片岡愛之助の恋愛遍歴!熊切あさ美との過去の恋愛や藤原紀香との結婚までまとめ

歌舞伎名跡「片岡愛之助」の当代である六代目片岡愛之助こと片岡寛之。日本の伝統芸能を継承する歌舞伎界のプリンスとして知られた片岡愛之助も、今は女優の藤原紀香と結婚し、落ち着いた私生活を送っているようだ。そんな片岡愛之助と言えば数々の恋愛遍歴でも知られる男。熊切あさ美との泥沼劇などは記憶に新しい所ではないだろうか?今回はそんな歌舞伎役者「六代目片岡愛之助」の恋愛遍歴を調査。熊切あさ美との恋愛は何故拗れたかや藤原紀香との結婚までをまとめてみた。果たして片岡愛之助は過去にどんな恋愛をしてきたのだろうか?

片岡愛之助の恋愛遍歴!熊切あさ美との過去の恋愛や藤原紀香との結婚までまとめ

目次

  1. 片岡愛之助の恋愛遍歴を調査
  2. 片岡愛之助とは
  3. 北新地のホステス
  4. 佐藤江梨子
  5. 愛原実花
  6. 熊切あさ美
  7. 藤原紀香
  8. 片岡愛之助の過去の恋愛は「だらしなかった」のかも

片岡愛之助の恋愛遍歴を調査

熊切あさ美との過去の恋愛や藤原紀香との結婚までを徹底チェック

歌舞伎名跡「片岡愛之助」の当代である六代目片岡愛之助こと片岡寛之。日本の伝統芸能を継承する歌舞伎界のプリンスとして知られた片岡愛之助も、今は女優の藤原紀香と結婚し、落ち着いた私生活を送っているようだ。そんな片岡愛之助と言えば数々の恋愛遍歴でも知られる男。熊切あさ美との泥沼劇などは記憶に新しい所ではないだろうか?色恋沙汰はお手の物の歌舞伎界の中でも、その恋愛遍歴は思わず眉を潜めてしまうとも言われているだけに、彼の過去の恋愛事情は気になるところだ。

今回はそんな歌舞伎役者「六代目片岡愛之助」の恋愛遍歴を調査。熊切あさ美との恋愛は何故拗れたかや藤原紀香との結婚までをまとめてみた。果たして片岡愛之助は過去にどんな恋愛をしてきたのだろうか?歌舞伎界でも指折りのモテ男と呼ばれた片岡愛之助の、華麗なる過去の恋愛遍歴を御覧いただこう。

片岡愛之助とは

片岡愛之助のプロフィール

屋号 松嶋屋
定紋 追いかけ五枚銀杏
生年月日 1972年3月4日
年齡 46歳
本名 片岡 寛之(出生名 山元 寛之)
襲名歴
1. 片岡千代丸
2. 六代目片岡愛之助
別名 三代目楳茂都扇性(楳茂都流四世家元)
出身地 大阪府堺市堺区神南辺町
血液型 B型
父 二代目片岡秀太郎(養父)
妻 藤原紀香(2016年 - )

片岡愛之助とはどういう人?

片岡愛之助、正式には「六代目片岡愛之助」である。屋号は松嶋屋であり、古くから受け継がれ続けている片岡愛之助の当代を継いだ者と言えば分かりが良いだろう。実は彼は歌舞伎界には珍しく全く歌舞伎には無縁なスクリュー製造工場を営む家庭の人間である。スクリュー工場ということで、ダンプが頻繁に出入りする環境で危なくて外で遊ばせていられないという理由から、習い事の一環として松竹芸能の子役オーディションに応募し、それが見事に合格。これが彼の芸能界デビューである。

そうして実家から松竹芸能が主催するタレント養成所へ通いながら、現代劇の舞台公演などで子役としての経験を積んでいくという生活が始まる。そして1979年に藤山直美の初主演作品『欲しがりません勝つまでは』にてテレビドラマ初出演。またこの頃には本名で歌舞伎の舞台にも子役として出演している。そんな彼に対して関心を持った十三代目片岡仁左衛門が手を回し、1981年に二代目片岡秀太郎の誘いで片岡一門の部屋子へと転身したのである。これが彼が後に片岡愛之助を襲名するきっかけである。

彼は十三代目片岡仁左衛門の本名である片岡千代之助から「千代」を字を貰い「片岡千代丸」を襲名。京都南座で上演の『勧進帳』で初めて歌舞伎役者として舞台を踏んだ。そうして1993年に長男でありながらも二代目片岡秀太郎の養子となったという事で、大阪中座で上演の『勧進帳』で駿河次郎役を演じ、六代目片岡愛之助を襲名したのである。1994年に名題昇進した片岡愛之助は、歌舞伎役者としてだけではなく俳優としても大活躍。「半沢直樹」への出演で彼を知った方も多いのではないだろうか?

歌舞伎界では珍しい歌舞伎とは縁のない世界で生まれ育った片岡愛之助が、自らの才能を持って道を切り開いて行った事にはさすがであると言う以外無いだろう。厳しい世界で自らをフックアップしてくれる人に巡り合ったのも、そしてその人物の眼鏡に叶うだけの才能を有し、それをしっかりと磨き続けていた片岡愛之助の少年時代の努力の賜物であると言える。そんな男が顔立ちも端正と来ればそれはもてない筈はない。そうして彼は様々な女性たちと恋に落ちていくのである。

北新地のホステス

藤原紀香と結婚する迄の片岡愛之助の過去の恋愛を徹底調査①

それではいよいよ片岡愛之助の過去の恋愛遍歴をご紹介していこう。数々の女性と浮名を流して来た片岡愛之助。そんな中でもこの女性とは間違いなく恋愛関係にあったと判明している女性を数人PICKUP。彼がこれまでにどういう恋愛をしてきたのかをチェックしていこう。まず最初にご紹介するのは1995年頃に交際していたと言われている一般女性である。こちらの方は一般女性の為プロフィール等の情報は当然出てこない為、そこは差し控えさせて頂く。この彼女が片岡愛之助最初のスキャンダルの相手である。

こちらの女性と片岡愛之助の恋愛の経緯

1995年といえば片岡愛之助が名題昇進した翌年のことで、20代前半のまだまだ駆け出しの頃である。当時大阪の北新地でホステスをしていた大宮美絵さんと、知人の紹介で出会ったと言われている。大阪の北新地と言えば高級クラブが立ち並ぶ、言ってみれば東京の銀座の様なエリア。そこで彼女は高級クラブのホステスとして勤務していたらしい。そうして知り合った二人だったが、時を重ねていく毎に気持ちがドンドンと通じていくように成り、やがて男女の間柄に発展したのだ。

そうしてお互いのマンションを行き来したり、実家に顔を出して親公認の仲にまで発展していった二人の間にある日突然の出来事が。何と彼女が妊娠したのである。交際している男女である以上これはめでたい事なのではあるが、当時の片岡愛之助はまだまだ駆け出しの身分であり、更には部屋子であり二代目片岡秀太郎の養子でもある。歌舞伎役者としてまだまだこれから芸に励まなければ為らない時期に、とてもじゃないがこの事実を養父に話す事は出来ないと、彼は怖気づいたのだそうだ。

結局戸籍も入れられず認知も出来ない状態と成ったのだが、それでも彼女は産むことを決め、彼女は二人の子供を出産した。出産当時は3人で暮らして居たのだそうだが、やがて人気も出て忙しくなった片岡愛之助は次第に家を空けることが多くなっていった様だ。そうして時期は不明だが二人は破局。2011年に隠し子が居ることが判明し話題と成ったのはこの時のお子さんである。ハッキリ言ってしまえば男として非常に「下衆い」行いであるが、これも歌舞伎役者の魅力の一つなのであろうか。

佐藤江梨子

藤原紀香と結婚する迄の片岡愛之助の過去の恋愛を徹底調査②

続いての交際相手はグラビアアイドル・タレント・女優と、幅広いジャンルで活躍し、当時「イエローキャブ御三家」と言われて人気の高かった「佐藤江梨子」である。先ずはそんな佐藤江梨子のプロフィールからチェックしていこう。佐藤江梨子の詳細なプロフィールは以下の通りである。

佐藤江梨子の経歴&プロフィール

名前 佐藤江梨子(さとうえりこ)
愛称 サトエリ
生年月日 1981年12月19日
年齢 36歳
出身地 東京都
血液型 AB型
身長 173 cm
体重 53 kg
スリーサイズ 88 - 58 - 88 cm
カップサイズ E
股下 / 身長比 83 cm / 48 %
デビュー 1998
職業 タレント・モデル 女優
事務所 ノックアウト
備考 日テレジェニック1998

佐藤江梨子と片岡愛之助の恋愛の経緯

片岡愛之助と佐藤江梨子が噂と成ったのは2010年頃の事。佐藤江梨子は片岡愛之助と噂になる前に市川海老蔵や中村獅童とも噂が上っており、歌舞伎役者を狙って近づいているのではないか?とも言われていたそうだ。まあ、実際に多少なりともその気は有ったのだろう。上手くすれば名家である梨園の妻である。タレントとしてその辺のイケメンと結婚するよりは確実なるステータスを手に入れられる事が出来るのは間違いない。恵まれたルックスに生まれたのなら狙わなければ損だろう。

この二人が出会ったのは片岡愛之助の大阪での舞台の共演がきっかけだったそうだ。時期的に言うとちょうど海老蔵と破局し、自らの泣き顔をブログにアップした後辺りの事らしい。その後も二人の目撃情報や、片岡愛之助が東京で彼女が主演の舞台を観に行ったりもしているという事で、二人が交際しているのは間違いないだろうという事に成った。しかしその後突然の破局。その理由はどうやら片岡愛之助が他の女性と二股を掛けていたらしい。相変わらずの下衆い話である。

佐藤江梨子の結婚相手は海老蔵のスタッフ!現在の活動・画像は? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

愛原実花

藤原紀香と結婚する迄の片岡愛之助の過去の恋愛を徹底調査③

続いての交際相手はあの誉れ高き宝塚歌劇団の出身で、雪組トップ娘役を歴任したという経歴の持ち主。退団後は女優として活躍し、現在も舞台やテレビドラマなどで活躍中の女優「愛原実花」である。先ずはそんな愛原実花のプロフィールからチェックしていこう。愛原実花の詳細なプロフィールは以下の通りである。

愛原実花の経歴&プロフィール

本名 生駒 みな子(いこま みなこ)
生年月日 1985年12月14日
年齡 32歳
出身地 東京都北区
身長 163cm
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビドラマ
活動期間 2004年 -
活動内容 2004年:宝塚歌劇団入団、雪組配属
2009年:雪組トップ娘役に就任
2010年:宝塚歌劇団退団
2011年:芸能活動再開
家族 つかこうへい(父)

愛原実花と片岡愛之助の恋愛の経緯

実は愛原実花と片岡愛之助が交際していたのは、前途の佐藤江梨子と付き合っていた時期と被るのだ。つまり、佐藤江梨子との破局原因である二股の相手というのがこの愛原実花なのである。とは言っても浮気がバレて捨てられたというのではなく、飽きたから他の女性と付き合っていて、それがバレたから面倒で捨てたというのが佐藤江梨子との破局の経緯だと言われているから、とにかく片岡愛之助は持てるのである。そんな彼と二股交際していたのが愛原実花だ。

つかこうへいの娘としても知られる愛原実花。彼女が片岡愛之助と出会ったのは、宝塚引退後に女優として初出演した舞台『好色一代男』での共演がきっかけだった。引退後の初主演舞台という事もあり緊張が止まらない自分に、とても優しく声を掛けてくれた片岡愛之助の事を途端に好きになり、舞台が終わる頃には交際へと発展していたそうだ。しかしながらこの交際は僅か4ヶ月で破局。原因は明らかに成っていないが、二股だったことが原因となった可能性も有るだろう。

宝塚OGと元タカラジェンヌ情報まとめ!所属事務所についても調査 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

熊切あさ美

藤原紀香と結婚する迄の片岡愛之助の過去の恋愛を徹底調査④

続いてご紹介するのは女優、タレント、そして現在はプロ雀士としても活躍中の「熊切あさ美」である。片岡愛之助の元カノと言えば真っ先に思い浮かべるのがこの熊切あさ美だろう。泥沼の破局と成ったこの交際は連日テレビで取り上げられており、皆さんの記憶にも新しいのでは無いだろうか?先ずはそんな熊切あさ美のプロフィールからチェックしていこう。熊切あさ美の詳細なプロフィールは以下の通りである。

熊切あさ美の経歴&プロフィール

名前 熊切あさ美(くまきり あさみ)
別名義 くまきり あさ美・浅田 真子
生年月日 1980年6月9日
年齢 38歳
出身地 静岡県
血液型 B型
身長 161 cm
体重 45 kg
スリーサイズ 85 - 58 - 84 cm
デビュー 1998年「チェキッ娘」
職業 女優、タレント、プロ雀士
事務所 K-point

熊切あさ美と片岡愛之助の恋愛の経緯

熊切あさ美と片岡愛之助の出会いも共演がきっかけだったそうだ。2014年春に公開された映画『歌舞伎町はいすくーる』での共演がきっかけで交際に発展した二人は、やがて同棲する程の間柄になる。そして熊切あさ美は片岡愛之助と結婚に向けて料理教室に通ったり日本舞踊を習うなど、梨園の妻として恥ずかしくない人間になるべく努力をしていたそうだ。そんな熊切あさ美に対して片岡愛之助得意の悪い癖が出たのか、その思いを重荷に感じ始めたのだそうだ。

そしてこれまたいつものパターンの様に他の女性に手を出した彼は、その事が明るみとなり、言った言わないの泥沼撃に。本人はちゃんと別れていないままに別の女性の元へと行ったのが悔しかったらしく、テレビの会見でも涙ながらにその思いを訴えかけていたのだが、当の片岡愛之助にはもう既に相手を思いやる気持ちもなく、熊切あさ美は只の面倒臭い女にしか写って居なかったであろう。本当に下衆い男である。このゲスさも持てる所以であるのが解せないが、とにかく下衆い男である。

熊切あさ美の熱愛相手は?歴代の彼氏や結婚観など恋愛まとめ! | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

藤原紀香

藤原紀香と結婚する迄の片岡愛之助の過去の恋愛を徹底調査⑤

そして最後は現在の妻である藤原紀香だ。先程の流れからして藤原紀香が熊切あさ美と二股の相手だったことはお分かりだろう。そんな藤原紀香に対しても片岡愛之助は最初本気では無かった可能性もあるようだ。それは後程説明するとして先ずは藤原紀香のプロフィールをご紹介していこう。藤原紀香の詳細なプロフィールは以下の通りである。

藤原紀香の経歴&プロフィール

本名 片岡 紀香(かたおか のりか)
生年月日 1971年6月28日
年齡 47歳
出身地 兵庫県西宮市
身長 171 cm
血液型 A型
職業 女優、モデル、タレント
ジャンル テレビドラマ、舞台、映画
活動期間 1993年 -
配偶者
陣内智則(2007年 - 2009年)
片岡愛之助(2016年 - )

藤原紀香と片岡愛之助の恋愛の経緯

この二人が出会ったのはこれまた共演。片岡愛之助が藤原紀香が主演するミュージカル『マルグリット』を観劇した事がきっかけだったそうだ。その当時は挨拶程度で終わり交際に発展することは無かったのだが、数年後に偶然再会。そこからお芝居の話をしたり食事に行く仲となり、次第に良い雰囲気と成っていったのだそうだ。

ここで一つ藤原紀香が他の女性たちと決定的に違う点がある。彼女の所属する事務所は、芸能界の中で絶大な権力を誇ると言われているある人物に関係する事務所であるという点だ。結婚する気が無かった愛之助に対し事務所は「付き合ってないのなら会うのを止めてくれ」と言われたのだという。これが有って藤原紀香と真剣に交際することに成り、結果的に結婚という形でゴールインと成ったのだ。もしこれがそういった背景が無かったら、今頃彼はまた同じことを繰り返していただろう。

「梨園の妻」は大変

ご存知の通り歌舞伎も他の伝統芸能と同じく名跡は代々基本的には血縁者で継がれていく。長男以外が他の家へ養子に行くことも特に珍しいことではない。そうして日本の伝統芸能を長きに渡り守り続けているのが彼らである。歌舞伎界の事は通称「梨園」とも言われ、一種閉鎖的なしきたりが今でも大切にされている。

そんな歌舞伎界に嫁いだ女性のことはよく「梨園の妻」とも呼ばれる。歌舞伎俳優・八代目中村芝翫(当時は中村橋之助を名乗っていた)と結婚した俳優の三田寛子さんなどがその代表だが、とにかく世間一般の常識とは異なるルールが存在していることと、気遣い、心配り等の精神的な部分での働きが求められるという。言わば「気立ての良いよく気がつく女性」という事に成るだろう。そんじょそこらの女性ではこの梨園の妻は務まらないとまで言われており、女性に取ってはなかなかに厳しい世界である。

その梨園の妻となった藤原紀香だが、果たしてその役割が務まっているのだろうか?あまりその手の話題が報道されないのも不思議な感があるが、そこは暗黙の了解があるのかも知れない。いずれにせよ片岡愛之助はもう金輪際下衆い事は出来ないだろう。

藤原紀香が梨園入りしても芸能活動を辞めない理由は?梨園の妻の仕事も紹介 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

片岡愛之助の過去の恋愛は「だらしなかった」のかも

色恋沙汰は梨園の伝統か?今後の片岡愛之助にも注目

今回は片岡愛之助の恋愛遍歴についてご紹介してきた。一言で言うと「下衆い」交際ばかりだった片岡愛之助。それでも尚彼が女性を惹きつけるのは、それだけの魅力の持ち主だからだ。確かに恋愛にはだらしがなかったと言えそうだが、歌舞伎役者「片岡愛之助」は天下一品である。今後も更なる活躍を期待してならない。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ