に考えたらいいということを理解してもらえたでしょうか?

ビジネスは誰でもできるし、人生において最高の趣味となります。一歩踏み出してみましょう。ほんの少しの工夫と視点を変えるだけで、ビジネスのアイデアは無数に出てくるでしょう。


評価 4.9/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ