体調不良を理由に退職は可能?必要な手続きや職場への伝え方は?

体調不良を理由にした退職の伝え方や会社での手続きについてまとめました。会社を体調不良を理由にして退職したい場合は、伝え方が大切。体調不良で会社を退職した後の転職方法などもチェックして、スムーズに手続きを進められるようにしましょう。

目次

  1. 体調不良を理由とした退職の伝え方について知りたい
  2. 理由が体調不良でも会社を退職できる?
  3. 円滑に体調不良で会社を退職するための伝え方
  4. 会社を体調不良で退職する場合の伝え方のタイミング
  5. 知っておきたい体調不良による退職願の書き方
  6. すぐに転職できないときは失業手当の手続きをしよう
  7. 転職先を探すときのポイント
  8. 転職先の面接での伝え方は?
  9. 会社を転職後に体調不良に悩まされないためには?
  10. 体調不良を理由として退職する場合の方法を知っておこう

体調不良を理由とした退職の伝え方について知りたい

伝え方も大切となる体調不良による退職

体調不良になりどうしても働く事ができなくなったときは、会社を円満に退職できるように手続きをしていく必要があります。病気はもちろんの事、精神的なストレスを抱えて体調不良になってしまった場合も会社を退職して新しい転職先を探していく事は生活していく上でとても大切。ただし、会社に迷惑をかけずない退職の伝え方が重要になります。

体調不良を理由にして退職をする事は仕方がないですが、伝え方を間違えると会社に大きな迷惑をかけてしまう事があります。円満に退職ができないと次の転職活動に支障をきたしてしまうかもしれません。そうならないように体調不良で退職する場合は、退職するまで流れをしっかり把握しておきましょう。円満に退職ができれば、後味の悪い思いをする事もないので安心ですよね。

スムーズに会社を退職できるように手続きしよう

「体調不良を理由として退職する場合の伝え方や手続きについて知りたい!」「体調不良で退職した後、新たな転職先を探すときはどうすれば良い?」といった場合に役立つ体調不良による退職に関する情報をまとめました。体調不良になっても社会的なルールに従って退職の準備を進めていくことが大切。自分にとっても会社にとっても良い形で退職できるようにしてくださいね。

退職の挨拶メールへの返信はどうしたらいい?社内・社外用文例集 | MensModern[メンズモダン]

理由が体調不良でも会社を退職できる?

体調不良が理由で退職することは可能

そもそも、体調不良を理由として退職する事はできるのでしょうか?法律上、退職理由が体調不良でも大丈夫です。正社員の場合はもちろんのこと、雇用契約期間が決まっている契約社員であったとしてもやむを得ない理由として体調不良を提示すれば契約期間内でも退職する事は可能。体調不良で働く事ができなくなった場合はスムーズに退職ができるように準備していきましょう。

会社の規則に従って退職の準備を進めよう

民法上、退職の申し入れをしてから2週間すれば会社を辞めることができるとされています。ただし、会社の規則に従う事はとても大切。体調不良で退職をしたいからといっていきなり辞められては会社側も困ってしまいますよね。その後の社会生活をちゃんと送る上でも退職するときは後腐れのないように規則に従っていく事が大切になります。

体調不良で退職を決めた場合は会社の規則をチェックしていきましょう。どういった進め方をすれば良いのか把握し、退職までの流れを作っていきます。また、周囲への伝え方を工夫していく事も重要なポイント。伝え方一つで相手の印象は大きく変わってくるので、それまで築いてきた人間関係を無駄にしないためにも伝え方に注意しながら退職に備えていきましょう。

円滑に体調不良で会社を退職するための伝え方

まずは上司に退職について相談をする伝え方がおすすめ

体調不良を理由にして退職をすることを決めた場合は、退職のための手続きと同時に周囲の人への伝え方についても慎重について進めていきましょう。まずやっておきたいのが直属の上司への相談。体調不良を理由として退職をしようと思っていることを上司に伝えることは必要不可欠な手順です。2人きりで話せる場所を設けて、上司に退職について伝えてくださいね。

後から上司が知る事態になると心証が悪い

上司に話す前に同僚に退職について相談をしていた場合、自分の口から話さないうちに上司に伝わることにならないようにすることが大切。「自分はそんな話は聞いていない!」と上司の心象を悪くしてしまう可能性が高くなります。

もし、上司に話す前に他の同僚に相談をしたいと感じている場合は、絶対に口外しない信用できる人を選びましょう。これからの退職の手続きをスムーズに進めるためにも、上司への伝え方は丁寧かつ慎重に行うようにします。

退職金の相場・平均は?勤続年数別・退職理由別に違いは出るのか徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

会社を体調不良で退職する場合の伝え方のタイミング

退職の2ヶ月くらい前には伝えよう

体調不良で動くことも困難な場合は仕方ありませんが、ある程度稼働ができる状態であれば退職日は余裕を持って決めていきましょう。仕事の引き継ぎのことなどを考えると、退職の2ヶ月くらい前には上司に退職したい旨を告げて退職に向けた準備をスタートさせるのがおすすめ。

体調不良の場合は、急に具合が悪くなることもあるので引き継ぎに予想以上の時間がかかってしまうことがあります。周囲の人に迷惑をかけないためにも余裕を持って準備をして円滑に退職できるようにしてくださいね。

会社での仕事の区切りの目安も考えて

どのくらいで仕事の区切りがつきやすいかも考えながら引き継ぎをし、退職の準備を進めていきましょう。後に残された人が全ての仕事を引き継いで負担が増えてしまうと大きな迷惑になってしまう可能性があります。引き継いだ人が自信を持って仕事を続けられるような配所をしていくことも大切。自分の体調とも相談しながらスムーズに進むように区切りをつけてくださいね。

知っておきたい体調不良による退職願の書き方

「健康上の理由」と記載する

退職願を書く場合は、「一身上の都合により」ではなく「健康上の都合により」と記載しましょう。このような表現にすることで、体調不良が理由で退職することがわかりやすくなります。健康上の都合を理由にすることによって退職時にメリットがある場合もあるのでこうした記載にしておいてはいかがですか。

失業手当の面でもメリットがある

健康上の都合による退職は失業手当の面でメリットを受けられる場合があります。健康上の都合によって退職した人は特定理由離職者にあたり、制限期間3ヶ月を取り払って失業給付を受け取ることができるとされているのがポイント。また、失業給付を受給期間延長したい場合に手続きがしやすくなるメリットもあります。このように退職時には公的な制度を享受できるように準備を進めてくださいね。

退職願と退職届の違いと書き方は?円満退社するために覚えておきたい注意点 | MensModern[メンズモダン]

すぐに転職できないときは失業手当の手続きをしよう

体調不良で働けないときは失業手当の受給期間をのばせる

体調不良で退職をした場合、すぐに働くことができない可能性が高いですよね。そんなときは失業手当の手続きを開始しましょう。体調不良の場合は給付期間を延長する手続きができるなど、さまざまな公的制度を利用することが可能なので生活に支障をきたさないためにも制度の適用手続きをしてください。

退職から2ヶ月以内に手続きを行おう

退職から2ヶ月以内に手続きをしないと適用されない場合もあるので注意。退職の準備をはじめたら、並行して失業手当などの今後の生活に関する手続きも行ってスムーズに生活ができる環境を整えていってくださいね。

転職先を探すときのポイント

体調不良をしっかり改善してから転職をする

体調不良で会社を退職した後は、まずは体調の回復を目指しましょう。しっかりと体調を改善してから転職のことを考えて始めてください。無理に転職をしてまた体調不良になってしまっては意味がありません。かかりつけの医師とも相談しながら復帰時期を決めます。

自分の体調に合った働き方ができる会社を選ぶ

新しく転職をする場合は、自分の体調に合った働き方ができる職場を探すことも重要です。体に無理をかけるような働き方だとまた体調不良が発生してしまう場合があるため気をつけてくださいね。転職サイトを検索するだけでなく、周囲の人の意見も聞きながら転職先を探していきましょう。

転職先の面接での伝え方は?

体調不良で退職した事は正直に話そう

転職先での面接では体調不良で前職を退職したことは正直に話してください。嘘をついてもいつかバレてしまうことになりますし、信用問題に関わることなので正直に話すことが大切。体調不良が改善したことを伝えることができれば、大丈夫です。

医者の診断書などちゃんと働ける証拠を具体的に提示する

医師の診断書を提出するなど、現在は健康的に働けることを証明できるものを提示しましょう。客観的な証明があれば面接相手も信頼してくれるのではないでしょうか。そういった書類を準備をするのを面接時には忘れないようにしてくださいね。

会社を転職後に体調不良に悩まされないためには?

自分の体調を把握する

体調不良に悩まされないためには自分の体調を把握することが大切。どれくらい働いても大丈夫なのか、現状は無理していないかなど細心の注意を払っていくことで健康的な状態をキープできるようになります。

周囲の理解を得られるようにする

現在は健康的に働くことができたとしても、いつ体調不良が再発するかはわかりません。仕事場での信頼関係を築き、もしもの時でも理解が得られるような環境を作っておくことも大切です。自分の体調とは一生付き合っていかなければならないものなので、上手に生活できるように工夫してみてくださいね。

退職の挨拶時のおすすめのお菓子は?配るときに注意する点やタイミングは? | MensModern[メンズモダン]

体調不良を理由として退職する場合の方法を知っておこう

体調不良によって退職しなければならなくなった場合は、直属の上司に相談し、仕事に滞りがないように退職準備を始めましょう。すぐに転職できない時は公的な制度を利用するのがおすすめ。元気に再び仕事ができるように円滑に手続きを行ってくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ