婚約記念品は贈りあうもの?相場やプレゼントは何を選べばいいの?

婚約記念品って何?金額の相場はどれくらい?そもそも何を贈ればいいか分からない!そんな婚約記念品の謎を徹底解説。金額の相場から人気のプレゼント、更に婚約に関するNG項目もご紹介。一生に一度しか贈れない婚約記念品で自分の想いをしっかり伝えましょう!

目次

  1. 婚約記念品とは
  2. 婚約記念品の渡し方
  3. 男性から女性に贈る婚約記念品
  4. 指輪
  5. ネックレス
  6. 腕時計
  7. こんな物も女性は欲しい
  8. 女性から男性に贈る婚約記念品
  9. 時計
  10. 趣味の品物
  11. アクセサリー類
  12. 実は男性がもらって嬉しい物は
  13. 婚約記念品の相場とは?
  14. 男性から女性へ:婚約記念品相場
  15. 女性から男性へ:婚約記念品相場
  16. 婚約記念品のNGプレゼント
  17. 婚約記念品まとめ

婚約記念品とは

婚約記念品とは、お互いが婚約した事を記念して、互いに贈りあう品物の事を言います。男性から女性に贈る婚約記念品はいわゆる婚約指輪。ドラマなどで男性が「僕と結婚して下さい」と言いながら、膝まづきつつ女性へプレゼントするシーンで登場する指輪が婚約指輪です。

ただし、婚約指輪が婚約記念品ではありません。女性の9割以上が婚約記念品に欲しい物に婚約指輪を挙げます。なので婚約指輪=婚約記念品となり易いですが、例えば女性からイヤリングのリクエストがあってそれを贈るのなら、そのイヤリングが婚約記念品という事になります。

そして婚約記念品は女性から男性へも贈るのが普通です。しかし男性側が気を遣って女性に対し、婚約記念品は不要と伝えたり、経済的理由などから、女性が男性に婚約記念品を贈らないケースも増えてきているようです。

双方納得の上で行われる事なら、女性側からの婚約記念品なしというもの問題ないのかもしれませんが、婚約は一生に一度の事であり、婚約記念品も一生に一度のプレゼント。お互いに無理のない範囲で記念になる物を贈り合いたいものですね。

婚約とはいつから?結婚との違いや定義や意味などメリットまとめ | MensModern[メンズモダン]

婚約記念品の渡し方

家を継ぐために婚約するのが当たり前だったかつての日本ですが、今は日本でも、結婚は当人同士の意思が最も重要視される時代です。しかしながら、そんな現代でも結納などのしきたりがいまだに残っているという事は、古いとか古くないとかではなく、その儀式自体が日本の文化の一つと言えます。

されど、現代社会は老いも若きも非常に多忙です。そんな中、なかなか両家の都合をつけて、何日も婚約に関連する儀式に時間が取れない事も現実です。婚約記念品の交換式もその一つです。

わざわざ婚約記念品の交換式だけのために1日を費やすのは両家にとってかなり大きな負担になり、ましてや遠距離恋愛での婚約となれば尚更。だからと言ってさすがに当人同士のみで行うのはあまりお勧めできません。

略式でも構わないので、少なくとも両家の両親立ち合いの下で行うのが最低限の渡し方と言えるでしょう。そこで一番合理的になってくる方法が、両家の顔見せの場で渡す渡し方。お互いの両親や兄弟が揃い、顔見せも出来、両家立ち合いの下で婚約記念品の交換もできるとあって、このパターンで行う渡し方が最も多い渡し方のようです。

ただ略式とは言え、両家の両親が揃って行いますので、簡単な挨拶は両家の父親にお願いしましょう。渡し方の手順としてはまず男性側の父親に式を始める挨拶をしてもらいます。次に男性側の母親が女性の前に記念品を置きます。

男性側の父親が女性に対し「婚約記念の品です。どうぞお納め下さい」というような、婚約記念品の受け取りを促すような言葉を伝えます。その後で女性が受取り、お礼を述べます。同じような手順で、次は女性側の両親が婚約記念品を贈ります。

最後に男性側の父親、女性側の父親の順で挨拶をしてもらい、婚約記念品の交換式の終了となります。本来なら目録などがあったりしますが、非常に略式であるという事になると、これぐらいの式で十分です。

ただし、婚約に関する儀式や渡し方、また、しきたりなどは地域格差が非常に大きいものです。事前に両家に渡し方の手順を伝え、了承を得てから行うのが無難でしょう。

本当はそういう渡し方がしたいけど、どうしても両家の都合がつかない、と言った場合もあるかと思います。その場合の渡し方は、男性が自身の都合をつけ、女性宅へ出向き、挨拶を兼ねてご両親の前でという渡し方でも大丈夫。

大切なのは渡し方ではなく渡し方に込めた心です。心を込めた渡し方なら、相手には必ずその心は伝わるもの。どうしても都合がつかない場合は、あまり渡し方そのものにこだわらず、どうすれば心が伝わる渡し方になるか?どうすれば自分らしい渡し方になるかを考えてみましょう。

プロポーズのとき指輪は必要?前と後どっち?買うときのポイントも紹介 | MensModern[メンズモダン]

男性から女性に贈る婚約記念品

では実際に男性から女性に贈る婚約記念品で人気の高い品物をご紹介します。同じ品物でも色やデザインに自分なりのこだわりを取り入れ、オリジナリティ溢れるプレゼントにするのもいいですね。

指輪

男性から女性に贈る婚約記念品①

好きな男性から婚約指輪を貰うことは女性なら誰しも憧れることの一つ。なので男性から贈って欲しい婚約記念品の弟一位は断トツで指輪です。まさに女性の9割が指輪を望みます。なのでもし事前に女性に欲しい物を聞いて「ない」と言われても、とりあえず指輪をプレゼントすれば間違いないでしょう。

中でも人気なのがブランド品の指輪。ハリーウィンストン、カルティエ、ティファニーなどはあまり年代ごとの流行に左右される事無く、いつの時代でも不動の人気があるブランドなのでおすすめです。

婚約ネックレスでプロポーズはアリ?なし?人気ブランドと選び方まとめ | MensModern[メンズモダン]

ネックレス

男性から女性に贈る婚約記念品②

「指輪は結婚指輪だけでいい」という理由から、婚約記念品には指輪よりネックレスがいいという方もおられます。さっきのティファニーやカルティエというブランド品が人気のようですが、やはり婚約指輪につける予定だったダイヤモンドをネックレスにするというのが喜んでもらえそうなデザインのようです。

腕時計

男性から女性に贈る婚約記念品③

基本的にアクセサリー自体が得意じゃないという女性には時計などもおすすめです。ブランド品の高級腕時計でもいいですし、趣味がアウトドアならスポーツ用の腕時計なども喜んでもらえそうです。いずれにせよできれば防水機能がしっかりした腕時計の方がこれから家事が増える彼女にはぴったりのプレゼントですね。

こんな物も女性は欲しい

男性から女性に贈る婚約記念品④

婚約記念品は、記念になるプレゼントであるということが大切な条件ですが、同時に「自分では買わない高級な物」というのも婚約記念品の定義の中に入っています。なのでブランド品のバッグや着物を選ぶ方も中にはおられます。彼女の趣味の物でも喜ばれると思いますので、指輪の金額を抑えて、残りの予算でプラスαのプレゼントとセットでもいいかもしれません。

女性から男性に贈る婚約記念品

女性から男性に贈る婚約記念品は、男性から送られた婚約記念品のお返しという意味合いで贈られます。婚約記念品としてはもちろんですが、ここはやはり相手に喜ばれる物をプレゼントするのがベストです。

判断材料として欠かせないのが男性の仕事内容や趣味嗜好といったもの。できるだけ「普段から使ってもらえる物」をプレゼントするのがベターでしょう。

現場職なのか事務職なのか、または趣味はどんなもので好みのブランドがあるのかといった事を調べておくだけでもかなり的を得たプレゼントを贈る事ができます。事前の調査はしっかりしておきましょう。

30代男性の腕時計ブランドの人気ランキング!おすすめの高級品も紹介 | MensModern[メンズモダン]

時計

女性から男性に贈る婚約記念品①

アクセサリーを身に着けない男性でも必ずつけてもらえそうなものが腕時計。物に対する扱い方は、やはり女性に比べると男性の方が雑なのは仕方ない事なので、腕時計をプレゼントする場合はまず丈夫なものがいいでしょう。

ブランド品である事はもちろんですが、無理にジュエリーブランドにこだわらないこともポイントの一つです。スントやガーミンなどのアウトドアやスポーツなどのブランド品は、元々アウトドア用に作られているので何より丈夫で長持ち。

ブランド品は修理のための交換用の部品が豊富なので、もし壊れてもすぐに直せるので便利です。また、腕時計だけに限定せず、新居で使うための掛け時計や置時計なんかも素敵です。その場合はブランドにこだわらなくても、二人の趣味に合わせてアンティークな掛け時計をチョイスしてもなかなかおしゃれなプレゼントになるでしょう。

趣味の品物

女性から男性に贈る婚約記念品②

男性は何才になってもロマンと冒険を求める生き物。日々の仕事が忙しい人ほど趣味の時間を充実させている傾向が強いのも特徴です。そんな彼に喜んでもらえる婚約記念品の一つが趣味に関連する品物です。

これは被ったりすると嬉しさ半減なので、サプライズは諦めて、相手に一番欲しい物を聞いてあげるのがベストです。一緒に買いに行くのもいいかもしれません。いくら相手に欲しい物を聞いたとは言え、やはり自分らしいサプライズが少しは欲しいと思う方は、商品は一緒に選んでも、後でこっそりイニシャルをオプションで入れてあげるというのはいかがでしょうか?

アクセサリー類

女性から男性に贈る婚約記念品③

普段からアクセサリーを付ける習慣がある男性には、アクセサリーは婚約記念品としてぴったりのプレゼントです。おすすめはやはり、プロポーズの時に先に見せてもらった自分に贈ってもらった指輪と同じブランドのアクセサリーにする事。

デザインは多少違っても、同じブランドで、同じ色のジュエリーにするとお揃い感がグッと高まります。ネックレスやブレスレットなど、男性が普段身に着けるジュエリーをチェックしておいて同じ系列の物を贈るといいでしょう。

実は男性がもらって嬉しい物は

女性から男性に贈る婚約記念品④

男性は同じものを使い続ける傾向が強いです。代表的なものとしては財布。理由としては「愛着がある」というのもありますが、正直なところ「本当は買い替えたいんだけど、買いに行くのが面倒」という意見が大半。

また「次買うならもっと良い物を」と思ってはいるものの、いざとなると自分のために財布に高額を出すというのに躊躇してしまい、結果いつまでも同じ財布を使い続ける事になっているのが大体のパターンのようです。

なので高級ブランドの財布は婚約記念品として人気があるものの一つです。他にもセカンドバッグやブリーフケースも男性が贈ってもらって嬉しいプレゼント。贈る時は使う程に味が出る高級ブランドの本革製がおすすめです。

婚約記念品の相場とは?

一生に一度の婚約記念品。できればより良い物を、と思い、頑張って奮発するのはいいけれど、あまりにも高すぎる物をプレゼントしてしまっては、相手に負担を掛けかねません。婚約記念品の相場とは一体どれくらいの金額なのでしょうか?

男性から女性へ:婚約記念品相場

年収によって格差はありますが、大体の平均月収を得ている人の婚約記念品の相場は20万円~50万円です。高級ブランドの指輪でも、既製品なら10万円くらいでも手に入ります。それに宝石やデザイン、また刻印などのオプションをつけると大体相場の値段になるようです。

ただし、男性は女性側から贈られる婚約記念品の事を考えておかなければいけません。要らないと断っても、どうしても贈りたいという女性もいます。あまり高すぎるプレゼントは相手の負担になりかねないので注意しましょう。

女性から男性へ:婚約記念品相場

女性側から男性へ贈る婚約記念品の相場は、男性から贈られてきた婚約記念品の半分、または贈られたプレゼントの金額を超えない範囲というのが一般的な相場となります。男性側からの平均的な婚約記念品の相場から想定すると、女性側から贈る場合は上限50万円で10万円~25万円という事になります。

もし経済的に苦しい場合は、恐らく男性側は気を遣って断ってくるでしょう。その時は正直にその気持ちを受け止め、自分のできる精一杯の事をすればいいと思います。おすすめなのが手作りの品物。冬なら手編みのセーターなんかも素敵です。下手でも構いませんから精一杯心を贈りましょう。

婚約記念品のNGプレゼント

一生に一度の婚約記念品。二人の婚約を記念する品物であり、生涯使える物というのが婚約記念品の定義です。という訳で婚約記念品に用いていけないプレゼントは消耗品。消えて無くなってしまう物は婚約記念品としてはNGです。

また「そんな事は気にしない」と言われても、やはりわざわざ縁起が良くないと言われている物も贈る必要はないでしょう。解釈の違いで良い方に取る場合もありますが、食器などは「割れる」、刃物などは「切れる」と、昔から婚約関連で贈る物としては一般的に縁起は良くない物とされています。

あと、お店で買う場合はまず間違われる事はないので大丈夫ですが、手作りのプレゼントで、水引もすべて自作する場合に気をつけたいのが水引の形状。婚約関連の水引は必ず結切り(むすびきり)の水引になります。

形状がリボンのようで可愛らしい花結び(はなむすび)の水引は、「何度も繰り返す」とか「出て戻る」という意味合いがあるので、婚約関連には使ってはいけません。

結切りは固結び(かたむすび)とも言われ、「一度結ばれたら離れない」「何度も繰り返さない」という意味があり、婚約関連で使われる水引です。必ず間違わずに使いましょう。

婚約記念品まとめ

婚約は一生に一度の大きなイベントで、婚約記念品も一生に一度だけしか贈る事ができない大切なプレゼント。ここだは粗相がないようにしましょう。しかしやはり一番大切なのはプレゼントの中身よりも、それに込めた想いと心。

豊臣秀吉こと木下藤吉郎とその妻ねねの結婚式は、板間にわらと薄縁(うすべり)を敷いただけの質素なものでしたが、親の反対を押し切ってまで嫁いだねねは、想いを寄せ合った人と結婚できてきっと幸せだったと思います。婚約記念品は自分の想いを形にした物。まずはしっかりお互いの想いを届けましょう。そしてどうぞ末永くお幸せに。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ