日本人の目の色といったら「黒」が一般的ですが、実は黒だけではないようです。確かに日本人の目の色は黒が多いのですが、茶色やブルーもあるのです。珍しい色の人を持つ人もいるようなのですが、実際にはどのようになっているのでしょうか?その秘密に迫ります。

日本人の目の色は?茶色や黒以外にもブルーなど珍しい瞳の色もある?

目次

  1. 日本人に多い目の色とは
  2. 目の色を決める虹彩とは?
  3. 日本人の目の色:人によって瞳の色が違う理由とは?
  4. 日本人と目の色:瞳の色によって眩しさは変わるのか?
  5. 日本人と目の色:モテる目の色は何色?
  6. 日本人と目の色:珍しい青い瞳を持つ人はいるのか?
  7. 日本人の目の色:目の色にはどんな色合いがあるのか?
  8. 日本人の目の色:ブラウン系
  9. 日本人では珍しいブルーの瞳
  10. 世界的にも稀?ヴァイオレットの瞳
  11. 究極に珍しい瞳:赤い目の色とは?
  12. まとめ:日本人と目の色を振り返って

日本人に多い目の色とは

日本人の目の色と言ったら通常は「黒」が思い浮かぶと思います。確かに周りを見てみると黒い瞳をもった方が多いように思います。ですが、実は日本人で一番多い目の色は「茶色」なのです。これは主に遺伝と虹彩が深く関係してきます。黒い瞳だけでなく、茶色い瞳を持つ方も日本人では多いのです。

目の色を決める虹彩とは?

虹彩は瞳の色のついた部分のことを言います。日本人で多いのは黒や茶色ですが、その瞳の色合いは虹彩が含むメラニン色素の量で決まります。特にこのメラニン色素は茶色が多く、どんな人種にもみられる色として有名です。日本人にも多く、決して珍しい瞳の色ではありません。

日本人の目の色:人によって瞳の色が違う理由とは?

瞳の色がメラニン色素によって決まることは既に述べました。目の色が少し違うだけでモテる要因になったりするので、たかが瞳の色と侮れません。メラニンとは太陽光線などに含まれる有害な紫外線から瞳を守ってくれる大切な色素です。メラニン色素が多いと、瞳の色は黒っぽくなります。

日本人はメラニン色素が多い方が多いので、目の色が黒や茶色になるケースが増えています。このメラニン色素の量が少ないと、緑色になります。さらに少ないと青色になり、日本人でもまれにブルーの瞳を持つ方がいるのは、このメラニン色素の量が極端に少ないため、発生するのです。青い瞳だとモテる要因になりそうで羨ましいですね。

日本人の目の色が黒や茶色の理由

日本人は主に黒や茶色の瞳を持つ人が多いと言われています。しかし、珍しい目の色として「ブルー」「グリーン」「グレー」などを持つ方がいるのも事実です。これは緯度の違いからくると言われています。日照時間や日射量の差が深く関係しており、育った環境により、瞳の色が変化してくるのです。

こんなデータがあります。太陽の光が強い国ではメラニン色素が大量に発生するため、それに合わせて黒や茶色の瞳を持つ人間が増えます。これに対し、太陽の光が弱い国はメラニン色素の量が少なく、ブルーやグレーの瞳になりやすいと言えるでしょう。

日本は比較的太陽の光が強い国です。その他にもアジアや中東などは光が強く、目の色が黒や茶色の方が多いです。これに対し、太陽の光が弱い北欧やロシアなどの地域ではブルーやグレーの瞳をもつ人間が多くなる傾向があります。モテる要素として瞳の色は深い関係があるので、日本人としてはヨーロッパ人はモテる要素があるので羨ましい限りです。

男のカラコンが流行り?イケメンになるカラコンのメリットと選び方! | MensModern[メンズモダン]

日本人と目の色:瞳の色によって眩しさは変わるのか?

目の色が変わると、具体的どんなことが起こるのでしょうか?モテるという理由もあるかもしれませんが、もっと深刻な問題もあります。大きく違いが出るのは「眩しさ」です。一体、どのようなことなのでしょうか?

日本人は黒や茶色の瞳が多いですが、目の色が濃いと光を通しにくい作用があります。これにより、眩しさを比較的感じにくくなっています。これに対し、目の色が薄い(青など)の場合、光を通しやすいので眩しさを感じやすくなっています。

日本人は夏場でもほとんどサングラスをかけませんが、瞳の色が薄い欧米人の多くはモテるためではなく、眩しさを軽減させるためにサングラスを着用しています。日本人の比べ欧米人は珍しい瞳の色が多いですが、その分、眩しさに耐えるのが大変という理由があるのです。よって欧米人の多くはサングラスを着用しているのです。

日本人と目の色:モテる目の色は何色?

日本人では珍しいとされるブルーやグレーの目の色ですが、実はこのような瞳の色になりたい思う日本人の方はそれほど多くありません。意外かもしれませんが「茶色」の目の色が人気です。日本人に多いダークブラウンといった色合いではなく、もう少し明るめの色合いが人気のようですが、このような目の色になれれば、モテる要因の一つになるのかもしれませんね。

日本人だけじゃない?世界で多い目の色は何色か?

繰り返しになりますが、日本人で多い目の色は「黒」や「茶色」です。では、世界規模で見るとどのような目の色が多いのでしょうか?これは「茶色」になります。メラニン色素や虹彩のバランスを考えると、日本人だけでなく世界で見ても茶色の目の色を持つ方が多くなっています。また、茶色い瞳は世界各国どこへ行っても受け入られる万能な目の色です。

日本人と目の色:珍しい青い瞳を持つ人はいるのか?

青い瞳と言うと、日本人ではなく欧米人を頭に思い浮かべますが、実は日本人でもこのような珍しい瞳を持つ方がいらっしゃいます。日本人の中では珍しい「青い瞳」は東北地方に数%の割合で存在しているようです。

これは東北地方が日照時間が短く、メラニン色素を生成させる要因が少ないためと言われています。また目の色がヘーゼル(明るい茶色)の方も少なからずいらっしゃるようです。珍しい目の色を持つ日本人もいるのですね。

日本人の目の色:目の色にはどんな色合いがあるのか?

日本人にも珍しい目の色を持つ方がいらっしゃるのは分かりましたが、一体目の色のはどのくらいの種類があるのでしょうか?黒や茶色という定番の目の色から、グリーンやパープルと言った珍しい目の色までさまざまあるようです。日本人だけではなく、世界中の人間を見てみて、目の色や種類を見ていきましょう。

日本人の目の色:ブラウン系

ブラウンの瞳は日本人でもっとも多い色合いですが、種類はさまざまあります。黒に近いダークブラウンは日本人だけでなく、世界中で多い目の色となっています。これは多量のメラニン色素を虹彩が含んでいるとしており、日本人のおよそ半数は、このブラウン系の目の色を持っているのです。黒が定番と思いきや、茶色が一番多いのは意外ですね。

茶色でも珍しい目の色はある

茶色の中でも「ヘーゼル」と呼ばれる種類の目の色があります。これはライトブラウンとダークグリーンの中間のような色合いで、非常に綺麗な瞳です。中程度のメラニン色素量により、ヘーゼルの瞳になると言われています。日本人では非常に珍しく、ほとんど見られないタイプの目の色です。多いのはアメリカやヨーロッパの人々になります。

こんな珍しい瞳もあります

アンバーという珍しい目の色を持つ方もいらっしゃいます。日本人には少ないですが、欧米人の中にはこのような瞳を持つ方がごく稀にいるようです。この色は、黒や茶色とは違い、イエローやゴールド、銅色が混じったような色合いで、通称「狼の目」とも呼ばれます。これは狼にアンバーの瞳が多いため、このように呼ばれているのです。

日本人では珍しいブルーの瞳

日本人の中でも東北地方には青い瞳を持つ方がごく稀にいらっしゃいます。メラニン色素が極端に少ないため警世される色合いで、主に北ヨーロッパ地方に多く見られます。これはメラニン色素を生成する紫外線が少ないためであると言われています。北欧地域は太陽の光が弱いので、それに合わせて青い瞳を持つ方が多くいるのです。

グレーの瞳も珍しい

日本人にはほとんど見られない目の色ですが、グレーの瞳もあります。ブルーに比べてメラニン色素のワイ愛が多く、時にダークブルーと呼ばれるのが特徴です。ロシアやフィンランドといった寒い地域に多く、この瞳を持つ方は、たいていが肌の色が白く髪の毛はブロンドという場合が多くなっています。羨ましい目の色でモテる要素になりそうですね。

美しい目の色:グリーンの瞳

グリーンの瞳は日本人にはほとんど見らない目の色ですが、北ヨーロッパには比較的多い色として有名です。特にアイスランドではグリーンの瞳を持つ方が多く、人口の88%がグリーンかブルーの瞳を持っています。その他の地域としては、スウェーデン、ノルウェー、デンマークなどに多い瞳です。中央アジアでも多少みられる珍しい目の色です。

有村架純はカラコンを入れてる?黒目がちでかわいい瞳を真似したい! | MensModern[メンズモダン]

世界的にも稀?ヴァイオレットの瞳

出現率はごく稀の瞳として「ヴァイオレット」があります。女優のエリザベス・テイラーがこの目の色を持っていたことで有名で、色合いとしては、レッドとブルーの中間のような感じです。光の当たる角度によって色合いが微妙に変化し、非常に美しい瞳です。一度でいいからこんな色合いの瞳になってみたいものです。

究極に珍しい瞳:赤い目の色とは?

赤い瞳と言うと、アニメや漫画の世界の話限定に思えますが、現実にもこのような瞳を持つ方がいらっしゃいます。非常に珍しい目の色で、人類の人口の0.001%しか、この瞳を持つ方はいません。大量の色素が欠如しているため見られる色で、実は瞳の色素がないため中の血液の色がそのまま映り込み、赤い瞳になっているのです。

まとめ:日本人と目の色を振り返って

日本人の目の色と言うと、通常は「黒」を思い浮かべますが、実は「茶色」が一番多いことが分かりました。招集ですが、珍しい色合いとして、青や、アンバー、グリーンなどの瞳の持つ方もいらっしゃるそうです。多くはメラニン色素が原因となって、このような珍しい目の色は引き起こされます。人体は不思議ですね。どうぞ参考にしてみてください。


評価 3.6/ 5(合計13人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ