結婚式の二次会の服装まとめ!男性がマナーとして着るべき服は?

結婚式の二次会の男性の服装って悩みますよね?そのままスーツで行く方も多いですし、マナーも気になる所です。でも、ちょっとした工夫で結婚式の二次会にピッタリなおしゃれな服装になるんです。そんな男性のおすすめの二次会の服装やマナーについてまとめてみました。

結婚式の二次会の服装まとめ!男性がマナーとして着るべき服は?

目次

  1. 結婚式の二次会での男性の服装まとめ!気を付けたいマナーも!
  2. 結婚式と二次会の男性の服装の違い・マナーは?
  3. 結婚式の二次会でマナーのある服装をかっこ良く着こなそう!
  4. 結婚式の二次会の男性の服装は会場によって使い分ける!
  5. 結婚式から出席する男性の二次会の服装
  6. 結婚式には出ず二次会から出席の男性の服装
  7. 結婚式の二次会でもこれだけはNG!男性の服装のマナー注意点
  8. 結婚式のスーツを取り入れた二次会のおしゃれな男性の服装
  9. 二次会にはワイシャツをチェンジして華やかに!
  10. ネクタイで個性を出す二次会の男性の服装
  11. 二次会の服装はポケットチーフで上品な大人の男性を演出!
  12. 結婚式の二次会はアクセサリーをプラスした洗練させた男性の装いに!
  13. ”おしゃれは足元から”二次会は靴で個性を出す!
  14. カジュアルな二次会のおしゃれな男性の服装は?
  15. まとめ:結婚式二次会の服装はポイント使いでおしゃれに!

結婚式の二次会での男性の服装まとめ!気を付けたいマナーも!

結婚式の二次会にお呼ばれされた時、どんな服装をしていったらいいか迷いますよね。結婚式では、礼服を着ていけばいいと言うのは知っていても、二次会は結構周りをみても服装がそれぞれで、コレっという確信が持てない方が多いようです。特に男性は、どこまでカジュアルダウンした服装をしていいのか分かりませんよね。

また、結婚式の二次会はおしゃれを楽しみたいと思う男性も多いため思い思いの服装が目立ちますが、どんなにカッコイイと思う服装でも、マナー違反の服装だったら恥をかいてしまいます。そんな結婚式の二次会の男性の服装をまとめてみました!マナーを守りつつ、おしゃれに着こなす好感度個ある服装にも注目です!

結婚式と二次会の男性の服装の違い・マナーは?

多様化している結婚式の二次会の服装ですが、まずは、結婚式と二次会の男性の服装の違いやマナーについて軽くご紹介していきたいと思います。

結婚式の男性の服装のマナー

結婚式での挙式や披露宴の男性の服装は、親族でなければ黒の礼服が一般的とされています。結婚式の会場の格式によっては、グレーやネイビーなどのダークスーツも問題ありません。ネクタイは、白やシルバーなどの明るい色や、パステルカラーがマナーです。

よく、招待状などに「平服でお越しください」と書かれているのを目にしますが、「平服」を「カジュアルな服」と間違えている方が多いようです。平服とは、「略礼装」という意味で、礼服ほどフォーマルなスーツでなくてもいいですが、改まった場に出ても恥ずかしくない服装ダークスーツなどを指します。勘違いして普段着で出席しないようにしましょう。

二次会の男性の服装のマナー

結婚式の二次会の服装には、正式な服装と言うものはありません。しかし、お祝いの場であることから、最低限のマナーは守る必要があります。たとえ、カジュアルな会場であってもジャケットの着用が望ましいでしょう。

結婚式の二次会でマナーのある服装をかっこ良く着こなそう!

最近では、二次会の男性の服装も多様化していますが、それ故、マナー違反である方もたまにお見掛けする事も多くなりました。結婚式の挙式や披露宴からの服装と同じでもいいですが、服装の決まりに囚われないせっかくの二次会ですから、ビシッとおしゃれをして出席したいですよね!

結婚式の二次会の服装をは、固すぎず緩すぎない服装がポイントです。ただし、二次会の会場や新郎新婦との関係性にも気を付けなければなりません。結婚式の二次会はゲストとしてのマナーをしっかりと守りつつ、コーディネートし、お祝いの席をみんなで盛り上げましょう!

結婚式の二次会の男性の服装は会場によって使い分ける!

結婚式の二次会の男性の服装は、二次会が開かれる会場によっても大きく変わってきます。二次会だからと言って、とてもカジュアルな恰好をしていったら格式に合いませんよね。また、その会場のドレスコードにも注意が必要です。

フォーマルな会場で結婚式の二次会をする場合

フォーマルな会場とは、結婚式を執り行った会場内のパーティールームや、ホテル内のレストラン、高級レストランなどかしこまった場所を言います。フォーマルな会場の場合の男性の服装は、スーツやスリーピースを着用しましょう。スーツの色は黒・ネイビー・グレーなど派手すぎない物を選びましょう。ワイシャツは白が基本になります。

ただ、二次会のため、ネクタイや蝶ネクタイ、アスコットタイ、スカーフなどで遊びを入れてもいいですね!一つ気を付けたいのは、ホテルや高級レストランは、ドレスコードが設定されている場所が多くあります。その場合は、事前に確認をとってドレスコードに合わせた服装をしましょう。

セミフォーマルな会場で結婚式の二次会をする場合

セミフォーマルの会場とは、レストラン、ダイニングバーや、立食パーティーなどを指します。セミフォーマルの会場で結婚式の二次会をする場合は、男性はスーツにネクタイが基本ですが、デザインや色は多少自由にカジュアルダウンしてみてもOKです。色付きのカラーシャツ、ノータイなどもおしゃれですね。靴も明るい色にも挑戦してみてもいいでしょう!

カジュアルな会場で結婚式の二次会をする場合

カジュアルな軽食レストランや、カフェなどの場合は、チノパ、チノパンデニムパンツなどでカジュアルダウンしても良いでしょう。しかし、あくまでもお祝いの席なので、ジャケットは着用しましょう。また、ダメージの強いデニムやスニーカー、サンダルなども避けた方が良いでしょう。

居酒屋やライブハウスなどで結婚式の二次会を行う場合は、柄物のアイテムなどを取り入れても良いでしょう。しかし、あくまでも新郎新婦よりも目立つ服装は避けましょう。

ハワイやグアムが会場で結婚式の二次会をする場合

ハワイやグアムで結婚式をし、二次会もそうだった場合、日本と同じく会場の格式によって服装を選ぶといいですが、アロハシャツやムームーも向こうでは正装となるのでOKです。荷物をたくさん持って行く手間が大変な場合は、現地で空き時間にアロハシャツを探してもいいですね!

結婚式から出席する男性の二次会の服装

結婚式の挙式や披露宴に出席した男性は、二次会もそのままスーツで出席する人が多いですよね。それでも問題ないのですが、シャツやネクタイだけでもカラーを変えてもおしゃれになります。

荷物になるのが嫌な人は、ポケット違う柄のネクタイを忍ばせておいても◎です。二次会会場の移動の合間にサッと付け替えれますし、それだけでグッと雰囲気が変わり、洗練された男性のイメージですね!

冬場の男性の服装は?コート類についての選び方やマナー

冬場は、結婚式場や二次会に移動する時に、スーツだけでは寒いですよね?だからと言って、カジュアルなコートやジャンパーではスーツに合いません。スーツに合わせるコートは、チェスターコートなどフォーマルなものがおすすめです。

結婚式には出ず二次会から出席の男性の服装

結婚式の挙式や披露宴には出ず、二次会からの参加の場合は、どんな様子か服装も迷いますよね?二次会から出席する仲間がいれば、まだ心強いですが、知っている方がいなければ様子が分かりません。やはり、この場合も、開かれる二次会の会場の格式によって服装を決めるのが一番無難です。

結婚式から参加した組のメンバーは、そのままスーツで参加する事が多いので、セミフォーマルな服装が程よいですね。カジュアルな会場の場合や、友人のみで集まる二次会の場合であれば、ジャケットなど上品な服装を意識したものならOKです。不安のようなら、新郎新婦や幹事の方に、事前に聞いておくもの一つの手ですね!

結婚式の二次会でもこれだけはNG!男性の服装のマナー注意点

結婚式から直接二次会に出席される方、二次会からの参加の方、フォーマルな会場、カジュアルな会場と、二次会の条件は様々ですが、どの場合も、男性の服装で避けなければならない注意点やマナーがあります。避けるべきNGなデザインもあるので、結婚式の二次会の服装を選ぶ前に、しっかり押さえておきましょう。

結婚式二次会の男性の服装の注意点・マナー〔白っぽいスーツ〕

白やシルバーなど明るい色のスーツは新郎新婦のカラーです。かぶらなくてもマナーなのでやめましょう。また、靴下も白はNGです。くるぶしソックスもNGでミドル丈がマナーです。

結婚式二次会の男性の服装の注意点・マナー〔アニマル柄・ファー・毛皮〕

「死」や「殺生」を連想させるという意味で、アニマル柄、ファーや毛皮などはマナー違反です。ブーツもNGです。

結婚式二次会の男性の服装の注意点・マナー〔不幸を連想させるデザイン〕

お葬式に着用するような黒いネクタイ、アスコットタイ、黒のポケットチーフなど不幸を連想させるデザインは避けましょう。蝶ネクタイは祝儀のアイテムなので黒はOKです。

結婚式二次会の男性の服装の注意点・マナー〔夏の軽装〕

夏の暑い時期だからと言って、Tシャツ・短パン・サンダル・メッシュ素材などの服装も避けましょう。カジュアルな会場であれば、TシャツにジャケットならOKです。

結婚式二次会の男性の服装の注意点・マナー〔主役は自分ではない!〕

新郎新婦を食ってしまうような派手な服装や、気合の入り過ぎた服装も避けましょう。おしゃれにキメたい気持ちがあっても、上品な雰囲気でコーディネートし、あくまでも主役をたてる気持ちを忘れず、最低限のマナーを守り、温かく祝福しましょう。

結婚式のスーツを取り入れた二次会のおしゃれな男性の服装

スーツを基調とした二次会のおしゃれな着こなし方をご紹介していきたいと思います。結婚式からそのまま二次会に出席される方にもおすすめで、ちょっとアイテムを変えるだけで、かっこ良くなれるので参考にしてきましょう。

柄のスーツでも、これくらい上品なブラックスーツならおしゃれです。スリーピースはスタイルがよく見えますよね。ここで、グレンチェックのシャツを合わせるのもいいですね。

細かいストライプのダークスーツのコーディネートです。スタイリッシュなストライプのスーツは、ダークカラーであればどの会場の二次会でも着用する事が出来ます。涼し気なニットネクタイがおしゃれですね!

スリーピースと言えばジャケット・ベスト・パンツが同じ生地で作られているのがフォーマルな形ですが、二次会では、中のベストだけ違うカラーのものに替えてもおしゃれですね。ベストが差し色になって、グッとおしゃれになります。

結婚式で着たいスーツコーデ!おしゃれゲストのマナーと着こなしまとめ! | MensModern[メンズモダン]

二次会にはワイシャツをチェンジして華やかに!

結婚式は白のワイシャツがフォーマルな男性の服装ですが、スーツはそのままで、二次会ではシャツを変えた服装に挑戦してもいいですね。薄いブルーやピンクなどパステル系のシャツに替えると、カチッとした礼服も爽やかな雰囲気になります。

フォーマルな会場では二次会であっても、白のシャツがマナーですが、カジュアルな会場の場合は、柄物のシャツに挑戦してみても良いですね!

ネクタイで個性を出す二次会の男性の服装

二次会はネクタイなどで個性を出してもいいですね!結婚式から出席する人は、荷物にもなりませんし、おすすめです。結婚式では、白のシャツですから、多少派手な柄のネクタイでも華やかになっていいですね!

カラーシャツに合わせる場合は、ネクタイとのカラーの相性に気を付けましょう。柄のシャツの場合もネクタイは派手すぎないようにシンプルなものを選ぶとバランスがいいですね!

二次会の服装はポケットチーフで上品な大人の男性を演出!

パーティーシーンで、暗めの男性の服装を華やかにしてくれるポケットチーフで個性をアピールしてみてもいいですね!スーツがダークカラーな為、どうしても地味目な印象の男性の服装ですが、ポケットチーフなどの小物で華やかさを与えることができます。

ポケットチーフは、基本的にネクタイの色と合わせるのが一般的ですが、ジャケットシャツ、ネクタイが地味目のカラーの場合は、パッと明るい色をポケットチーフに入れると、全体がグッと引き締まりおしゃれになります。

結婚式の二次会はアクセサリーをプラスした洗練させた男性の装いに!

結婚式の挙式や披露宴では、あまり光物はNGですが、二次会では、アクセサリーを上手に取り入れてスタイリッシュにコーディネートしてもいいですね!ネクタイピンは一番気軽に取り入れられるアクセサリーです。

カフスボタンも、男性の服装を華やかにしてくれるアクセサリーの一つですね。カフスボタンを付けるだけで、エレガントな雰囲気にグレードアップします。プラスチック製など安っぽいものは避けましょう。

飲み物を持ち上げたり、料理を食べたり一番人に見られる手元のアクセサリー(カフスボタンや腕時計)をリンクさせたカラーで取り入れている上級者の着こなし方です。参考にしたいですね!

ジャケットの胸の部分に付けるピンバッチのラペルピンはあまり付けている方は少ないですが、二次会など華やかなパーティーシーンではおすすめのアクセサリーです。

あまり主張しすぎる物は、結婚式や二次会の場ではおすすめできませんが、さり気なく小ぶりなものを付けるのはスタイリッシュでかっこいいです。インナーがカジュアルなアイテムでも、とても上品になりますよね!

ハットのおすすめのアイテムです。結婚式でも屋外の挙式ならOKですし、二次会からかぶってもいいですね!基本的にはハットが合わせやすいですよ!

男性はバッグはあまり持ち歩く方が少ないですが、持って行く場合は、小さめのクラッチバッグがおすすめです。また、柄やロゴがないもので、シンプルなものがいいでしょう。

結婚式で男性の腕時計はマナー違反?その他NGな小物やアクセサリーは? | MensModern[メンズモダン]

”おしゃれは足元から”二次会は靴で個性を出す!

二次会の靴の色の決まりはないですが、男性なら黒かブラウンが無難です。ベルトの色と合わせるとバランス良くまとまります。靴の素材は革かエナメルのものを選びましょう。ブーツはNGです。

白や赤など派手な色は避けましょう。デザインはストレートチップがつま先が平になっているプレーントゥがかっこいいです。最近では、素足に履いたり、くるぶし下ソックスで靴下を履いていないように見える履き方が流行っていますが、フォーマルな会場ではやめましょう。

”おしゃれは足元から”と言われているので、靴は重要です。くたびれた靴は人に与える印象を大きく変えてしまうので、新調するか、きれいに磨いて気を抜かないようにしましょう。

結婚式2次会の服装マナー男性編!スーツやネクタイ・靴はどうすればいい? | MensModern[メンズモダン]

カジュアルな二次会のおしゃれな男性の服装は?

居酒屋などカジュアルな会場で二次会を行う場合は、デニムなどを取り入れた着こなしもおすすめです。お祝いの席なのでジャケットは羽織りましょう。デニムパンツもダメージの激しいものは避けましょう。

ストライプが映えるジャケットコーデです。カジュアルな会場では、ベレー帽を合わせた服装もおしゃれですよね!ジャケットや帽子で遊んだ分、インナーのシャツはシンプルに白をチョイスし、盛りだくさんのゴテゴテコーデにならないようにしましょう。

ジャケットを羽織るのであれば、インナーはTシャツもOKです。シンプルな無地のTシャツもスタイリッシュでかっこいいですが、ロゴや絵がプリントされてあるものでもいいでしょう。(ただ、セクシーな物や不幸を連想させるプリントはおすすめできません)

カジュアルな会場での二次会の男性服装マナー

結婚式の二次会では、カジュアルな会場であってもジャケットを着ていたとしても、パンツに白を持ってくる服装は避けましょう。

足元は、スニーカーやサンダルなどカジュアルなものもNGです。革靴の他は、ローファーなどかっちりしたデザインを選びましょう。

ジャケットを羽織っていても、短パンはNGです。お祝いの席なので、露出を抑えた着こなしを心がけましょう。

まとめ:結婚式二次会の服装はポイント使いでおしゃれに!

いかがでしたか?男性は、二次会に出席する時、そのままスーツで行く方が多いと思いますが、ちょっと付け加えたり、変えたりするだけで、かっこよくおしゃれにキマるので是非参考にしてみてくださいね!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ