シャーペンおすすめ人気20選【最新】書きやすさ抜群のシャーペン紹介

シャーペンなんてどれも同じ、と思っていませんか?シャーペンを使うなら書きやすさが1番!各メーカーから発売されているおすすめやプロ仕様など、書きやすいと人気のシャーペンを一気にご紹介します。厳選20本、人気・おすすめのシャーペンをまとめてみました。

シャーペンおすすめ人気20選【最新】書きやすさ抜群のシャーペン紹介

目次

  1. シャーペンを選ぶなら書きやすさ
  2. 書きやすいシャーペンの選び方
  3. 人気があるおすすめのシャーペンは書きやすいだけでなく価格にも注目!
  4. 書きやすいシャーペンはシリーズ化した最新タイプも人気
  5. 疲れにくいシャーペンを探しているなら【三菱鉛筆】
  6. 耐久性を求めるなら【ぺんてる】
  7. 長時間シャーペンを使う人に人気【パイロット】
  8. 日本国内でシェアの高い【ゼブラ】
  9. 鉛筆好きにもオススメ【コクヨ】
  10. 書く消す両方共に優秀【トンボ鉛筆】
  11. プロも認める高品質【プラチナ万年筆】
  12. 一部で人気!プロも愛用する書きやすい製図用もおすすめ
  13. 一生モノとしておすすめ!高級ブランドのシャーペン
  14. 機能性や見た目など種類がたくさんあるシャーペン
  15. 書きやすいシャーペン人気・おすすめまとめ

シャーペンを選ぶなら書きやすさ

普段の生活で何気なく使っているシャーペン。なんとなくでそのまま持っていたシャーペンを使っている人もいますが、シャーペンを選ぶなら抜群に書きやすいものが1番!

仕事や勉強に役立つシャーペン

シャーペンは学生だけでなく、社会人など幅広いユーザーに愛用されています。勉強や仕事など日常のあらゆるシーンで使われているシャーペン。最近ではイラストを描くのにシャーペンを使う場合も増えています。

各メーカーから出ているシャーペンは多種多様

シャーペンと一口に言ってもその種類は色々あります。各メーカーから展開されているシャーペンは書きやすいのはもちろん、デザインや機能性など多種多様に揃っています。

シャーペンランキング20選!最新おすすめの人気最強シャーペン紹介 | MensModern[メンズモダン]

書きやすいシャーペンの選び方

書きやすいシャーペンを選ぶにはいくつかのポイントがあります。シャーペン選びに必要なポイントをご紹介します。もちろん気に入ったデザインで選ぶのもアリ!おすすめしたい厳選20本をメーカーごとに紹介します。

シャーペン軸の太さ

シャーペンには軸の異なる太さのものがあります。好みによって細い・太いがあるので、まずは自分がどちらのシャーペンが使いやすいかを把握しましょう。太いシャーペンのほうが書きやすいなら太めの、細いほうが書きやすいなら細いシャーペンを選びます。太いシャーペンが好みでもデザイン的に細いものが気に入ったのなら別でグリップをつけるのもおすすめです。

シャーペンの芯の太さ

シャーペンの芯の太さも好みが分かれるもの。一般的には0.5ミリのシャーペンの芯が多くありますが、最近では一部で0.3ミリと細いシャーペンも人気です。筆圧が強いなら0.3ミリは向かない場合もありますが、メーカーのなかには筆圧が強くても0.3ミリが書きやすいことも。0.3ミリと0.5ミリを使い分けることもあります。マークシートには1.3ミリがおすすめ。

シャーペン本体の重さ

書きやすいポイントとして軸の太さや芯の太さもありますが、シャーペンを持ったときの重さにも注目してください、長時間シャーペンを使って字を書くなら適度な重さが人気。軽いシャーペンは書きやすいだけでなく手が疲れにくい利点も。実際に使ってみて判断してください。

人気があるおすすめのシャーペンは書きやすいだけでなく価格にも注目!

シャーペンは書きやすいのが1番ベストですが、価格にも注目です。いくら書きやすいシャーペンでもあまりに高価なものは疎遠気味。シャーペン価格が安くても書きやすいものはたくさんあります。数百円が定番ですが、1000円単位のちょっと高価なシャーペンを長く使うのもおすすめ。

高級シャーペンはここが違う

仕事や勉強に使うシャーペンは安いものでじゅうぶん、と考える人がほとんど。しかし最近では高級シャーペンをプレゼントとして求めることもあります。最新のデザインや素材にこだわり、見た目の高級感が満足度高め!しかも書きやすいシャーペンが揃っています。

プレゼントにするなら高級ブランドのシャーペンもおすすめ。自分へのご褒美に高級シャーペンを使ってみるのもいいかもしれません。

リーズナブルでコスパ抜群のおすすめシャーペンも

高級なシャーペンはデザイン性や機能性などすべてにおいて最高の逸品。それだけで一生モノになるかもしれません。しかしリーズナブルなシャーペンでもコスパ抜群のものがあります。安価なシャーペンの良いところは壊れてしまってもすぐに買い換えることができる点。安くて書きやすいシャーペンは気軽に使えるので人気になりやすい!

おすすめされているシャーペンもそのほとんどがリーズナブルなもの。使いやすく書きやすいシャーペンは人にもおすすめしたくなります。

書きやすいシャーペンはシリーズ化した最新タイプも人気

各メーカーから展開されているシャーペンは書きやすいと人気が出るとシリーズ化され、最新のシャーペンが出やすくなります。人気がある、ということはそれだけ多くの人に納得されるシャーペン。最新シャーペンをチェックするには公式サイトを要チェック。おすすめのものが揃っています。

ビジネスシーンや普段使いにおすすめの最新シャーペン

シャーペンを使う人はビジネスシーンや普段使いにいろいろ。文房具好きなら最新シャーペンは押さえておきたいアイテムのひとつ。シンプルなデザインが多めで、長い間使っていても飽きのこないシャーペンが人気です。

抜群に書きやすく、人気のあるシャーペンを各メーカーごとにご紹介します。どれも仕事や勉強におすすめしたいものばかり!

疲れにくいシャーペンを探しているなら【三菱鉛筆】

鉛筆やシャーペン、ボールペンなどを扱う三菱鉛筆。三菱鉛筆のシャーペンでよく知るのが『uni(ユニ)』シリーズではないでしょうか。『uni』は「ユニーク」や「唯一」にちなんで名付けられました。仕事など普段使いにも抜群の書きやすい、おすすめできるシャーペンを数多く排出しています。

1.常に尖った状態を保つ人気のシャーペン【クルトガ】

三菱鉛筆のシャーペンで人気なの『クルトガ』シリーズ。常に尖った状態を保ち、書きやすいシャーペンとしておすすめです。シャーペンはこれまで使っていると芯が丸くなる、片側だけ尖って折れやすいものでした。それを解消すべく当時の最新技術を集結して自動芯回転機構・クルトガエンジンを搭載したもの。

重量は軽めで細い軸が多め。特に学生に人気でシンプルなデザインはビジネスマンにもおすすめ。キャラクター仕様のクルトガもあるので可愛いシャーペンが欲しい人にも人気です。芯の太さは0.5ミリと0.3ミリがあります。価格は400円台から1000円台と幅色く、性別や年齢問わず書きやすいのでおすすめ。

2.抜群のフィット感がおすすめの書きやすいシャーペン【ユニアルファゲル】

軸が若干太めの『ユニアルファゲル』シリーズは柔らかいゲルグリップを使うことで手に馴染むフィット感が人気です。グリップ部分に使用されているのは科学的に研究されたゲル性質のもので、長時間使用しても疲れにくいシャーペンに。最新のものは書きやすいシャーペンを追求した逸品となっています。

執筆作業などで長時間シャーペンを使っているからいつも手が疲れる、という人には『ユニアルファゲル』がおすすめですよ。

耐久性を求めるなら【ぺんてる】

文房具の大手メーカーのひとつ・ぺんてる。社名は「pen」と伝えるの意味である「tell」を融合させたもの。シャーペンのほかに筆ペンや消しゴム、修正テープや絵の具などの画材を取り扱っています。特にぺんてるの製図用シャーペンは仕事で使う以外に書きやすいから、と学生の間でも人気となっています。

3.芯が折れにくいと人気のシャーペン【オレンズ】

超極細の芯でも折れにくい『オレンズ』シリーズ。0.3ミリを愛用している人に人気のシャーペンです。シャーペンを使うときにもっとも煩わしいのは芯が折れること。『オレンズ』シリーズはシャーペンの先端が芯の長さに合わせてスライドするので芯が折れにくい構造となっています。

『オレンズ』シリーズはユーザーの声を聞き入れて長時間でも疲れにくいラバーグリップを採用したシャーペンもあります。シリーズ最新の『オレンズネロ』は3000円という価格にも関わらずかなり人気のシャーペン!高価なシャーペンには保証書がついてます。もちろん書きやすいのは言うまでもありません。

4.抜群の耐久性を誇る一般ユーザーにもおすすめ【スマッシュ】

製図用から一般ユーザー向けに改良された『ぺんてるスマッシュ』。金口とグリップ部分が一体化しているので書きやすいに加えて壊れにくい!シャーペンのなかでも抜群の耐久性を誇ります。シャーペンを落として壊してしまう人にもおすすめできる耐久性。グリップのフィット感や重さ、デザインとどれをとっても納得のシャーペンになっています。

5.ロングユーザーに人気抜群!【グラフギア】

長く愛用するユーザーが多い『グラフギア』シリーズ。アルミ製のデザインなどシンプルなものが多いのでどんなシーンでも使いやすくおすすめです。重心が少し低めになるので人によっては重いと感じることも。

長時間シャーペンを使う人に人気【パイロット】

筆記用具だけでなく手帳などのステーショナリーグッズを展開しているパイロット。パイロット製のシャーペンは疲れを軽減することを目標に作られているので、長時間シャーペンを使う人に人気。さまざまな実験データを元に書きやすいシャーペンを作るべく最新の技術を取り入れています。

6.コスパ最強のおすすめシャーペン【S3シリーズ】

仕事や勉強におすすめの『S3』シリーズ。プラスチック製で軽量化されたシャーペン。スリムなボディで書きやすいと人気のシャーペン。コスパ最強でリーズナブルなのにチープな印象を受けず、カラーバリエーションも豊富。0.3ミリのシャーペンを愛用する人からも高評価を得ています。

カラーバリエーションが豊富なのでお気に入りのカラーが探しやすいシャーペンとして人気のS3シリーズ。同じシャーペンを複数持ちたいときにもおすすめです。

7.静かな場所にもおすすめ【フレフレシリーズ】

シャーペンの芯を振って出すときの音を軽減させたパイロット独自の機構・フレフレ機構を取り入れたシャーペン・フレフレシリーズ。テストや会議などでも周りを気にせず使うことができる構造になっています。フレフレシリーズは芯のほとんどが0.5ミリを使用。

軽量で程よい重量、抜群の書き心地となっています。0.3ミリのシャーペンを愛用する人には『フレフレコロネシャーペン』がおすすめ。フレフレシリーズ唯一の0.3ミリシャーペンとなっています。

8.疲れ知らずでフィット感抜群のシャーペン【ドクターグリップ】

人間工学に基づき、科学的に設計されたドクターグリップ。書きやすい理由は筋肉の負担を減らして疲れにくい構造。軽い力でもスイスイ書けるシャーペンとして人気です。デザインのバリエーションも豊富で好みの合わせた組み合わせもできます。

シャーペンを強く握ってしまう、筆圧が強い人は書いているだけで手が疲れてしまいます。そんな人にこそおすすめしたいのがドクターグリップのシャーペンです。

日本国内でシェアの高い【ゼブラ】

ボールペンで有名な文房具メーカー・ゼブラ。ゼブラのボールペンは日本国内においてシェアの高いメーカーになっています。ボールペンシェアが高いゼブラではシャーペンとボールペンを一体化した商品が数多くあります。シャーペンとボールペン、一体化したものは便利で使いやすいと人気も高め。学生のころに使ってた、という人も多いのでは?

9.折れない・詰まらないで人気の【デルガード】

ゼブラ独自の構造・デルガードシステムを搭載した『デルガード』システムは加わる筆圧の角度によって芯が折れてしまう不快感を取り除くことができます。また、芯折れだけでなく、芯詰まりも解消しているので書きやすいだけでなく、シャーペンを使っているときの快適さが人気となっています。

すぐに芯が折れたり詰まったりして字を書くのにイライラするならデルガードがおすすめです。スラスラと書きやすいので執筆もはかどります。

10.決められたスペースにも書きやすい!手帳にもおすすめ【テクト2ウェイ】

軸を振って芯を出すフリシャ機能搭載の『テクト2ウェイ』は細めでペン先が見やすく、細かい箇所にも書きやすいシャーペンです。使わないときはフリシャ機能をロックすることができるので持ち運びにも便利。ロック状態で筆記することもでき、その場合には重心が低くなるので安定して書きやすいのもおすすめ。

テクト2ウェイは字が小さい人にもおすすめしたいシャーペン。テクト2ウェイの0.3ミリ芯を使えば細かい漢字も書きやすいですよ。

鉛筆好きにもオススメ【コクヨ】

文房具だけでなく、オフィス家具や事務機器など幅広く展開しているコクヨ。大人気商品のキャンパスノートもコクヨ製です。シャーペン事態の生産はそれほど多くありませんが軽めで使いやすい、おすすめのシャーペンがあります。

11.無駄なく芯が使えてフィット感が人気【フィットカーブ】

特殊な構造を取り入れ最後まで芯をムダにすることなく使えるのが『フィットカーブ』です。通常、シャーペンは芯の長さが10ミリほどになると使えなくなってしまいますが、フィットカーブなら1ミリになっても使えるのでとってもお得!製品名からも分かるように持ったときのフィット感が素晴らしい、持ちやすく書きやすいシャーペン。

12.まるで鉛筆のような書き心地だから鉛筆好きにもおすすめ【鉛筆シャープ】

鉛筆好きにおすすめのシャーペン『フィットカーブ』。鉛筆のように書きやすいのに削る必要もなく、シャーペンと鉛筆を融合させたもの。芯の太さが0.7ミリ、0.9ミリ、1.3ミリとかなり太めもあり、イラストを描くときにおすすめです。また、マークシートを塗りつぶすのにも適しているのでテスト時に愛用する人も。シャーペンに慣れない方や年配の方にも人気です。

太い芯が多めの鉛筆シャープは鉛筆のように濃淡がつけやすいのでデッサンにもおすすめできます。鉛筆のように芯がすり減ることも少ないので削る作業が要らず、はかどります。

書く消す両方共に優秀【トンボ鉛筆】

文房具の大手メーカーで知られるトンボ鉛筆。消しゴムや修正テープ、スティックタイプのりやテープのりのシェアがトップクラス。なかでも消しゴムの『MONO』は誰もが使ったことのある大人気商品。

13.MONO消しゴム搭載の人気シャーペン【モノグラフシリーズ】

筆記するときに必要不可欠な「書く」と「消す」を一体化した『モノグラフシリーズ』。シャーペンには上部に小さな消しゴムが付いていますが、よほどの緊急時出ない限りあまり使うことはありません。なのでシャーペンは「書く」ことがメイン。しかし『モノグラフシリーズ』では繰り出し式のMONO消しゴムを搭載して、消しゴムとしての役割もしっかりと果たしています。

0.3ミリと0.5ミリの芯があり、シャーペンとしても書きやすいと人気です。デザインは色々ありますが、なかでもMONO消しゴムのカバーと同じデザインのシャーペンが人気のようです。『モノグラフシリーズ』を一つ持って入れば、「書く」「消す」の両方が使えるおすすめのシャーペンです。

プロも認める高品質【プラチナ万年筆】

日本の文房具メーカー・プラチナ万年筆。社名のプラチナ『万年筆』は正式には『萬年筆』。その名の通り万年筆が主要商品となっていますが、ボールペンやシャーペンなども取り扱っています。

14.耐芯構造で芯が折れにくい【オ・レーヌ】

耐芯構造で芯折れをふせいでくれるオ・レーヌ機構を取り入れた『オ・レーヌ』シリーズ。筆圧の関係で芯が折れる不快感をなくし、落とした衝撃によって芯が折れるのも防いでくれます。芯が折れにくいシャーペンを探してるならおすすめ!

衝撃によって芯が折れてしまうことを防ぐ構造を取り入れている『オ・レーヌ』ですが、実は芯が折れにくいシャーペンの先駆けでもあります。2014年には『オ・レーヌ』の進化・最新版である『オ・レーヌシールド』が販売されました。

15.プロにも人気のおすすめシャーペン【プレスマン】

シャーペンが主流になる以前から速記や執筆家などプロ仕様に開発されたシャーペン【プレスマン】。鉛筆に近い重量で持ちやすく、芯の折れない構造や長時間使うことができる100ミリ芯を採用しています。現在でもコピーライターや執筆家、クリエイターなどプロにもおすすめできるシャーペンです。

一部で人気!プロも愛用する書きやすい製図用もおすすめ

各メーカーから展開されているシャーペンのなかには製図用のシャーペンもあります。製図用は0.3ミリなど細めがほとんど。プロ仕様になった製図用シャーペンは普段使いでも書きやすいと愛用する人が多く、普段使いにもおすすめ。

16.プロ人気もある持ちやすさ抜群のシャーペン【ステッドラー・ナイトブルーシリーズ925 35-03】

プロユース使用の製図用シャーペン・ステッドラーのナイトブルーシリーズ。プロ仕様に開発されているため書きやすさは抜群で長時間の執筆でも疲れにくくなっています。手帳などスペーが限られた場所でも細かい字が書きやすいと人気です。

17.シリーズのなかでも特に人気!【ぺんてる・グラフ1000】

先程も書きやすいとご紹介したぺんてるのグラフギアシリーズ。そのなかでも特に人気なのが製図用の『グラフ1000』。無駄を省いたシンプルなデザインと滑り止めのついたグリップが書きやすいとおすすめです。

最新モデルであるグラフ1000は芯が0.3ミリや0.5ミリだけでなく0.4ミリや0.7ミリ、0.9ミリと豊富にそろっています。書きやすいシャーペンが揃っているぺんてる製のなかでも特に人気のあるシャーペンになっています。プロだけでなく一般ユーザーからの指示も高め。

18.グリップ太めで疲れにくく0.3ミリシャーペン愛用者におすすめ【プラチナ・プロユース0.3mm 製図用シャープペン MSD-1500A #9】

プラチナ万年筆の『プロユース0.3ミリ』は細めの軸なのにグリップ部分が太めなので疲れにくいシャーペン。細いシャーペンが苦手でも、これなら使いやすくなっています。アルミ製で程よい硬度のグリップは持ちやすさもあります。0.3ミリシャーペン初心者よりも普段から0.3ミリを愛用している人におすすめです。

一生モノとしておすすめ!高級ブランドのシャーペン

リーズナブルで書きやすいシャーペンはたくさんあります。数百円で変えるのが一般的ですが、シャーペンのなかには高級ブランドの高価なシャーペンもあります。普段使いにちょっとおしゃれなシャーペンを使ってみては?一生モノのシャーペンとして、お祝いごとなどのプレゼントにもおすすめです。

19.ドイツの老舗ブランド【ラミー】

ドイツにある老舗筆記用具ブランドのラミー。1万円の高価なシャーペンだけでなく学生にもおすすめできるサファリシリーズが人気。高級感溢れるデザインのなかでカジュアルなデザインのサファリシリーズは数千円での購入可能。高級ブランドでもお気に入りのシャーペンが見つかるかもしれません。

20.八面体が特徴的なシャーペン【カヴェコ】

2000円から1万円を超えるシャーペンを扱うドイツの筆記用具ブランド・カヴェコ。軸が太めを好む人におすすめしたいシャーペンが揃っています。カヴェコのシャーペンの特徴は持ちやすさ抜群の八面体デザイン。適度な重量が安定した書きやすいシャーペンになっています。

シャーペン高級ブランドおすすめ人気ランキング!プレゼントに最適 | MensModern[メンズモダン]

機能性や見た目など種類がたくさんあるシャーペン

ここまでご紹介したシャーペンのなかには普段から使っている馴染みのあるシャーペンから、あまり知らないシャーペンもあったのではないでしょうか。もちろん愛用しているのは書きやすいから。でも、もしかしたらもっと書きやすいシャーペンがあるかもしれません。

本当に書きやすいシャーペンを探すのもおすすめ

筆圧や軸・芯の太さなど、各メーカーによってもちろん違いはあります。でも、自分が使いやすい、書きやすいシャーペンはどちらでしょう。細いシャーペンばかり使っていたけれど、実は太めの軸の方が使いやすかった!なんてこともあります。

お店での試し書きもアリ

普段から何気なく使っているシャーペンだからこそこだわるのもおすすめ。お店によってはシャーペンの試し書きもできるので、気に入ったシャーペンを見つけてみてください。

書きやすいシャーペン人気・おすすめまとめ

各メーカーから販売されているシャーペンは数多くあります。デザインや機能性だけでなく書きやすいシャーペンを使うと仕事や勉強がはかどるかもしれません。これを機に自分にとって書きやすいシャーペンを探してみるのはいかがでしょうか。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ