動画を圧縮する方法は?高画質など手軽に小さく出来るフリーソフトは?

インターネットの発達につれて、動画のアップロードやダウンロードもますます増えてきました。ですが、動画の容量はそのままでは大きすぎて、扱うにはサイズを変更させるため圧縮作業をしなければいけません。高画質なままで動画を圧縮できるフリーソフトなどはあるのでしょうか。ということで、動画を手軽に圧縮できるフリーソフトや高画質なまま保存する方法などについてまとめてみました。

動画を圧縮する方法は?高画質など手軽に小さく出来るフリーソフトは?

目次

  1. 動画を圧縮したい!おすすめの高画質で手軽にできるフリーソフトは?
  2. 動画の形式を覚えれば圧縮の方法が増える?
  3. フリーソフト「FonePaw スーパーメディア変換」
  4. フリーソフトで動画を圧縮!フォーマットの変換手順
  5. 動画の解像度や画面サイズの大きさを変更しても圧縮可能
  6. 「Filmora」で動画の不要な部分を編集をして圧縮!
  7. 見やすくサクサク圧縮できる「Movavi Video Converter 」
  8. まとめ:動画の圧縮はフリーソフトで手軽にできる!

動画を圧縮したい!おすすめの高画質で手軽にできるフリーソフトは?

インターネットの発達につれて、動画のアップロードやダウンロードもますます増えてきました。毎日、ニコニコ動画やYouTubeなどの動画サイドに数えきれないほどたくさんな動画がアップロードされていますし、ネットで自分の動画を他人に送ることもあるそうです。

しかし、動画をアップロードしたり、保存したりするとき、一つの問題があります。それは、動画のサイズが大きすぎで、サイトにアップロードできるサイズの制限に超えて、アップロードできなくなることです。また、動画のサイズが大きすぎると保存すること自体もなかなか大変かもしれません。

ゆえに、場合によっては、動画のサイズを小さく変更する必要があると思います。そういった場合には、動画を圧縮させるという方法があります。では、動画を圧縮することができる方法にはどんなものがあるのでしょうか。ということで、動画を手軽にかつ高画質なまま圧縮させることができる、おすすめのフリーソフトなどについてご紹介します。

動画の容量を調査!制限がかかる通信量の目安や小さくする方法など解説 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

動画の形式を覚えれば圧縮の方法が増える?

ではまず最初に、インターネットなどで見られる動画についてご紹介します。私たちがよく見ている動画には、それぞれ動画の形式が定められています。それらは動画を見る時の手段によって最適なものに分かれており、またアップロードするサイトによっても使用できる動画の形式は違っているのです。

例えば、「MP4」という動画の種類がありますが、非常に有名な形式なのでおそらく皆さんも聞いた、もしくは使用したことがあるのではないでしょうか。MP4はいろんなサイトや機器に対応している様々な所で使用されている動画のファイル形式で、高画質な動画を楽しむことができるというメリットを持っています。

また、動画を見るのは何もパソコンやスマートフォンだけとは限りませんよね。DVDなどでも視聴することは多いでしょう。そういった市販のDVDに使用されているのが、「MPEG2-PS」という形式です。また、逆に動画を書き込む時には、「VOB」という動画の形式が使われています。

動画のエンコードとは?知っておきたいポイント・おすすめフリーソフト集 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

フリーソフト「FonePaw スーパーメディア変換」

動画の形式変更で圧縮ができる

パソコンで動画の形式を変更するためのフリーソフトは、調べてみれば割と色々とあるのですが、中でも今回動画の圧縮ということでおすすめなのが「FonePawスーパーメディア変換」というソフトです。動画を再生するのはもちろんのこと、動画や音声の編集、動画の形式変換なども行うことができるフリーソフトになります。

このソフトはご紹介しました通りフリーソフトですので、使用に関しては無料で、インターネットでアプリ名を検索すれば簡単にダウンロードを行うことが可能です。加えて動画ファイルの形式変更による圧縮はもちろんのこと、オーディオやDVDファイル向けの形式といった少々特殊な動画ファイルなどであっても問題なく変換が可能なのだそうです。

フリーソフトで動画を圧縮!フォーマットの変換手順

それでは、動画の形式変換による圧縮の方法をご紹介していきましょう。ご紹介しました通り動画の形式にも色々とあり、いろんなメディアに対応できる汎用性があるため、今よく使われている圧縮の形式はMP4だそうです。しかし、もし動画を圧縮させたいのであれば別の形式がおすすめです。例えば、AVI、WMV 、FLV、MKVなどの形式もよく使われています。

その中でも「WMV」という形式は、動画をできるだけ圧縮してくれてサイズも小さいフォーマットですのでおすすめです。「FLV」もWindowsやMac両方に対応している形式で、様々な動画サイトでも使用されている形式です。このように、動画を圧縮させたいのであれば、動画のフォーマットをWMVやFLVに変更することをおすすめします。

そして、ご紹介しました「FonePawスーパーメディア変換」で動画の形式を変換する手順をご紹介していきましょう。まずはソフトをパソコンで起動して、「ファイルを追加」ボタンをクリックして、変換したい動画をソフトに追加させます。次に「プロフィール」というドロップボタンをクリックします。

その中の「普通のビデオ」という項目で「FLV-Flash Videoフォーマット(*.flv)」というものか「WMV-Windows Media Video(*.wmv)」というものを選択してください。最後に右下側の「変換」ボタンをクリックすると、動画の形式が変更されます。変換が完了したあと動画のサイズも小さくなっていれば圧縮は完了です。これだけで手軽に動画の圧縮ができるのです。

動画が重い・遅い原因は?PC・スマホ別に軽くする対処法を徹底解説 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

動画の解像度や画面サイズの大きさを変更しても圧縮可能

動画の圧縮をする方法は、形式の変換だけではありません。動画の解像度を変更したり、画面のサイズを変えたりすることでも圧縮につながります。動画の解像度は容量とも関係しており、解像度が高いほど高画質な動画になりますがその分サイズも大きくなってしまいます。

この解像度を低めにすれば、残念ながら高画質な動画のままとはいきませんがサイズを小さめにすることは可能になります。これを「FonePaw」で行うのであれば、「ファイルを追加」で変換したいファイルをソフトに追加してから「プロフィール」の右側にある「設定」ボタンをクリックします。

「設定」の中の「ビデオ設定」という項目で「解像度」というボタンをクリックします。すると動画の個別の解像度が表示されるので、その動画の元々の解像度より小さいものを選択して、「確認」ボタンをクリックしてください。解像度が選択できたら「変換」ボタンをクリックします。変換完了後に解像度が変更されていれば完了です。しかし、いかんせん高画質とはいきませんので、満足できないかもしれません。

動画の画面サイズを小さめにして手軽に圧縮

動画を高画質なままで圧縮させたいというのであれば、ご紹介した解像度を下げる方法は当然ながらおすすめはできません。そういった場合には、動画の画面サイズを小さくすることで高画質なまま圧縮をさせられます。画面サイズには「ビットレート」と「フレームレート」の2つが関係しています。

ビットレートは動画や音声の品質に影響しており、その数値が高いほど品質は高くなりますが、容量も大きくなります。フレームレートは画面の大きさに関係しており、この値も高いと動画サイズが大きくなります。これらを小さくすることで、動画の圧縮につながるというわけです。

ビットレートやフレームレートの変更を「FonePaw」でするならば、今までの手順と同じようにソフトに動画を追加してから「プロフィール」右側にある「設定」ボタンをクリックします。

次に「ビデオ設定」という項目で、「フレームレート」もしくは「ビデオビットレート」を選択して、動画の解像度変更と同じように数値を下げます。両方の数値を下げて「確認」のボタンをクリックしてから、最後に「変換」を選択して保存が確認できれば動画の圧縮が完了します。

「Filmora」で動画の不要な部分を編集をして圧縮!

続いても、パソコンで動画を圧縮できるフリーソフトの紹介です。次にご紹介するのは「Filmora」というソフトです。「Filmora」には動画を編集するうえで必要になる沢山の機能が備わっていますが、何も圧縮は形式を変えたりするだけでなく、編集を加えることでも可能なのです。

「Filmora」で動画の圧縮を行うには、まずインターネットで「Filmora」をダウンロードしてインストールします。ソフトを起動させると、初心者向けのモードである「簡単編集モード」と高度な編集をしたい方向けの「高度編集モード」の2つのモードがありますので、「高度編集モード」を選択します。

「高度編集モード」を選択したら、画面左上にある「追加」を選択して、圧縮したい動画ファイルをソフトに読み込ませます。 もしくはパソコンに保存してある動画をドラッグアンドドロップしても追加可能です。続いてソフトに追加した動画を右クリックして、表示される項目の中から「クリップを追加」を選択します。

さて、「Filmora」で動画圧縮をするにあたって圧縮する方法には2つあり、「映像の一部を切り取って保存する」か、「不要なシーンをカットして動画を短くすることでサイズを小さくする」があります。まず映像の1部を切り取る方法の場合は、画面下部のタイムラインに動画をドラッグアンドドロップして右クリックし「編集」を選択します。

編集を選択すると動画に様々な編集を加える項目が出てきますので、その画面右下にある「クロップ」をクリックし、クロップの画面を開きます。すると動画を部分的に切り取ることができますので、切り取りをしたい部分をドラッグさせて調整し、「OK」を押します。最後に最初のフォームに戻って「作成」を選択し、形式や保存先を設定して右下の「作成」をクリックすれば保存は完了です。

もう1つの動画内の不必要な部分をカットして動画を短くする方法の場合は、動画の切り取りの手順と同じく動画をタイムラインにドラッグアンドドロップし、再生のインジケーターを動かして、カットしたい部分に合わせます。

合わせられたら、右クリックで表示される「分割」の項目を選択すると、それよりも前の動画の部分と切り離しをすることができます。不要な部分の終わりのところでも同じく分割をすれば、要らない部分を選択することができますのでその部分で右クリックし「削除」を選択すればカットができます。後は同じように保存をすれば完了です。

このように、「Filmora」はソフトをインストールして動画を切り取ったりするだけで、手軽に動画の圧縮をすることができるのです。また、その他のエフェクトを加えたり別の音声を後付けで加えたりということも、同じく手軽にできます。画質も高画質なまま保存させられるので心配はありません。

動画をトリミング・カットする方法!おすすめ編集アプリや無料ソフトを紹介 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

見やすくサクサク圧縮できる「Movavi Video Converter 」

次にご紹介するのは「Movavi Video Converter」というソフトです。こちらのソフトもフリーソフトで、WindowsとMacの量OSに対応しており、使い方も非常に分かりやすいので手間をかけることなく、手軽に動画の圧縮をすることができるでしょう。まずはパソコンからソフトをインストールしましょう。

インストールをしたらソフトを起動させ、画面左上にある「メディアの追加」ボタンをクリックしてから、「ビデオの追加」をクリックします。次に圧縮させたい動画をパソコンの中から選択して、エンターキーを押すか「開く」をクリックしましょう。

動画を追加できたら、画面下部にある「ビデオ」から自分が変換したい動画の形式、もしくはその動画を保存する端末を選択します。例えばmp4でも解像度が1080pや720pのものがありますので、これはできるだけ小さめの方が良いでしょう。最後に動画圧縮の指定に移ります。

圧縮した動画の右側に表示されているファイルのサイズをクリックして、ファイルサイズのスライダーを希望するサイズに移動させます。ファイルサイズと同時にビットレートも変化します。設定で来たら、画面右下にあるフォルダのアイコンで保存先を決め、その右にある「変換」のボタンで圧縮が開始されます。終了したらその動画が入っているフォルダが表示されます。

動画サイズの変更方法まとめ!容量・画面をリサイズできる無料アプリは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

まとめ:動画の圧縮はフリーソフトで手軽にできる!

動画を圧縮させる方法や、フリーソフトでのやり方などについてご紹介しました。動画の圧縮はもしかしたら詳しくない方は難しいことをやるのではないかと思われたかもしれませんが、そう難しいことをしなくとも手軽に動画のサイズを小さくすることは可能でした。

圧縮の方法にも色々とあり、指定した形式と大きさに圧縮できるものもあれば、動画の不要な部分を切り取って小さくするもの、形式を変換するだけでも圧縮することができるようでした。どれも手軽にできるものばかりですので、動画の圧縮をしたいという時には自分に一番合うと思うものを選択して試してみてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ