吸血鬼が登場して活躍する吸血鬼漫画のランキングを作成しました。ヴァンパイア、ドラキュラなど様々な呼び名がある吸血鬼ですが、彼らの登場する吸血鬼漫画はたくさんあります。人の血を吸う怪物―そんな彼らが登場する吸血鬼漫画を、今回はランキング形式で10位~1位までご紹介いたします。手に汗握るバトル、激しいアクション、儚い恋、コメディなど、見どころ満載の吸血鬼たちが活躍する漫画をまとめました。

吸血鬼漫画・ヴァンパイア漫画のおすすめランキング!人気の恋愛も!

目次

  1. 吸血鬼漫画を読みたいけどジャンルは何があるの?
  2. 昔の吸血鬼漫画
  3. 10位.『ロザリオとバンパイア』 全24巻
  4. 9位.『かりん』 全14巻
  5. 8位.『実は私は』 全22巻
  6. 7位.『ヴァンパイア騎士』 全19巻
  7. 6位.『ブラッドラッド』 全17巻
  8. 5位.『ダレン・シャン』 全12巻
  9. 4位.『デビルズライン』 既刊11巻
  10. 3位.『ハピネス』 既刊8巻
  11. 2位.『彼岸島』 全33巻
  12. 1位.『HELLSING(ヘルシング)』 全10巻
  13. 吸血鬼漫画ランキングまとめ

吸血鬼漫画を読みたいけどジャンルは何があるの?

近年の吸血鬼漫画のジャンルは幅広い

皆さんは吸血鬼漫画と聞いてどんなジャンルを思い浮かべるでしょうか?あまり読んだことのない人は、ダークファンタジーやシリアスなストーリーの漫画だと思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。今回のランキングでは、バトル、コメディ、恋愛、サスペンスなど、特定のジャンルに偏らない、幅広いジャンルの吸血鬼漫画を紹介していきます。

昔の吸血鬼漫画

欧米のイメージする吸血鬼に日本の和を足したもの

吸血鬼・ヴァンパイアを題材とした吸血鬼漫画は古くから存在します。その多くはダークファンタジーだったり、ホラー要素を取り入れた、どちらかというと陰気な雰囲気の漫画が多かったようです。日本の代表的な吸血鬼漫画では、アニメから後に漫画化された『吸血姫(ヴァンパイア)美夕(みゆ)』が、1988年から連載されていました。闇の世界から人間の世界にやってくる、はぐれ神魔とよばれる怪物と、彼らを狩る宿命を持った主人公、美夕の戦いを描いた吸血鬼漫画です。

著名作家の書いた吸血鬼漫画

こちらは吸血鬼美夕よりも古い、1979年に連載された人気の吸血鬼漫画『ドン・ドラキュラ』。文明社会である現代日本に生きる吸血鬼、ドラキュラ伯爵の日常をコミカルに描いています。ストーリーのほとんどがギャグやコメディで占められており、年齢を問わず楽しめる吸血鬼漫画です。作者は、『鉄腕アトム』や『ブラック・ジャック』など多数の名作を生み出したことで有名な漫画家、手塚治虫先生。

吸血鬼漫画のジャンルは昔から幅広かった

このように、吸血鬼漫画のジャンルは昔から幅広く存在していました。今回のランキングでは、シリアスやホラーが苦手な人にもおすすめできる、様々なジャンルの吸血鬼漫画を紹介します。もちろん、定番のダークファンタジーやバトルものも紹介しますので、ぜひご覧ください。

10位.『ロザリオとバンパイア』 全24巻

妖怪の学校に入学してしまった少年の日常を描くバトルラブコメディ

それではここから、おすすめの吸血鬼漫画を紹介していきます。一つ目の吸血鬼漫画は、池田晃久先生の『ロザリオとバンパイア』。妖怪の学校とは知らずに入学してしまった主人公の少年、青野月音(あおの つくね)の成長と恋愛を描くバトルラブコメディです。メインヒロインの赤夜萌香(あかしあ もか)は普段は温厚なヴァンパイアですが、月音の血を吸うことで人格が変化し、ヴァンパイアとしての圧倒的な力を振るいます。

第一部と第二部の二部構成になっており、第一部ではヒロインそれぞれとの恋愛やコメディがメインですが、第二部ではバトルがメインとなり、雰囲気もどんどんシリアスになっていきます。第一部に限っては複雑な設定なども出てこないので、吸血鬼漫画を初めて読むという方におすすめです。第一部は全10巻、第二部は全14巻となっております。

2008年にはアニメ化もされており、第一期・第二期それぞれ全13話放送されました。原作とはストーリーや一部設定が変更されてはいますが、ラブコメとして十分楽しめる内容となっております。

ラブコメ漫画おすすめランキング!名作から最近の人気作まで一挙紹介! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

9位.『かりん』 全14巻

血が増えてしまう増血鬼の少女の恋愛を描くラブコメディ

次にご紹介する吸血鬼漫画は影崎由那先生の『かりん』。主人公の少女、真赤 果林(まあか かりん)は吸血鬼一家に生まれた吸血鬼ですが、彼女は自身の「不幸」に反応して血が増えてしまう増血鬼だったのです。血を吸うどころか血が増えてしまう吸血鬼とは、中々珍しい設定です。基本は果林の吸血鬼としての日常と恋愛がメインですが、話が進むにつれて、果林は自身の知らなかった吸血鬼の秘密を知ることになり、シリアスな雰囲気が出てきます。

8位.『実は私は』 全22巻

吸血鬼を発端とする様々な人外に巻き込まれる主人公

続いてご紹介する吸血鬼漫画は、増田英二先生の『実は私は』。主人公の黒峰 朝陽(くろみね あさひ)は、クラスメイトの白神 葉子(しらがみ ようこ)が「実は吸血鬼」だったことを知り、自分が恋する葉子の秘密を守るため協力することになります。ヒロインの吸血鬼を始め、宇宙人や未来人、狼男など様々な人外が登場するラブコメディです。天然気味で、自称クールビューティーな葉子はとても魅力的です。

登場人物それぞれが非常に個性的な性格で、かつハイテンションなギャグ展開も多く、ギャグ漫画としての側面ももっています。シリアスやダークファンタジーは苦手、という方におすすめの吸血鬼漫画です。

7位.『ヴァンパイア騎士』 全19巻

女性におすすめ!人間と吸血鬼の間で葛藤する少女の儚い恋愛を描いたストーリー

こちらは樋野まつり先生の描く吸血鬼漫画『ヴァンパイア騎士』。吸血鬼と人間が通う学校で、風紀委員の守護係(ガーディアン)となり、吸血鬼の存在を守っている黒主 優姫(くろす ゆうき)の儚い恋愛を描いた吸血鬼漫画です。コメディ要素はほとんどなく、シリアスな雰囲気が最初から最後まで続きます。女性に人気ですが、恋愛が好きな男性にもおすすめできる吸血鬼漫画です。

少女漫画おすすめランキング!人気作品や大人も面白い名作ガイド! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

6位.『ブラッドラッド』 全17巻

幽霊少女を生き返らせるために奔走するオタク吸血鬼

続いておすすめする吸血鬼漫画は、小玉有起先生の『ブラッドラッド』。オタクな吸血鬼、ブラッド・チャーリー・スタズ(通称スタズ)と、魔物に食べられて幽霊になってしまった少女、柳冬実(やなぎ ふゆみ)の物語を描いたシュールバトルアクションです。恋愛などしてこなかったオタク吸血鬼、スタズの冬実に対する行動はとても初々しく、見ていて応援したくなります。

2013年にはテレビアニメ化もされ、小説、スピンオフ漫画なども販売された、大人気吸血鬼漫画です。

バトル漫画のおすすめランキングベスト20!本当に面白いマンガを厳選! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

5位.『ダレン・シャン』 全12巻

運命に翻弄される二人の少年の結末を描く吸血鬼漫画

『ダレン・シャン』は、イギリス人作家のダレン・シャン氏が書いた小説を元にした吸血鬼漫画です。毒蜘蛛に噛まれた親友を助けるために吸血鬼になってしまった少年、ダレン・シャンの成長を描きます。小説で描かれている世界観を見事に再現しており、吸血鬼同士の迫力のある戦いは、見ていて引き込まれること間違いなしです。

原作が大人気小説!

原作は児童向けの大人気ファンタジー小説であり、とてもダークかつシビアな世界観となっています。主人公のダレンが所属するバンパイアたちと、元々バンパイアと同じ種族であったバンパニーズと呼ばれる種族の戦いや、ダレンとヒロインのデビー・ヘムロックの淡い恋愛も描かれています。他にも、ダレンの味方として戦うサーカスの人々や、バンパイア・バンパニーズそれぞれに協力する人間も多数登場します。

ダークファンタジー漫画おすすめランキング!人気&面白い傑作選! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

4位.『デビルズライン』 既刊11巻

自身の出生に葛藤する青年の成長と恋愛を描いた人気漫画

花田陵先生の『デビルズライン』は、吸血鬼が存在する現代日本を舞台にした、サスペンス要素を盛り込んだダークファンタジー漫画です。吸血鬼の犯罪を取り締まる警視庁公安5課に努める主人公、安斎 結貴(あんざい ゆうき)の成長と恋を描いています。

結貴は人と吸血鬼のハーフであり、本人に吸血欲求が低いということで監視は受けつつも普通の人間のように暮らしてきました。自分の中に流れる吸血鬼の血を忌み嫌い、吸血鬼自体を嫌悪していました。しかし、後に恋人となる平(たいら)つかさとの出会いが、結貴の吸血鬼に対する考えを変えていきます。
2018年3月時点で11巻まで販売中です。

サスペンス漫画・ミステリー漫画おすすめランキング!大人も面白い作品集 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

3位.『ハピネス』 既刊8巻

ある日突然吸血鬼になってしまった少年の物語

『ハピネス』は、望まずして吸血鬼の力を手に入れてしまった、ごく平凡な少年の物語を描いた吸血鬼漫画です。主人公の岡崎 誠(おかざき まこと)は、一部の同級生達から陰湿ないじめを受けている、気弱でごく普通の少年です。しかし、そんなある日の夜、謎の少女「ノラ」に襲われて首筋を噛まれてしまい、吸血鬼になってしまいます。

1巻の時点では謎だらけであり、読者も主人公の誠と同じく困惑してしまうでしょう。誠を吸血鬼にした謎の少女「ノラ」も、2巻の最後あたりまではほとんど登場しません。物語の展開は全体的にゆったりと進むので、早く続きが知りたいという方は、8巻まで購入して一気読みすることをおすすめします。

『ハピネス』の作者である押見修造先生は、『惡の華』や『ぼくは麻理のなか』で有名な方です。儚げな絵が特徴的で、ジャケットの絵からもその魅力があふれています。2018年6月現在、8巻まで販売中。

吸血鬼が出る人気漫画10選!ヴァンパイア・ダークファンタジー厳選 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

2位.『彼岸島』 全33巻

吸血鬼と戦う青年と仲間たちの奮闘を描いた大人気サバイバルホラー

吸血鬼漫画と聞いて、この漫画を思い浮かべる方も多いかと思います。松本光司先生の描く『彼岸島』は、吸血鬼たちの支配する島、「彼岸島」を舞台に繰り広げられる、主人公の宮本明(みやもと あきら)が率いる人類軍と吸血鬼軍の戦いを描いています。

本作品は、初期は吸血鬼の島で生き抜き、脱出を目指そうとするサバイバルホラーですが、物語が進むにつれてバトル・アクション要素も増えていきます。物語中盤からの明たちの吸血鬼との戦いは爽快感があり、本来なら身体能力でかなわないはずの吸血鬼相手に、丸太や日本刀など、さまざまな武器・方法で戦いを挑みます。

吸血鬼と人類の激しい戦いを描いた彼岸島での47日間

続編の『彼岸島 最後の47日間』は本編完結後、同年連載をスタートしました。日本全土に吸血鬼ウィルスを保持した蚊を撒き散らす計画を知った明たちは、その計画を阻止するため、本編以上の激しい戦いを繰り広げます。全16巻で完結済みです。

日本全土を舞台とした人類の戦い

こちらは『彼岸島 最後の47日間』のさらに続編『彼岸島 48日後…』という最新作です。計画を阻止することに失敗し、日本全土に吸血鬼ウィルスが撒かれてしまいます。日本国民のほとんどが吸血鬼となってしまいますが、それでも明は戦いを止めませんでした。2018年4月現在、15巻まで販売中。

映画やドラマ化もされている大人気吸血鬼漫画!

2010年に映画化され、2013年にはテレビドラマも放送されています。さらに、2016年には『彼岸島 デラックス』のタイトルで二度目の映画化を果たし、同年に同じく二度目のテレビドラマが放送されるなど、まだまだ人気は衰えないようです。

ホラー漫画のおすすめランキング!人気のグロい・超怖い作品まとめ | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

1位.『HELLSING(ヘルシング)』 全10巻

最強のヴァンパイアが主人公の大人気ダークファンタジー

ランキング1位としてご紹介する吸血鬼漫画は、平野耕太先生の『HELLSING(ヘルシング)』です。20世紀末のイギリスが主な舞台であり、吸血鬼たちの起こす事件を解決するための組織「大英帝国王立国教騎士団」、通称「ヘルシング機関」に所属する吸血鬼、アーカードの戦いを描いた吸血鬼漫画です。

本作に登場する吸血鬼は、一般的に知られているイメージ通りの吸血鬼が登場しますが、主人公のアーカードだけは違います。500年を生きるアーカードは他の吸血鬼と比較しても圧倒的な力を持っており、さらに普通の人間では扱えない強力な拳銃を武器に、敵対する者たちを容赦なく屠ります。

アーカードは数十万、あるいは数百万の人間の血を吸っており、圧倒的な身体能力と、普通の吸血鬼なら致命傷となる攻撃を受けても、何事もなかったかのように蘇る不死身性をもっています。さらには蝙蝠になる、使い魔を召喚する、姿かたち、性別すら自由に変化することも可能です。

敵味方ともに魅力的な登場人物

もう一人の主人公とも言えるのが、元警察官の女性、セラス・ヴィクトリアです。彼女は物語序盤の吸血鬼事件に巻き込まれ、アーカードから「人として死ぬか」、「吸血鬼になるか」の選択を強いられます。吸血鬼となることを選んだセラスは、アーカードの眷属のドラキュリーナとして、ヘルシング機関に所属することになり、イギリスを脅かす化物たちと戦います。

アーカードが宿敵と認めることになる、アレクサンド・アンデルセン神父です。ヴァチカンに存在する「ヴァチカン法王庁特務局第13課」、通称「イスカリオテ機関」に所属し、ヴァンパイアなどの化物を退治する、ヘルシング機関におけるアーカードのような存在とされています。主に銃剣を武器として扱い、生身の人間でありながら、すさまじい執念でアーカードに戦いを挑んできます。

こちらはナチス残党によって結成された組織、「ミレニアム」の指揮官を務める本作のラスボスといえる人物。本編中では本名は明かされておらず、他の登場人物からは「少佐」と呼ばれています。アーカードを倒すという目的のために、人工的に造られたヴァンパイアの軍隊や精鋭部隊を率いて、イギリスに対して戦争を仕掛けます。

イギリス全土を巻き込んだ三つ巴の大戦争

本編後半からは、ヘルシング、イスカリオテ、ミレニアムの三つ巴の戦いへと突入します。イギリスを守るべくミレニアムを倒そうとするヘルシング機関、アーカードを倒す計画のため、イギリスに戦争を仕掛けるミレニアム、そしてヴァンパイアを許さないイスカリオテ機関はどちらの組織も倒そうとします。平野耕太先生の描く生々しい戦闘描写や、魅力的な登場人物たちからは目が離せません。

迫力あるシーンをアニメで見れる!

原作を忠実に再現したOVAが制作され、2006年から2012年にかけて販売されました。原作の名シーンをアニメで見ることが出来るので、全巻読破後に見るのがおすすめです。実は2001年にテレビアニメ化していますが、こちらは原作の設定を大幅に変更しており、視聴者からの評価は賛否両論となっております。

吸血鬼漫画ランキングまとめ

吸血鬼漫画ランキング10選、いかがでしたでしょうか。今回のランキングは、ダークファンタジー、バトル、ラブコメ、シリアス、サスペンスなど幅広いジャンルのラインナップとなっております。吸血鬼は空想上の存在ですが、だからこそ、漫画や小説を読んでいると、人それぞれが想像する吸血鬼が存在します。人間と吸血鬼の間で葛藤する者、人間に倒されることを望む者から、ちょっとドジだったり、天然でかわいい吸血鬼など、魅力的な吸血鬼たちが登場する吸血鬼漫画の世界を、ぜひ楽しんでください。以上、吸血鬼漫画ランキング10選をご紹介しました。


評価 3.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ