日本に住んでいればほぼ24時間買って食べる事のできるコンビニ弁当。しかし表示されている食品添加物が多い事から「危険はないのか?」と不安視する人少なからずいます。そこで今回はコンビニ弁当に入っている食品添加物の危険性はどうなのかをまとめたいと思います。

コンビニ弁当って危険って本当?添加物が健康に悪いという噂を徹底調査!

目次

  1. コンビニ弁当の添加物は危険視されがち?
  2. 添加物の危険性を不安視してコンビニ弁当を買わない人もいる
  3. そもそもコンビニ弁当の食品添加物とは危険なものなのか?
  4. 人口食品添加物はわりと歴史が浅い
  5. コンビニ弁当などの食品添加物の国際基準と日本の基準
  6. 添加物の危険性や安全性はどうやって認可される?
  7. コンビニ弁当は危険性のある添加物の表示が義務?
  8. 最近はコンビニ弁当メーカーも添加物の危険性には敏感
  9. コンビニ弁当に使われている主な添加物は?
  10. コンビニ弁当などの「無添加」表示の危険性は?
  11. コンビニ弁当の添加物に限らず栄養素は摂り過ぎれば危険
  12. コンビニ弁当の添加物は目に見えないからそういう意味では危険かも
  13. 近年のコンビニ弁当添加物の危険に対する煽りは過剰?
  14. 安全を証明するのは難しいが危険を煽るのは簡単
  15. コンビニ弁当は100%危険とは言えないけどほどほどに

コンビニ弁当の添加物は危険視されがち?

コンビニ弁当は気軽にいつでも手に入る上に値段もそこまで高いものではなく、一人暮らしの人にとっては重要な栄養源となっています。弁当だけでなくサラダやスープ、パスタなど種類も豊富で選ぶ楽しみもあります。仕事をしている人なら昼食はコンビニ弁当で済ませている人も多いのではないでしょうか。

しかしコンビニ弁当に限らずスーパーの弁当やスナック菓子など現在日本で販売されている食料にはほぼ全て「食品添加物」と呼ばれる人口の化学調味料が入っていることが多いです。もちろんそれは味を良くするためだったり、食品を長持ちさせるためだったりとよりおいしく食品を食べてもらいたいとの配慮なのですが…添加物の危険を不安視する人もかなり多いです。

添加物の危険性を不安視してコンビニ弁当を買わない人もいる

近年ではコンビニ弁当などの食品には添加物の表示がはっきりと書かれているものも多く、消費者が自分の目で添加物の有無を確認できるためその添加物表示が嫌、もしくは安全性と危険性が不確かだということに不安を覚えてコンビニ弁当を買わないようにしているという人が増えてきているそうですね。

確かにコンビニ弁当の添加物表示の欄には「アスパルテーム」や「ソルビン酸」、「亜硝酸ナトリウム」など普通に生活していたら聞くことのない化学系の名前が並んでいますよね。どういう添加物なのか分かりにくいため「危険じゃないの?」と不安に思う人がいるのも仕方ないでしょう。

そもそもコンビニ弁当の食品添加物とは危険なものなのか?

そもそも食品添加物とはどのような物質なのでしょうか?健康に影響はあるのでしょうか?食品添加物とはその名の通り食品に天然、もしくは人口の物質を人為的に加えることによって食品の持つ旨みを引き出したり、保存が効くようにできる物質のことです。

人間は天然の添加物は古くから利用しています。例えば肉を塩に漬けて長持ちさせる技術は紀元前から存在しますよね。この場合塩は添加物と言えます。また日本でも豆腐を作るのに海水から抽出した塩化マグネシウム(にがり)を使用してきた歴史があります。この「にがり」も食品添加物の一種と言えますね。天然添加物と人類の歴史は深いのです。

人口食品添加物はわりと歴史が浅い

しかし人工の食品添加物が造られるようになったのは比較的最近です。明治時代頃にはすでに着色料など外国の添加物が輸入されていました。その頃は実験精度も健康への危険意識も今より低く、有害さが発覚して使用が禁止になった例もあったそうですね。

つまり人工添加物を長い間摂取して生きてきた人間のサンプルはそんなに多くない事になります。本格的に添加物が普及したのは今の年配の方々くらいの時代からですからね。そういったサンプルの少なさという意味で長期的な危険性の有無について不安がる人が出るのは多少仕方がないことかと思います。

コンビニ弁当などの食品添加物の国際基準と日本の基準

ではコンビニ弁当に入っている食品添加物に制限は存在するのでしょうか。国際基準では世界保健機関の「WHO」が「JECFA」という添加物の一日の許容量を議論する委員会を設立、またコーデックス委員会という会議を設置して食品及び添加物に対する国際規格を決定しています。

日本でも添加物を規制、制限する法律は存在します。というか日本は厚生労働省が指定した添加物しか食品に利用する事ができません。実験を繰り返して「人体に対して無害である」「摂取しても問題ない」と立証された添加物しか使用できないという事ですね。

元々は指定されていない添加物でも使用できましたが、1955年に起こった粉ミルクに添加物として含まれていた第二燐酸ソーダに混入していたヒ素を飲んだ乳児たちが中毒症状を起こしたという「森永ヒ素ミルク事件」によって食品衛生法が大きく見直され、添加物の危険性が広まるとともに認可基準がより厳重になりました。

添加物の危険性や安全性はどうやって認可される?

上記のような国際機関、または日本の添加物基準をクリアするためにはまずラットなど動物実験で安全か危険かを判断します。この実験は食品衛生実験では当たり前ですが、基本的に毒性が出るまで実験を重ねるため「危険」であるという評価が一人歩きしやすいです。

厚生労働省の規定する一日の添加物摂取許容量はラットでの実験で安全値と規定された量のおよそ百分の一が許容量として設定されており、使用できる添加物の量はかなり慎重に値が設定されています。

もちろん他の食品と同じように添加物に危険性があるものも存在するでしょう。実際に世界中で使用された後から「健康に被害があるかもしれない」と判断されて使用が禁止された添加物も存在します。しかし現在では国際基準にしたがって使用量が厳格に決められている添加物がほとんどで、健康に影響するような危険な物質は除外されています。

コンビニ弁当は危険性のある添加物の表示が義務?

日本ではコンビニ弁当など容器に入って販売されている食品には、見やすい位置に使用されている食品添加物の有無をラベル表示しなければいけない義務があります。その際化学物質名だけでは分かりにくいので「甘味料」や「保存料」など物質の目的、用途を表して記載する事もあります。

なのでひとまずコンビニ弁当に使われている添加物は日本の衛生基準をクリアしたものしか使われていないということになります。これは日本国の法律で規定されているものなので、仮に添加物の表示を偽装したりすると当然ながら刑事罰が下されることになりますね。

最近はコンビニ弁当メーカーも添加物の危険性には敏感

最近はコンビニ弁当において添加物の危険性を不安視する声も多く、コンビニ弁当メーカーもその危険性にはかなり敏感になっています。できるだけ添加物を減らしたり、そのコンビニ弁当がもたらす健康への好影響などを強調するようなコンビニ弁当も増えてきましたね。

各社から販売されているコンビニ弁当はヘルシーで健康志向を謳った商品も多いですね。上記の通り現在ではコンビニ弁当に使われている添加物は表示が義務付けられていますので消費者も気にする人が増えていますから健康志向のコンビニ弁当が増えるのはある種時代の流れといってもいいでしょう。

冷凍ピザのおすすめ紹介!コンビニで買える人気のおいしい本格冷凍ピザ ! | MensModern[メンズモダン]

コンビニ弁当に使われている主な添加物は?

保存料

それではコンビニ弁当など日本の食品によく使われている主な食品添加物について見ていきましょう。まずは保存料です。保存料で代表的なものは「ソルビン酸」でしょうか。ソルビン酸は元々植物のナナカマドから発見された物質で(現在では化学合成)水に溶けやすいためソーセージやジャムなどの食品、化粧品など広く普及している保存料です。

安息香酸ナトリウムや自然界の発酵食品にも存在するプロピオン酸もコンビニ弁当や栄養ドリンクによく保存料として使われていますね。保存料がないと食品があっという間に腐ってしまうため、ない場合病気や食中毒に罹る人が増えてしまうリスクがあります。

増粘剤

増粘剤は食品に粘りやまとまりを与えるために使われる添加物です。柑橘類やオクラに含まれる成分である「ペクチン」やでんぷんや土壌に含まれている微生物キサントモナス由来の「キサンタンガム」などがコンビニ弁当に多く使われている増粘剤です。自然界に多く存在しているものが多いため、大量に摂取しても危険性は少ないそうです。

甘味料

アスパルテームやサッカリン、カンゾウ抽出物やキシリトールなどが人工甘味料として清涼飲料水やガム、コーヒーなどコンビニ弁当の付け合わせの食品によく使われています。

ほんの少しの量で砂糖の何百倍もの甘みを出せる人工甘味料もあるのでよく肥満や糖尿病の原因と標的にされることもありますね。実際アメリカでは甘味料が多く入ったコーラの大きいサイズに規制が入るなど肥満防止のために甘味料の摂取量を低くしようとする動きがみられます。

香料

アセトフェノン、アニスアルデヒドなどが食品に香りを与えるための添加物が「香料」です。コンビニ弁当にはもちろん、コーヒーなどに多く使用されています。

着色料

古くから存在する人工添加物の一種が着色料です。カラメルやクチナシ、ウコンなどの成分が使われており、食品にはっきりとした「色」を付加する添加物です。コンビニ弁当には頻繁に使われます。

コンビニ弁当などの「無添加」表示の危険性は?

最近はコンビニ弁当に限らず食品に「無添加」、「保存料一切使用なし」などといった点を強調して販売している食品が多数存在しています。それはやはり添加物に対して「危険かもしれない」と考えている人が少なからず存在するからでしょう。

しかし無添加=安全と一方的に考えるのはそれはそれで少し危険でもあります。保存料などを使用していないということは食品が腐敗するリスクが添加物利用食品より高まることが多いです。無添加だから健康的な食品だという考えは持たないほうがいいでしょう。

コンビニ弁当の添加物に限らず栄養素は摂り過ぎれば危険

上に紹介したような添加物は現在販売されているコンビニ弁当にはほぼ100%含まれています。これら添加物は厚生労働省の基準をクリアしているため毎日摂取し続けても健康に被害はないようなルールのもと使用されています。しかし過剰に摂取すれば健康被害が出る事もあるかもしれません。というのもそもそも添加物に限らずほとんどの栄養素は摂取し続ければ何でも毒だからです。

水だって飲み過ぎれば中毒を起こしますし、塩や醤油をコップ一杯飲めば命の危険があります。ビタミンAやEなどもサプリメントなどで過剰に摂取すれば腎臓や肝臓によくありません。ビタミンCも過剰に摂取してはいけないと言われていますよね。なので人工添加物にのみ大量摂取した場合の危険性が語られるのはフェアではないと言えるでしょう。

実際に「危険性が高い」と噂になる添加物はラットによる動物実験において許容量を大幅に超えた段階、もはやオーバードーズと言ってもいい量を投与された段階で報告された害ばかりで許容量内の摂取における安全性はあまり議論されません。上記の通り塩でも一気に摂取すれば誰でも死んでしまいます。

カフェインの副作用とは?とりすぎ注意!身近なコーヒーも危険? | MensModern[メンズモダン]

コンビニ弁当の添加物は目に見えないからそういう意味では危険かも

しかし実際にコンビニ弁当を毎日食べていた場合の健康被害が「危険性」として報告されている件も見かけるのは事実です。確かに最近コンビニ弁当は徐々に健康志向のものにシフトしていっていますが、やはりメインのコンビニ弁当商品は高カロリーであることが多いです。

揚げ物など油をふんだんに使ったコンビニ弁当は各社で主力商品となっていますよね。そういう意味では毎日3食食べ続けていれば危険とまでは断言できないですが、カロリー的にバランスを崩してしまう可能性は高いでしょう。結局は食べる量の問題だと考えますね。

またコンビニ弁当は添加物などは表記こそされていますが、目には見えない物質なので気付かずに大量摂取してしまっていたという事もあるかもしれません。上記したように栄養素は何でも過剰に摂り過ぎれば危険です。添加物に限らず栄養を偏らないようにするのは重要だと言えますね。一日の栄養素はしっかり計算して食事を摂るべきでしょう。

近年のコンビニ弁当添加物の危険に対する煽りは過剰?

上記したように現存するほとんどの食品には摂取する量によって危険性が定められています。添加物の中にも過剰に摂取をすれば危険で、健康に影響を及ぼすものもありますね。しかしそれは野菜や肉などといった他の食品でも同じことで添加物のみが悪者にされる現状は少し一方的で過剰だという意見も少なからずあります。

食品に対して「危険」という言葉を使えばいやが応にも注目されますからね。もちろん上記したように添加物は本格的に使用されるようになってから歴史が浅く不安に思う人がいるのも仕方ないことではあります。しかし他の食品の危険性を無視して人口の添加物のみに批判がいくのは確かに少し煽りが過剰とは言えるでしょう。

安全を証明するのは難しいが危険を煽るのは簡単

食品の安全性を証明するのは大変なことです。いくら実験して安全だと言ってもその食品がある程度信頼性を得るにはそれなりの時間が必要です。反対に危険を煽るのに時間は必要なく、また比較的声が大きくなりがちなので話題としてピックアップされることが多いですよね。

これは添加物の危険性を論じる際にも適用されるでしょう。添加物は歴史の中で危険性が高すぎるため途中で使用が禁止になったものもあるなど100%安全とは言い切れないのも事実です。しかし普段から食べている食事と比べずに添加物の危険を論じるのは過剰な「煽り」でもあると言えます。

コンビニ弁当は100%危険とは言えないけどほどほどに

紹介したように人口の添加物は摂取しすぎれば他の栄養素と同じく危険な要素をもたらすこともあります。しかし通常の食品の危険性は論じられず、添加物の危険性のみ取り上げられるのは少し一方的だという印象ですね。コンビニ弁当は確かに美味しいですがカロリーが多量なものも多いので食べる量はほどほどに抑えておきましょう。

どんな食品にせよ「量」の観念が失われた場合、健康を損なう恐れは常に存在します。現代では添加物の入っていない食品は入手するのは難しくなっているので添加物を全て否定するのではなく量の調節など上手く付き合っていく方法を探した方が賢明だとは思いますね。


評価 4.0/ 5(合計6人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ