LINEスタンプを自作して販売しないで使う方法!登録は必要?

LINEをやる際に自作のオリジナルスタンプを使いたいって思った事はありませんか?実はLINEスタンプを自作して使う方法があります。でもスタンプを販売しないで使う方法ってあるのでしょうか。そこで今から自作スタンプを販売しないで使う方法をまとめてみる事にしました。

LINEスタンプを自作して販売しないで使う方法!登録は必要?

目次

  1. LINEスタンプを自作したら販売しないで自分専用にしたい
  2. 自作のLINEスタンプを販売しないでも使えるのか検証しよう!
  3. LINEスタンプの自作専用アプリ:LINE Creators Studio
  4. LINE Creators Studioでスタンプを自作する:アプリを起動
  5. LINE Creators Studioでスタンプを自作する:方法は3種類
  6. LINE Creators Studioでスタンプを自作する:手書き
  7. LINE Creators Studioでスタンプを自作する:写真フォルダ
  8. LINE Creators Studioでスタンプを自作する:カメラ
  9. LINEスタンプを自作しても販売しないと使えないの?
  10. 販売しないと使えない自作LINEスタンプは自分も購入するの?
  11. 自作したLINEスタンプを販売しないならプライベート設定を!
  12. 専用アプリ以外でLINEスタンプを自作して販売しないで使う
  13. LINEスタンプを自作して販売しないで使う方法のまとめ

LINEスタンプを自作したら販売しないで自分専用にしたい

スマホを持っていればLINEを使っている人は多いと思いますが、LINEを使う時にはスタンプを使うのが当たり前のようになっていますね。スタンプの種類もとても多いので、様々なシーンや感情表現にも対応が出来て大変便利です。でも自作のLINEスタンプを販売しないで、自分専用のオリジナルとして使いたいと思った事はありませんか?

そこで今からLINEスタンプを自作して販売しないで、自分専用のオリジナルスタンプとして使う事は出来るのかどうなのかについて、自作のLINEスタンプの作り方も紹介しながらまとめてみる事にしました。

LINEスタンプのおすすめは?女性にモテるセンス抜群のスタンプは? | MensModern[メンズモダン]

自作のLINEスタンプを販売しないでも使えるのか検証しよう!

それではこれからLINEスタンプを自作して、販売しないでも使えるのかどうなのかについて確認する為に、実際にLINEスタンプを自作して確かめてみるのが解りやすいと思います。調べてみるとLINEスタンプを自作する為のアプリがあるようなので、そのアプリを使ってスタンプを自作してみてから、スタンプを販売しないでも使用できるのかを検証してみましょう。

専用アプリを使って自作のLINEスタンプをどうやって作るのか?作ったら直ぐに使えるのか?販売しないで登録もせずに自分だけのオリジナルスタンプとして使用できるのでしょうか?早速今からその可否について、スタンプの作り方や使用する為の手順について詳しく見ていく事にします。

LINEスタンプで副収入が欲しい!実際の売上はどのくらい? | MensModern[メンズモダン]

LINEスタンプの自作専用アプリ:LINE Creators Studio

LINEスタンプを自作する為の専用アプリが無料で配布されていますので紹介致します。アプリ名は、LINE Creators Studio(ラインクリエイターズスタジオ)です。LINE Creators Studioは、2017年6月12日からサービスが開始されているLINEスタンプの自作専用アプリです。

LINE Creators Studioは、専用のイラスト作成ソフトやパソコン・ペンタブレット等のデジタル機器を使用する必要がなく、スマホにインストールしたアプリの機能だけで誰でも簡単に自作のLINEスタンプを作成することが出来ます。

LINE Creators Studioは無料でダウンロードできますので、iPhoneの人は「App Store」から、Androidの人は「Play Store」からダウンロードしてインストールして下さい。スマホにLINE Creators Studioをインストールすれば、いよいよスマホを使って自作でLINEスタンプを作成する事が出来るようになりました。

LINEスタンプが面白い!クスっと笑える面白スタンプのおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

LINE Creators Studioでスタンプを自作する:アプリを起動

それでは早速自作のLINEスタンプを作ってみましょう。スマホにインストールされたLINE Creators Studioのアイコンをタップして起動させて下さい。アプリが起動すると画面上部に表示されている【+スタンプを作ろう】をタップします。

次に【タイトルを入力】の画面になりますのでそのままタイトルを入力して右上の【完了】をタップします。するとタイトル名が画面に表示されますので画面下の【+】をタップして下さい。すると【3つの絵】が表示されます。

LINE Creators Studioでスタンプを自作する:方法は3種類

LINE Creators Studioで自作のLINEスタンプを作る方法は3種類あります。今表示されている【3つの絵】はその3種類の方法を示しています。一番上のペンの絵は「手書きで作る」、真ん中の絵は「保存してある写真で作る」、一番下のカメラの絵は「今からカメラで写真を撮って作る」という3種類の方法です。

おしゃれでかっこいいライン丸アイコンの作り方!LINEで流行中? | MensModern[メンズモダン]

LINE Creators Studioでスタンプを自作する:手書き

LINE Creators StudioでLINEスタンプを自作する3つの方法のうち一番上の「手書き」をタップして選択するとブラシ入力とテキスト入力が選べます。

ブラシかテキストのどちらかを選んで入力した後に画面右上にある【✔】をタップするとダウンロードマーク【↓】が表示されますので、それをタップして次に表示された【保存】をタップすると、最初に入力したタイトルのフォルダ内に保存されます。

【保存】をタップするとフォルダが表示され、フォルダ内に保存してあるスタンプも表示されています。次にスタンプを追加する場合には画面下に表示されている【+】をタップすれば自作スタンプを更に追加できます。

LINE Creators Studioでスタンプを自作する:写真フォルダ

LINE Creators StudioでLINEスタンプを自作する2つ目の方法の「保存してある写真で作る」を選択した場合、写真アプリの中に保存してある写真の中からスタンプにしたい写真を選択するとその写真が表示され、画面下に【なぞる】と【かたち】の2種類の加工方法が選択できるようになっています。

【なぞる】を選んでタップすると写真の中でスタンプにしたい部分を指でなぞれるようになります。なぞり終えるとその部分にラインが引かれ、微調整が出来る状態になっています。微調整を行い終えたら画面右上の【確定】をタップするとプレビュー画面になります。

プレビュー画面の画面右下に【シミュレータ】ボタンがあり、これをタップすると実際の会話の際の表示のされ方が確認できます。シミュレータ画面をやめるには画面左上の【×】をタップすればプレビュー画面に戻りますので、これで良ければ画面右上の【保存】をタップして保存するとフォルダ内に保存されます。

LINEスタンプを購入する方法を紹介!様々な決済手段から支払方法を解説! | MensModern[メンズモダン]

LINE Creators Studioでスタンプを自作する:カメラ

LINE Creators StudioでLINEスタンプを自作する3つ目の方法、「今からカメラで写真を撮って作る」を選択するとカメラアプリの選択画面になりますので、使用したいカメラアプリを選択するとカメラアプリが起動します。写真を撮ったら【決定】をタップすると写真の画面になります。

今撮った写真の画面になると、2番目の方法「保存してある写真で作る」の場合と同じように画面下に【なぞる】と【かたち】の2種類の加工方法が選択できるようになっていますので、その後の作業は2番目の方法と同様になります。

LINEスタンプを自作しても販売しないと使えないの?

LINE Creators Studioを使って自作のLINEスタンプを作ったらどうやったら使えるようになるのでしょうか?LINE Creators Studioの自作スタンプフォルダの画面内には使用できるような表示は見当たりません。あるのは画面右上の【販売】と【編集】の表示だけです。

実は、LINE Creators Studioを使って自作のLINEスタンプを作っても直ぐに使用する事は出来ないのです!ではどうやったら使えるようになるのかと言うと、【販売】しないと使えないという事です。なるほど・・・そうだったんですね~

せっかくLINEスタンプを自作したのですから使いたいですよね。と言う事で、今からLINEスタンプを販売する方法について説明致します。

販売しないと使えないLINEスタンプを自作して販売する方法

LINEスタンプを自作しても販売しないと使えないという事が判明しましたが、どうやって販売するのでしょうか。自作スタンプのフォルダが表示されている画面の右上の【販売】をタップすると販売手続きが出来ます。

自作LINEスタンプを販売する為にはクリエイターズマーケットにアカウント登録をしてからの手続きになります。クリエイターズマーケットに必要な情報を入力すれば登録が完了して販売手続きが出来るようになりますので、まずはクリエイターズマーケットにアカウント登録をして下さい。

自作LINEスタンプを販売する為には1つ注意点があります。それは、最低8個の自作スタンプを作らないと販売することが出来ません。販売単位が、8個、16個、24個、32個、40個、と決まっていますので覚えておいて下さい。

販売したい個数を決めたら販売するスタンプにチェックマークを入れて完了させ、次にメイン画像を選択します。メイン画像とはスタンプ購入ページに表示されるスタンプです。メイン画像を選択したら「スタンプ販売情報」の画面で【タイトル】【説明文】【写真の使用】等、必要情報を入力します。

全ての入力が完了したら「審査」に入りますが、時間がかかる場合もありますので気長に待ちましょう。何も問題がなく審査が完了すればトークルームで使用できる状態になります。(スタンプショップで表示され、販売が開始されています)

iPhoneでLINEスタンプをプレゼントする方法!できない時の対処法も | MensModern[メンズモダン]

販売しないと使えない自作LINEスタンプは自分も購入するの?

販売しないと使えない自作LINEスタンプを販売する為に、クリエイターズマーケットにアカウント登録をして、販売したいスタンプの選択を済ませ、必要事項の記入が完了したら「審査」になり、「審査」が通ればトークルームで使用出来るようになるのですが、実は審査が通っただけでは使う事が出来ないのです!

何故かというとLINEスタンプを自作してもトークルームで使用する為には、その他の一般のスタンプと同様に購入して初めて使用出来るようになります。がっかりしてしまうかもしれませんが、LINE側もアプリやシステムを無料で提供してくれていますので仕方がない部分かも知れません。

LINE通話履歴の削除方法!発着信の確認の仕方など仕組みや設定を解説 | MensModern[メンズモダン]

自作したLINEスタンプを販売しないならプライベート設定を!

販売しないと使用できない自作LINEスタンプは自分でも購入しないと使えないという事が判明しましたが、販売しない方法があります。その方法は【プライベート設定】の中で設定する事が出来ます。この設定は後から追加された機能ですが多くのLINEユーザーからの要望があったようです。

まずは自作LINEスタンプを自分で購入して使用できる状態になったら【プライベート設定】の中の【LINE STORE/ショップ非公開】を選択する事によりスタンプショップに非公開になりますので、販売したくないLINEスタンプを非公開にして販売しない事が可能になります。

プライベート設定により自作LINEスタンプがスタンプショップには非公開になりますが、スタンプ購入ページが消えてしまうわけではありませんので、非公開にしてもスタンプ購入ページに行けてしまう場合があります。

非公開にしてもスタンプ購入ページにアクセスできるケースは、①タイムラインやトークルームでスタンプを使用した場合に相手がそのスタンプをタップすれば購入ページにアクセス出来る、②相手にスタンプをプレゼントした場合、③スタンプ購入画面の共有ボタンから共有をした場合、④LINE STORE URLを共有した場合、以上の4つのケースが挙げられます。

LINEタイムラインの設定方法!投稿削除や非表示はどうやるの? | MensModern[メンズモダン]

専用アプリ以外でLINEスタンプを自作して販売しないで使う

自作LINEスタンプ作成専用アプリ「LINE Creators Studio」を使用しないで、スマホでLINEスタンプを自作したら販売しないで使用する方法を紹介しておきます。とはいってもスタンプと言えるのかどうかは皆さんの判断にお任せします。

使用するアプリはと言うと、「LINE Camera」です。スタンプの作成方法は幾つかありますが、LINE Cameraの機能を使って作るスタンプは、ベースとなる画像や背景の上に加工して作ったスタンプが押せるというもので、結果的にオリジナルの画像が作れるという事です。

LINEスタンプを自作する為の専用アプリ「LINE Creators Studio」のように不定形のLINEスタンプを作る事は出来ません。背景の画像や壁紙の上に加工したスタンプを貼り付けてオリジナル画像が作れますが、トークルームで使用する際には定形で決められた形(四角形)になります。

以上の事からLINE Cameraで作ったオリジナルの画像をLINEスタンプと言えるのかどうかは使う人の考え方次第と言う事になりますが、アイデア次第ではオリジナル性の高い画像が作れますし、登録も必要なく販売しないでもトークルームでスタンプとして使用出来るというメリットがあります。

販売しないでも使える自作LINEスタンプの欠点

販売しないでも使用できる自作LINEスタンプは、販売しないと使えない自作LINEスタンプのように不定形のものは作れない事は勿論、写真などで背景だけを透明化させた画像を作って保存しても、トークルームで使用した場合には四角い画像になり透明化された背景は白色になってしまいます。

この様に、写真を加工して被写体だけを残して背景を透明化しても、LINEのトークルームで使用した場合には絶対に透明にはならないという事が、登録も必要なく販売しないでも使えるスタンプの欠点だと言えます。

面白いアイコン画像特集!LINEに使える・ウケるアイデアを厳選紹介 | MensModern[メンズモダン]

LINEスタンプを自作して販売しないで使う方法のまとめ

LINEスタンプを自作する方法や、LINEスタンプを販売しないで使う方法について説明して参りましたが如何でしたでしょうか。専用アプリを使ってオリジナルの自作LINEスタンプを作る事は出来ますが、登録して販売しないと使用できないという事が解りました。

そして自作のスタンプであっても自分で使用する場合には購入しないと使用できないという事が解かりましたね。また、販売しないのであれば非公開に設定できる事も解りました。

何かと制約はありますが自作のスタンプはやはり使ってみたいという人は多いのではないでしょうか。制約のない登録不要で販売しないでもOKなオリジナル画像をスタンプとして使用するのも良いと思います。

自作スタンプを非公開に設定したり、色々なアイデアを駆使して作ったオリジナルスタンプやオリジナル画像を併用して使用する事で、今まで以上にLINEトークルームでの仲間との会話を楽しんでみては如何でしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ