iPhoneで撮影した写真の中で、この写真は非表示にしておきたい、他人に見られたくないというものもあるのではないでしょうか。ロックなどをして隠すことはできないのか。今回は、写真のロックや隠す方法についてまとめてみました。

写真をロック・隠す方法!iPhone・スマホの画像を非表示にするやり方

目次

  1. 写真のロックや非表示
  2. iPhoneの写真アプリのロック・非表示について
  3. 「写真」アプリでの写真や動画のロック・非表示
  4. 複数の写真をロック・非表示にする方法
  5. 非表示にした写真の再表示
  6. 「ピープル」を用いてのロック・非表示化
  7. 「電卓」アプリを装って写真をロック・非表示に
  8. 写真のロック以外に電卓としても使用可能
  9. 偽パスワードも設定できるロック用アプリ
  10. iPhoneの写真のロック・非表示方法まとめ

写真のロックや非表示

iPhoneなどガジェットで撮影した写真の中に、他人には見られたくない、でも削除はしたくないので、できればロックなどをかけて隠すようにしておきたいというものもあるのではないでしょうか。標準の写真アプリのほかにも、専用のアプリも使うことはできないでしょうか。

今回は、iPhoneのガジェットに標準で入っている写真アプリでの写真の非表示の方法や、ロックなどをかけて秘密に管理しておきたいときに便利なアプリ、さらにiOSで新たに追加された機能「ピープル」をカスタマイズする方法をまとめてみました。

写真でiPhoneが容量不足になったら?削除しないで解決する対処法 | MensModern[メンズモダン]

iPhoneの写真アプリのロック・非表示について

iPhoneのガジェットで撮影した写真をどうにかして隠すことはできないかと考えた時に、まず真っ先に思い浮かぶのは専用のアプリを用いてロックをかけてしまうという方法ではないでしょうか。おそらくこの方法が一番多く使われているのだと思われます。

しかし、iPhoneのガジェットに最初から入っている「写真」アプリでも、ロックをかけることはできません。それでも非表示にすることはアプリ内でも可能なんです。この方法を意外と知らない方も多く、別の専用アプリを用いて隠すというやり方をする方が多いのだとか。

ですので、今回はそんな写真アプリにおける写真の非表示の方法も詳しくご紹介していきたいと思います。もちろんロックをして隠すことのできるアプリもご紹介しますので、写真の非表示の方法をよく選んでいただきたいと思います。

音楽をダウンロードしたい!iPhoneアプリランキングまとめ! | MensModern[メンズモダン]

「写真」アプリでの写真や動画のロック・非表示

iPhoneのガジェットには購入当初から「写真」アプリが入っており、ここに端末で撮影した写真や動画を参照することができます。すべての写真や動画は一番左の写真タブから見ることができ、一番右のアルバムのタブでは使用者が別々に写真を分けて管理することができます。この一番右の写真のタブにて、端末にある写真や動画を非表示にする機能が搭載されています。

写真アプリで写真や動画を非表示にする方法は、まず一番右の写真タブを選択します。その時に年別やコレクションなどのようになっていたら、非表示にしたい写真を選択し、個別にみることのできる「モーメント」に変更する必要があります。

非表示にしたい写真が選択出来たら、画面下の左端にある「共有アイコン」をタップします。そうすると、下部に「複製」や「スライドショー」などがでてくるので、その中の「非表示」を選択し、その次の確認画面で「非表示にする」をタップすれば非表示化の完了です。

複数の写真をロック・非表示にする方法

一つ一つを非表示にするのではなく、複数の写真を一括して非表示化させることも可能です。非表示にしたい写真を右上の「選択」を使用して選択し、左下の「共有アイコン」にて先ほどと同じ手順を踏めば一気に非表示にすることが可能です

しかしこれらの方法では、非表示の確認画面に出るように年別やコレクションでは非表示にできても、自分で設定したアルバムなどでは非表示にすることはできないので注意が必要です。なので、写真を隠すということになると物足りないかもしれません。

ですが、「写真」タブにはカメラで撮影した写真のみを表示させ、スクリーンショットやネット上で保存した画像などは「アルバム」タブでまとめて管理するという方法で、非表示にしたい写真をまとめつつすべての写真を管理する方法もあります。

非表示にした写真の再表示

非表示にした写真は、「アルバム」タブで「非表示」としてまとめられます。どのフォルダにも表示はされますが、ここから見付けるのが手っ取り早いです。再度表示したい写真を選択したら、「共有アイコン」をタップします。すると、非表示のあったところに再表示というものが出てきます。

「再表示」をタップすると、非表示になっていた「写真」タブにもその写真が表示されるようになります。このように、一つのアプリの中で非表示と再表示が可能になります。ただ、前述したように「アルバム」のタブでは非表示の写真も参照できてしまうため、注意が必要です。

「ピープル」を用いてのロック・非表示化

iOS10から新しく追加された機能である「ピープル」は、写真の人物の顔を認識して同じ顔の人が映っている写真を自動的にまとめていく機能となっています。とても便利なのですが、「アルバム」のタブで見てみると機能上とても目立ちます。

デフォルトだとランダムな顔が4枚表示されるので、それを変更したいという方もいるかもしれません。表示したい写真を上部にある「お気に入りをここにドラッグ」に4枚持っていきます。そうすると、ドラッグした写真が表示されるようにカスタマイズできます。

「ピープル」は「アルバム」のタブにあっても非表示にすることができます。「ピープル」の画面右上の「選択」を使用し写真を選んだあと、左下の「非表示」をタップすればフォルダの中から非表示にすることができます。

「電卓」アプリを装って写真をロック・非表示に

上記の方法ですと、写真を非表示にすることはできても「アルバム」のタブて見付けられてしまうため、完全に非表示にすることができません。そこで次は、専用のアプリを使って写真のロックをかけてしまう方法をご紹介します。まずは一例として「秘密の電卓」というアプリを使ってみます。

「秘密の電卓」は、iPhoneガジェットに最初から入っている「電卓」アプリに見た目が酷似しています。本物の電卓アプリは左上がオレンジですが、「秘密の電卓」はそこが灰色になっています。最初に4桁のパスワードを入力すると、管理画面に移ります。

監理の画面では、下部の+をタップしてカメラロールからロックしておきたい写真を選択します。その後右上の「完了」を選択すれば、写真が追加されます。後はカメラロールのオリジナルを削除しても「秘密の電卓」で管理することができます。

写真のロック以外に電卓としても使用可能

「秘密の電卓」は最初に監理のためにパスワード設定が必要で、電卓と同じ要領で4桁の数字を設定します。設定後は普通に電卓として扱え、パスワードを入力すると時間をおいて写真が表示されます。パスワード入力後すぐに別の数字を入れたり、計算結果を表示させるなどすれば、表示されないようにできます。

しかし、ガジェット自体に何らかの不具合が生じてロックした写真が他のデータごと消失してしまう可能性も0ではありません。そういった万が一の可能性を考えると、バックアップとして他にロック機能の付いたアプリを入れておくと安心できるかと思います。

偽パスワードも設定できるロック用アプリ

ロックをかけておけるアプリの中には、偽のパスワードを設定できるものもあります。「ALbamLoc」はその中の一つで、4桁のパスワードではなくローマ字と数字を合わせてパスワードの設定ができます。これに疑似コードを設定すれば、更にセキュリティが高くなります。

パスワード設定後管理画面が開くので、下部中央の「ファイル作成」を選択しファイル名を設定します。その後下部左端にインポートが表示されるので、そこから「from album」を選択し、隠す写真を選択します。選択後右上の「完了」を選択すれば、インポートができます。

iPhoneの写真のロック・非表示方法まとめ

iPhoneのガジェットの写真や動画を非表示にすることは、最初から入っている「写真」アプリのみでも可能でした。前述のようにそこまで広く知られている方法ではないかと思われますので、ぜひ一度お試しください。また、それだけでは物足りない、もしくは不足しているという方は、アプリをインストールすることを推奨します。

アプリに関しても、既にインストールされているアプリに類似したものや、パスワードに偽のものを設定できるもの、それ以外にも数多くの種類が存在しています。有料無料問わずとにかく多々ありますので、必要なアプリを一つインストールしてはいかがでしょうか。

皆さんも非表示やアプリでのロックの方法を是非有効に活用してみてください。様々な種類のアプリもありますので、きっと目的に合致したものが見つかることと思います。今回は「iPhoneの写真の非表示やロックの方法」についてまとめてみました。


評価 3.5/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ