理系の人が選ぶ人気職業一覧!学部ごとに就職しやすい仕事は?

就職活動で頭を悩ませる大学生は多いかもしれないが、こと理系はどんな職業についているのか気になる人も多いだろう。今回は、そんな人のために、理系の人が選ぶ人気職業一覧を調査し紹介しよう。学部ごとに就職しやすい仕事や、人気の会社なども照会していこう。

理系の人が選ぶ人気職業一覧!学部ごとに就職しやすい仕事は?

目次

  1. 理系の人が就職しやすい業界や職業とは?
  2. 【理系出身者必見】学部別でみる人気職業一覧
  3. 理系学生に人気の職業や企業は?
  4. 年収の高さは?得理系学生の人気は年収の高さにも関係する?
  5. 理系だと職業選びの幅も広い!
  6. 理系学生は就職に有利?教授からの推薦
  7. 企業からのスカウトが多いのも理系学生の特徴
  8. 理系院生ともなると専門性が絞られるが・・・
  9. よりロジカルな思考を期待される理系院生
  10. 理系学生の人気の職業と求める人材をもとに希望の仕事を見つけよう

理系の人が就職しやすい業界や職業とは?

今現在理系で活躍されている学生も、就職活動真っただ中の人も、どんな仕事に決めるかという点で悩んでいる人は多いだろう。そこで理系の出身者がどんな職業に脅威があり、人気が高いのか、また、就職しやすい職業などがあるのかを徹底調査していこう。また、企業側も文系よりも理系学生だからこその見方や求め方をしている。これを知っておけば、今後の就職の考え方も変わるだろう。

参考にするためにも、理系学生の年収や求める職業、そして企業側から求める理系学生への人物像なども紹介していこう。理解学生と聞けば、研究職・技術職のイメージがあるものだが、理系ができる仕事はそれだけではない。さらに理系といってもいろいろな学部があり、専門性も大きく異なる。それぞれの就職先も異なるのは当然。

理系で専門職に就職しようと思えば、学生時代から研究分野を就職に合わせて考えなければならないし、理系の仕事は専門性が高いものも多い。仕事の分野は細かく分けられているし、同じ業界内でも分野が違えば仕事内容なども全く異なる。これらの色々な情報を参考にして、就職の控えている学生であれば企業選びをしなければならないだろう。

面白い・珍しい職業特集!世の中の変わった・羨ましい仕事の数々を紹介 | MensModern[メンズモダン]

【理系出身者必見】学部別でみる人気職業一覧

【理系出身者の人気職業①】理学部学生編

ではまずは、学部ごとの人気職業を紹介していこう。先ほども言ったように、学部が異なれば志望する人気の職業や業界がかなり変わってくる。 では、学部ごとでどのような職業が人気なのかを見ていこう。まずは、理学部だ。理系の学生は、特にITエンジニアや保険・金融の専門職、また光学設計や製薬・食品系・化学系メーカーの研究開発職に人気がある。

学部の中でもさまざまな分野があるが、情報通信系の学科の出身の場合はITエンジニアに、また、保険、金融の専門職には高い数学能力が必要とされるので、こちらも理系出身者が多い傾向にある。光学設計もITに関わる仕事の一つであり、主な仕事内容はレンズを使った製品の設計、技術などだ。

また、一般に理系でイメージされやすい仕事である製薬、食品系、化学系メーカーの研究開発職も人気の仕事で、同じ研究職でも基礎研究を担当するチーム、応用研究を担当するチームで分けられていることも多く、企業の中でも仕事が細分化されており、人気職業の一覧となっている。

【理系出身者の人気職業②】工学部学生編

次に工学部出身者の人気の仕事だが、こちらは最も人気が高いのが機械設計の仕事になる。機械設計は機械の製図や開発などを行い、新しい機械を作り上げていくのだが、他にも品質チェックをおこなう品質管理、航空整備士、電子回路技術者、サービスエンジニアなども人気の一覧だ。

子回路技術者は電子回路、ICチップなどの製品の設計や開発をおこなう仕事で、電気・電子の分野では欠かせない仕事。また、ニーズの高い職業でもある。また、品質管理は製品の品質チェックをおこなう仕事であり、品質の管理、向上が主な仕事で、工場などで責任者として働くことが多い。

サービスエンジニアは自社製品のメンテナンスが主な業務で、故障品として企業で回収したものの修理、メンテナンスをおこなうこともあれば、顧客の要求があれば現場でメンテナンスをおこなうこともあるといった形だ。

【理系出身者の人気職業③】農学部学生編

次に農学部出身者の人気一覧だが、農学部も実は理系学生の中に入る。主な人気どころは、品質管理やファーム、飼育員やJAなどの職業が人気で、農学部出身者でも品質管理の仕事をしている人は多く、農学部の場合は基本的には食品などの商品に対する品質の管理、チェック、向上を行うケースが多い。また、ファームは企業が管理している農園や牧場などで働く仕事のことだ。

実際に現場で農業などに従事する場合もあれば、生産管理や販売などの仕事を行う場合もある。飼育員は動物園や水族館の飼育員として働く仕事で、動物の世話を行うことからショーに向けてのトレーニングを行うこともある。また、JAは金融のイメージも強いが、農学部出身者も多い。主に農畜産物の運搬や加工、販売などの分野で働くことが多いといえる。

【理系出身者の人気職業④】建築学部学生編

最後に建築学部の人気職業一覧だが、こちらは建築系ということもありジャンルが多い。意匠設計、構造設計、内装設計、インテリアデザイナー、建築施工管理、土木設計技術者、土木施工管理、測量士等がある。建築系出身の学生は設計士として働くことも多く、意匠設計は建物の外観、構造設計は建物の強度や構造、内装設計は建物の内装を手がける仕事だ。

土木設計技術者は道路、トンネル、ダムなど土木建造物と呼ばれる建造物の設計を行う仕事で、土木施工管理はそれらの工事における現場監督として活躍を見込める仕事だ。そして、測量士は工事予定地の測量をおこない、現時点での工事予定地の状態を図面に起こしていく仕事になる。人気の仕事一覧を見ると、多岐にわたるが多くの人気の仕事があることがわかる。

かっこいい職業ランキング!モテる男性が多いのは?女性必見の年収まで調査 | MensModern[メンズモダン]

理系学生に人気の職業や企業は?

【理系学生に人気の職業①】資生堂

それでは、次に理系出身者から人気を誇る企業も紹介していこう。まずは一つメガ資生堂だ。化粧品事業を中心に展開している企業であり、国内外で広く活躍しているグローバルな企業でもある。化粧品開発や研究は理系が規制の職種であり、特に女性の学生から人気が高い職業だ。また、化粧品事業が中心ではあるが、他にもさまざまな事業が展開されている。

デジタルやフロンティアサイエンスなどの事業は理系学生が活躍できる分野であり、社内でも活躍できる分野が沢山あることも特徴的部分。化粧品業界は消費者のニーズによって商品展開が大きく変わる業界ということもあり、それに合わせて、研究開発の内容も変わるので、時代に合わせて様々な研究ができるという点では活躍の幅は広い。

【理系学生に人気の職業②】東日本旅客鉄道

次に理系学生から人気の職業といえば、この企業だ。JR東日本は鉄道、生活サービス、IT・Suica、鉄道車両製造などの事業を行う企業であり、幅広い事業展開によって旅行業界や鉄道業界でも活躍している。理系の学生であれば、IT分野や鉄道車両製造などの分野で働くことが多い。

整備や新技術の開発までさまざまな分野があり、ITまであるので理系の活躍の場は広いだろう。また、海外への事業進出も行われているので、新たな鉄道車両の製造なども進められており、挑戦しやすい環境でもある。鉄道業界は国内旅行需要の増加や訪日外国人の増加によって好調であり、JR東日本も勢いのある企業といえるだろう。

【理系学生に人気の職業③】味の素

次に味の素も理系に人気の企業だ。実は最も人気のある企業ともいわれており、調味料や加工食品、飲料、アミノ酸、医薬品、化成品などの製造、販売をおこなっている企業だが、研究開発の領域は大きくコンシューマー食品とアミノサイエンスの2つに分かれており、幅広い分野で活躍の見込める企業なのだ。1,700人以上の研究開発要員が在籍しており、大規模な体制で研究、開発の仕事が可能。

さらに、国内だけではなく、海外にも広く事業を展開しているグローバルな企業でもある。独自技術の開発に強みを持っており、新たな商品、技術が開発され続けているが、特にうま味の開発には常にトップを走る企業だ。食や健康に携わりたい人には、かなりニーズも大きいことを考えると非常におすすめの企業といえるだろう。

年収の高さは?得理系学生の人気は年収の高さにも関係する?

ここまでは理系学生に人気の職業や企業を紹介してきたが、しかしとはいっても年収など給与面も大切。行為板要素も現実的に踏まえて考えたいところではあるが、では年収の高さは現状どのような変化や幅があるのだろうか。特に理系出身者の年収を紹介していこう。

以前は、実は理系学生の方が年収は高いといわれる傾向が強かった。より高度な技術的な仕事を必要とされ、企業や業界は理系人材の採用を求めている時代も多かったからだ。中でも特に給料が高いのがシンクタンク系。数字やコンピューターに強いのは必須となるが、給料はその分高い。しかし、近年ではやはり資格に左右される傾向も強く、理系だから高年収とはいかなくなっているのも現実だ。

文系と比較すると、技術者、研究者が高度なことをやっているか否かは、給料、生涯年収とは関係がないので、年収が多いとは言えないのだ。科学技術はどんどん進歩していくから、技術者、研究者の給料、生涯年収は高くなっていくとは考えにくくなっており、現実では、年収1千万の給料を出す企業は、科学技術の進歩の影響を受けにくい文系企業に多いという傾向もあるほど。

人気だから・技術者だからという点だけで考えていては、生活や今後の給与の心配もあるのであれば、決して年収は無視できない要素。こういった年収のことも踏まえたうえで、企業に注目してみてもいいのではないだろうか。

理系だと職業選びの幅も広い!

理系の学生が職業選びを考えるうえで、注目してほしいのは、先ほどの年収のことも考えれば、決して技術職のような理系の仕事ばかりにとらわれないことだ。現に、理系を必要としている企業は多い。論理的な思考能力のある人材を欲しがる企業は沢山ある。そのレも踏まえて考えると、技術者のような理系の仕事でなくとも、文系以上に、選べる職業の幅は広い。

理系学生は就職に有利?教授からの推薦

このように、理系の出身者の多くが理系のこれまでの研究や勉強をしてきた内容を活かせる現場を選んで就職をしている現状が多いわけだが、その理由には大きなものがある。それが教授などからの推薦だ。研究している内容を直接活かせる場で働けることが多い理系学生は、研究中の科目教授や、選考しているゼミの教授、またOBからの推薦で、就職先が決まるケースは文系に比べて圧倒的に多いのだ。

生によっては入りたい企業によって、あらかじめゼミや研究の内容を考えて志望するといった人も多くいるようで、このような就職活動の方法が一般的となってきている。しかし、同じような志をもっている学生も非常に多いことから、どのような研究に興味を持っているかを普段から明確にして置き、それを対外にアピールしておくことも必要である。

企業からのスカウトが多いのも理系学生の特徴

他にも企業からのスカウトも大きな要素だ。現状、理系学生は専門性の高い研究をしていたり、特定の製品や研究に非常にたけている学生が多いという状況だ。そのため、研究内容や研究の成果によっては、企業側からのスカウトや一本釣りがおこなわれることもあるのだ。研究室や学部との密な連携による内定になるので、自分の専門性、知識、スキルを十分に活かすことが可能となる。

しかし一方で、内定を蹴るなどしてしまうと、学部や研究室と連携しているということで研究室や教授に傷をつけてしまうことから、非常に難しいケースも多い。どちらにしても就職内定の前には十分企業を調べる必要があるということだ。

理系院生ともなると専門性が絞られるが・・・

理系学生からの人気の職業について紹介してきたが、しかし、理系ともなると院生にあがる人も少なくない。では、そんな院生ともなるとどんな職業の場があるのか。実は院生ともなると専門性が絞られる傾向にあるが、文系の就職先だと思われがちな金融業界やコンサルティング業界にも活躍の場が広がる。

金融業界もコンサルティング業界も、共に与えられた業務をこなす能力だけでは務まらない業種のため、求める人材にも特徴があるのだ。論理的思考や問題発見・解決能力は、理系院生が研究や実験で身につけてきた基礎的な力。そのため、評価される点になるのだ。特に外資系企業は、院卒である修士の学位を積極評価する傾向があり、プロジェクトリーダーや管理職候補として採用されることもある。

よりロジカルな思考を期待される理系院生

さらに言えば、理系は数字や数値を扱うことに慣れているため、客観的な観察力や合理的な思考力といったロジカルな思考の資質があると期待される。課題を整理し問題を発見する能力、そこから論理的に課題を抽出する能力、解決策の提案力といったことが、金融業界やコンサルティング業界に不可欠な能力として期待されるというわけである。

さらに言えば、研究してきた成果ももちろんだが、一定の時間をかけて粘り強く課題に取り組む集中力や精神力も理系院生が研究の中で培ってきた能力と判断される。こうした強みを生かして自己アピールに成功すれば、理系院生を求める業界とのマッチングに成功する可能性は大いに高い。

お金持ちになれる職業ランキング!世間のイメージするお金持ち像とは違う? | MensModern[メンズモダン]

理系学生の人気の職業と求める人材をもとに希望の仕事を見つけよう

理系学生の人気の職業について紹介してきたが、今回の情報で、どのような企業や職業が注目を浴びているのか、また、給与なども要素に加えることで選び方が広がることが分かっただろう。また、今後もし企業を選ぶ差には、理系ならではの就職の状況も踏まえて検討してみてほしい。企業とのマッチを考えて、ベストなところが見つかれば、今後の働きやすさにもつながってくることだろう。

キュレーターという職業を調査!業界によって意味が違うわけとは? | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ