ヘッドホンの選び方は難しいですよね。マニアックに追及するには値段が掛かりますし、レビューで安いとおすすめされても実際に聞いてみないとわからないこともあります。そこで今回は安い、そして質の高いヘッドホンの選び方とおすすめランキングを紹介したいと思います。

安いヘッドホンおすすめまとめ!高音質で低価格のコスパ最強モデル

目次

  1. 安いヘッドホンをおすすめする理由は?
  2. 高いヘッドホンと安いヘッドホンで違いは?
  3. ヘッドホンの目的による使い分け
  4. 安いヘッドホンは密閉型か開放型かも重要!
  5. Bluetoothのヘッドホンもおすすめ
  6. ヘッドホンは耳が痛くないかどうかも大事
  7. おすすめの安いヘッドホンランキング10位エレコム
  8. おすすめの安いヘッドホンランキング9位パイオニア
  9. おすすめの安いヘッドホンランキング8位ソニー
  10. おすすめの安いヘッドホンランキング7位COSS「Porta Pro」
  11. おすすめの安いヘッドホンランキング6位ケンウッド
  12. おすすめの安いヘッドホンランキング5位Creative「AURVANA Live!」
  13. おすすめの安いヘッドホンランキング4位ヤマハ
  14. おすすめの安いヘッドホンランキング3位Bluedio
  15. おすすめの安いヘッドホンランキング2位JBL
  16. おすすめの安いヘッドホンランキング1位オーディオテクニカ
  17. ヘッドホンは低価格でも十分におすすめ!

安いヘッドホンをおすすめする理由は?

ヘッドホンというアイテムはこだわろうとすればそれなりの値段はしますよね。最近では見た目がお洒落なヘッドホンも多く、そういったものも値段は高い傾向にあります。では低価格ヘッドホンの質ははっきり悪いと言えるのでしょうか?そんなことはありません。マニアックに高音質を追求しないのであれば安いヘッドホンでも十分にコスパがいいです。

高いヘッドホンが高音質であることは間違いないですが、安いヘッドホンでも選び方を厳選し、自分の耳に合ったヘッドホンを選べば十分高音質と言えるおすすめのヘッドホンはたくさんあります。また安いとヘッドホンが故障してしまった時のショックも少ないですよね。

高いヘッドホンと安いヘッドホンで違いは?

ヘッドホンの値段による違いは主に材料による違いが大きいと思います。高級ヘッドホンと呼ばれている部類のヘッドホンはハウジングの部分に木目を使ったり、イヤーパッドにいい布素材を使っていたりと材料から高級感を出しているものが多いです。安いヘッドホンは使用されている材料も安いですね。

また高級ヘッドホンは「ノイズキャンセラー」などオプション機能が付けられているものも多く、これも値段を高くしている一つの要因になっています。安いヘッドホンに比べて一つ一つの製品のクオリティを高く保つため研究開発費や人件費なども含まれていますね。

肝心の音質はというと…高いヘッドホンは音もまとまっていて「暴れ」が少ないですし、とてもクリアかつライブ感の強いいわゆる「高音質」のものがほとんどです。しかし安いヘッドホンでも十分に高音質であることは珍しくありません。高級ヘッドホンに比べて当たり外れが大きいのは事実ですが、低価格でも選び方を間違えなければいい高音質のヘッドホンはあります。

ヘッドホンの正しい付け方は?耳が痛くならない装着方法・やり方解説 | MensModern[メンズモダン]

ヘッドホンの目的による使い分け

またヘッドホンは目的によって選び方を変える事も大切ですよね。クラブDJなど周囲を大きな音に囲まれている状況で使用する際は低音域が強調されたヘッドホンを使用する必要がありますし、逆に静かな状況で繊細な音楽を楽しみたいのであれば中音域帯がクリアである必要があります。それら突き詰めれば詰めるほど価格は高くなっていく傾向が強いです。

安いヘッドホンはそういった目的別の使い方に合わせられるものは比較的少なくなっています。安い=量産型というわけではありませんが、比較的オールラウンダー(いろいろな意味で)なヘッドホンが多くなっていますね。そうはいってももちろんメーカーや機種ごとに微妙な違いは存在しているので一つ一つレビューなどを調べることをおすすめします。

おしゃれなヘッドホンまとめ!コーディネート・付け方や注意点も紹介 | MensModern[メンズモダン]

安いヘッドホンは密閉型か開放型かも重要!

またヘッドホンを選ぶ際に重要なのは「密閉型」か「開放型」を適切に判断するのも重要です。「密閉型」とは文字通り音が密閉されるように響くタイプで、音漏れや遮音性に優れていて外で聞いても周囲に迷惑をかけることなく使用できます。低価格でも密閉型のヘッドホンはたくさんあるので、外で使用する場合には密閉型のヘッドホンがおすすめと言えますね。

密閉型とは反対に「開放型」というヘッドホンも存在します。開放型は音はガンガン外に漏れますが音がクリアで低音もスッキリとシンプルに耳に届きます。また開放型は耳を圧迫しないタイプが多いので、密閉型ヘッドホンにありがちな「使いすぎて耳が痛い」という事態も少ないですね。開放型にも低価格のヘッドホンはたくさんあるので室内で使うにはこちらがおすすめです。

Bluetoothのヘッドホンもおすすめ

近年ではBluetoothのヘッドホンもだいぶ低価格になってきており、高音質のものも出てきているのでおすすめです。「Bluetooth」とは無線によって操作ができるタイプのヘッドホンで、煩わしいコードがないため断線トラブルなどの心配もないのでおすすめです。

Bluetoothのヘッドホンは現在各社がこぞって新製品を開発、生産しているので近い将来こちらの方が主流になるかもしれません。時代を先取りしたい人は低価格のBluetoothヘッドホンを狙って購入することをおすすめします。

ヘッドホンは耳が痛くないかどうかも大事

そしてヘッドホンを選ぶ際には「長時間装着していても耳が痛くないか」も重要です。比較で言うと密閉型は名前の通り耳を覆いかぶすような構造になっている製品が多く、長時間装着していると耳が痛くなることも多いです。安いヘッドホンだとその傾向が特に顕著ですが、安くても耳が痛くなりにくい工夫が凝らされている製品もありますからコスパのいい製品を狙っていきたいですね。

密閉型のヘッドホンよりは開放型のヘッドホンの方が圧迫感が少なく長時間使用するのであればこちらの方がおすすめです。メガネやアクセサリーの影響ですぐに顔がこわばってしまう人は開放型がベストでしょう。値段も開放型は低価格なことが多いので購入もしやすいです。

ヘッドホンしたままメガネをしても痛くない?おすすめの使い方・選び方紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめの安いヘッドホンランキング10位エレコム

低価格の家電周辺機器メーカーとしてトップクラスのブランド力を誇るエレコムのヘッドホンは高音質の割に価格が安くてコスパが抜群にいいのでおすすめです。種類も豊富で密閉型、開放型、ゲーム用、スマホ用とたくさん種類があって選べるのもいいですね。Bluetooth対応や耳に負担の掛かりにくい「ネックバック」スタイルのヘッドホンもコスパがよくておすすめです。

低価格ヘッドホンといえばシンプルな外装であることが多いですが、エレコムのヘッドホンはレッドやピンクなどカラーバリエーションも豊富に選べます。また高音質である「ハイレゾ音源」対応タイプもあってクオリティはかなり高いですね。

おすすめの安いヘッドホンランキング9位パイオニア

1000円台から購入できるコスパがいいヘッドホンの代表格として家電メーカー「パイオニア」のヘッドホンが挙げられます。安いヘッドホンがいいけど音質にはこだわりたいという人にとって定番中の定番メーカーでもあります。特にコスパがいいのは「SE-M521」というタイプですね。

SE-M521は低価格帯のヘッドホンにしてはコード3.5mと長く、重低音が重視されている音質のため安さは全くと言っていいほど感じません。このヘッドホンが1000円台から気軽に手に入るのはすごいことです。安いヘッドホンを買いたいけど迷っている、という人にとっては本当におすすめですね。

おすすめの安いヘッドホンランキング8位ソニー

ソニーのオーディオ製品と聞くと「高品質だけど高い」という印象を持つ方も多いと思います。もちろん高価格帯で高音質の製品が多いのですが、中にはソニーでも非常に低価格で手に入るヘッドホンは存在します。ソニーのヘッドホンで低価格なのは「MDR-ZX」というシリーズでこちらも1000円台から購入できるコスパのいいヘッドホンになっています。

また「MDR-XB」という種類もコスパがよくておすすめ。こちらは折り畳み式になっていてどこでも使いやすいですね。低価格とはいえさすがにソニー社製品だけあって非常に高音質かつ耳にもフィットするヘッドホンになっています。家電量販店で手に入りやすいのもポイントですね。

おすすめの安いヘッドホンランキング7位COSS「Porta Pro」

アメリカのオーディオメーカーKOSSが開発している通称「ポタプロ」のヘッドホンもそこそこ安いうえにとても軽量で高音質、コスパが非常にいいです。耳への圧も3段階で調節できますし、プロでも使っている人がいるほどで、20年以上に渡るロングセラーのヘッドホンになっています。

デザインもメカニカルかつスタイリッシュでお洒落ですね。なおポタプロは開放型のヘッドホンとなっているため音漏れがあります。使用するなら室内で使用するべきでしょう。室内であればロック、ポップスなどジャンルを問わず気持ちのいい中音域が響きます。値段は4000円くらいですね。品質を考えるとコスパはとてもいいです。

おすすめの安いヘッドホンランキング6位ケンウッド

世界的なオーディオメーカー「ヴィクター」によるグローバルブランド「JVC」が販売している「ケンウッド」というヘッドホンも安くてコスパがいいです。ケンウッドのヘッドホンには高価なものも存在しますが、最も安いモデルでは1000円くらいで購入できるため気軽に購入できます。カラーバリエーションも豊富ですね。

ケンウッドヘッドホンの特徴はズンズンと耳に響く重低音ですが、廉価タイプのヘッドホンでも十分にその性能は体感できます。ほとんどは密閉型のヘッドホンであるので外で使えるのもいいですね。イヤーパッドが大きいためワインポイントファッションとしても機能します。

おすすめの安いヘッドホンランキング5位Creative「AURVANA Live!」

5000円未満という意味でのコスパならクリエイティブ社が販売している「AURVANA Live!」が非常にクオリティが高くておすすめです。おそらく日本で販売されているヘッドホンの中でこの価格帯では最高クラスの出来を誇ります。低音がよく響きますし、中高音帯もソフトで聞きやすいですね。

造りはコンパクトに設計されているため持ち運びもしやすいです。少なくとも高音質な音楽を聴く目的だけならばこれを超えるヘッドホンはもう少し高い価格帯のランクにもほとんどないと思います。

おすすめの安いヘッドホンランキング4位ヤマハ

日本でもトップクラスに有名な音楽メーカー「ヤマハ」のヘッドホンにも安い種類があり、2000円くらいから購入することができます。アーム部分はシンプルな出来になっていますが、さすがにヤマハだけあって音質は抜群にいいです。耳当たりが良く、ピアノなどクラシック楽器のナチュラルな音を聞くのに向いています。

音楽を聴くのにももちろん適していますが、電子ピアノ演奏など音の作り手側にも本当におすすめしたいヘッドホンです。できるだけ安い機材でDTM(デスクトップミュージック)をやりたい人にとってはベストに近い選択肢となるでしょう。

おすすめの安いヘッドホンランキング3位Bluedio

Bluetoothで安いヘッドホンを探しているのであれば、「Bluedio」のヘッドホンがおすすめです。bluetooth対応モデルはまだ高いものも多いですが、Bluedioのモデルは3000円くらいで購入できるため定番となりつつありますね。音質も悪くなく、コードの煩わしさから解放されることを考えるととてもコスパがいいです。

また上位モデルはデザインもお洒落でアーム部分の耐久力が大きく向上しているなど使い勝手が良くなっているので少し予算に余裕がある人は上位モデルを購入することを考えてもいいでしょう。上位モデルといっても価格は5000円以下で購入でき、比較的安いです。

おすすめの安いヘッドホンランキング2位JBL

アメリカの有力スピーカーメーカーである「JBL」も高音質のBluetoothヘッドホンを販売していることでおなじみです。イヤーカップに付属されているボタンを操作することでスマホなどをいちいちカバンやポケットから取り出さなくても再生などの操作が行えてとても便利です。有線接続に対応しているモデルもあるので古いPCで使う際にも安心ですね。

JBLのヘッドホンでもっとも低価格なのは「T450BT」というモデル。ケーブルが付属しているものは2000円台から購入でき、Bluetooth対応のものでも4000円台から購入が可能などリーズナブルで高いクオリティの音を楽しむ事ができます。通話もできるのであらゆるシチュエーションで使えるヘッドホンと言ってもいいでしょう。

おすすめの安いヘッドホンランキング1位オーディオテクニカ

安くておすすめのヘッドホンブランド1位はすでに有名なブランドとなっているオーディオテクニカ。一大ブランドだけあってHI-FI音質からBluetooth、ゲーム専用ヘッドホンまで様々なラインナップが用意されていますが、低価格帯のヘッドホンも充実しており、分からなければとりあえずオーディオテクニカのヘッドホンを選んでおけば間違いはありません。

音質は比較的フラット。ヒップホップからロック、ポップ、クラシックなどどの音楽でも一定のクオリティを発揮してくれます。音源の再現性が高く、バイアスの掛かった音声加工はほとんど施されていないため音源の良さを堪能できますね。音質がフラットだと音楽だけなく、テレビやPCモニター用としても使用できるので用途が広くなります。

高いモデルは数万円掛かりますが、安いモデルでは1000円台から販売しており、とてもリーズナブルでおすすめ。音楽を聴いたりテレビを見たりする分にはこの安いモデルでほとんど問題ありません。

ヘッドホンは低価格でも十分におすすめ!

上に紹介したようにヘッドホンは用途や好みに合ったものを選べば低価格でも高いクオリティで音楽を楽しめます。実際に使用して音を聞いてみないと分からないこともあるので、近くの家電量販店などに在庫がある場合試聴してみるのもいいですね。「どうせ低価格だから…」と敬遠していた人も一度試してみてはいかがでしょうか?


評価 4.6/ 5(合計7人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ