GoPro定番マウント3wayとは?使い方や使用レビューなど紹介

GoProでは動画だけでなく写真を撮影することも可能であり、2017年には最新モデル「HERO6 Black」が発売されました。車のドライブレコーダーやスポーツの動画撮影など様々な場面で活躍してくれますが、GoProを活用するうえで欠かせないのがマウントです。そのマウントの中でも、3wayが定番のようです。ということで、GoProで定番のマウントである3wayの使い方やレビューなどについてまとめてみました。

GoPro定番マウント3wayとは?使い方や使用レビューなど紹介

目次

  1. GoPro定番マウントの3wayの使い方!使用者のレビューも紹介
  2. GoProマウントの3wayとはどんなアクセサリーか?
  3. 3wayの3つの使い方解説!GoProの撮影自由度が広がる
  4. スマホアプリでGoProを遠隔操作!3wayを使って本格自撮りができる
  5. 3wayの実際の使用者のレビューはどんな感じ?
  6. まとめ:GoProマウント3wayは自由な撮影に必須!

GoPro定番マウントの3wayの使い方!使用者のレビューも紹介

Goproでは動画を撮影したり写真を撮影することができ、車に装着してドライブレコーダーとして使用したり、バイクのヘルメットに装着して景色を撮影したりと様々な場面で活躍してくれます。操作も使いやすく、Wi-Fiを使用した無線通信もすることができるなど汎用性も高いカメラとなっています。

そんなGoProで動画を撮影するのに欠かせないのが、マウント類です。マウントは手持ちで動画を撮影するよりも格段に自由度の高い動画を作り出すことができるのですが、そんな中でも定番と言われるほど人気を集めているのが「3way」というマウントです。

GoProで3wayが1台あるだけで、自由度は広がりいろんな動画を撮影することができるようになります。ではそんな3wayはどんな使い方をするのでしょうか。また実際に使用している方のレビューはどんな感じになっているのでしょうか。ということで、GoProで定番のマウントである3wayの使い方やレビューなどについてまとめてみました。

GoProの上手な使い方!よい写真を撮るのにおすすめの設定とアプリは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

GoProマウントの3wayとはどんなアクセサリーか?

それではまず、定番と言われるGoProの3wayがどんなマウントなのかということについてご紹介していきましょう。3wayというのは、GoPro専用の「自撮り棒」ともいえるアクセサリーです。そして「3way」という名前の通り3つの使い方があり、GoProの写真や動画撮影の自由度を広げてくれます。

3wayは、カメラグリップ、延長アーム、三脚の3つの形に変形して使用することができます。使用するシチュエーションに合わせて臨機応変に形状を変えて使用することができるのが、自由度の高さを支えています。たった1つのマウントで大きく形を変えられるマウントは、なかなかないでしょう。

様々な形状に変化して動画などを撮影することができるのも人気の理由の1つですが、最も大きな理由はコンパクトに収納することができるということのようです。延長アームのように伸長ができて、三脚にまでできるアウトドアにピッタリな3wayも使用しない時は小さくたたんで収納することができるならば、旅先で使用する時にも嵩張らずに持っていけます。

GoPro純正の3wayマウントの価格は税込みで9720円となっています。これ1つで自由度が格段に向上するため性能面は申し分ないといえるのですが、その分価格も少々高めになっています。

3wayの3つの使い方解説!GoProの撮影自由度が広がる

それでは、そんなGoPro3wayの具体的な使い方をご紹介していきます。まず1つ目は、カメラグリップとしての3wayの使い方です。GoProは手持ちでももちろん写真や動画の撮影をすることはできますが、マウント類を何もつけていない手持ちの状態ではどうしても手ブレが発生してしまいます。

それにGoPro本体は非常にコンパクトですから、不意に落としてしまったり持っている手の指が映ってしまったりとトラブルが発生してしまう可能性もあります。それを、3wayをカメラグリップ携帯にして使用することで手の動きを安定させ、ブレを軽減してストレスのない動画撮影をすることができるようになるのです。

3wayのカメラグリップ形態の長さは約19センチで、ちょうど両手で握って余りが無くなるくらいの長さになります。ただカメラグリップは実際は結構小さめのサイズで、ひょっとするとどこかに置き忘れたりしてしまうかもしれません。心配な方は、3way専用のストラップなどを付けておくことをおすすめします。

続いては延長アームとしての3wayの使い方です。カメラグリップだけだと15センチ程度の長さで、ブレ無く腕を伸ばして撮影できる範囲でのみ効果を発揮します。しかしそれだけだと長さが足りない、高い目線から撮影をしたいという時には、延長アームを使用しましょう。カメラグリップと延長アームでは39センチもの差があります。

延長アームは最大で50センチまで伸ばすことができ、伸ばせる範囲内であれば伸縮も自由に調節できるので、自分がGoProで撮影したい位置に合わせて長さを変えられるのも評価できるポイントです。GoProに取り付けて自撮りをする時や、広範囲の動画、写真を撮影するときなどによく使用されます。

最後に三脚としての3wayの使い方です。カメラグリップの内部には三脚が内蔵されており、これをGoPro本体に嵌め付ければ簡単に三脚付きのGoProで撮影することができるようになります。三脚をそのままGoProに取り付けても良いですし、延長アームを伸ばした状態のまま持ち手に三脚を取り付けて高い場所から定点カメラとして撮影するといったことも可能です。

三脚はそこまでしっかりとした作りになっているわけではなく、簡易的なものなのでがっちりと固定させるまではいきません。ただ、そこまで固定性を求めるわけではなくとりあえず三脚でGoProを簡易的に固定したいという時には十分活躍してくれるでしょう。

GoProにマウントは必須?種類や付け方・おすすめアイテムなど調査 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

スマホアプリでGoProを遠隔操作!3wayを使って本格自撮りができる

GoProと3wayをより便利に活用するためには、スマートフォンのGoPro用アプリケーションも欠かせません。iPhoneならApp StoreApp Storeから、AndroidならGoogleplayからインストールでき、アプリを使用すれば3wayの延長アームを使うと手が届かなくなってしまうGoProのシャッターを遠隔で操作して切ったり、GoProで撮影した映像を閲覧することなどができるようになります。

アプリを使用するには、スマートフォンとGoProをBluetoothでペアリングしてからWi-Fiで接続します。スマホでの遠隔操作ができれば、延長アームを使いつつシャッターを切って高い視点から自撮りができたり、GoProを水中に入れてスマホでライブビューを確認しながら写真や動画を撮影したりすることができます。

3wayの実際の使用者のレビューはどんな感じ?

GoProマウント3wayの具体的な使い方などについてご紹介しました。それでは、実際に3wayをGoProで使用している方たちのレビューはどんな感じになっているのでしょうか。使用者のレビューを見てみると、やはり普通に手持ちで撮影したりするのとは違ったアングルから撮影できたりするので欠かせないなど、評判は高いようです。

課題になっている点を言うのであれば、純正の3wayは価格が1万円近くするので高いと思われることでしょう。しかしこれは正規品のものでなければ安く手に入れることができ、例えばGoProHERO5、6対応の社外品のものは3000戦円程度で購入できます。質よりも価格を重視するというのであれば社外品でも問題はないかもしれません。

ただ注意点として、3wayをGoProに固定させるときにはネジを使用するのですが、そのネジが非常に小さいため紛失してしまう可能性があるようです。このネジがなくなってしまうと3wayを固定することができず、ちゃんとした撮影もできなくなってしまうのでしっかり管理する必要があるのだそうです。

GoProのスペックを比較!初心者にHERO5は合っているのか? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

まとめ:GoProマウント3wayは自由な撮影に必須!

GoProマウント3wayの使い方や使用されている方のレビューなどについてご紹介しました。3wayはGoProのマウント類の中でも定番と言われるほど人気を集めているマウントで、カメラグリップ、延長アーム、三脚と異なる形状に組み替えて使用することができるようになっていました。使用しない時はコンパクトに収納できるので、嵩張る荷物になることも少ないでしょう。

また、実際に使用している方のレビューについてもご紹介しました。純正の3wayは値段は高いですがそれ相応に評価も高く、購入して損はないという声が多く上がっています。価格を重視する方も社外品のものなら3分の1程度の値段で同じような使い方ができます。質か価格かどちらを重視するかは使用者次第でしょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ