自分らしさの見つけ方10選!長所以外も見つめる自己分析方法とは?

何をするにしても大切になる自分らしさ。仕事でも何でも自分らしさがあるからこそ、魅力的に動けるというものだが、しかし自分らしさってどんなものかわからない人も多いだろう。そこで必要なのが自分らしさの見つけ方。今回は、見つける自己分析方法を紹介しよう。

自分らしさの見つけ方10選!長所以外も見つめる自己分析方法とは?

目次

  1. 自分らしさってなんだろうと悩む人は多い。
  2. 自分らしさを見つけるには短所に目を向ける!
  3. 服装や髪形など!見た目から自分らしさを分析
  4. なりたい自分はどんな自分?自分らしさを考える
  5. 自分らしさを考えるなら!他人と比べることをやめよう
  6. 顔の表情で自分らしさを探す
  7. 口調を意識して変えることで自分らしさを出す
  8. 趣味を通して自分らしさを分析する
  9. 好みを大切にする
  10. 好きな人を優先して付き合う
  11. 楽しいということを優先して自分らしさを見つける
  12. 自分らしさの出し方は人ぞれぞれ!そこから分析をしていこう

自分らしさってなんだろうと悩む人は多い。

あなたは自分の自分らしいところはどこだかわかるだろうか。パッと出てくるのであれば、しっかりと自己分析もできており、きっと仕事や恋愛と行動にもその自分らしさが表れていることだろう。しかし、中には、自分らしさってなんだろうと悩んでいる人もいることだろう。

実は自分らしさで悩んでいる人は意外と多い。自分の行動や他人と違う長所など、自分にしかできないことや、自分の何か一本筋が通ったような、そういう芯のようなものが自分にはないのではないかと悩む人が多いのだ。それが確かに、自分では見つけにくいもので、これまでの行動を考えてみて、初めて見えてくるものだろう。しかし、自分らしさが見つからないと嘆く人も少なくない。

そもそも自分らしさとは何かといわれて、端的に答えられる人も少ないだろう。自分らしさとは、行動の一貫性のことを表しており、あなたが繰り返し起こす行動がその自分らしさにあたる。どんな状況でも、変わらずに無意識的に行動していることがあなたらしさになるというわけだ。

もちろん、言い方を変えれば、他人との区別なども自分らしさにあたる。自分がこれまでどう考えたりどう生きてきたかといったことは、他人とは全く違うもの。こういった他人と区別できるポイントが、自分らしい特徴となるのだ。しかし、これはこれまでの経験の中で、自分の判断でしっかりと考えて動いてきたからこそわかるもの。

逆に言えば、そういった行動や感覚に思い当たるものがなければ自分らしさを見つけていくことは、より難しくなるといえるだろう。そこで今回は、自分らしさの見つけ方を紹介していこう。長所だけを満つことがけっして自分らしさではない。長所だけでなく、他人と比較することなく、自分らしさを見つける自己分析方法を紹介していこう。

自分に自信がない人の5つの特徴とは?自信をつける方法はある? | MensModern[メンズモダン]

自分らしさを見つけるには短所に目を向ける!

ではここからは自分らしさを見つける方法を紹介していこう。まずは短所にも目を向けることだ。自分らしさを見つけようとするときに、自分の長所ばかりを見つめていないだろうか。もちろん長所もあなたの自分らしいポイントだ。しかし自分らしい長所というものは、けっして本心からそう行動しているとは限らない。

その意味では、長所よりも短所の方が、自分の思いのままに行動をしているからこそのものもある。長所と短所は裏返しというように、短所を分析すると、長所の裏付けにもなる。最初から自分の長所はこれだと分かっていても、短所から裏付けを取ると自分らしさの確信が持てるというものなのだ。

幾つも自分の短所を分析していると、不思議とそれぞれ繋がっていることもわかってくる。そうすると、自分の長所から自分らしさを見つけるよりも、より確信をもってこれが自分らしさだと言い切ることもできるようになるだろう。

自分の強み(長所)の見つけ方!自己分析・他己分析を組み合わせた方法とは? | MensModern[メンズモダン]

服装や髪形など!見た目から自分らしさを分析

やはり、最も自分らしさが出るのは外見なのだ。特に服装や髪形というものは自分らしさが出やすい部分になる。なかでも、最も人から見て第一印象に残りやすいのは服装。服装はその人がどのような色やデザインが好みなのかを表現しているからだ。なので、この服装を一度改めて見直してくると自分らしさが見つかるかもしれない。

もちろん、奇抜な色を服装や髪に取り入れていることが、すべて自分らしさにつながるとは限らない。しかし、ほとんどの場合、服装は何気なく自分の好みをとおして選ぶもの。髪型もそうだろう。となると、自分らしさはそこに隠れている可能性は大いにある。

さらに、ここで自分らしさを見つけることができれば、今度は意識的にすくな服装や奇抜な髪形など自分好みを身にまとうことができる。自分らしさってなんだろうと悩んでいる人も、この流れで行くときっと明るくなること間違いなしだ。

なりたい自分はどんな自分?自分らしさを考える

自分らしさを出すということは、普段家で寛いでいるようなだらしない姿を他人に見せるようなこととは全く違うことはわかっているだろう。そもそも自分らしさとは、何もしていない自分を認めることではないのだ。人は何もしないままでいると後退する。なので、後になってこんな自分は自分ではないと後悔をしかねないのだが、そうならないためにも自己分析をしっかりとしたいもの。

まず自分は、どんなふうに行きたいのか。どんな風になりたいのか。あるいは、他人からどんな人だと思われたいのかを考えるべきだろう。もちろん、その理想の姿になった時、自分が自分らしいと思えるようになれば、さらに時運を愛せるようになるはず。自信を失うはずがないのだ。

なりたい自分になるために、努力をすること、そしてっと自分自身を愛することで真の自分らしさを出せる自信も生まれる。もしも自分らしさに悩んでいるのならば、まず他人からどう思われる様になりたいかといった夢を考えてもいいかもしれない。

自分らしさを考えるなら!他人と比べることをやめよう

自分らしさを見つけるうえでは、とにかく他人と比べる過ぎるということは注意ポイントだ。人が自分を見失う原因がこの他人と比べすぎるというポイントにある。もちろん、誰しも劣等感を感じる瞬間はあるだろう。仕事では稼ぎといったポイントや、恋愛では、他愛もないが他人と自分の彼女彼氏を比較することもあるだろう。

これらは、けっして悪いことではない。というのも、こういった比較するということは自分のやる気や向上心にもつながるからだ。つまり、それを励みにして頑張れることも自分らしさにつながるからである。しかし、かといって比較しすぎるのはダメだ。今の自分ができることや、大切にしていることなどを大事にすることも非常に重要。

今この時の、自分がないを大事にしているかということが、自分らしさのポイントになるからだ。また、無暗に他人との比較をしすぎると、無計画に今の仕事をやめてしまったり、好きでもない相手と付き合ってしまうことにもなりかねない。これは自分らしさを表現しているのとは違う。こういったポイントにも気を付けて自分らしさの分析をする必要がある。

顔の表情で自分らしさを探す

自分らしさは先ほども言ったように、外見にも表れることを開設した。服装や髪形がそれにあたるといったが、もう一つ外見でメインとなる自分らしさが現れるポイントがある。それが表情だ。中での目の表情、印象は大きいといわれており、例えば、目つきがきついと周囲の人は怖いと感じて近づきづらくなるだろう。このように表情は無意識のうちに自分らしさを表す鏡のようになっている。

一度自分の表情を顧みると、意外な自己分析結果が出てくるかもしれない。特にうつむき気味や目がいつもくらいとなると少し元気がないと周りからは思われがちなはずだ。笑顔が絶えない人であれば、周りも元気いっぱいな人であふれ照ることだろう。こういったポイントをいろいろと分析していると、必ず自分らしさが明確になっていくはずだ。

口調を意識して変えることで自分らしさを出す

外見でも自分らしさを分析することができるというポイントは伝えたが、しかしまだ自分から発信することで自分らしさを分析することができるものがある。それが口調だ。口は自分らしさが出ている最も所直な部分になるはず。なので、無意識にどうしゃべっているのかを考えると、自分らしさの発見には大きく発揮してくれるだろう。

また、けっして悪い印象が口調から見つかったからといって落ち込む必要がるという意味ではない。例えば、消極的でお話するのが苦手であれば、小さな声でも、ゆっくり丁寧に話せば、相手も察してくれるもの。きな声が特徴なら、うるさい、とまわりに言われても、場所を選べばそのままで大丈夫なはずだ。一つ一つが個性であることを意味しているので、決して臆病にある必要はない。

趣味を通して自分らしさを分析する

楽器を弾いたり、絵をかいたり、編み物をしたり、物をと押して自分らしさを発見することもできるだろう。趣味も自分がどんな風になりたいかやどんなことをしたいかといったものが、無意識ではねいされち得ることが多く、物にこだわりを持って集めているのならば、そういったところで自分らしさが反映されているはずだ。

自分の出し方は人それぞれだが、しかし趣味はその中でもかなり個性が出る。物を表演する上では、自分らしさを出す一番の方法といってもいい。そのため、いざ振り返ってみると、普段はおとなしい性格でも、趣味に簿等しているときは、とても迫力が増したり元気といったことも多い。こういった意味では、趣味にはかなり個性が反映されているのではないだろうか。

好みを大切にする

食べ物・音楽・映画など、自分の好みを考えてみたときに、当然ながら好きなものもあれば嫌いなものもあるだろう。実はその好みは自分らしさといえるのだ。何かが好きというのは、自分の個性から生まれたもの。また、逆に何かが嫌いというのも自分の個性から生まれたことを意味する。なので、自分の好みを細かく知ることができれば自分らしさを発見できることを意味する。

その意味では、好みは、趣味や表情よりも個性的なものが表現されており、自分らしさの出し方として大きいと考えられるので、ただ単純に好きか嫌いかを物事の判断材料として持っておくと、かなり簡潔に自分らしさを分析することができるのではないだろうか。

好きな人を優先して付き合う

上記は好きな物について考えて、自分らしさを見つけることを意味していたが、この好みは、人付き合いにも当てはめることができる。嫌いな人・苦手な人とばかり付き合っていると、自分の思いを押し殺す必要が出てくるので、自分らしさは損なわれる傾向にあるのだ。もちろん、自分の出し方ばかり考えていては社会では通用しない。

いい大人なのだから、仕事などやむを得ないときは、自分の出し方、表現押し方は考えないとだめだが、しかし、プライベートでは自分の好きな人を中心に付き合うといいだろう。そうすることで、自分はこういう物が好きなのだと、改めで実感して自分らしさを把握することにつながる。

また、ストレスの意味でも、あまりわずらわしさを感じずに自然体でいられるということで、自分さしさをより明確にできるという意味もある。自分らしさを発見する上では、物も人づきあいも、プライベートな時間であれば。好みを優先して考えることで、確実な個性を発見できるはずだ。

楽しいということを優先して自分らしさを見つける

好みと同じように、楽しいということを優先して自分らしさを発見していくことも可能だ。何かを選択する場合、楽しそうと感じるほうを選ぶのだ。何か辛そうや、違うなと感じた場合は、自分には合わないものを意味していることがある。その結果、自分らしさをどんどんとつぶしていることになる。

自分らしさを分析したいのであれば、楽しそうと心からワクワクしたり、楽しめたりすることを選ぶと、自分をのびのびと表現できるので、より自分らしい行動をとれることを意味する。なので、はっきりと自分がなんなのかを意識することができるはずだ。

性格の長所を表現する言葉一覧!就活で自分をアピールするには? | MensModern[メンズモダン]

自分らしさの出し方は人ぞれぞれ!そこから分析をしていこう

自分らしさを考えると非常に難しいことかもしれないが、しかし普段の自分の出し方を振り返ると、その出し方には、好みや個性、色々な自分らしさが詰まっている。もちろん、一部の場面では自分を押し殺していることもあるので、そのために状況を絞って、より個性の出し方が強い時を思い浮かべるようにして、そこで自分がどのように出ているのかを分析すれば、把握することができるだろう。

性格が悪い人に共通する10の特徴!自分に当てはまる点があるか気を付けよう! | MensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ