声優の小西寛子さんがおじゃる丸を降板した理由をツイッターで暴露したと話題になっています。これは現在の話ではなく18年近くも前の話だというが、小西寛子さんが今になって理由をツイッターで明かした理由とともに、その内容があまりにも衝撃的なものなのです。小西寛子さんが明かしたおじゃる丸降板の理由はNHKの松本プロデューサーという人物がかかわっているとの情報もあり。詳細をまとめました。

声優・小西寛子がおじゃる丸を降板した理由は?NHK松本プロデューサーが関係?

目次

  1. 小西寛子がおじゃる丸降板の理由を明かした!
  2. NHKおじゃる丸の声優を務め降板となった小西寛子とは?
  3. 小西寛子が降板されたおじゃる丸とは
  4. 小西寛子は18年前のおじゃる丸降板の理由をツイッターで暴露した
  5. 小西寛子が明かしたおじゃる丸降板の理由とは
  6. 小西寛子の主張が事実ならおじゃる丸降板はNHKの隠ぺい?
  7. 小西寛子をおじゃる丸から降板させたとされる松本プロデューサーとは?
  8. 声優業界自体の在り方にも波紋を投げかける小西寛子
  9. 降板されるも再度おじゃる丸に起用もされている小西寛子
  10. NHK側も小西寛子へ返答を開始している様子
  11. 事実なら見逃せない小西寛子おじゃる丸降板の告発に今後も注目

小西寛子がおじゃる丸降板の理由を明かした!

声優の小西寛子さんをご存知でしょうか。この小西寛子さんは18年前にNHKの人気アニメおじゃる丸の声優を務めるも降板するという経歴がある方なのですが、2018年6月1日より自身の公式ツイッターで、当時なぜおじゃる丸の役を降板するに至ったかを暴露して現在、話題になっています。

小西寛子さんが明かした、おじゃる丸の声優を降板するに至った理由、それはNHKの番組プロデューサーである松本という人物が大きくかかわっているとのことなのですが、内容があまりに衝撃的なのです。波紋を呼ぶ小西寛子さんが明かしたおじゃる丸降板の理由や経緯をまとめてみました。

NHKおじゃる丸の声優を務め降板となった小西寛子とは?

小西寛子さんプロフィール
・1975年10月26日生まれ 現在42歳
・血液型:A型
・身長:161cm
・所属芸能事務所 Office Squirrel
・声優以外にもシンガーソングライター、タレントとしても活動

小西寛子が降板されたおじゃる丸とは

おじゃる丸とは、原案者犬丸りんで、NHKのEテレで1998年10月NHK初のデジタル制作アニメです。放送開始からは声優を小西寛子さんが勤めていましたが、4年目以降は交代となり、西村ちなみさんという声優が声を務めています。

おじゃる丸とは、自称やんごとなき雅なお子様というアニメの主人公です。現代の日本に、千年前のヘイアンチョウ妖精界の貴族の子がやってきて、カズマという男の子の上に居候するという設定のアニメです。

現在でも子供を中心に人気のおじゃる丸。なぜ初代声優を務めた小西寛子さんは降板となり、別の声優さんに交代になったのでしょうか。ちなみに交代となった西村ちなみさんは、それまで「小町ちゃん」というおじゃる丸とは別のキャラクターの声を担当しており、交代にあたっておじゃる丸の声を兼任することになっています。

登場人物も多く、出演も不定期なので一人の声優さんが複数のキャラクターを兼任することも多い作品ではあったのですが主役のおじゃる丸の声を担当していた小西寛子さんがなぜ降板になり、声優が交代となったのか、その当時理由について特に公表されていませんでした。

小西寛子は18年前のおじゃる丸降板の理由をツイッターで暴露した

しかし、2018年6月になり突然ともいえるタイミングで、小西寛子さん本人が、おじゃる丸を降板となり声優が交代になった経緯を自身のツイッターで明かしたのです。その理由は何とも衝撃的なもので、もしその内容が事実だどするなら放送局のNHKにとって大打撃ともなりかねないものでした。ツイートは複数になりますが、すべて順を追ってご紹介します。

まず、一つ目の小西寛子さんのツイートです。おじゃる丸を降板させられ交代に至った経緯は、収録した声が、放送されるための本編用ではなく、音声商品に流用されており、しかも販売がされていたというもの。キャラクターグッズのおもちゃなどの声に使われていたということですね。

声にも当然、権利があり商用利用するのであれば声優にも話があるべきなのは当然で、事務所を通じて質問しているのに「黙って言うとおりにしろ、生意気などの返答の後、収録の話が来なくなったと小西寛子さんはツイートしたのです。

18年前はそのまま黙って降板・交代を受け入れたが、この話が真実だとすると小西寛子さんが納得できないのも無理のない話です。しかも、2018年6月になってこの話をツイートしたという理由に、「NHK関連でまた同じ様な事件が事務所関係者に起こった」からだとする小西寛子さん。

事務所関係者に似たようなことが起こったということで、今回は音声などの証拠をしっかり押さえ、NHK経営企画に抗議をしたとする小西寛子さん。まだ返答がなく町の状態になっているということだが、その返答があまりに遅く、このツイートを発するに至ったとみられます。

小西寛子が明かしたおじゃる丸降板の理由とは

小西寛子さんが明かした18年前のおじゃる丸降板・交代の理由は、ツイッターの内容を要約すると、「①NHK側が瀬声優にキャラクターの声を本編用として収録したものを商品に流用していた。②流用について問い合わせると、黙っていろ言われた。③言い分を無視されたばかりでなく、意見をしたこと報復に仕事を打ち切られた。」ということになります。

小西寛子の主張が事実ならおじゃる丸降板はNHKの隠ぺい?

これがおじゃる丸の降板・交代の本当の理由であるならば、小西寛子さんは自分の仕事がなくなったことに対して相当に納得のいかない思いを抱えた無念の処遇であったことでしょう。またNHKの取ったとされる行動は、声優に無断で商品用の声を収録させ、不当に利益を得ていたということ。

それが日常化しており、指摘されるとその声優を仕事から降ろす、つまり黙認することを強要し、受け入れられない場合は仕事をさせないというスタイルであるということになってしまいます。それが事実なのだとしたら、小西寛子さんが主張する通り、公益性もあるNHKがやっていることとしては当然見過ごされるべきことではないといえるでしょう。

小西寛子をおじゃる丸から降板させたとされる松本プロデューサーとは?

ツイッター上で小西寛子さんが「松本P」としている人物は、NHKエンタープライズ制作本部に所属する松本寿子という女性プロデューサーだといわれています。松本寿子というプロデューサーはおじゃる丸以外にもNHKが手掛ける数多くの制作に携わっている人物です。

声優業界自体の在り方にも波紋を投げかける小西寛子

またおじゃる丸の声優の降板・交代だけでなく、声優として意にそぐわないセクハラまがいのことを不当にさせられることもあったという趣旨もツイッターで明かしている小西寛子さん。声優だけでなくマネージャーにも起こっていたとのこと。最近になってようやくセクハラ問題などが当たり前になっていますが昔のこととはいえ本当ならひどすぎる話です。

いつの時代も、弱い立場であることの多い女性。また仕事の依頼を受ける側。発注側とのパワーバランスを考慮し、仕方ないと受け入れるしかなかったことも多くあったと小西寛子さんは訴えたいと思われます。

降板されるも再度おじゃる丸に起用もされている小西寛子

このような告発をして大騒ぎになるということは、想定していると思われる小西寛子さんですが、実は2か月前の2018年小西寛子は2018年4月に2020年からの道徳の教材におじゃる丸が使われることになっており、小西寛子さんが声優として起用されることが発表された後に起こした行動なのだといいます。

過去のことはさておき、そういったいざこざがあったことを踏まえて請け負った仕事であるのに、今NHKに対してこのような行動を見せるということに、また決まった仕事がなくなるのではないかなど心配の声も聞かれますが、今のところ降板や交代などは発表されていません。

NHK側も小西寛子へ返答を開始している様子

当然のことながら小西寛子さんがツイートした内容には反響が大きかったようで、小西寛子さん自身がそれらに対して次のように答えています。

リツイートすることでよりたくさんの人に知らせようとする人、負けないで頑張れと小西寛子さんに激励を送る人、そして、批判の声を寄せる人などなど。しかし小西さんはもっと多くの人にこのことを知ってもらいたいという気持ちがあるようです。

それはやはり、このことをなかったこととして葬るのではなく、明るみにして改善していきたいという気持ちがあるからなのでしょう。多くの人が知ることとなれば、NHK側も無視できず何らかの対応をせざるを得ないからだと思われます。そしてその小西寛子さんの思いは届きつつあるようです。

小西寛子さんの発したツイートは、多くの人に知られることとなり、マスコミでも取り上げられたのです。

そして、小西寛子さんの望み通りだと思われるNHK側からも返答があった様子が新たなツイートからわかっています。まだまだどういった決着を見せるかはこれからになるかと思われますが、事実だとすると問題である内容だけにさらに波紋が広がるのではとの意見が聞かれます。

事実なら見逃せない小西寛子おじゃる丸降板の告発に今後も注目

18年前のおじゃる丸の声優を担当していたが、突然の降板・交代について現在になってその当時の真実だとされる衝撃的な内容を明かした小西寛子さん。NHK側も対応に乗り出している動きもあることから、しばらくこの騒動については注目されることになると思われます。

長年、日本中で親しまれているキャラクターのおじゃる丸がこのような騒動の発端だというのは残念なことですが、それまで問題であったことが解決されるということならば、そうであってほしいと望まずにはいられません。


評価 4.3/ 5(合計11人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ