ブランデーは高価でなかなか購入できないイメージがありがちですが、実は近年そうでもなくなってきています。安く美味しいおすすめのブランデーも多く世の中に出回っているので今日はそんなおすすめブランデーの飲み方や軽い雑学についてお話します。

ブランデーのおすすめは?5000円以下で安いのに美味しい銘柄は?

目次

  1. ブランデーとウィスキーは何が違うのか?
  2. 安い銘柄のブランデーを美味しく飲むおすすめポイント
  3. 5千円以下の安くて美味しいおすすめブランデーの銘柄
  4. クルボアジェ V.S.O.P. (3000円前後)
  5. レミーマルタン V.S.O.P. (5000円以下)
  6. ヘネシー V.S. (3000円前後)
  7. カミュ V.S.O.P. エレガンス (3000円前後)
  8. サントリー ブランデー V.O. (2000円前後)
  9. シェンドールXO(1600円前後)
  10. ルイ・バロン・ナポレオン(1800円前後)
  11. アイビスXO(1500円前後)
  12. ブランデー本来の風味を堪能する飲み方
  13. ブランデーの新しい一面を発見する飲み方
  14. ブランデーグラスの誤解
  15. リーズナブルでおすすめのブランデーまとめ

ブランデーとウィスキーは何が違うのか?

ブランデーとウィスキーの違いは、素養するフルーツの種類から変ってくるものになります。ブランデーは主に果実を使用したお酒ですが、中でもぶどうが一番多く使用され製造されています。

ぶどうを使用した原材料で最も有名なのがブランデーのなかでもコニャックと言う種類になります。コニャックはブランデーのなかでも大きな一部に過ぎません。同じ原材料でも熟成する年数によって、呼び名がまったく変ってくることが多いです。ウィスキーをさらに蒸留してアルコールの純度を上げたものをブランデーと言うのです。

ブランデーを使ったカクテルレシピ!美味しい定番カクテルを作ろう | MensModern[メンズモダン]

安い銘柄のブランデーを美味しく飲むおすすめポイント

安いブランデーは最近ではとても美味しくなっていますが、昔は質の悪いブランデーが多く手で暖めて飲んでいたそうです。この飲み方は近年間違いとされており、敬遠すらされています。昔は、熟成技術も乏しくむりやり香りを立たせるやり方として流行っていたもののようです。あまりおすすめできるやり方ではなくなっています。

最近では、かなりの速度で熟成技術が発達したことにより安くとも香りがよくおいしいブランデーを楽しめる世になっています。手で変に暖めてしまうとアルコールの刺激臭のみが気化し鼻につきます。飲み方に気をつけることで、安いブランデーでも、おすすめでとても美味しく飲むことの出来るお酒にかわってきているのです。

ブランデーは、高いものは美味しいイメージですが安いものはまだまだ評価が低いです。ブランデーの原材料はぶどうで甘い香りが立ちきついアルコールと思われがちですが、とても優しい口ざわりで甘みもほのかに香るものが安いものにも多いです。おすすめ銘柄別に安い、美味しい、甘いなどをしっかり押さえているものがあります。

5千円以下の安くて美味しいおすすめブランデーの銘柄

昔は、高いイメージがつきがちだったブランデーです。昔からの名残のようなものでしょうか。最近では、手軽に楽しめる安くとも、甘い、美味しいおすすめのブランデーが増えています。日本のメーカーに関してはかなり信用度が高い点が多いです。ですので銘柄を試す際は、ブランデーの持つよさなどもおすすめですが迷ったらメーカーで選んでみるのもありです。

リーズナブルでもおいしいおすすめブランデー銘柄とは?

今では、5千円以下で香りも美味しさも楽しめるおすすめのブランデーが数多くあります。ブランデーを注いだときの香りや高価なブランデーと比較してもなかなか見分けのつかぬものも多いです。では、ながくなりましたが安くて美味しいおすすめのブランデーをご紹介します。

クルボアジェ V.S.O.P. (3000円前後)

3000円台で購入できる美味しくてリーズナブルなブランデーが「クルボアジェ V.S.O.P.」です。クルボアジェは、かの有名な皇帝ナポレオンにコニャックを献上した歴史を持っており、それを気に入ったナポレオンがクルボアジェの酒庫に足を運んだ逸話があるほどの信頼あるおすすめ銘柄です。

玄人から素人まで愛される銘柄のおすすめブランデー

爽やかな甘みを感じることができる初心者にもおすすめブランデーで、飲みやすいのが特徴なのです。3000円台という価格と、玄人から初心者まで手が出しやすく、美味しいブランデーである点とてもおすすめのブランデーといえます。かなり、美味しい、甘い、安いの三拍子を押さえているおすすめブランデーであるといえます。とりあえず買ってみるにはいいものになります。

ブランデーで梅酒を作ろう!黒糖やハチミツで作るおすすめレシピ | MensModern[メンズモダン]

レミーマルタン V.S.O.P. (5000円以下)

コニャックとしても、知名度が高く日本国内でもかなりの人気を誇っています。おすすめは、値段が高いイメージの商品ですが昔よりもかなり値段がお手頃になり手に入れやすいようになっています。安いブランデーのなかでは珍しいくらい人気があり歴史があるものになりますので、安く手に入るブランデーとしてはおすすめです。

5大コニャックの中でも特に知名度の高い銘柄であるおすすめブランデー

熟成年数、4年~12年のコニャックをブレンドしており、ヘーゼルナッツ、バニラ、オークの甘い香りを楽しむことができるおすすめブランデーです。リーズナブルな価格とは思えないほど、上品な味わいになっている点からとてもおすすめの美味しいブランデーといえます。是非ご賞味ください。

ヘネシー V.S. (3000円前後)

レミーマルタンと対を成すように人気がある、ヘネシー。ブランデーに興味がない方にかなりの知名度をもつブランデー銘柄になります。高価なイメージを持っている方も多いですがいまではかなりお得なお値段まで来ています。安いと言う理由で人気が集まっているおすすめな銘柄ブランデーのひとつなのです。

ブランデーを知らない人でも意外と知っている銘柄のおすすめブランデー

フルーツやスパイス様々な顔を楽しむことの出来るブランデーになります。甘い香りのバニラを楽しみながらもニュアンスのある味わいが深い特徴を持っているブランデーになります。3000円前後ですので、試すのにはおすすめですね。

ウイスキーとブランデーの違いとは?味やカロリー、度数を比較! | MensModern[メンズモダン]

カミュ V.S.O.P. エレガンス (3000円前後)

家族経営で有名なコニャックメーカーで最も大手であるカミュです。5大コニャックの一角でありながらも150年以上の歴史を持つ有名なおすすめ老舗銘柄になります。この銘柄をしっていたらとりあえずおっけーというレベルになります。安心感安定感のあるおすすめブランデーです。

150年以上の歴史を持つ信頼性の高い銘柄のおすすめブランデー

カミュは、厳選された厳守をオーク樽で熟成させることでフルーティーな香りを楽しみつつも甘みがあるおすすめブランデーになります。高級感があるブランドでもありますが3000円前後で購入できるもになります。ブランデーの中ではかなり高級銘柄に属していますのでおすすめです。

サントリー ブランデー V.O. (2000円前後)

国産のブランデーでコニャックやアルマニャックではありませんが、とてもリーズナブルな価格帯で購入できるおすすめブランデーです。味も美味しく甘い香りがしっかりしており、おすすめできるブランデーになります。

クリアでフルーティーな汎用性の高いおすすめブランデー銘柄

フルーティーな原酒を軽い飲み口の原酒をブレンドしており、クリアながらもフルーティーな味わいをたのしめるおすすめブランデーになります。癖が無いのでカクテルにもアレンジができます。汎用性の高さからも人気があり、ブランデーを使ってつくる梅酒にもよくつかわれています。美味しく仕上げることが出来る為にかなり人気です。

シェンドールXO(1600円前後)

シェンドールXOはフランス南西部にある、パペロリー社というメーカーで造られています。1837年創業の歴史のあるブランデーメーカーで、最初の頃はアルマニャックも製造していましたが、現在は主にリーズナブルでおすすめなフレンチブランデーを製造しています。時代とともにかわるのですね。

ブランデーに最適なぶどうの品種のみをしようし、リーズナブルで皮質の高いフレンチブランデーを製作しています。オーク樽で熟成されており、バニラの香りやキャンディーのような甘い香りが特徴です。きれいなマホガニーいろをした飲みやすいおすすめブランデーになります。

家飲み用に1本置いて置くと丁度良いおすすめの銘柄フレンチブランデー

1600円ほどととてもリーズナブルなのです。家飲み用に1本置いておくのにちょうどよい、おすすめのフレンチブランデーです。色も綺麗で、甘い香りで安く美味しいブランデーになりますので、すこし飲み会などで持っていくときに一本あると便利なおすすめブランデーになります。

ルイ・バロン・ナポレオン(1800円前後)

ナポレオンとなずけられた、名誉あるブランデーになります。高級な銘柄だけ合って、フレンチブランデーの中にも存在します。フレンチブランデーを製造しているルイ社は19世紀からもつくっており、かなり長い歴史を持つ一級製造家とも言われているほど有名なのです。

コストパフォーマンス抜群のお買い得おすすめブランデー銘柄

ネゴシアンとは、他者が製造したぶどうやワインを購入して製造する製造家のことです。ナポレオンクラスの古酒をブレンドしたものは、香り豊かで上品な味輪になります。コニャックに引けをとらないほどの物が多いです。クオリティーの高さから元イギリス海軍の指定ブランデーになったこともあります。

1800円ほどで手に入る安いフレンチブランデーになります。コストパフォーマンスはよくお買い得なブランデーになります。味も、上質な甘い香りをも値段も安いとおすすめのブランデーになります。

バーボンとウイスキーの違いは?スコッチやブランデーとの違いも調査 | MensModern[メンズモダン]

アイビスXO(1500円前後)

コニャック大手会社子会社の経営しているものになります。フレンチブランデーになります。老舗メーカーでありながらもリーズナブルな価格帯で楽しむことが出来ることが特徴です。船の名前のゆらいをとって名前がつけられたブランデーになります。

ボトルにもその当時の船が描かれデザインがスマートかつおしゃれなでざいんでありますので、酒棚に飾っておいても他の銘柄と見劣りしないくらいおすすめなブランデーです。

素人から玄人までおすすめの万人受けするおすすめ銘柄ブランデー

同じく会社でつくっている古酒がブレンドされていて、香りも味わいも実にバランスが取れています。コストパフォーマンスの良さから愛好者も年々増えていておすすめです。ブランデーの初心者から愛好者までおすすめできるおいしいフレンチブランデーです。

ブランデー本来の風味を堪能する飲み方

ブランデーは香りや味などを心で酔いしれながら楽しむお酒です。その香りが一番感じられるのみ方がストレートなのです。そしてもうひとつ、ブランデーの隠れた個性をさがすのに通の方がよくやっているのが水であって飲むことです。そうすることでよりブランデーをさまざまな面から楽しむことが出来、甘い香りや芳醇な味に酔いしれることが出来ます。

ブランデーをまず氷で割って飲んだり、水で割って飲むとまた違った香りが楽しめます。水で割る場合の分量は1:1です。軽くステアするだけでも十分ですので混ぜすぎには注意しましょう。ブランデーのソーダ割りもおすすめの飲み方になります。

バーで、ブランデーを頼むときストレートと言わないとブランデーをあまり知らない初心者だと思われる方が多いようですがそのようなことは気にする必要はありません。イギリスの王室ではソーダ割りのぶらんでーをたのしんでいたそうです。自分に合ったおすすめの美味しい飲み方をすることがブランデーを楽しむおすすめのコツでもあります。

ブランデーの新しい一面を発見する飲み方

ブランデーをベースにしたカクテルについても美味しい飲み方をご紹介します。ブランデーと組み合わせると脚用の良い意外なものもあります。様々な香りを持つブランデー、甘い香りを引き立てるやりかたなど数多く存在します。ですので、初心者の方にもおすすめのブランデーの飲み方についてご説明しますね。

ニコラシカ(レモンと砂糖で味わうブランデーカクテル)

ブランデーをストレートで味わう方法として、「ニコラシカ」というちょっと変わった飲みかたもあります。細長い足のついたリキュールグラスにブランデーを注ぎます。レモンの輪切りを乗せて、砂糖をのせます。そのレモンを二つ折りにして噛みしめたら、ブランデーを一緒に飲みましょう。

お口直しの一杯におすすめしたいカクテルの種類になります。甘酸っぱい味覚が口の中をすっきりさせ、ブランデーが口の中で一体になるという、ブランデー中でも、特徴的な飲み方をするブランデーカクテルですが味はとても美味しくおすすめできるものとなっています。初心者の方もぜひ試していただきたいおすすめブランデーカクテルのひとつです。

ブランデースプリッツァー(フルーツを使ったブランデーカクテル)

最近人気名カクテルが、ブランデーを炭酸で亜璃底にフルーツをいれたカクテルになります。果実をブランデーに一晩つけておくとさらに美味しく香りがいいものが出来上がります。炭酸の爽快感とブランデーの甘い芳醇な香りが相性がよく女性の方にもおすすめのブランデーカクテルです。

カフェロワイヤル(砂糖とコーヒーを組み合わせたブランデーカクテル)

カップにコーヒーを入れ、スプーンに砂糖を乗せます。ブランデーを染みこませ、火を灯すという飲み方なのです。これはナポレオンが飲んでいたことでも有名です。部屋を暗くして飲むと、火の灯りと香りでリラックスできますね。大人の雰囲気を味わいたい方におすすめと言えます。

とてもロマンチックな演出が出来るおすすめのブランデーカクテルになっています。味もとても中毒性があり好みが分かれるところではありますが、合う人には合うおすすめブランデーカクテルなのです。ぜひ、一度その印象的な見た目と味を堪能していただきたいおすすめのブランデーカクテルになります。

ブランデーグラスの誤解

ブランデーをストレートで飲む場合、どのような物がいいでしょうか。昔は手で暖めてのむ習慣がありましたので、脚が短いグラスがおおかったですが今はそんなことをしなくても香りがいいブランデーは数多くあります。ですので、逆に今はブランデーグラスを手で触ることは敬遠されていますので、眺めの足を使ったフルートシャンパン型などを使ってブランデーを楽しみましょう。

チューリップのような形のぐらすもおすすめです、香りを逃がしにくく閉じ込めやすいものと言われています。アルコール度数40度以上のブランデーは自然の室温で楽しむことが一番の美味しく飲める方法なのです。

ブランデーと一口にいっても、様々なものがあります。ブランデーカクテルだけでもかなりの種類がありますので、自分の好みに合ったものを見つけるにはかなり時間がかかるかもしれませんが、一生物になるので是非自分に合っているおすすめブランデーを見つけていただければと思います。

リーズナブルでおすすめのブランデーまとめ

高いイメージのブランデーですが、最近ではリーズナブルな価格でおすすめできるブランデーも数多く出てきました。この機にぜひ、ブランデーを飲んだことの無い方は飲んでみることをおすすめします。ウィスキーが飲める方であればぜひ挑戦することをおすすめします。


評価 3.7/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ