動画のエンコードとは?知っておきたいポイント・おすすめフリーソフト集

私たちがスマホなどを通じてインターネット等で閲覧することができる様々な動画には、エンコードという特殊な作業を経て作成されているものなのです。ではそんなエンコードとはどういう意味の単語なのか、皆さんはご存じでしょうか。ということで、動画のエンコードとはどういうものなのか、知るうえでのポイントやエンコードをする際のおすすめのエンコード用フリーソフトなどについてまとめてみました。

動画のエンコードとは?知っておきたいポイント・おすすめフリーソフト集

目次

  1. 動画のエンコードとは何?知りたいポイントをご紹介!
  2. エンコードを知るには「動画」の基本から!
  3. 動画のエンコードとは?なぜエンコードが必要なのかのポイント
  4. エンコードには何が必要?動画の圧縮変換に必要な「エンコーダ」
  5. 動画のエンコードの先にある「コーデック」とは?絶対に必要なのか
  6. エンコードにおすすめのフリーソフトをご紹介!
  7. まとめ:動画のエンコードは圧縮と変換!フリーソフトもたくさん!

動画のエンコードとは何?知りたいポイントをご紹介!

私たちは日ごろ、スマートフォンやパソコンを通じてインターネット上の動画を閲覧しています。youtubeやニコニコ動画などなど、動画投稿サイトに行けば気軽に自分の見たい動画を見ることができるので、インターネット上の動画を見ない日はないという方もいらっしゃるかもしれません。

さて、そんなインターネット上で見ることのできる動画たちですが、私たちが見ているそれらの動画は全て「エンコード」という作業を経て投稿されているのをご存知でしたでしょうか。エンコードは、動画を視聴したり動画投稿者のように編集をしたりするときに知っておくと便利な知識なのだとか。

では、そんな動画のエンコードとはいったいどんな作業なのでしょうか。また、動画のエンコードをする上で、おすすめのフリーソフトなどはあるのでしょうか。そこで今回は、動画のエンコードとはどういうものなのか、知るうえでのポイントや動画のエンコードをする際のおすすめのフリーソフトなどについてご紹介して参ります。

エンコードを知るには「動画」の基本から!

エンコード対象となる「映像データ」と「音声データ」

では早速、動画のエンコードについてご紹介していきますが、エンコードを知る前に動画がどんなものなのかを知っておくのも理解するポイントになりますので、最初に「動画」がどういったものなのかということについて、簡単にご紹介しておきましょう。

私たちが生活の中で見たり聞いたりしている動画には、「映像データ」と「音声データ」の2つがあります。映像のない動画は動画とは言えませんし、音声のない動画は味気も何もあったものではないです。この2つのデータがそろって、初めて「動画」ができるわけです。

次に映像データと音声データは、正式名称が「コンテナフォーマット」という「コンテナ」にまとめられています。こうしてコンテナにまとめられたものが、「動画ファイル」になるのです。そしてご存じの方もいらっしゃるでしょうが、動画には「動画形式」というものもあります。

動画形式の中で有名なものは、「AVI」だとか「MP4」「FLV」などがあります。前述のコンテナにも色々と種類があり、その種類によって動画形式が決まっているのです。まずはこれだけ覚えておけば、動画のエンコードもある程度理解できるようになるでしょう。

動画のエンコードとは?なぜエンコードが必要なのかのポイント

それでは本題である、動画のエンコードとはどういうものなのかについてです。エンコードというのは、辞典には「信号やデータを一定の規則に基づいて変換すること。「符号化」「暗号化」「記号化」などの意味を持つ単語」とあります。一般的にはエンコードはこういった意味で解釈されますが、動画のエンコードとなると少し違ってきます。

動画の圧縮と形式変換をするのがエンコード

動画のエンコードとは「圧縮、変換の作業」のことを言います。動画というのは、言い方を変えれば大量の写真を合わせたパラパラ漫画のようなものです。しかし、膨大な量のパラパラ漫画で動画編集をしようとするとデータ量が大きすぎて、動画を編集したり視聴したりすることも難しくなってしまいます。

加えて、youtubeなどのインターネット上の動画投稿サイトから動画をパソコンやスマートフォンから視聴する場合にも、その動画投稿サイトやソフトに合った動画形式にしなければいけません。そのため、動画の圧縮や形式の変換作業が必要になってくるのです。

この圧縮と変換の作業で行うのが、動画のエンコードです。エンコードでの動画の圧縮は、ご紹介した「コンテナにまとめる」というのが基本になり、動画の中の映像データと音声データをコンテナにギュッと押し詰めてコンパクトにするのが、エンコードの圧縮作業と考えてよいでしょう。

もう1つのエンコードの動画の変換作業は、変換させたいコンテナの種類、すなわち動画の形式を選ぶ作業になります。エンコードでは、この2つの作業をほぼ同時に行っているのです。

エンコードには何が必要?動画の圧縮変換に必要な「エンコーダ」

おそらく動画を見る側の私たちはエンコードという作業が行われていることすら知らない方も多いでしょうが、動画を投稿する側では動画をエンコードしてから動画サイトに投稿したり、動画の形式が再生ソフトに対応していない場合には自分でエンコードを行う必要があるのです。

そんな自分でエンコードを行う時に必要なのが「エンコーダ」というものです。エンコーダとは、エンコードを行うためのソフトであったり、そのソフトが入っているハードウェアのことを指します。特殊なソフトというわけでもなく、例えば「Windowsムービーメーカー」、Macの「QuickTime」などもエンコーダになりえます。

いつもは動画再生ソフトとして使用されているでしょうが、これらもエンコードを行うエンコーダとして使用できます。後にご紹介しますが、フリーソフトでもエンコードができるエンコーダはたくさんありますので、その中から自分がエンコードをしやすいエンコーダを選ぶこともできます。

そして実際にエンコードをする方法や手順についてですが、これについてはエンコードを行うエンコーダによって異なっていますので各々で調べでエンコードをしていくという風になります。ただ、どんなソフトであっても普通にエンコードをするだけであれば、恐らく少し調べればできることでしょう。

ただ、もっときれいな画質でエンコードをしたいだとか、投稿する動画サイトの方に細かい設定があってそこまでエンコードで設定したいという場合には、動画の形式設定など様々な設定をしなければなりません。そこで次に出てくるのが「コーデック」という作業になります。

動画再生プレイヤーのおすすめは?高画質の無料ソフトなど人気を調査 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

動画のエンコードの先にある「コーデック」とは?絶対に必要なのか

それでは、簡単にではありますが動画のエンコードの延長戦「コーデック」についてご説明しましょう。コーデックとは正式には「Compression/DECompression」で、訳すと「圧縮、延長」という意味になります。圧縮はエンコードでも行う作業でしたね。

コーデック作業を簡単に言うと、「圧縮や変換をするエンコードをどんなプログラムを使って実行するのか」ということになります。更にエンコードで圧縮したりするとそのままでは再生ができないので、元の状態にすることを「デコード」といいます。結局行うのは、圧縮するエンコードや復元するデコードを行うのがコーデックです。

動画コーデックには映像データと音声データでいろいろと種類があり、の代表的なものには映像データが「MPEG-4」、「 MPEG-1」、「MPEG-2」、「Xvid」などがあり、音声データには「MP3」、「AAC・」、「AC-3」があります。

エンコードにおすすめのフリーソフトをご紹介!

無料で使えるエンコード用フリーソフト

動画のエンコードとはどういうものなのかや知るうえでのポイント、エンコードに必要なものなどについてご紹介しました。ここからは、そんな動画のエンコードをするにあたっておすすめのエンコード用フリーソフトをいくつかご紹介していきましょう。

まず最初にご紹介するエンコード用フリーソフトは「XMedia Recode」というソフトです。日本語に対応していて他のエンコード用ソフトよりも使いやすく、エンコード時の細かい設定もソフト内で行うことができるなど、高機能で使いやすいと評判が高いです。

更に、例としてiPhone6用の動画としてエンコードしたいのであれば「iphone6」というファイルを選択すれば、iphone6に最も合った設定で動画をエンコードすることができるなどプリセットも豊富にそろっているため、動画のエンコード初心者でも扱いやすいフリーソフトといえるでしょう。

もう1つ動画のエンコードをするのにおすすめなのが、「つんでれんこ」というエンコード用フリーソフトです。こちらは動画のコンテナがMP4、映像コーデックはH.264、音声コーデックはAACと決まった形でしかエンコードはできないのですが、エンコードのことを全く知らなくても動画のエンコードを簡単に実行できるのが魅力です。

動画のエンコードの進行は「ツンデレ」な会話形式で進められるという、まあ好きな人にはグッとくる設定で、youtubeなどに動画を投稿したいだけで、特に動画のエンコードについて詳しく知りたいわけではないという方におすすめできるフリーソフトではないでしょうか。

まとめ:動画のエンコードは圧縮と変換!フリーソフトもたくさん!

動画のエンコードとはどういったものなのかということについて、知っておくべきポイントの簡単な説明、動画のエンコード用のフリーソフトでおすすめのものなどをご紹介しました。まとめると、動画のエンコードは動画を圧縮し形式を変換すること、そして動画をちゃんと再生させるためにデコードまでするのがコーデックというものでした。

また、動画のエンコードをするのにおすすめのフリーソフトについても少しご紹介しました。動画投稿にはエンコードが必要ですが、そこまでエンコードを詳しく知らずただエンコードしたいだけなのであれば、初心者向けのエンコード用フリーソフトがおすすめでしょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ