日本酒グラスのおすすめは?酒器の形で味に違いが!選び方のポイント

魚料理などの和食には、日本酒が欠かせない存在ですよね。日本酒というとお猪口などの酒器で飲むイメージがありますが、最近ではガラス製のグラスで飲むのが流行っているんです。そこで今回は日本酒に合ったグラス選びのポイントをまとめてみました。

目次

  1. 日本酒について復習!
  2. 日本酒は酒器で味が変わる?
  3. 酒器の大きさと日本酒
  4. 酒器の口径と日本酒
  5. 酒器の形と日本酒
  6. グラスで飲む日本酒
  7. 日本酒のグラス選び『大吟醸・吟醸 』
  8. 日本酒のグラス選び『普通酒・本醸造』
  9. 日本酒のグラス選び『古酒・長期熟成酒』
  10. 日本酒のグラス選び『純米酒・生酛』
  11. 日本酒×グラス×升
  12. 日本酒×切子グラス
  13. 日本酒×ロックグラス
  14. 日本酒×ワイングラス
  15. グラスでおしゃれに日本酒を楽しむ

日本酒について復習!

「日本酒ってどんなもの?」と聞かれ、さらっと答えられる方は意外と少ないんじゃないでしょうか。日本酒に限らず、お酒の話って知っているようで知らないものです。まずは、少し日本酒の簡単な復習から入っていきましょう!

日本酒の原料

日本酒は米と麹と水を主な原料としており、日本特有の製法で醸造されたお酒で、醸造酒に分類されます。醸造酒とは原料をアルコール発酵させて飲まれる酒で、ワイン(ぶどうが原料)やビール(麦芽が原料)もこのジャンルのお酒です。焼酎やウィスキーなの蒸留酒に比べてアルコール度数が低いのが特徴です。

製法で細かく分類される

日本酒は精米歩合やアルコール添加など、製法で名称を分けることができ、精米歩合が少ないものほど高級になります。上の表は「特定名称分類」といって、それらの名称を分類したもの。この辺の知識をさらっと語れるとグルメな印象ですよね。ちなみに、これらの名称のついてない日本酒は、「普通酒」と呼ばれます。

日本酒の人気ランキング!定番の美味しい商品から幻の日本酒まで | MensModern[メンズモダン]

日本酒は酒器で味が変わる?

日本酒は種類が豊富で、様々な味わいが楽しめます。しかしその分、温度変化や酸化などで味が変化しやすいです。それに加え、鮮度が落ちやすいため、酒器の影響がもっとも大きいお酒といっても、過言ではありません。

陶器は日本酒を柔らかく

陶器製の「お猪口」や「ぐい呑み」といった酒器は口あたりが柔らかく感じられ、磁器はさらに柔らかく感じられるようです。厚みがあるほど柔らかく感じるので、熱燗を飲むときはこれらがおすすめ。冬の日本酒グルメにピッタリです。

グラスで日本酒をすっきりと

ガラス製のグラスは反対に口あたりがすっきりと感じます。同様に薄いグラスであれば、さらにすっきりと感じるので、キンキンに冷えた冷酒はできるだけ薄いグラスがおすすめ。高級な日本酒ほど繊細な味わいになる傾向がありますし、グルメ通な方は高級ワイングラスで日本酒を楽しむ印象があります。

酒器の大きさと日本酒

それでは、もう少し踏み込んで酒器の種類についてお話をしてみましょう。酒器を選ぶときには3つの要素があると言われています。その3つについて解説していきたいと思います!

まずは大きさについてですね。これは単純な話で、酒器が大きいと飲みきるまでに温度が変化してしまいますよね?熱燗にせよ冷酒にせよ、おいしく飲める温度で楽しみたいもの。特に冷酒は温まりやすいので、小さい酒器で飲むのがおすすめです。

酒器は大きければ大きいだけ、注いだときに味が拡散しやすいんです。その点でも繊細な日本酒には小さい酒器が向いているような気がします。ですが、あまり小さいとすぐ飲みきってしまい、酌する手間がかかり面倒ですから、自分に適したサイズの酒器を探したいですね。

日本酒一合の量はどのくらい?日本酒の適量や意味を徹底調査! | MensModern[メンズモダン]

酒器の口径と日本酒

酒器の口が広いと、注いだときに空気に触れる面積が広くなります。それだけ揮発しやすくなるので、香りが拡散します。日本酒本来の芳醇な香りを楽しむことができるので、香りと風味を堪能したい方は広い口径の酒器をおすすめします。

口径が広いと良いのかというと、必ずしもそうとは言えません。揮発量が多いと、とそれだけ酸化速度も早くなるため、狭い口径の方が味わいの変化が少なくなります。香りや風味よりも、味わいを楽しむことを重視したいという方は、狭い口径の酒器がおすすめです。

酒器の形と日本酒

酒器の形というのは、横から見たときの形のことです。横から見たときにラッパ状の形をしていれば、香りが広がりやすくなります。反対につぼまった形をしていれば、それだけ酒器の中に香が留まることになりますね。

よりフレッシュな香りを楽しみたいのであれば、ラッパ型をした酒器をおすすめします。反対に、香りを抑えて濃厚な日本酒本来の味わいを楽しみたいのであれば、口よりも中が丸まった形状の酒器がおすすめです。そう考えると、様々な種類の酒器があって、選ぶのも大変そうですよね。

日本酒の種類はどのくらい?初心者でもわかる覚えたいポイントは? | MensModern[メンズモダン]

グラスで飲む日本酒

陶器できたお猪口で飲むのは粋な感じがして、まさに日本酒という楽しみ方ができますね。ですが、ガラス製のグラスも負けないくらいに風流で、素敵な雰囲気で日本酒を楽しむことができます。グラスといっても、柄や形など本当に様々なものがあります!

日本酒は種類が多いですから、グルメな皆さんの好みに合うように、どんな種類のグラスが適しているのかピックアップしてみましょう。日本酒の特徴を大きく4種類に分けて、それぞれを解説し、適したグラスを紹介したいと思います。

日本酒を使ったカクテル20選!おしゃれで味も良いカクテルの作り方 | MensModern[メンズモダン]

日本酒のグラス選び『大吟醸・吟醸 』

大吟醸といえば、精米歩合50%以下の、一般的には高級な部類に入る日本酒です。吟醸酒系の日本酒といえば、その香りが最大の特徴。フルーティにも思えるこの香りは「吟醸香」などとも呼ばれ、高級なものになるほど、芳醇な良い香りになるようです。これらの日本酒にはどんなグラスが合うのでしょうか?

大吟醸グラス

吟醸系の高級な香りを生かすには、口径が広く、ラッパ状の形をしたグラスがおすすめです。飲み口の形状については、先ほどお話しした通りで、香り楽しむのに最適だから!実を言うと「大吟醸グラス」という、最適な形をしたグラスがすでに各メーカーから販売されているんですね。

ワイングラス

大吟醸グラスのを見てピンときた方もいるかもしれませんね。実は吟醸系には、ワイングラスもけっこう合うんですよ!ワイングラスには足がついていますよね?足を持てばグラスが温まりにくいですから、日本酒を飲むのに非常に合理的なんです。ワイングラスは香りが逃げにくい形状をしているので、吟醸香を楽しむ上でも適しています。

日本酒のグラス選び『普通酒・本醸造』

本醸造酒は精米歩合70%以下の日本酒で、純米酒にアルコールを添加することで出来上がります。普通酒には規定はありませんが、一般的に73~75%程度の精米歩合といわれています。これらの特徴は、すっきりとした淡麗辛口な味になっていることです。

飲みきりサイズのグラス

吟醸系は香りと芳醇な味わいが特徴ですが、普通酒・本醸造酒は反対に、すっきりとした味わいが楽しめる日本酒です。この味わいは、温度による変化を受けやすいので、その前に飲み切れるサイズのグラスがおすすめです。本醸造酒は高級なものになるほど、辛口具合が増す傾向にあります。繊細な味わいを楽しむためにも、ぜひ小さめのグラスで!

ラッパ型のグラス

グラスの形に関しては、ラッパ型のものがおすすめ。口径は広さは特に気にする必要はありません。大吟醸とは異なりますが、本醸造酒も十分豊かな香りの日本酒です。香りを全開に放ちながら、淡麗辛口を楽しんでください。

日本酒の美味しい飲み方は?熱燗や冷酒など抑えておきたいポイント | MensModern[メンズモダン]

日本酒のグラス選び『古酒・長期熟成酒』

上記の2種類よりも長く熟成させた古酒・長期熟成酒は、重厚な香りと旨みと伴う苦味と酸味が特徴です。これらは、特定名称酒には分類されておらず、「3年以上の熟成期間を経た糖類無添加の清酒」というルールで分類されます。古酒・長期熟成酒を飲むなら、おすすめのグラスはこれです!

江戸切子グラス

長期熟成により生まれた、旨みを伴うほどの苦味と酸味。それらを堪能するには、厚みのある江戸切子がおすすめ!重量感のある江戸切子で、その濃厚な味わいがより一層引き立ちます。江戸切子の綺麗な彩りと美しい細工も、雰囲気を上げてくれてピッタリ。高級なお酒は、高級江戸切子できまりです。

口径の広いグラス

古酒・長期熟成酒は重厚な香りも魅力の一つです。その香りを楽しむためにも、口径の広いグラスがおすすめです!高級感のある香りを包み込んでくれることでしょう。グラスのサイズは少し大きくても大丈夫なので、お好みのもので。

日本酒に合うつまみは?相性抜群の簡単にできるおすすめレシピを紹介 | MensModern[メンズモダン]

日本酒のグラス選び『純米酒・生酛』

上記の3種類は米、麹、水を原料に、若干のアルコールを加えて作られています。それに対し、アルコール添加をせずに作られているのが「純米酒」です。生酛(きもと)とは、酛(もと)と呼ばれる酵母を純粋培養して作られた伝統的な日本酒のこと。これらは米本来の味わいを直接堪能できるグルメな日本酒で、高級な部類に入ります。

和風なグラス

米らしい味わいが楽しめる日本酒なので、お猪口で飲むのが粋なもんですが、ここはあえて切子グラスをおすすしましょう。江戸切子も日本の伝統工芸ですから、純米酒との相性はバツグン。切子グラスも粋な雰囲気を演出してくれて、グルメな気分を加速させます!

丸いグラス

グラスの形はラッパ型よりも、丸みをもった形のグラスがふさわしいでしょう。純米酒のふくよかな香りを包み込んでくれて、長く楽しむことができます。口径は広めの方がおすすめです。米本来の重厚な味わいを感じることができます。

日本酒の甘口と辛口の違いは?甘口・辛口のおすすめの日本酒も紹介 | MensModern[メンズモダン]

日本酒×グラス×升

それでは実際にグラスで日本酒の銘柄をいただいている画像を紹介しましょう。こんな風におしゃれにグルメを楽しみたいですよね!

まずご紹介するのは、「こぼし酒」という飲み方です。別名「もっきり」と呼ばれ、グラスからわざとこぼすという注ぎ方をします。これは日本人のおもてなしの心から生まれたと言われています。

櫻正宗 焼稀 生一本×こぼし酒

櫻正宗の純米酒をこぼし酒の組み合わせです。居酒屋で日本酒を飲むと、このこぼし酒スタイルで飲む機会が多いんじゃないでしょうか?こぼし酒は飲むのが少し苦労しますが、これぞ日本酒!という感じがします。

立山 本醸造×こぼし酒

本醸造酒とこぼし酒の組み合わせです。本醸造の淡麗辛口をグビグビと飲んで楽しみながら、魚料理をいただくのもおいしそう。グルメなひとときですね!

日本酒の人気スパークリングを飲み比べてみた!本当においしいのはコレ | MensModern[メンズモダン]

日本酒×切子グラス

何度か紹介しましたが、切子のグラスと日本酒の相性はバツグンです。高級感のある切子グラスで和グルメを堪能しましょう!

久保田 純米大吟醸×切子グラス

有名な日本酒である久保田の純米大吟醸を切子のグラスで飲むのも良いです。純米酒の香りを、シンプルな切子のグラスが際立たせます。純米大吟醸は高級な種類の日本酒ですが、負けないグラス選びが秀逸です。

酔鯨 特別純米酒×切子グラス

酔鯨 特別純米酒と縦長の切子グラスとの組み合わせ。特別純米酒とは、要するに純米吟醸酒と同じ種類なのですが、純米酒として意識飲んでもらうため、このように名づけられているようです。底の深い切子グラス選んで、吟醸香を楽しめるように工夫していますね。

日本酒×ロックグラス

ロックグラスとはその名の通り、焼酎やウィスキーなどの蒸留酒をロックで飲むためのグラスです。日本酒をロック飲むのはあまり試した方はいないかもしれませんが、飲みやすくておすすめですよ!

山清 特別純米酒×ロック

山清 特別純米酒とロックの組み合わせ。ロックグラスではなくて大吟醸グラスを使用していますが、ロックにしているのでここで紹介します。純米酒の味が濃く感じる方は、ロックにすると和らいで飲みやすくなりますよ!グラス選びと日本酒をロックで飲むあたり、グルメ通な感じがします。

賀茂泉 純米吟醸生原酒 ROCK HOPPER×ロックグラス

こちらは賀茂泉の純米吟醸生原酒をロックグラスで飲んでいますね。生原酒とは、加熱処理をせず、水を一切加えていない種類の日本酒です。本来は加熱処理をして、アルコール度数を下げるために加水するのですが、それらをあえてしていません。新鮮で濃い日本酒ですので、ロックで飲むとちょうどいいです。

日本酒とチョコレートの組み合わせが合いすぎる!おすすめの食べ方は? | MensModern[メンズモダン]

日本酒×ワイングラス

最近ではワイングラスで日本酒を飲むのも流行っていますよね。さっきお話した通り、日本酒とワイングラスの組み合わせは、とても合理的なのでおすすめです。

嘉山 越淡麗 純米吟醸 無濾過生原酒×ワイングラス

嘉山 越淡麗 純米吟醸 無濾過生生原酒とワイングラスの組み合わせ。グルメ通な感じが漂ってますよね!名の通り濾過していませんので、出来立ての日本酒をそのまま瓶詰めしたような状態です。純米吟醸の香りも楽しめて、とても贅沢な日本酒の楽しみ方です。

八海山 あわ 瓶内二次発酵酒×ワイングラス

八海山 あわ 瓶内二次発酵酒とは、かの有名な八海山のスパークリング日本酒です。まさにスパークリングワインのような味わいが楽しめるので、ワイングラスがピッタリ!

日本酒で有名なのは?抑えておきたい有名日本酒とその理由を調査! | MensModern[メンズモダン]

グラスでおしゃれに日本酒を楽しむ

グラスでも粋に日本酒を楽しめることが、垣間見えたのではないかと思います。グラスには世界各国、様々な種類のものがありますのでお気に入り探して、自分だけの日本酒グルメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ