SONYのMDR-7506まとめ!コスパに優れた折りたたみ式ヘッドホン

SONYのMDR-7506はスタジオでのレコーディングやDTMなど、音楽制作の現場で世界的にも幅広く使われている折りたたみ式のモニターヘッドホンです。今回はこのSONYのMDR-7506にスポットを当てて、コスパに優れたその性能などをご紹介していきます。

SONYのMDR-7506まとめ!コスパに優れた折りたたみ式ヘッドホン

目次

  1. SONYのMDR-7506はフラットバランスの折りたたみヘッドホン
  2. SONYのMDR-7506は元々は海外の業務用ヘッドホンだった
  3. SONYのMDR-7506はどんな特徴がある?
  4. SONYのMDR-7506と「赤帯」の差は?
  5. SONYのMDR-7506は音楽を聴くことに優れたヘッドホン
  6. SONYのMDR-7506は「赤帯」よりコスパに優れたヘッドホン
  7. コスパに優れたSONYのMDR-7506の欠点
  8. 日本と海外のスタジオではSONYのヘッドホンが違う?
  9. SONYのMDR-7506にはもうひとつ兄弟的なヘッドホンがある
  10. SONYのMDR-7506は音楽を聴く人におすすめなヘッドホン

SONYのMDR-7506はフラットバランスの折りたたみヘッドホン

ヘッドホンの愛用者ならSONYのMDR-7506というヘッドホンの名前を聞いたことがある、もしくは持っているという人も多いのではないでしょうか。SONYのMDR-7506はSONYのヘッドホンの中でも、定番と言われるMDR-CD900STと兄弟と言われるほどのもので、音楽を聴くのに適していると言われているヘッドホンです。まずはこのSONYのMDR-7506がどのようなヘッドホンなのか見ていきましょう。

密閉型ヘッドホンおすすめまとめ!音漏れなし・高音質の人気モデルは? | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506は元々は海外の業務用ヘッドホンだった

SONYのMDR-7506というヘッドホンは、もともと海外の業務用モニターヘッドホンとして開発・販売されていたもので、世界的にも有名とされる折りたたみ式ヘッドホンの1つです。耳の外側の部分に青い帯でProfessionalと書かれているので、そこからも業務用だと言うことが見て取ることができます。

余談としてこのSONYのMDR-7506はその文字の書かれている部分の青い帯から「青帯」と呼ばれ、兄弟と呼ばれる日本国内でも定番と言われるSONYのヘッドホンの「MDR-CD900ST」は赤い帯でDIGITALと書かれていることから「赤帯」と呼ばれています。そして同じSONYのMDR-7506でも、海外版と日本版ではドライバーの素材に違いがあり、実際聴こえる音質も違いがあると言われているのです。海外版のほうがCD900STに近いと言われています。

モニターヘッドホンってなに?

モニターヘッドホンとはスタジオのレコーディングをはじめとして、自宅での録音(宅録)やDTMなど、多くの音楽制作の現場で使われるヘッドホンのことを指します。音楽業界なんて携わってないから知らないという人でも、プロモーションビデオなどで歌手の人がヘッドホンを耳に充てながらレコーディングしている光景を見たことがある人もいるはずです。

このような時に使われていて、最近では自宅での音楽アレンジなどを行う際にも使われているアイテムです。やはり世界的に見てもSONYブランドがとても強く、その中でも今回ご紹介している折りたたみ式のMDR-7506とMDR-CD900STが多くの場面で使われているモニターヘッドホンと言われています。

モニターヘッドホンでおすすめは?宅録やDTM・スタジオ用など定番を紹介 | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506はどんな特徴がある?

業務用の折りたたみ式モニターヘッドホンとして使われていたSONYのMDR-7506は、最大入力が1000mWと耐入力としては高く、ドライバーユニットも40㎜と大口径なため大きな音などでも音割れが起きづらく、小さな音でもしっかりクリアに聴きとることができます。またカールコード式になっているSONYのMDR-7506ですが、伸縮がしやすくなっていて取り回しも苦労せずに済みます。

業務用だとiPodなどに使うのに大変そう、という風に考える人もいますが、SONYのMDR-7506はねじ込みタイプの変換プラグがついていて、これは標準のものとミニタイプのステレオジャックに対応しているため、iPodなどのポータブルプレイヤーでも抜ける心配も不要で気兼ねなく使うことができます。

キャリングケースもついている折りたたみ式ヘッドホン

SONYのMDR-7506の型式は密閉ダイナミック式と言われ、折りたたみタイプの1種ですが持ち運びがしやすく、キャリングポーチも付属されているので使わない時にはポーチにしまってスタジオに持ち運ぶなどの移動も可能という優れたものになっています。ヘッドホンは折りたたみが出来てもどうしても邪魔になりやすいので、このようなタイプを喜ぶ人も多いようです。

開放型ヘッドホンでおすすめは?密閉型との違いや高音質の人気モデルを紹介 | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506と「赤帯」の差は?

兄弟とされるSONYの「赤帯」ことCD900STと同じくSONYの「青帯」ことMDR-7506ですが、7506の国内版のほうが音がややスッキリしているという意見もあります。またイヤーパッドには差があり、7506のほうが厚くなっていて、ふかふかな素材で装着感はいいのですが、側圧は高めになっているので人によっては耳が痛くなることもあるようです。

また上記でSONYのMDR-7506はカールコードで収納がしやすいと触れましたが、「赤帯」はカールコードになってなく、ストレートでしかも長いので場合によっては長すぎて邪魔になることがあります。しかし「赤帯」はiPhoneなどに限れば、接続がミニジャック式になっているのでそのまま使用することが可能です。

ハイレゾ対応のヘッドホンおすすめ特集!ワイヤレスや高音質など人気は? | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506は音楽を聴くことに優れたヘッドホン

ヘッドホンを使う人はやはり音質にこだわる人も多いでしょう。そんな中でSONYのMDR-7506は業務用のモニターヘッドホンということもあり、周波数がフラットに近い形になっているのでジャズやポップスはもちろん、クラシックやロックなど多くの音楽ジャンルにしっかりと対応できる優れたものです。またすべての音域で音の粒をしっかりと聴き分けることが出来るので、バランスもとりやすいと言われています。

「赤帯」に比べるとやや中低温で弱めと言う意見もありますが、その分高音域がまろやかに聞こえるために疲れにくいとも言われています。しかし音楽を聴くのにはいいですが、リスニング用と考えた場合は他のヘッドホンと違いプラス要素がないため、物足りなく感じたりすることもあるようです。特に音圧をマックスレベルまで上げられた音源などではマイナス面が目立ってしまうこともあると言われています。

ワイヤレスヘッドホンのおすすめは?高音質・Bluetooth人気まとめ | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506は「赤帯」よりコスパに優れたヘッドホン

SONYのMDR-7506は日本仕様のものなら、大手のネット通販サイトで1万~1万3千円程度で発売され、海外モデルのほうは大手の楽器販売店で1万円以内で売られていて、コスパに優れていると言われています。実際これを「赤帯」と比較してみると、同じ大手ネット通販サイトでは「赤帯」は1万6千円前後で売られているため、「赤帯」に比べるとコスパが優れているということが可能です。

しかしSONYは世界的にも有名なメーカーで、「青帯」は海外で標準的に使われているヘッドホンであるため、ネット通販を利用して購入する場合はサイトによっては中国製の劣悪なコピー品も出回っているとも言われています。コスパが優れた「青帯」が安く売っているのを見かけても、一歩引いて疑ったほうがいいこともあります。正規品が欲しい場合はAmazonやe☆イヤホンを利用するのがいいでしょう。

サラウンドヘッドホンのおすすめは?有線型・ワイヤレス型などまとめ | MensModern[メンズモダン]

コスパに優れたSONYのMDR-7506の欠点

音もいい、持ち運びもしやすい、「赤帯」と比べてもコスパに優れた、とメリットがおおいSONYのMDR-7506ですが、欠点が決してないわけではありません。まずはイヤーパッドなのですが、耐久力が一般的なヘッドホンに比べて低いと言われています。1年も使うとボロボロとはがれてくることもあるとされ、片耳あたり千円で売られている交換用のイヤーパッドを買って交換する必要があります。

またこの他にもハウジングと呼ばれるヘッドホンの外観を決めるポイントに吸音材がはいっていないため、音がややこもり気味になるとされています。これはCD900STのパーツに「ミクロングラス」という吸音材があり、サイズがMDR-7506は一緒なため、この吸音材を詰めるという対処法もあるのです。

モニターイヤホン・ヘッドホンでおすすめは?音楽製作に最適な商品を調査 | MensModern[メンズモダン]

日本と海外のスタジオではSONYのヘッドホンが違う?

現在の日本のスタジオでは「赤帯」ことSONYのMDR-CD900STが標準的にどこでも置かれていますが、これが海外に行くと逆に「青帯」ことMDR-7506が標準と言われています。あの「スター・ウォーズ」シリーズや「インディ・ジョーンズ」シリーズでもおなじみのジョージ・ルーカス監督が愛用しているヘッドホンもこのSONYのMDR-7506と言われていて、世界的知名度は同じSONYのヘッドホンでも「青帯」のほうが上とされているのです。

イヤホンやヘッドホンの修理方法・費用まとめ!自分で直すやり方もある? | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506にはもうひとつ兄弟的なヘッドホンがある

ここまでSONYの「赤帯」と「青帯」についてご紹介してきましたが、この二つの中間にあたるものとして「MDR-V6」というヘッドホンがあります。値段的には「赤帯」と「青帯」の中間に位置していますが、音的にもそれぞれの中間的な位置とされています。とはいえこちらもコスパは優れており、SONYのヘッドホンとして信頼できるものになっているのです。

ヘッドホンのおすすめは?音質・メーカー・コスパ別にランキングで紹介 | MensModern[メンズモダン]

SONYのMDR-7506は音楽を聴く人におすすめなヘッドホン

いかがでしたか?今回はSONYのヘッドホンで「青帯」とも呼ばれ世界的にもメジャーなMDR-7506についてご紹介しました。普段音楽を聴く時に使うのはもちろん、レコーディングやスタジオでのモニター用、DJモニター用など幅広い使い方が出来るMDR-7506はコスパにも優れた逸品で、音楽ライフを1段階上のランクに挙げてくれることでしょう。お気に入りのヘッドホンを探してみてはいかがですか?

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ