フィアット500Lの新型日本発売日は?気になる価格や燃費も調査!

フィアット500Lの新型がビックマイナーチェンジをしたということで今回は気になるフィアット500Lの日本発売はあるのかどうかを詳しくお伝えしていきます。また気になるフィアット500Lの価格と燃費も同時に調査致しましたので、ぜひ参考にして下さい。

フィアット500Lの新型日本発売日は?気になる価格や燃費も調査!

目次

  1. フィアット500Lが新型ビックマイナーチェンジ!
  2. 新型フィアット500・500Lとはどんな車なの?
  3. 新型フィアット500Lの外装デザインとは?
  4. 新型フィアット500Lのボディサイズとは
  5. 新型フィアットの内装デザインとは
  6. 新型フィアット500Lのパワートレインと燃費
  7. 価格で見る新型フィアット500Lとは
  8. フィアット500Lの日本発売はあるの?
  9. 新型フィアット500Lの今後に注目!
  10. フィアット500Lのまとめ!

フィアット500Lが新型ビックマイナーチェンジ!

フィアット500Lをみなさんはご存知ですか?今回イタリアの自動車メーカーであるフィアットは、「フィアット500L」にビックマイナーチェンジをして2017年新型モデルとして発表しました。

この新型フィアット500Lは日本では未発売という位置づけであり、「フィアット500(チンクエチェント)」のロングバージョンとして2012年に発売をされたコンパクトMPV(ミニバン)であります。

今回のフィアット500Lのビックマイナーチェンジにより、構成部品の約40%が刷新されたという新型フィアット500Lは、果たしてどのような進化を成し遂げているのかを特集でお伝えしていいきます。また、果たして今後日本発売はあるのかも含めて、ご紹介していきます。

そして、フィアット500Lの気になる価格と燃費についても見ていきますので、ぜひ参考にして下さい。では、早速フィアット500Lとはどんな車なのかを見ていきましょう。

マツダのミニバンランキング!乗り心地の良い車の燃費や価格もご紹介! | MensModern[メンズモダン]

新型フィアット500・500Lとはどんな車なの?

ではここからは、フィアット500Lとはどんな車であるのかを見ていきます。まずフィアット500(チンクエチェント)とは、イタリアの自動車メーカー・フィアットが2007年から製造・販売している乗用車になります。

イタリアの伝統的な大衆車である「NUOVA500」に正統の後継車として開発されたフィアットは、このNUOVA500のデザインを現代風にアレンジした外装と内装を持っております。

また非常にコンパクトである為に、イタリアの街並みにもよく馴染み、そして取り回しの良い直列2気筒エンジンを搭載しているという点でも、NUOVA500の遺伝子を受け継いでいると言えそうです。

また本車はイタリアだけでなく、全世界からも大変評価をされており、2008年にはヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーや、2009年にはワールド・カーデザイン・オブ・ザ・イヤーを受賞するなどの華々しい賞を獲得しております。この時、長らく経営が悪化していたフィアットも、業績を回復させるほどになりました。

では次にフィアット500Lのご紹介になります。フィアット500Lは、2012年に発売をされたコンパクトMPV、つまりミニバンになります。フィアット500にロングバージョンとして開発をされており、プラットフォームには同社のプントと同じものを採用しております。

またラインナップには、標準モデルである「フィアット500Llラウンジ」の他に、最低地上高を、引き上げたモデルになるSUV風モデルの「フィアット500Lトレッキング」と3列目シートを搭載した7人乗りの仕様である「フィアット500Lリビング」がありました。このようにフィアットには日本で未発売モデルも含めると様々なタイプがあることがわかります。

マツダ車のCX-8情報!3列シートの新型SUVを2017年に発売! | MensModern[メンズモダン]

新型フィアット500Lの外装デザインとは?

ではここからはビックマイナーチェンジを果たした、新型フィアット500Lの外装について見ていきます。まず、フィアットの新型500Lは、ヘッドライトやグリルのデザインを変更を行ったことで、従来のモデルよりも引き締まったものになりました。

また、リヤバンパーには、新たにクロームの加飾が加えられており、その下にはフォグランプとバックライトが追加をされて非常に、進化をし洗練されて印象になりました。ボディカラーは全部で10色もありタイプの異なるルーフと37通りの組み合わせが可能になります。

ビックマイナーチェンジをした新型フィアット500Lのラインナップには「アーバン」「クロス」「ワゴン」という3種類のモデルが用意をされました。これは、「アーバン」が従来の「ラウンジ」に相当する標準モデルになり「クロス」が従来の「トレッキング」に相当するSUV風モデルになるということになります。

また、「ワゴン」が従来の「リビング」に該当する3列シートの7人乗りのモデルとなっております。ラインナップが多いことには脱帽ですね。

新型フィアット500Lのボディサイズとは

ではここで、今回のフィアット500Lのビックマイナーチェンジでボディサイズはどのようになったのを見ていきます。まず「フィアット500Lアーバン」からですが、全長が4,242mm×全幅が1,784mm×全高が1,658mmになっております。次に「フィアット500Lクロス」が全長4,276mm×全幅が1,800mm×全高が1,679mmになっております。

そして「フィアット500Lワゴン」が全長4,375mm×1,784mm×1,667mmになっております。さきほどもお話した通り、フィアット500Lクロスは乗車定員は7人乗りになっておりますので、ご注意下さい。

新型フィアットの内装デザインとは

次にビックマイナーチェンジを果たした新型フィアット500Lの内装のデザインについて見ていきます。まず、一目で新型フィアット500Lの内装デザインに関しても、外装デザインと同じくリフレッシュをされたなという印象になります。ステアリングやホイールや計器類のデザインが変更になり、新たに3.5インチのデジタルカラー・ディスプレイを装備をしました。

このディスプレイには、より多くの様々な情報を表示することができ、FCAのインフォテインメント・システムである「Uconnect」の最新版もフィアット500Lは搭載しております。

またアップルの「CarPlay」とGoogleの「Android Auto」も使用することができるという、フィアット500Lの充実の装備になっております。ビックマイナーチェンジだけあって、きちんと外見だけでなく、中身も進化しているのが伺えます。

新型フィアット500Lのパワートレインと燃費

続いて新型フィアット500Lのパワートレインと燃費についてみていきます。まずパワートレインからですが、1.4リッターの直列4気筒ガソリンエンジンや0.9リッターの直列2気筒、そして1.3リッターと1.6リッターの直列4気筒ディーゼルエンジンといったように、様々なエンジンが用意をされております。

また、1.4リッターガソリンエンジンの場合は、燃費性能は6.1L/100kmとなっているので、km/l表記に直すと約24.4km/lという数値になります。

これは日本車とは測定の方法が単純に異なるために、同じように比較をすることができませんが、ヨーロッパの燃費差は、日本の燃費差に比べて、実燃費の差が少ないと言われていますので、新型フィアット500Lの実燃費もそこまで悪いとは言えないはずです。

価格で見る新型フィアット500Lとは

続いてはビックマイナーチェンジを果たした新型フィアット500Lの価格について見ていきます。ただし日本向けの価格は今現在データがなく、不明というのが現状になります。しかし、イタリアではすでに公式に発表をされていますので、今回はそちらの価格を参考にしていきます。まず新型フィアット500Lの「ラウンジ」の価格ですが18,420ユーロ(約231万円)になります。

そして「フィアット500Lクロス」の価格ですが20,870ユーロ(約261万円)になります。最後に「フィアット500Lワゴン」の場合の価格ですが19,620ユーロ(約246万円)になっております。やはり大衆車として馴染んでいるだけあって、価格帯は非常にリーズナブルな設定と言えます。

この価格設定であれば、日本市場にきても多くの人の購入対象になるのではないでしょうか。日本での発売を期待したいところですね。

フィアット500Lの日本発売はあるの?

コンパクトサイズのミニバンに位置しており、日本の道路事情でもぴったりと馴染む感じのする新型フィアット500Lですが、冒頭でもお伝えしたように2017年に新情報をもってしても、新型フィアット500Lの日本発売の予定は現時点ではアナウンスがされていないのが現状になります。

ぜひフィアット500Lを日本発売をして欲しいですが、もしこのまま日本発売が白紙だとすれば、並行輸入業者から購入するしか新型のフィアット500Lを手に入れる方法はないでしょう。それだけに、ぜひ日本発売も検討していただきたいところです。フィアットは日本でもすごく人気のある車種ですからね。

新型フィアット500Lの今後に注目!

これまでもお話ししてきた通り、新型フィアット500Lは非常にラインナップが豊富です。特に7人乗りをできるタイプは日本でも多いに活躍できると思われます。家族のミニバンとして、ぜひ日本での販売も期待をしたいところです。日本の女性に大変人気のあるフィアットですから、今後さらにラインナップが広がりを見せると盛り上がるのではないでしょうか。

フィアット500Lのまとめ!

みなさん、ここまでいかがでしたか?ここまで新型フィアット500Lの最新情報をお届けいたしました。しかしながら、フィアット500Lは様々なラインナップがありとても魅力的な一台でした。今回の新型フィアット500Lのビックマイナーチェンジでは、エクステリアのみならず、内装についても洗練されているので、多くの方が購入したいと感じているはずです。

しかし、新型フィアット500Lは今のところは日本発売の予定は入ってきておりません。ただ、新型フィアット500Lは十分日本にも適用できるだけのポテンシャルを持っておりますから、ぜひ今後の新型フィアット500Lの情報に注目していきましょう。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ