セックスは何歳までする?年齢とセックスレスにならない夫婦関係を調査

セックスはいつまでも若々しくいるためにも何歳までもしていたいもの。しかし、実情は年齢を重ねていけばいつまでもできるものではない。実際みんな何歳までセックスしているのか気になる人も多いだろう。そこで今回は、年齢とセックスレスにならない夫婦関係を調査していこう。

セックスは何歳までする?年齢とセックスレスにならない夫婦関係を調査

目次

  1. 性欲は何歳までもある
  2. 一般的には何歳までセックスしている?
  3. 高齢になるとセックスの定義が変わる?
  4. セックスレスの原因は?
  5. 何歳まででもセックスを楽しむために!
  6. 何歳まででもなんでも話せる関係になること
  7. 日常から抜け出してセックスを楽しむ
  8. 忙しいを言い訳にしない
  9. 家の中でセックスを癒しとして取り入れる
  10. 獲得愛から継続愛へと意識を変化させる
  11. いつまでもパートナーとの幸せなセックスを楽しんで

性欲は何歳までもある

夫婦に置けるセックスの関係は、年々年を重ねるごとになかなか少ないものとなり、夫婦はセックレスになっていくものと感じる人は多いことだろう。しかし、個人差もあるが、生涯セックスを楽しんでいる人も現実にはいる。では、性欲自体は何歳まである物なのだろうか。

一般的に性欲は減退はしていくが、何歳になってもあるもの。60代になっても70代になっても、性欲がある人は男性でも女性でも多いのだ。高齢になれば、これまでのセックスとは違って大人のおもちゃを使って夫婦で楽しんだりすることは、欧米でもごく普通のことで、セックスの定義自体も変化している。結婚後何歳になっても夫婦でセックスを楽しむ夫婦は多い。

夫婦のセックス頻度の平均は?世の中の普通の回数・理想数を調査 | MensModern[メンズモダン]

一般的には何歳までセックスしている?

セックスレスになるのは結婚3年目が節目

それでは一般的には何歳までセックスを楽しんでいるのだろうか。まずは、みんながどのタイミングでセックスレスになるのかをみていこう。夫婦になってやはり最も多いタイミングが、結婚3年目になる。特にこの時期は、仕事が忙しくなることや出産も重なったりと、夫婦の時間も取りにくくセックスレスに発展するきっかけいなるようだ。

何歳まででもしたい!という声は多い

しかし、夫婦でセックスレスになり、そのまま高齢になるからといってセックスをしたくないわけではない。実は、蓋を開けてみればセックスは何歳になってもしたいという声も多数ある。特に50代60代になると、若いころの様に激しく求めあうことはないが、半年に1度くらいはしていたいと感じている夫婦も多いようだ。

また、いつまでもお互いにセックスをしていたいと考えるからこそ、お互いに必要とされている実感を得られるので、体力は落ちるが若いころと同じような気持ちでセックスを楽しみたいという声も多い。意外にも、50代60代でも現役な夫婦は多いのだ。特に男性が、例えセックスに消極的な妻であっても、いくつなっても男でいたいと思っている割合は多い。

何歳まででもセックスをしている夫婦は沢山いる!

このように、夫婦の関係は、結婚したてではセックスレスが問題視されるほど割合が多いが、実は高齢特に50代から60代にかけての夫婦でセックスをしている夫婦関係の割合は多い。また、若いころのセックスの気持ちも変わってくることが分かっている。

若いころは自分が気持ちよくなりたいという気持ちがほとんどだが、年配になると特に男性は、相手に肉体的に気持ちよくなってほしいと考える割合が増えるようだ。夫婦の関係において、セックスの考え方は恒例になればなるほど、相手を尊重し、また自分を認めてくれるツール、愛を知るツールとして役立っているようだ。

高齢になるとセックスの定義が変わる?

若いころのセックスは、特に付き合い始めのカップルであれば、人なんで4回も5回も激しくセックスを求めあうこともあるようだが、結婚して年齢を重ねると、体力の問題もあり、セックスの定義が変わってくる。男性であれば、パートナーを大人のおもちゃでイカせて上げ、パートナーもこれで満足するようになる。

これらのアイテムは先ほども触れたように欧米ではすでに当たり前になっている。また、セックスは体のつながりと 感じる人は多いようだが、年齢を重ねるとベッドの中でハグをしているだけで満足という人も少なくない。ペッティングだけで満足という人もいて、年齢を重ねると肉体的なスキンシップにいろいろなバリエーションが生まれ定義が変わるのだ。

セックスレスの原因は?

【セックスレスの原因①】カップルから夫婦の関係に変化

では、年齢を重ねて夫婦が結婚後にセックスレスになる原因には何があるのだろうか。原因を探っていこう。まずはカップルから夫婦へと関係が変化することが挙げられる。結婚3年目が節目の中に含まれるように、子供ができると関係が変わる夫婦は多い。これまでラブラブだったのに、恋愛対象から父と母にかわるのだ。

女性の場合であれば、子供を産んだ段階で異性とみられないケースが多く、男性の場合であれば、出産に立ち会ってよけいに異性として妻を見れなくなることにもつながっているようだ。子供ができることが、お互いの意識を男と女から父親と母親としか見れなくなることでセックスレスになるようだ。

【セックスレスの原因②】精神的なつながりだけで満足できる

セックスレスになることは、けっして悪い原因のみでなるわけではない。結婚して、人間関係が深まり、精神的につながることで満足を得られるためセックスをしなくなるケースもあるのだ。恋愛時や結婚当初は、肉体ⓣ京奈つながりをお互いに強く求めていただろうが、年齢を重ねると徐々に精神的なつながりへと変化することは多い。

そして、肉体的でなく精神的なつながりで充分満足という気持ちになり、肉体的な欲求は少なくなる夫婦も多いのだ。これは、あまり年齢は関係なく、人間的な深まりの強さで変わってくるので、この結果のセックスレスならば幸せな節句エスレスといってもいいだろう。

【セックスレスの原因③】結婚後の内面的・外見的変化

結婚後に、お互いの外見や内面の変化が顕著にみられてセックスレスになるケースも多い。恋愛中は相手に好かれたいという気持ちから、外見も内面も気にしながら付き合うもの。しかし、結婚して年齢を重ねて長年付き添ってくると、異性という緊張感がなくなり、外見の劣化や内面も悪いほうへ変わっていく人は多い。例えば肥満や性格の変化が挙げられるだろう。

このような外見や内面の劣化は、見ているパートナーからすればセックスの対象として考えられなくなる一因になるのだ。また、多くの場合変化した本人は気づいておらず、相手から拒否されてもその原因がわからないということも多い。

【セックスレスの原因④】浮気などが原因で精神的に受け付けられない

相手の裏切り行為がセックスレスの原因となる可能性も多い。特に浮気は、相手への裏切り行為。相手を不潔な人と感じる人も多く、そのパートナーとのセックスを拒む人も増えるようだ。浮気が原因で、精神的に相手を受け入れられなくなる人は多いのだ。

【セックスレスの原因⑤】忙しい

単純に時間が取れないことも、特に20代から30代に多い理由の一つになっている。働き盛りはもちろん、子供もできて、特に共働きであればお互いに時間を取れなくなるケースがおおい。また、仕事から帰ってきても、疲れていて休みたいと感じ、その結果夜はご無沙汰となるケースも多いようだ。忙しさは、セックスレスの大きな枷になっていることは確かだ。

【セックスレスの原因⑤】女性の性の変化

また、年齢を重ねることで起きるセックスレスもある。女性の場合、50台前後になると更年期に入り、徐々に閉経に向けて体が変化していく。卵巣の機能も低下し、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し、さらにきんいくの衰えから性行時に濡れることが少なくなり、その結果若いころのような激しいセックスはできなくなる。

また、更年期になると個人差はあるが、頭痛やのぼせなどの不定愁訴にも悩まされることも少なくない。体調を崩しやすい時期でもあるので、性欲も落ち込み、夫とセックスをしたいと感じなくなるようだ。

【セックスレスの原因⑥】男性の性の変化

性欲に関しては、男性も年齢を重ねるごとに落ち込んでくる。男性の性欲は20代がピークといわれており、そこから徐々に落ち込む。性機能も低下し、40代では勃起不全い悩む人も少なくない。また精液量が少なくなり、感度も若いころより弱くなるといわれている。

セックスレスで離婚を考える前に!原因や夫婦の解決方法について調査 | MensModern[メンズモダン]

何歳まででもセックスを楽しむために!

このように、夫婦のセックスレスの原因にはいろいろな原因がある。しかし、結婚後の夫婦でいくつになっても、セックスを楽しんでいる人や楽しみたいと考えている人は多いのも事実。どうすれば楽しみながら何歳になってもセックスをすることができるのかその対処法をみていこう。

何歳まででもなんでも話せる関係になること

セックスレス夫婦にならにあためにはなんでも話し合える関係が大切だ。結婚したてでも、また高齢になっても何でも話し合える中になっておくことが必要だ。無邪気にお互いを受け入れあることが大事で、これには年齢はあまり関係ない。セックスをしたいと伝えることもそうだが、なんでも話し合える関係が築けていることで、セックスへのステップも踏みやすくなる。

日常から抜け出してセックスを楽しむ

【何歳まででもセックスを楽しむコツ①】旅行などの環境を変える

具体的にセックスレスを解消するにはどうすればいいのか、その対処法もみていこう。まずは、旅行などを使ってうまくシチュエーションを変えることだ。夫婦のセックスといえば、家やホテルがほとんどの場所になるだろう。しかし、マンネリ化した場所では気持ちは乗らない。旅行などで普段と環境を変えることでセックスをより楽しみなものにするとよいだろう。

【何歳まででもセックスを楽しむコツ②】コスプレなどで格好を変える

環境を変える意味では、コスプレなども効果的な手段だ。いつもよりもセクシーな服装で決めればいつもとは違ったセックスを楽しめるのは間違いない。また、お互いの刺激になることが間違いない。こんなセックスをしてみたいと言い合える中になるだろう。

忙しいを言い訳にしない

結婚後にセックスレスになる夫婦の多くが忙しいという原因でレスになる人が多い。しかし、忙しいを言い訳にしていてはセックスレスは解消することはできない。時間は有限なので、効率的に使うしか方法はない。夜遅くまで仕事を頑張ることに悪いことはないが、忙しいを言い訳にするのではなく、ゆっくり夫婦の関係を楽しむ時間をあらかじめ用意しよう。

家の中でセックスを癒しとして取り入れる

家の中でのセックスを癒しと取り入れていないことも、セックスレスやしいては浮気の原因になると考えられている。海外では5時までに家に帰ってきて家でくつろぐことを大切にしているという。日本が夜遅くまで働くことが美徳とされているが、家の中での癒しを重視できていない。

特にセックスを家の中での癒しととらえて行えるようにできればセックスレスや浮気を防ぐことに大きく貢献できるだろう。

獲得愛から継続愛へと意識を変化させる

結婚前と結婚後のセックスはどうしてもその意識が変わりがちになる。結婚前は好きになってほしいがための獲得愛によるもので、結婚後は継続愛を確かめる手段としてセックスになっていく。それは同じセックスでも、質の違うものだ。これを同じ天秤ではかってしまうと、どうしてもセックスの時間が減ったや気持ちが冷めているのではと考える人も多くなる。

しかし、この継続愛によるセックスをうまく意識して取り入れることができればセックスレスにはなりにくいだろう。お互いの愛を確かめ合うと同時に、癒しとしてセックスをするんだと意識できれば継続愛としてのセックスだできている証拠だ。高齢になってセックスを楽しめている夫婦は、この継続愛のセックスを楽しめている割合も多い。

いつまでもパートナーとの幸せなセックスを楽しんで

セックスレスは夫婦にとって多いな問題だ。しかし、実際には年齢を重ねてもセックスを楽しんでいる夫婦は多く。またいつまでもセックスを楽しんでいたいと考えている人は多い。セックスレスにならないよう適切な対処法を取って、いつまでも幸せな夫婦生活を営んでほしい。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ