好きな人は既婚者女性。そんな禁じられた恋にかかってしまった男性は少なくないだろう。しかし、相手は既婚者。手を出していいわけがない。どうにかして好きな人をあきらめなければならないが辛いもの。そんな男性の辛いながらもあきらめる方法を探っていこう。

好きな人が既婚者女性で辛い!諦める為の方法や解決策を知って幸せに

目次

  1. 好きな人が既婚者?そんなことってあるの?
  2. 好きな人が既婚者の場合あきらめるしかない?
  3. 既婚者に手を出すと?
  4. あきらめないといけない理由
  5. 好きになってしまった相手が悪い!あきらめる方法を駆使しよう
  6. 既婚者をあきらめる方法!自分を変えよう!
  7. 周りに相談しよう!
  8. 思い切って告白しよう!
  9. リスクを想像しよう!
  10. 習慣を変えよう!
  11. 辛い気持ちを切り替えるには!新しい恋を始めるのが一番の対処法!
  12. 対処法を知ることができればいずれは忘れることができる!

好きな人が既婚者?そんなことってあるの?

男性が女性を好きににある。このことは不思議なことではないのだが、気づけば既婚者に恋をしていたなんてこともそんなに珍しいことではない。実は既婚者に恋をする男性は、職場等では多いのだ。また、女性のほうが既婚者であることを全くにおわすことなく、好きになった人が気づけば既婚者だったということも多いようである。

好きな人が既婚者の場合あきらめるしかない?

好きな人が既婚者であった場合、ではあきらめるしかないのかといわれれば必ずしもそうではない。しかし、ほとんどの場合あきらめるしかないといわざるをえない。相手の家族や経済的なリスク、信用などの多くのリスクを背負うことになる。また、既婚者との恋は今後の生活にも大きな影響を与えることは言うまでもない。

もちろん好きな人と結ばれることはいいことではあるが、それ以上に背負うリスクや今後の生活への影響は多大なものになるため、もし既婚者を好きになってしまったのであれば、あきらめることが望まれるだろう。既婚者女性への気持ちを持ったままでは、他の道よりもはるかに過酷な道になることは間違いないのだ。

既婚者に手を出すと?

【既婚者に手を出すリスク①】相手の家族は壊れる

既婚者女性を好きになってしまった場合、その先にまつリスクを考えていこう。なぜあきらめたほうが良いのかがわかることだろう。まずは相手の家族は壊れることだ。自分は独身であろうと家族があろうと間違いなくただでは済まないのは必然だ。しかし、相手のことを考えるのであれば相手の家族は必ず壊れるであろう。

既婚者女性ということは、相手は母あるいは妻の立場の人だ。その人には結婚した相手と家族がいるはず。その家族を壊してまで付き合うことになる。その人たちの立場になってみれば、どうしてその関係を壊すことができるのかと感じるだろう。

【既婚者に手を出すリスク②】経済的リスク

例えば、もし既婚者女性との関係がうまくいったとして、しかしかならず問題になるのが経済的なリスクだ。法的には慰謝料といったようなお金の話になるであろう。たとえ相手の女性とうまく付き合うことができるようになったとしても、慰謝料は払い続けなければならない。

また、うまくいかなくとも、例えば相手の家族にこのことがばれてしまえば、どういう対処を取られるかわからない。気持ちを隠しているならいざ知らず、もし関係がばれるようなことがあれば、相手の家族も黙ってはいないだろう。こちらも、何らかの経済的なリスクがつく可能性は0ではないのだ。

【既婚者に手を出すリスク③】社会的信用

経済的リスクと同等かそれ以上のリスクと考えられる信用。こちらも大きな辛いリスクになる。好きな人が既婚者女性で、もしその人と関係を続ける場合、もちろん周りの目というものは隠し切れないもの。いつかはばれるし、その付き合いに対して言及もされることだろう。特に同じ職場での付き合いとあれば、それはあなたと女性の信用問題にもかかわる。

もし、何も問題なく付き合えていたとしても、会社としては今後の心配や信用問題に関わるのはもちろんのこと、もし問題を起こしたとあれば、最悪あなたと女性二人そろってクビという対処を取られる可能性もあるのだ。それほど、既婚女性と付き合うこと、特に職場内でのお付き合いは社会的な信用に直結する。

【既婚者に手を出すリスク④】不倫を繰り返されるリスク

今のリスクにしか目が行きがちになるが、もちろん遠い将来的にもリスクは隠れている。もし、既婚女性と今はいい結果に終わったとしても、その女性は不倫をしたことには変わりはない。つまり、そんな女性はもう一度不倫を繰り返す危険性があるのだ。もちろんそんなことを疑いたくない気持ちはわかるが、一度犯したことはれっきとした事実。

再び、他の男性と不倫関係を築く可能性は全く0ではない。今後付き合っていくうえで、あなたはその可能性やリスクを背負っていかなければならない。

あきらめないといけない理由

蒸気の様にいろいろとリスクはある既婚女性への恋。好きな人がまさかとショックなこともあるだろうが、もちろんあきらめないといけない理由はリスク以前の問題もある。それは自分に置き換えてみればわかるだろう。もし自分が逆の立場であれば、そんな不倫行為は家族を困らせることになる。

信用も無くし生活しづらくなると同時に、子供や妻には苦労を掛け、二度と信頼されることはないだろう。そんな家庭を壊す行為をあなたは良しとするだろうか。そしてそんな行為を今まさに自分でしているということになる。法律がどうであっても、そのような行為は許されるはずがないのだ。

好きになってしまった相手が悪い!あきらめる方法を駆使しよう

好きな人が既婚者であったことは、不運なことだ。恋愛感情を持ってしまった相手が悪かっただけなのだ。あなたにももちろん、女性側にも悪いところがあるわけではない。しかし、許されない恋であることは確かだ。そんな思いに対処して、何とかあきらめるしかない。そのあきらめる方法を紹介していこう。小さな行動から変えれば必ずあきらめられる。

既婚者をあきらめる方法!自分を変えよう!

【自分を変えて好きな人をあきらめる①】自分磨きをする

あきらめる対処法としてまず一つ目が、自分を変える行動だ。何もしなければ、ずっと気持ちも変わらず好きな人を引きずってしまう。なにより、そんな自分から変わるために行動しよう。まずは、自分磨きをすることだ。恋というものは、自分に会ったレベルの人を好きになるといわれている。

それを利用して、自分がレベルアップすれば、自然に忘れることができ新たな恋を見つけることができるだろう。今好きな人以上により好きな人が現れるに違いない。

【自分を変えて好きな人をあきらめる②】新しい恋をする

既婚者へと恋をしてしまったあなたの恋を忘れるためには、新しい恋をして上書き保存することも対処のひとつだ、そのためには、多くの飲み会や合コンなどの場に積極的に参加して、新しい出会いを求めて動くことがいいだろう。たとえしばらくは、さすれられなくてもしばらくすれば好きな人は必ず現れるはずだ。

【自分を変えて好きな人をあきらめる③】会わない!

何よりも変えなければならないのが、あきらめると決めたら会わないことだ。しばらくは、会いたい気持ちに押しつぶされることだろう。しかし、1週間もたてば気持ちが収まるはず、冷静になれば既婚者の恋を少なからず気持ちを抑えることができるだろう。またたとえ電話が鳴ったとしても出ないようにしよう。会わないという決心は最も大切な一歩になる。

【自分を変えて好きな人をあきらめる④】第三者目線で見る

まずはその恋を冷静に客観的に見ることで、気持ちも冷静に判断できるようになるもの。第三者目線で、今の状況や恋を見てみよう。いかに無茶な恋をしているか、また、一時の暴走をしているかがわかるだろう。

【自分を変えて好きな人をあきらめる⑤】嫌いなところを考える

今は好きな人が既婚者であろうとも、目の前の恋に夢中になっているがために冷静になり切れていない。好きなところばかりに目が行ってしまい相手の悪いとこなんて気づきはずもないだろう。あきらめるには、そんな考え方も変えていこう。相手の嫌なところを考えるようにすればよいのだ。そうすることで、自然と興味が薄れていくはずだ。

【自分を変えて好きな人をあきらめる⑥】彼女にまつわる物はすべて捨てよう

失恋はつらいものだが、それでも忘れなければならない来い。しかし、相手のことを忘れたくても、なかなか忘れられないのも事実だろう。なので、まずは既婚者女性にまつわるものをすべて捨ててしまおう。例えば貰い物や連絡先といった関係のあるものはすべて捨てるのだ。そうすれば自然と忘れることができる。

周りに相談しよう!

【好きな人が既婚者だったことを打ち明ける①】親に相談

今の自分の恋がどのようなものなのか、自分だけではどうしてもわかりかねるのが既婚者への恋だ。好きな人が既婚者となってしまった今、自分ではただしい判断ができなくなっている可能性が高い。だからこそ、相談は有効な対処法だ。親に相談をするときには、自分のことではなく、友達の話として聞いてみるとよいだろう。

【好きな人が既婚者だったことを打ち明ける②】親友に相談

親だけでなく親友にも相談してみよう。友人であれば親に操舵よりも、より直球的な質問をすることができることだろう。さらに、意外と友人の方が有力な情報を聞ける可能性もある。改めて、好きな人を既婚者として見つめなおすことができることもあるので、思い切って相談してみよう。

思い切って告白しよう!

【辛い気持ちの対処法①】好きだと告白する

この方法は明らかに相手が断ってくれることが前提の場合に試すことのできる方法だ。断られるからこそ、告白をしよう。きっぱりと相手から降られることで、しっかりと失恋できあきらめがつくというものだ。しかし、あくまで失恋が前提、万が一、OKの場合はその人の人格を疑うべきだろう。

【辛い気持ちの対処法②】付き合いをやめることを告白する

もし、仮に少しでも良い雰囲気で進んでいる場合は、付き合いを止めることを告白してしまおう。正式なお付き合いでなくても、もうあまり話しかけないようにすると一言はっすることで、相手にも自分にもしっかりとけじめをつけることができる。その時はしっかりと理由も告げよう、こうすればあなたの中の失恋もダメージは少ないだろう。

不倫と浮気の違いとは?既婚者妻・交際相手彼女が不倫をする確率 | MensModern[メンズモダン]

リスクを想像しよう!

【既婚者が好きな人ならこんなリスク!①】バレたときのリスク

失恋よりも怖いものを想像すれば、あきらめもつくというものだ。バレタときのリスクは先ほど説明したように大きなリスクになる。そんなリスクを想像すれば経済的にも、社会的な信用を無くすリスクも、この付き合いを続けるなんて考えにはなりにくいだろう。好きな人に気持ちが残るのもわかるが、今の関係に望みをかけるほうが絶望的だということに気づくだろう。

【既婚者が好きな人ならこんなリスク!②】周りの思いも想像してみて

あなたと好きな人、今回の感情はこの二人だけの秘密の様に感じているかもしれないが、実は、大体のことは周りにばれている。もし会社の中での出来事であれば、高い可能性で周りにはその好意などがばれているものだ。もしばれているとして、あるいは逆の立場で考えてみればどう思うのか想像してみれば、いかに大変なことをしでかしているかがわかるはずだ。

習慣を変えよう!

【辛い思いは習慣で乗り切る①】忘れる動作を決めておく

いろいろな対処法を紹介したが、かといって一時的に行動を変えたからといって忘れられるものでもないだろう。そんな時には、習慣を変えてみるのも一つの対処法だ。まずは忘れる動作を決めることから始めよう。深呼吸や万歳など何でもいい。相手のことを思い出しそうになればその動作をする。また思い出しそうなら動作と繰り返せばいつの間にかどうでもよくなる。

【辛い思いは習慣で乗り切る②】大声でなく

大声を出してため込んだ思いを吐き出すことも有効な対処法だ。特に失恋時にはこの方法が有効だが、あきらめるときにも有効になる。大声で泣いてすべてを吐き出すことができれば、心の中の失恋のダメージやいろいろなもやもやが取り除かれることだろう。

【辛い思いは習慣で乗り切る③】忙しくする

趣味でも仕事でも何かに没頭しているときにはつらいことを忘れることができるもの。忙しく予定を入れてしまえば、他のことを考えている暇がないので、必ず忘れることができる。複雑な感情や失恋の思いを忘れさせてくれるだろう。

辛い気持ちを切り替えるには!新しい恋を始めるのが一番の対処法!

何よりも、専念すべきは今の恋から新しい恋を見つけること。それさえできればいつの間にか前の恋のことなんて忘れているものだ。合コンや飲み会、街コンでも何でもいいので新しい出会いを求めて動くことをやめないようにしよう。そして、新しい恋が実りさえすれば、前の女性のことは過去のものとして整理できるはずだ。

キスフレとは「キスフレンド」の意味。既婚者でもキスフレを作る人が増加? | MensModern[メンズモダン]

対処法を知ることができればいずれは忘れることができる!

好きな人が既婚者だったとしても、どんな恋でも忘れろと言われてすぐに忘れられるようなものではない。しかし、いつまでも引きずっていてはダメなのも確か。あきらめるためにも、失恋の気持ちを整理するためにも、適切な対処法を知り、実践してしっかりと忘れ、新しい幸せを掴もう。


評価 4.7/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ