ゴルフグリップの人気ランキング!おすすめのメーカーと選び方まとめ

ゴルフのグリップはプレイヤーとゴルフクラブの接点となるとても大事な部分です。グリップの選び方は重さ、硬さ、太さ等、握った時の感触やクラブバランスを優先して選択するのがポイントです。人気ランキングやおすすめの人気メーカーを参考に自分に合うグリップを選んで下さい。

ゴルフグリップの人気ランキング!おすすめのメーカーと選び方まとめ

目次

  1. ゴルフグリップはプレイヤーとゴルフクラブとの唯一の接点
  2. ゴルフグリップの選び方:重さで選ぶ
  3. ゴルフグリップの選び方:硬さで選ぶ
  4. ゴルフグリップの選び方:太さで選ぶ
  5. ゴルフグリップの選び方:バックライン有無で選ぶ
  6. ゴルフグリップの選び方:おすすめの人気メーカーで選ぶ
  7. おすすめ人気メーカーランキング①:ゴルフプライド
  8. おすすめ人気メーカーランキング②:ナンバーワングリップ
  9. おすすめ人気メーカーランキング③:イオミック
  10. おすすめ人気メーカーランキング④:ラムキン
  11. おすすめ人気メーカーランキング⑤:エリートグリップ
  12. おすすめ人気メーカーランキング⑥:STM
  13. おすすめ人気メーカーランキング⑦:パーフェクトプロ
  14. ゴルフグリップのおすすめのメーカーと選び方のまとめ

ゴルフグリップはプレイヤーとゴルフクラブとの唯一の接点

ゴルフグリップはプレイヤーとゴルフクラブとの唯一の接点であり、とても重要な部分です。グリップの選び方を間違えるとスイングバランスが変わってしまったり打感が悪くなってしまう等、同じゴルフクラブなのにグリップ一つで全く別物になってしまう事もあります。

ゴルフグリップは消耗品ですので永久に使い続ける事は出来ません。劣化したらグリップを交換する必要があります。交換する際に今までと全く同じグリップに交換すれば今まで通りの感覚で使用できますが、違う種類のグリップを装着する場合には注意が必要です。

ゴルフグリップを交換する際に今流行りのゴルフグリップや今人気のゴルフグリップに交換しようと思う事は珍しくありません。その際には今使用しているゴルフグリップの重さ、硬さ、太さを確認した上で新たに装着するゴルフグリップをどうするのかを慎重に決めてから交換するようにして下さい。

ゴルフグリップの選び方:重さで選ぶ

ゴルフグリップの重さは一般的に50g前後のものが多いです。50gという重さが一般的なゴルフクラブのスイングバランスを保つのに丁度いい重さだからです。しかし実際に販売されているゴルフグリップを見てみると50gよりも軽い物や重い物も販売されています。

ゴルフグリップが軽ければクラブヘッドが重く感じられ、ゴルフグリップが重ければクラブヘッドが軽く感じられます。一般的に飛距離重視の場合は軽めのグリップ、コントロール重視の場合は重めのグリップがいいと言われています。

ただし、今使用しているゴルフクラブのスイングバランスを変えたくない場合は同じ重さのゴルフグリップを装着して下さい。今よりも飛距離を出したいと思って軽いグリップを装着するとスイングバランスが変わり、クラブヘッドが重く感じる分ヘッドが返りやすくなりますが手元が浮きやすくなりますのでスイング軌道を一定に保つのが難しくなりますので注意が必要です。

ゴルフグリップの選び方:硬さで選ぶ

ゴルフグリップの選び方で硬めがいいか柔らかめがいいか悩みどころです。一般的には硬めのグリップは力のある人向きで柔らかめのグリップは女性や万人向けだと言われています。

手に汗を多くかく人にはコード入りのゴルフグリップも有効ですがコード入りのタイプは硬めです。アマチュアの場合、殆どの人が握りやすいと感じるのは柔らかめのグリップになります。柔らかめのゴルフグリップは摩擦係数が高い分、力を入れて握る必要がないので万人向けだと言えます。

ゴルフグリップの選び方:太さで選ぶ

ゴルフグリップは太さを表すコアサイズがあります。ゴルフクラブシャフトとゴルフグリップのそれぞれのコアサイズの組み合わせによって太目、標準、細目に分かれます。

クラブシャフトのコアサイズが0,60インチの場合、ゴルフグリップがM60(コアサイズ0,60インチ)のものを装着した場合にはゴルフグリップは標準の太さになりますが、ゴルフグリップがM58を装着すれば太目、M62を装着すれば細目になります。

一般的に言われているのがゴルフグリップを太目にするとコッキングがしづらくなりクラブヘッドが走りにくくなりますが方向性が安定しますので、方向性重視なら太目、飛距離重視なら細めがいいと言えます。

ゴルフグリップの選び方:バックライン有無で選ぶ

ゴルフグリップにはバックラインが有るものと無いものがあります。グリップの裏側を若干持ち上げつ事でグリップを握った時にフェースの向きを確認しやすくさせているのがバックラインです。

バックラインが有るとインパクト時にフェースが開いてしまいがちなアベレージゴルファーには有効だと言えます。ただし、バックライン有のゴルフグリップは中~上級者のなかで逆刺しを好む人には使えませんので購入時には注意が必要です。

ゴルフグリップの選び方:おすすめの人気メーカーで選ぶ

ゴルフグリップは人気メーカーで選ぶのがおすすめです。人気メーカーの中には昔から信頼されているメーカーは勿論、比較的新しい流行りのメーカーまで紹介します。

人気メーカーには素材、デザイン、カラー等種類も多数揃えられていますので自分に合うゴルフグリップが必ず見つかります。これから紹介する人気メーカーの中から自分に合った重さ、硬さ、太さのゴルフグリップを探してみて下さい。

ゴルフメーカーで初心者におすすめは?小物からクラブまで人気ブランド紹介 | MensModern[メンズモダン]

おすすめ人気メーカーランキング①:ゴルフプライド

ゴルフプライドは1947年(昭和22年)に米国のトーマス・フェィウィック氏により世界で初めてラバーを使って開発されたゴルフ用グリップです。ラバーグリップの先駆けであるゴルフプライドは現代に於いて世界のトッププロの使用率はNO,1です。

ゴルフプライドはトッププロからアベレージゴルファーまで全てのゴルファーに対応するゴルフグリップと言っても過言ではありません。ラインナップもとても豊富なのでその中から自分に合うゴルフグリップが必ず見つかるはずです。

流行を取り入れたカラーやデザインは勿論、昔から信頼されている定番グリップともいえる「ツアーベルベットラバー」は現在でも多くのゴルファーに愛されています。

また、ゴルフプライドのグリップで信じられないのは契約プロが1人もいないという事です。品質は勿論のこと、商品開発へのこだわりがトッププロからのゆるぎない信頼を得て使用率NO,1となっており、その信頼がアベレージゴルファーまでをも取り込んでいるのです。

おすすめ人気メーカーランキング②:ナンバーワングリップ

NO1グリップはゴルフのグリップにおいて、最も優先順位が高いのは、耐久性ではなく、滑りにくく握りやすいホールド感だという考えから生まれました。理想のホールド感を生み出すため、ゴムではなく、高精度の特殊樹脂を採用しています。

さらに、仕上げの段階を手作業で行い、NO1グリップ独自の今までにないソフトな質感を実現しています。たとえ耐久性を犠牲にしても、1打へのグリップ性能を優先して作られています。

NO1グリップの最大の特徴は、軽く握っただけでもフィット感抜群なので力まずにスイングが出来、クラブヘッドが走る事と、濡れても滑りにくいので汗をかいたり雨の日でも安心して使用できる事です。また、全ての工程を日本国内で行いメイドインジャパンにこだわって作られています。

おすすめ人気メーカーランキング③:イオミック

イオミック(IOMIC)グリップは今までにない素材とカラフルな色使いで2004年から急成長しているゴルフグリップのブランドです。アメリカツアーで活躍している松山英樹プロが使用している事でも有名なゴルフグリップです。

イオミックグリップが開発される際に一番注目したことは「ねじれ(トルク)」です。ゴルフグリップでトルクに注目したのはイオミックが初めてでした。ゴルフクラブのシャフトには元々トルクがあり飛ばす為の重要な要素になっていますがゴルフグリップのねじれが大きいと飛距離や方向性に影響が出てしまうという考え方からイオミックグリップは生まれました。

イオミックグリップは多彩なカラーを展開しているのでファッショナブルにゴルフを楽しむ事が出来ると同時に、エラストマー(樹脂)に注目し、開発して新素材「IOMAX」が出来上がり、それによってイオミックグリップが作り出されました。

イオミックは従来のラバーグリップのように硬さ、重さ、太さを選べることは勿論、握った感触にもこだわっており従来の感触を損なわないようにしながら「ねじれ」を最小限に留める事に成功しています。

イオミックはねじれを少なくすることでヒッティング時のボールの飛び出しの右へのプッシュアウトの度合いを最小限に抑える事が出来る事をデータ上に於いて証明しています。右へプッシュアウトしやすいアベレージゴルファーやトッププロ等のパワーヒッター向けにはとても効果的であることが分かります。

ゴルフでスライスの原因と対策は?直し方・改善する方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

おすすめ人気メーカーランキング④:ラムキン

ラムキンは1925年に世界で初めて皮革製のゴルフグリップを製造したメーカーです。今までに多くのトッププロに使用されてきており、信用あるグリップブランドです。

ラインナップも豊富で、ラムキン社が独自開発したACE(アドバンスド・コヘンシブ・エラストマー)は、これまでのグリップの中で最も優れた粘着性と衝撃吸収性を持つ合成ゴム素材です。また、ラムキン独自のトライ・レイヤー・テクノロジーを用いた三層構造技術によるグリップは全天候型として高い信頼性があります。

2017年に登場したばかりのnewZ5グリップは、ドライバーショットからショートゲームまですべてのスイングを科学した5つのゾーン、マルチシステムがより優れたグリップフィーリング、グリップ性能、コントロール性能を発揮するハイテクグリップです。

おすすめ人気メーカーランキング⑤:エリートグリップ

2009年に創業したエリートグリップはまだ日が浅いですが「メイドインジャパン」にこだわり、世界に通用する「世界的品質水準」に拘り開発をし続けているゴルフグリップメーカーです。

エリートグリップの特徴は重心の位置にこだわっている事です。一般的なグリップは重さの変化はあるもののグリップ自体の重心まで考えて作られているものはありませんのでエリートグリップ独自という事になります。

エリートグリップはグリップエンドを重くすることでスイングスピードが上がってクラブヘッドが返しやすくなり、振り子の原理を利用したスイングハンマー効果が得られるという結論を導き出したことにより、実際にグリップエンドを重くしたゴルフグリップを生産・販売しています。

おすすめ人気メーカーランキング⑥:STM

STMは2013年8月創業のとても新しいメーカーです。STMグリップは創業からまだ日がとても浅いのにもかかわらずプロゴルファーや芸能人も多数使用しており、人気上昇中で今後に注目のメーカーです。

STMはゴム系素材と樹脂系素材を独自技術で組み合わせる事で「異硬度2色成型構造」を生み出し、ゴム系グリップのフィット感と樹脂系グリップのねじれの無さを両立させる事に成功しました。

おすすめ人気メーカーランキング⑦:パーフェクトプロ

パーフェクトプロは「純国産ゴムグリップ」にこだわって開発・生産をしています。衝撃吸収素材「ABR」を独自に開発してパーフェクトプロのグリップに使用しています。日本国内の工場で徹底した品質管理と、熟練の技術者による妥協を許さない「メイドインジャパン」の高い技術力で進化し続けています。

パーフェクトプログリップは純国産のゴムの製造技術によりグリップを握った時のフィーリング、安定したグリップ力、全天候対応性能等、プレイヤーのニーズに最大限応えられる物作りをしています。

ゴルフグリップのおすすめのメーカーと選び方のまとめ

ゴルフグリップのおすすめのメーカーと選び方について紹介して参りましたが如何でしたでしょうか?ゴルフグリップはプレイヤーとゴルフクラブの唯一の接点であり重要な部分である事はご理解頂けたと思います。重さ、硬さ、太さ、はフィーリングやスイングバランスに於いてとても重要なポイントです。

貴方が今使用しているゴルフクラブのグリップについて確認したうえで新しいグリップに交換する事がとても大切なポイントです。今のグリップでのクラブバランスに問題がない様でしたら出来るだけ今のグリップと同じ重さ、太さの物で、硬さについては握った時のフィーリングを優先してゴルフグリップを選択する事をお勧めいたします。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ