エギング用ラインのおすすめ特集!太さや長さ・号数など選び方は?

エギング釣りで欠かせない要素の一つが、種類の豊富なライン。太さや号数など、いい加減な選び方をしてしまうと、いざプレイする時に非常にストレスを感じてしまいます。ショックリーダーやプライマーラインなど、用途に合わせた選び方が出来れば、何倍もエギング釣りを楽しむことが出来るでしょう。そんな多種多様で奥の深いエギング用ラインの、おすすめの選び方についてまとめてみました。

エギング用ラインのおすすめ特集!太さや長さ・号数など選び方は?

目次

  1. 意外と奥が深いエギング用ラインの情報をご紹介
  2. エギング用ラインの長さはフィールドで見極める
  3. 100種類を超えるエギング用ラインの太さや号数を考慮した選び方
  4. オールラウンド仕様のおすすめエギング用ライン
  5. 万能なアビリティで有名なおすすめエギング用ライン
  6. 様々な技法が詰め込まれたエギング用ラインまとめ

意外と奥が深いエギング用ラインの情報をご紹介

まず初めに、初心者の方は号数という言葉に馴染みがありません。号数=太さ、エギング用ラインの直径を表すもの。自分が何をターゲットにするかによって、号数の選び方を基準とすれば、プレイに支障をきたす事はないと言えます。エギングといえばメインターゲットはイカですが、イカにも色々な種類があるので、アプローチする場所によってラインを変えるのが非常におすすめです。

例えば一般的なアオリイカやヤリイカは比較的小ぶりなサイズが多いため、エギング用ラインの号数は6~8ポンドくらいが妥当です。それ以上の大きなイカをターゲットとするならば、10ポンド以上の号数があれば安心できるでしょう。どの店舗でも、比較的エギング用ラインの太さ、号数は種類が豊富に取り揃えられているため、用意しやすいです。今回は、意外と奥が深いエギング用ラインの情報をご紹介します。

エギング用セットでおすすめ特集!ダイワ・シマノなど入門者に人気なのは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

エギング用ラインの長さはフィールドで見極める

号数の選び方をマスターすれば、次に気を付けるのが長さ。エギング用ラインの長さは、自分の釣り場の環境を考慮した選び方がおすすめです。例えばボートの上や堤防からのアプローチならば、周りに障害が少ないので1m~2mで十分と言えます。しかし周りが石積場や岩礁帯ならば、2m以上のエギング用ラインがおすすめです。

狙う場所によっては、小さな隙間を縫ってアプローチしなければいけません。エギングは時と場合によってアプローチ方法を変える必要があるため、頭でイメージトレーニングしながら商品購入の選び方を固めた方がいいでしょう。飛距離を伸ばした方が良い場合や、手前に静かに垂らすだけで済む時もあります。

初心者の方は最初からボートなどでトライするのではなく、足場がしっかりとした沖釣りから始めるのがベストです。エサに食いつくイカによっては、とても強いヒキで引っ張られる恐れもあるので注意。また、あまり長すぎるエギング用具を購入してしまうと、後始末が大変になるので気を付けましょう。

100種類を超えるエギング用ラインの太さや号数を考慮した選び方

商品モデルの数が多いだけに、なんとなくで購入している人がほとんどなエギング用ライン。実はエギング用ラインにはそれぞれ耐久性と機能性に激しく差があり、特性を理解していないといけません。ここだけは押さえておこうというポイントが、エギング用ラインの素材の違い。太さや号数、長さも考慮しますが、素材さえ理解しておけば後悔することはありません。

PEラインとよばれるエギング用ラインは、とにかく安価。安くてコストパフォーマンスは最高です。しかし耐久性は期待できないので、岩などで擦れてしまうと切れてしまいます。その点、フロロカーボン仕様のエギング用ラインは、耐久性に優れていて長持ち。強い衝撃にも耐えられ、安心してプレイに専念することができます。

しかし割高なので、財布には少々痛いです。自分の持ち場となる状況に応じて、エギング用ラインの選び方を変えるのが、アングラーとしての腕前と言われています。エギング釣りはターゲットによって、針先に付けるエサも異なります。そういった要素も考慮して、目標を絞る事も大事なアイテム選びです。

視認性に優れたおすすめエギング用ライン

時間帯に左右されにくい視認性に優れた、おすすめエギング用ライン「ユニチカのキャスラインエギングスーパーPEIII210m0.6号」。激しい動きでも目標を逃しにくく、パワフルなフィッティングに対応できるエギング用ラインです。太さも0.4~0.7と、振り分け可能な号数が用意されているので、数多くのアングラー達に愛用されています。

特殊なクリアー加工が表面に施されているため、何度水に浸けても色落ちせずに扱えるエギング用ラインなのも、魅了的な特徴です。高品質な機能性能で長持ちするため、少々値段は高めですが、採算を考えれば賢い選び方とされています。何より高い水準の耐久性のため、ライントラブルがほとんどないので、ストレスなくプレイに集中できるエギング用ラインです。

高引張強度で敵なしのおすすめエギング用ライン

高引張強度と呼ばれる新技術加工で注目度の高い、おすすめエギング用ライン「ラパラのRAPINOVA-X/ラピノヴァ-XマルチゲームPEライン0.6~1.5号150m」。ヒットしたターゲットが大きくて、あたりが強ければ強いほど効果を発揮してくれるエギング用ラインです。高引張強度と呼ばれる特殊なアビリティで、ライン自体が伸びる素材となっています。

色の光り方とハリも、高い品質を保っているエギング用ラインです。フロロカーボン仕様のエギング用ラインで耐久性は申し分ないですが、それでも心配なアングラーは別売りのシリコンスプレーをかけて使用しているそうです。耐久性と耐水性が上がり、長持ちする効果が得られます。安価で手に入るので、ラインと一緒に購入しておきましょう。

号数は豊富に取り揃えられていて、太さの形状は少しクセのある設計になっていて、リール巻きとりの際に、消耗しづらいのも魅力と言われています。ラパラはエギング用ラインとしても有名なので、選び方としては間違いなしです。釣具店ではよく在庫切れになっていることが多いので、購入する際にはまとめ買いしておきましょう。

高感度で摩擦に強いおすすめエギング用ライン

高感度で敏感なあたりを逃さない、おすすめエギング用ライン「シマノのPEDラインパワープロZ150mPP-M52N」。従来のシマノモデルを、より進化させたエギング用ラインです。高感度で小さなエギングも逃さず感知してくれ、初心者でも楽しむことの出来る一品。また、太さはそのままに耐久性能を上げて、摩擦によるライントラブルを無くしてくれました。

エギング用ラインとしてはアプローチする際のブレが少なく、フィールドによるタックスによって選び方を変えれば上手く立ち回れるでしょう。数あるピットブルの商品モデルの中でも、太さ、長さ、重さ等のバランス力が非常に良く、レビューサイトでも軒並み評価の高いエギング用ラインと言えます。ライトモデルというよりは、ハードタイプとして認識しておきましょう。

基準値試験に合格したおすすめエギング用ライン

様々なテスト試験を合格した優れもの、おすすめエギング用ライン「よつあみのG-soul X8UPGRADE150m16Lb(0.8)」。釣り用品協会の監視下のもと、強度やしなりなどの試験に合格した優良品となるエギング用ラインです。WX組み工法と呼ばれる独自の技術で製法されているので、ほかの商品モデルでは感じることのない伸びを体感できるでしょう。

エギング用ラインと謳ってはいるものの、シーバスなど海釣りでも対応可能。フィールドを選ばす、オールラウンドな仕様となっています。さらに耐水性も高いレベルまで引き上げているため、長い間色落ちしないで済むので、ナイトフィッシングなどでも重宝されているエギング用ラインです。価格も比較的安価なので、幅広い年代に扱われています。

マーキング付きで捗るおすすめエギング用ライン

最初からマーキングが施されていて便利な、おすすめエギング用ライン「デュエルのPEラインアーマードエギング150m0.8号ホワイトH4015-W」。PEラインでありながらも、綻びしにくい設計となっているエギング用ラインです。発行性のあるピンクのマーキング付きなので、ナイトフィッシングでも視認性の高く、上手くアプローチが出来ると話題になっています。

デュエル社は長い間アーマードエギングシリーズを販売してきましたが、従来の商品モデルよりもアップデードさせたのがこのアイテム。太さや長さなど、自分好みのフィートでプレイが可能です。ラインの表面にはプライマー加工が施されているため、ライン同士の摩擦が少なく、飛距離を伸ばすことも実現させたエギング用ラインとなっています。

細かな作り込みで綺麗なおすすめエギング用ライン

細かな編み込み技法で人気の高い、おすすめエギング用ライン「ダイワのPEラインエメラルダスセンサーホワイト+Si150m0.8号10lb7lbホワイト」。幾何学的で細かな編み込み技法「ULTRA VOLUME FIBER」で生産されているため、数多くのアングラーの必須アイテムとなっているエギング用ラインです。

ホワイトベースで、等間隔で色分けされたマーキング付きとなっています。尺が長めになっていて、仕掛けを何箇所も取り付け可能なエギング用ライン。ツヤのある質感で、水中でも光るのですぐに位置を把握することができます。エギング釣り初心者の方でも、操作性のしやすさがウリとなっている商品モデルです。

しなやかな弧を描くアプローチを得意としていて、風の影響を受けにくいのも特徴的です。初心者から上級者まで、予備用に1つは欲しいエギング用ラインとされています。エギング釣りには欠かせない、アタリからの俊敏な動きにも対応してくれるので、頼もしい味方となってくれるでしょう。

レベルの高いな細さと感度を持つおすすめエギング用ライン

かなり高い水準で細さと感度を兼ね備えている、おすすめエギング用ライン「ラパラのRAPINOVA-X/ラピノヴァ-Xエギング150m/0.6-0.8号」。鮮やかな色合いもさることながら、注目されているのは感度の高さが素晴らしいエギング用ライン。水中から正確に振動を伝えてくれるので、ヒットはもちろん周りの地形なども把握することができます。

極細のラインを4本編みこむことによって、強度レベルをアップ。ハイグレードダイニーマと呼ばれる独自技法で、水の抵抗も少ないエギング用ラインです。太さも0.6~0.8まで販売されており、大手の釣り具専門店でもイチオシされていることが多く、アングラーの中でも認知度の高いアイテム。一度使えば、その感触にハマること間違いなしのエギング用ラインと言えるでしょう。

オールラウンド仕様のおすすめエギング用ライン

エギングに限らず全てのフィッシングスタイルに対応してくれる、おすすめエギング用ライン「ラパラのPEラインラピノヴァXマルチカラー200m0.6号13.9lbマルチカラーRXC200M06MC」。派手なパッケージが目印の、ラパラブランドが自信を持って販売しているエギング用ラインです。

鮮やかなカラーリングで、エギングに限らず沖釣りから川釣り、船釣り等を楽しむことが出来ます。エギング釣りで難点と言われている糸鳴りを最小限に抑えてくれ、ストレスなくプレイに集中できるエギング用ライン。3種類のカラーモデルが用意されているので、自分好みのアイテムで勝負が出来ます。

等間隔に記されたマーキング付きで、素早く獲物をキャッチでき、リール巻きとりの際も長さの把握が容易にできるのも嬉しいポイントです。価格も2000円以内と安く、コストパフォーマンスが素晴らしいエギング用ラインとなっています。通販サイトなどの口コミレビューも、評価の高いコメントばかりです。

釣り糸の結び方を徹底解説!初心者でも簡単にできる強いノットとは? | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

万能なアビリティで有名なおすすめエギング用ライン

万能で各アビリティのレベルが高い、おすすめエギング用ライン「クロサワのPEライン釣り糸X-CORE4編/8編」。初心者からプロのアングラーまで、幅広く愛用されているエギング用ラインです。エギング釣り用のラインには欠かせない耐水性と伸縮率で、雑誌やテレビなどのメディアで引っ張りだこ。太さも種類豊富で、扱いやすさも抜群のエギング用ラインです。

日本が誇る超高強度ポリエチレン繊維が施されたエギング用ラインで、どんな大物でもライントラブルなく釣り上げることができるでしょう。エックスコアは数あるエギング用ラインの中でも、太さの均一化が素晴らしいと言われています。

一番の悩みのタネであるライントラブルがないのは、エギング釣りを楽しむ為には必須の項目なので、持ってない方は是非ともこの機会にゲットしましょう。アブノーマルなラインも数多くある中でも、間違いなく優良品とおすすめ出来る商品モデルとなります。

エギングのリーダーおすすめ情報!長さや素材・結び方など徹底解説 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

様々な技法が詰め込まれたエギング用ラインまとめ

店舗や通販サイトなどで確認すれば、今やエギング用ラインは驚くほどの種類が販売されています。最近では紫外線に強いXポート加工が施されたエギング用ラインがでてきて、メディアでも大々的に取り扱われていることから、ますます注目度が集まるジャンルと言えるでしょう。

結束系や摩擦係など枝分かれしたカテゴリーも増えるので、調べれば調べるほど楽しいのがエギング用ラインです。また、エギング釣りは天候やコンディションによっても左右されるのと同じで、ラインも使い込むほどプレイに支障はきたすものです。潤滑油やクリアースプレーなどのメンテナンス方法も熟知しておけば、さらにコストパフォーマンスは上がります。

季節によってもラインの消耗は影響されるので、いろいろな要素を考慮して購入することが大事です。是非ともこの機会に、本格的な海釣りとはまた違った楽しさのある、手軽で簡単なエギング釣りにトライしてみましょう。

釣り初心者向け潮の基本知識まとめ!潮見表・潮凪表の活用方法も調査 | 大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ