メンズならば一つは持っておきたい革靴。革靴はブランドになればなるほど高いイメージがあり、収入的にも厳しい。しかし今の時代は安いのにクオリティの高いビジネスシューズは沢山あります。そんな安い革靴の人気ブランドから特徴までをまとめました。

革靴は安いモノでコスパを重視!1万円以下でおすすめなビジネスシューズとは?

目次

  1. 安い革靴でローテーションを組もう
  2. 天候によって使い分ける安い革靴の賢い使い方
  3. 最低4足は欲しい種類の違う安い革靴
  4. 海外デザインでお洒落な安いブランド革靴
  5. 安いのに頑丈な作りで長持ちするブランド革靴
  6. 安定のデザインで安いブランド革靴を履こう
  7. タフで凡庸性の高い安いブランド革靴
  8. 安い上に軽量化に拘ったメンズのおすすめ革靴
  9. マッドな質感が綺麗な安いブランド革靴
  10. 耐久性抜群!価格の安い大手ブランド革靴
  11. いくつものホールが可愛いブランド革靴
  12. 日本でも珍しいデザインで個性的な安いブランド革靴
  13. 奇抜なデザインがかっこいい安いブランド革靴
  14. 安いのに高級感を最大に引き出したブランド革靴
  15. 今イケてる安いメンズ用の革靴まとめ

安い革靴でローテーションを組もう

色々なメンズブランドから、ピンからキリまでビジネスシューズとして販売されている革靴。高い靴だと5万円~10万円はくだらないでしょう。そのような革靴は履くのに気を遣うし、毎日の手入れも大変です。それもいいですが、安い革靴だと一万円以下のものも沢山売られているので、何足か持っておいてローテーションを組むことをおすすめします。

革靴は寝かせることも大事なビジネスシューズです。手入れをしっかりしていると、その分長持ちはします。ですが革靴は艶ありのものだったり雨に弱い性質のものも沢山あります。何足か置いておき、毎日か何日間かで変えることによって、靴の状態が美しく保てるようになるでしょう。

メンズブランド物の高い靴を一点だけ購入するのなら、一万円以下の安い革靴を何個か購入した方が、長い目で見るとコスパが断然違います。

革靴のカジュアルブランドおすすめ7選!人気メンズコーデも紹介 | MensModern[メンズモダン]

天候によって使い分ける安い革靴の賢い使い方

革靴の天敵と言っても過言ではないのが、雨です。革靴は動物の皮を使っており、水に濡れると型崩れしたりシミになったりします。一度そうなってしまった場合は、専用のケアアイテムを使って補修をするか、革製品を扱っているお店でクリーニングなどを依頼しなければなりません。安い革靴ならば、急な雨でもそこまで気にはならないでしょう。

天候のことを考慮して、安い革靴を買うときは合皮の生地で出来ている靴も購入しておきましょう。合成皮革のビジネスシューズは、表生地にウレタン加工が施されています。それによって、雨に濡れても生地や中まで水を浸水させません。ただし、価格は一万円以下ということを忘れてはいけません。履いているうちに加工の力も弱くなっています。

水に濡れた場合は、自宅に帰ったらドライヤーで乾かして、風通しの良いバルコニーなどに置いておくのがおすすめです。

最低4足は欲しい種類の違う安い革靴

ローテーションを組むことをおすすめしましたが、たった2足で日替わりしてもあまり意味がないかもしれません。革靴は1日履いたら足、最低2日は寝かしておきましょう。なので、安いメンズ用のビジネスシューズでもいいので、最低4足ぐらいは用意することをおすすめします。また、仕事用として履く方は、出来れば全て違う種類の靴を選びましょう。

一万円以下ですから、見る人が見れば安い印象を与えるしかありません。メンズの革靴は、履きつぶしていくと匂いも気になってきます。安いからといって、管理を怠ってはいけません。消臭ケアもしっかり行なってください。日本では、一万円以下のビジネスシューズでも、メンズの本革靴がたくさん販売されています。

フォーマルなものからカジュアルでおしゃれなものまで、ブランドの靴は様々です。自分の好みや用途に合わせて、選ぶことをおすすめします。

雨の日の靴・革靴の選び方!雨で濡れた靴のケア方法・対策について | MensModern[メンズモダン]

海外デザインでお洒落な安いブランド革靴

イタリアで創業された革製品を扱う大手メーカー「マドラスモデロ」。そのモデロが、今までのコンセプトとは違うデザインを打ち出したメンズの革靴「エムディエル」がおすすめです。日本デザインにはないスタイリッシュな面持ち、革の縫い合わせが独特なタッチを生み出しています。これだけお洒落なのに価格は一万円以下、安い上に履き心地もいいのでおすすめです。

ビジネスシューズとしても何の遜色もなく、あらゆるシーンで活躍してくれます。細身のロングノーズが特徴的で、お値段以上の靴と言えるでしょう。何とも言えない全体の渋い色合いと、つま先にいくにつれて濃くなっていくカラーが人気の理由です。見た目はとても安い革靴とは思えないくらい、ハイクオリティなメンズアイテムと言えるでしょう。

安いのに頑丈な作りで長持ちするブランド革靴

ビジネスシューズとしては作りが丁寧で頑丈だと話題のケンフォードの革靴。一万円以下の安い靴が頑丈な理由は、国産靴なのが理由の一つでしょう。もともとリーガルという革製品メーカーを日本が企業買収、そのリーガルの姉妹ブランドとして生まれたのがケンフォードです。バランスの良い機能性で、メンズの革靴の中でもおすすめできる一品です。

日本で生産している革靴なので、仲介業者が入らないのも安い理由でしょう。トレンドにも敏感で、日本人好みのデザインが多いケンフォード。一万円以下の靴なのに、生地はこだわりの本革を使ったビジネスシューズが沢山取り揃えております。フォーマルタイプで黒をテーマとした革靴が多く、仕事用として活躍してくれるアイテムでしょう。サラリーマンがよく履いています。

革靴の修理、値段の相場は?おすすめなタイミングと修理方法も調査! | MensModern[メンズモダン]

安定のデザインで安いブランド革靴を履こう

少しつま先にかけて幅狭な設計が特徴的な革靴「デザート」。艶のある表面生地と少し丸みを帯びた上品な雰囲気は、一万円以下で安いのに十分な働きを見せてくれます。イタリアンテイストではありますが、日本人の足にも見事にマッチするビジネスシューズです。黒と茶でオンオフを使い分けると、さらにファッションアイテムとして長く楽しめるでしょう。

中生地の皮が滑らかで、足を滑らせた時と歩いている時の履き心地が気持ちよくておすすめです。この値段でありながら、職人が一つ一つ丁寧に作り上げ、つま先のメダリオンがお洒落なメンズアイテムとなっています。靴としての機能性の高さと、リーズナブルな値段で使用しているとビジネスマンも多いとのことです。一つは革靴のラインナップに入れておきたい商品です。

タフで凡庸性の高い安いブランド革靴

世界的な評価の高い革靴「フィッチェ」。雑誌や各メディアでも紹介されていることが多く、露出度の高いビジネスシューズです。どこか品を感じさせるデザインと、大きな間口で足を疲れさせません。シックな色合いのブラックカラーが落ち着いていて、色々なビジネスシーンで活躍してくれるおすすめの靴です。

値段は一万円以下の7500円で非常に安い。芸能人の間にもファンは多く、幅広い世代のメンズに愛されています。生地の縫い合わせや全体のフォルムが美しく、細かいところまでディティールにこだわった革靴です。日本人ならではのレベルの高い製法は、職人の腕の良さを感じさせます。靴の表面はガラスコーティング加工がされているので、見た目が美しく保てます。

革靴のシワの取り方は?革の手入れとしわの伸ばし方のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

安い上に軽量化に拘ったメンズのおすすめ革靴

履き心地の良い靴で有名なアシックスが、革靴生産に乗り出しました。その名も「テクシーリュクス」。販売当初はかなり話題になり、購入者からは評価の高いビジネスシューズです。長時間履いていても足に疲れが溜まりにくく、サラリーマンのお供にはピッタリのおすすめアイテム。価格は何と革靴なのに一万円以下の5500円とかなり安いです。

メンズの間でもロングセラー商品となっています。高めの靴底とスタイリッシュでシンプルなデザインで、履いた時のシルエットがかなり美しく革靴です。本革の割には柔軟性に優れていて、どんな足にもマッチするでしょう。鮮やかなラインと、それに沿った極小の穴が綺麗な靴です。

通気性もいいので、足も蒸れにくくて匂いも付きにくいでしょう。口コミでも人気が高くて安いビジネスシューズです。

マッドな質感が綺麗な安いブランド革靴

滑らかな革の素材が美しい日本製のサラバンドの革靴。紐ではなくベルトタイプの靴で、値段は安いですが見た目はそれほど安価には見えないクオリティ。値段も値段なので、型崩れや色落ちなどの懸念は考えられます。しかしこの値段でこれだけの完成度は、さすが日本製といったところです。靴としての本来の働きを見せてくれるので、王道のビジネスシューズの形と言えるでしょう。

本革を使用しているので耐久力は高くて、大人を演出してくれるメンズアイテムとして人気です。革靴の割には存在感を主張しすぎず、さりげない茶色がコーディネートとしてアクセントになるでしょう。バランスの良い胴回り、足が疲れないような空間設計。どれをとってもピカイチです。ビジネスシューズとしての仕事も十分発揮してくれるので、寿命が来るまでは履き倒しましょう。

靴の正しいお手入れ方法!長持ちさせる革靴・スニーカーの磨き方 | MensModern[メンズモダン]

耐久性抜群!価格の安い大手ブランド革靴

あのタイヤで有名なダンロップが革靴を販売していることは、ご存知でしょうか?革を扱わせたら世界で5本の指に入るでしょう。一万円以下でビジネスシューズとしての働きは期待でき、シンプルなデザインで活躍できる場面も多いです。生地同士の縫い合わせも単純なもので、オールシーズンで履ける靴となるでしょう。買っておいて損はない一品です。

頑丈もさることながら、革にシワがいきにくいのもダンロップが成せる技です。ビジネスシューズとして仕事で歩き疲れても、一日経てば革靴にハリが戻ります。モータースポーツ企業なので、タウンファッションデザインでありながら、アウトドアでも通用する耐久性を持ち合わせています。

安い革靴ではありますが、このクオリティは馬鹿には出来ません。職人が一つ一つ丁寧に作り上げ、徹底した管理力で我々の手に届いているメンズアイテムです。

いくつものホールが可愛いブランド革靴

いくつものアビリティ能力を兼ね備えているワールドマッチの革靴。一万円以下のビジネスシューズとは思えないほどに、機能性がたかいです。生地に張り巡らせたラインに、幾何学模様を思わせるようないくつものホールが思わせる特徴的な靴です。丈夫な革として有名なステアレザーを素材として使っているので、安い上に長持ちするでしょう。

革靴としての細かな機能をいくつも搭載しており、ビジネスシューズとしての品の良さも感じ取れます。また履けば履くほど表生地の色合いは変わっていくので、自分で育てるような感覚で履けるでしょう。外回りの営業が多いメンズなら、この靴は持っておくべきです。海外的なデザインが強いですが、機能面では日本人の足にマッチするよう設計されているので、安心して購入できます。

革靴のメンズブランドでおすすめは?人気ランキングご紹介! | MensModern[メンズモダン]

日本でも珍しいデザインで個性的な安いブランド革靴

わざとシワが入ったようなデザインで、大人の渋さを演出できるルシウスの革靴。通気性の良い穴と、外羽根タイプで高級感があるのに安いビジネスシューズです。ダチョウの皮を生地として使っているので、伸縮性と耐久性に優れています。艶こそないがレザー感が男らしく、それでいて知的な印象を与えることができるでしょう。

メンズの革靴の中でも、あまり数多くないヒールの高さも魅力的です。少しかしこまったレースステイと、くすんだウイスキーカラーが何ともいえません。上品なフォルムと落ち着いた色を採用しているので、ビジネスでは活躍してくれるでしょう。フォーマルな場所を得意とし、オフィス街では周囲のビジネスマンとの差別化に成功するでしょう。

奇抜なデザインがかっこいい安いブランド革靴

革靴ファンの間では有名なブランド「クリスチャンカラノ」。日本製のモノ作りのレベルの高さと、独創的なデザインで人気のビジネスシューズです。組み合わせた異なる二つの革が、個性を放っています。少しコンパクトな見た目と、スマートな見た目が可愛らしく、メンズだけでなく女性にも高評価です。価格が安い割には、細かいディティールに驚きます。

日本の職人の腕の良さは素晴らしく、値段以上の物持ちが期待できます。品揃えが豊富なため、自分のサイズに合った革靴と出会えるでしょう。足がむくみやすい人でも心配いりません。伸縮性の高さに優れており、体の変化にも柔軟に対応してくれます。定期的に品切れになりやすいので、欲しい方は店舗に事前連絡を入れると確実です。

革靴のシワの取り方・伸ばし方ガイド!簡単にできる方法は? | MensModern[メンズモダン]

安いのに高級感を最大に引き出したブランド革靴

メンズの革靴の中でも、安い価格と高級感の差をここまで出せるのは、ヒロココシノだけ。一万円でお釣りが出るのに、本革で安心の国産品。履き心地の良さと一定水準の機能性の高さは、革靴選びでコスパの良さを出せる商品です。ビジネスシューズでもプライベートでも履けるくらいの、フォルムのかっこよさは魅力的です。

日本人にも馴染みやすいくらいの、ギリギリと攻めたロングノーズ。あまり尖がりすぎた革靴が下品で、女性ウケも良くありません。丁度いいバランスで、アイテムとしても取り入れやすいでしょう。デザイン時代は遜色のないフォーマルないでたちなので、メンズコーディネートとしても合います。彼女とのデートにも履いていっても問題ないでしょう。

今イケてる安いメンズ用の革靴まとめ

革靴はブランドもののデザインやカラーが沢山あり、価格もピンからキリまであります。ビジネスシューズを初めて必要とする時は、新卒時でしょう。そんな時の若者は、あまりお金がないのも事実です。安い革靴でも、クオリティの高くてお洒落なアイテムは探せば必ずあります。高い革靴は出世したときに考え、コスパ重視で購入していきましょう。

価格が一万円以下のものでもクオリティは高いですが、所詮はその値段です。どこかに落としどことはあるものです。あまり自分の期待値を上げすぎると、なかなか自分にあった革靴選びは出来ないでしょう。なのでハードルを上げすぎず、ある程度目線を落として購入する。その方が、革靴を履いたファッションを心置きなく楽しむことが出来るでしょう。

【元外資系営業マンが選ぶ】デキる男を印象付けるNo. 1香水が決定! | MensModern[メンズモダン]

評価 3.8/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ