マフラーの車用の構造や音は?おすすめのメーカーもご紹介!

男性ならスポーティなサウンドを奏でる車に憧れますよね!そんなときはマフラーを交換することをおすすめします。数ある車のパーツの中でも、マフラーは最も音に関わるといっても過言ではありません。車用マフラーの構造やメーカーについて徹底解説します!

マフラーの車用の構造や音は?おすすめのメーカーもご紹介!

目次

  1. マフラーってどんなパーツ?
  2. 車用マフラー【構造】部分ごとの役割
  3. 車用マフラー【音】性能の違い
  4. 車用マフラー【種類】それぞれの特性
  5. 車用マフラー【車検】保安基準
  6. 車用マフラー【ストレート型に交換】メリット
  7. 車用マフラー【ストレート型に交換】デメリット
  8. 車用マフラー【おすすめメーカー】HKS
  9. 車用マフラー【おすすめメーカー】TRUST
  10. 車用マフラー【おすすめメーカー】BLITS
  11. 車用マフラー【おすすめメーカー】柿本 改
  12. 車用マフラー【おすすめメーカー】FUJITSUBO
  13. 車用マフラー【おすすめメーカー】Tanabe
  14. 車用マフラー【注意事項】意外と起きる
  15. ストレート型マフラーは男のロマン!

マフラーってどんなパーツ?

エンジンの排気を担当

自動車のエンジンは吸気した酸素を燃料と共に燃焼することで、回転エネルギーを得ていることはご存知かと思います。その際に発せられる排気音は、実はその高温もあってものすごい轟音を響かせるんです。そんな音が常に鳴り響いていたらひとたまりもありませんよね。それを防いでいるのが『マフラー(Muffler)』というわけです。

場所ごとに役割が

普段自動車を運転するときはあまり意識しませんが、エンジンの中って絶えず爆発が起きてるんですよね。文字通り爆音が出るわけですが、音の問題以外にも温度やガスの成分など、排気する前に処理することがいくつかあります。自動車のマフラーについてお話する前に、これら排気系部位の役割をおさらいしてみましょう。

マフラーの交換のメリットとデメリットを調査!交換時に注意する点とは? | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【構造】部分ごとの役割

エキゾーストマニホールド

自動車のエンジンには複数のシリンダー(燃焼室)があります。シリンダーで燃焼を起こし、排気ガスを発生させているのですが、この排気ガスはそれぞれのシリンダーごとに排気タイミングが異なる構造をしています。『エキゾーストマニホールド』は排気ガスを1つの経路にまとめ、なおかつ排気ガスをスムーズに流れさせる役割を持つパーツです。

キャタライザー

エキゾーストマニホールドを通過した排気ガスが次に通るのが『キャタライザー』です。燃焼した直後のガスは有害な物質を多く含むため、そのまま排気するとたいへん危険。この有害物質を減少させるのがキャタライザーの仕事です。キャタライザー内はハチの巣のような構造をしていて、コーティングされた貴金属が触媒となり有害物質を減らします。

マフラー(サイレンサー)

そして最後に通過するパーツが、今回のテーマである『マフラー』です。もしキャタライザーからそのまま排気すると、ものすごい爆音が響いてしまいます。冒頭でも少しお話しましたが、マフラーは排気ガスの圧力や温度を調節し、排気音を抑える役割をしているんです。ですが、モータースポーツで使う競技車両ってあえて大きな音を出してますよね?排気音と車がどんな関係にあるのか見ていきましょう!

車用マフラー【音】性能の違い

排気音量とエンジン効率

車の排気音が大きいというのは、それだけ排気ガスの勢いが大きいということです。「排気ガスが抜けが良い」とも言い替えれます。つまり、それだけエンジンからスムーズに排気されていくということなので、その分スムーズに吸気することができるんです。吸気がスムーズだとエンジンの回転効率が良くなって、車を速く走らせることができます。

排気音の大きいマフラー

大きな音を出すマフラーは見た目もカッコイイです。純正ノーマルのマフラーと比べるとスポーティなデザインをしていますし、良い素材を使っていることが多く色味が綺麗です。というのも、マフラーの排気音の大きさというのは、排気口の大きさであったり、マフラーの経路の形状、『タイコ』と呼ばれる消音部分の構造などの要因で変わってくるからです。

マフラーカッターとは?効果や取り付けと車検についてのまとめ! | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【種類】それぞれの特性

自動車メーカー純正品に多い隔壁型(多段膨張型)

『隔壁型(多段膨張型)マフラー』というのは、タイコ内に仕切り版をいくつか設けてタイコ内を区切り、排気ガスを通すことで消音させる構造の型式のことです。仕切り板を何度も通過させるので、効果的に排気ガスの音量を下げることができます。低コストで消音効果が高いため、市販化されている自動車の純正マフラーはこの型式のものがほんとんどです。

自動車チューニングメーカーに多いストレート型

こちらの『ストレート型マフラー』はタイコ内部に穴の開いたパイプをまっすぐに通し、グラスウールやステンウールなどの吸音素材で消音効果を得る形式のマフラーです。隔壁型に比べると消音効果が少なく、コストも高いですが、タイコ内にまっすぐパイプが通るので排気ガスの抜けが良くてパワーが出ます。純正で装着していることは少ないですが、自動車パーツメーカーなどが競技車用やスポーツモデルとして販売しています。

車用マフラー【車検】保安基準

排気音量の車検基準

マフラーの車検基準について解説していきます。排気音量に関しては、2017年現在の車検基準を参考にすると、消音装置が取り付けてあって、音量が基準値以下であればクリアできるようです。音量の基準は22年度3月31日までに生産されたフロントエンジンの自動車は100dB、リアエンジンの自動車は96dB、22年4月1日以降に生産された自動車は83dBがそれぞれ基準値となっています。

寸法の車検基準

マフラーのサイズについても基準があります。まず車体の地上最低高は9mmという車検基準があり、多くの場合キャタライザーの位置が地上最低高にあたるので、装着時は気を付けましょう。次にマフラーの長さですが、車体のリア部分からはみ出していると車検に通りません。この基準関しては細かいようで、あいまいなところがあるのですが、車体真上からみてマフラーが隠れていればまず大丈夫です。

排ガス規制

排気ガスの有害物質量が基準値以下でなくてはいけないので、車検時に一酸化炭素と炭化水素の含有量をチェックします。ですが排ガス規制に関しては、キャタライザーを装着している自動車であれば基準値を超えるようなことはまずありません。まれに炭化水素の含有量で通らないことがあるようですが、マフラーの問題というよりも点火プラグの問題のようです。

マフラーのサイレンサーは付け方次第?車検に通る仕組みとは? | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【ストレート型に交換】メリット

エンジン出力の向上

それでは実際にストレート型のマフラーに交換により得られるメリットについてお話したいと思います。自動車のエンジン効率の向上については先ほど触れましたが、このメリットが大きですね。エンジン出力が上がりスポーティな走りをする車にチューンアップできるので、多くの方がこれを目的にストレート型のマフラーに変更します。

排気音の増加

車の排気音の増加も大きなメリットですよね。車検をクリアできる範囲内の音量でも、十分モチベーションの上がる排気音になるので、運転をする楽しみが増えます。特にMT車でシフトアップをするとき、車の走行音が聞こえるとシフトのタイミングが上手にとれるので、運転しやすくなります。また、その車種に適正なマフラーを取り付けると、燃費が良くなることもあります。

GT-Rの維持費は実際いくらかかる?車検や修理費などの年間維持費 | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【ストレート型に交換】デメリット

車検に通らないことも

もちろん車のマフラーを交換することは、メリットばかりではなくデメリットも含んでいます。マフラーを買う際は生の排気音を聞くことが困難なため、自分の車に適性のあるマフラーを取り付けたのに、思っていた排気音とイメージが違うなんてことも。場合によっては車検に通らないこともあるかもそれません。購入前は専門家にきちんと相談しましょう!

近所迷惑など…

騒音対策として車検基準を設けていますが、基準値以下のストレート型マフラーでも純正マフラーよりは音量が大きいです。車検適合車だから大丈夫と思っていても、周囲からすると音がうるさく感じられてしまいます。近所迷惑を考え、ストレート型マフラーの車に限らず、アイドリングを控えた方が賢明ですね。

車用マフラー【おすすめメーカー】HKS

自動車チューニングパーツの王道メーカー HKS

自動車の足回りから、吸排気系パーツなどトータルでチューニングを展開しているメーカー『HKS』。マフラー作りに関しても、軽量で静寂性と兼ね備えた街乗り向けのマフラーから、本格的なレーシングサウンドを楽しめるモデルまでを幅広く扱っています。

HKS Hi Power Exhaust × スカイラインGT-R(BNR34型)

高レベルの排気効率を実現するため、マフラーが太い構造をしているので、重低音を奏でるのが特徴です。HKS製のマフラーは独自の技術により、マフラーの径を太くしながらも車検適応の音量を保っています。ターボ車にはHKSとまで言われるほど、ターボ車を知り尽くしたマフラーです。

アテンザのディーゼルの評価は?改良モデルの試乗やBMW超えとは? | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【おすすめメーカー】TRUST

有名自動車チューニグメーカーのTRUST

自動車ユーニングの総合メーカーですが、なかでもマフラーを初めとした吸排気系に力を入れ、多彩なパーツを取り扱う『TRUST』もおすすめです。自動車の電子制御からエアロパーツまで扱うTRUSTですが、マフラーの評価は高く、大人しい見た目ですがスポーツカーらしい音を奏でてくれるため人気です。

TRUST Greddy Power Extreme R × スカイライン GT-R(BNR34型)

マフラーの絞りやインナーサイレンサーをなくし、完全なるストレート構造をしていながらも、車検適応の音量を実現したTRUSTのマフラー。こもり音を排除した上品な音質が特徴で、マフラー交換によるパワー向上も申し分ないです。

車用マフラー【おすすめメーカー】BLITS

総合自動車チューニグのBLITS

東京に本社を構える自動車総合チューニングメーカー『BLITS』。TRUST同様、マフラーなど自動車の吸排気系に力を入れているメーカーです。BILITZ製のマフラーは丸くて大きなサイレンサー砲弾型構造が特徴的。

BLITZ Nur Spec ×スカイラインGT-R(BNR32型)

オールステンレス製のこちらのマフラーは、抜けのいいストレート構造と大きなサイレンサーで、しなやかでレーシーなサウンドを演出します。タイコ内には独自のグラスウールを採用し、消音効果もバッチリなマフラーです。もちろん車検適応パーツです。

マツダ車のCX-4新型最新情報!日本発売とデザインや性能まとめ | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【おすすめメーカー】柿本 改

遊び心の自動車パーツ作り 柿本 改

『柿本改』またの名を『KAKIMOTO RACING』は、自動車をただの移動手段ではなく楽しいものにするためにチューニングパーツをプロデュースするメーカーです。マフラー作りもこの理念にのっとり、普通車用に車検適用モデルから、ガチガチの競技車用まで幅広く生産・販売しています。

柿本改 Regu06&R × スカイラインGT-R(BCNR33型)

音・性能・品質・ルックスをバランスよく満たすことを考えて作られたマフラーの『Regu 06&R(レグ ゼロロクアール)』。車検対応はもちろん、パワーアップを徹底的に考えたマフラー作りがおすすめのポイントです。

車用マフラー【おすすめメーカー】FUJITSUBO

マフラー専門の老舗 FUJITSUBO

『藤壺モータース』として国産第一号のオートバイを生産した、80年を超える老舗。自動車部品としてはマフラーを専門にした、熟練のオリジナリティあふれる製品づくりでファンを魅了します。国産車ほとんどのマフラーを製造しているので、他メーカーでなかったら『FUJITSUBO』を探すべし!

FUJITSUBO Legalis R × スカイライン GT-R(BNR32型)

FUJITSUBOの大人気シリーズマフラー『Legalis』は全てにおいて抜群の安定性を誇ります。低速域のトルクと高回転域の高効率を両立した、非の打ちどころのないマフラー。国産車ほとんどの車種をカバーできるマフラー作りの技術が光ります。

スバルのレガシーツーリングワゴンのおすすめは?グレード評価まとめ | MensModern[メンズモダン]

車用マフラー【おすすめメーカー】Tanabe

足回りのTanabe

『Tanabe』というと主にサスペンションや『SSR』ブランドのホイールなど、自動車の足回りパーツ作りに定評のあるメーカーです。マフラーなど総合的な自動車チューニングパーツも生産しており人気急上昇中です。「ルールは守る。常識は超える。」が理念のもと自動車のチューニングパーツを生産しています。

Tanabe Medalion g-FORDAN × スカイライン GT-R(BCNR33型)

Tanabeのマフラー『Medalion』シリーズは、ビジュアル、トラッド、スポーツの3タイプから選ぶことができ、なかでもスポーツタイプのマフラー『Medalion g-FORDAN』は今季大注目です。曲げを減らした構造のマフラー中間パイプは、エンジンのパワーを効率よく引き出します。さらに突き上げ、見栄えの良いマフラーエンドで、ドレスアップ効果も期待できます。高音サウンドは心地よくレーシーな雰囲気を演出します。

車用マフラー【注意事項】意外と起きる

マフラーの出口

車体が浸かるほどの冠水や積雪でマフラーが出口が塞がると大変危険です。常に排気されることを前提に設計されていますので、エンジンに確実に悪影響が出てしまいます。エンジンストップするだけならまだしも、車内に一酸化炭素中毒がこもって死に至る危険性もあります。

マフラーの底突き

車体で一番低い部分がキャタライザーである車種が多いですから、運転しているときに障害物を乗り越えるとマフラーが痛む危険性があります。破損してしまうとマフラーの継ぎ目から排気漏れすることも。ご自分の愛車でもし心当たりがあったら、一度見てもらいましょう。

取り付け

マフラーは自動車部品の中でも車体の底にある重要なパーツです。車体下は経年による錆や劣化が多く、マフラーの交換時にボルトを破損させてしまうケースがよくあります。また、ジャッキアップが甘く車体の下敷きになって死亡してしまうケースも…。取り付けの際は専門店、もしくは経験のある方にお任せすることをおすすめします。

車の芳香剤おすすめ10選!女子ウケ抜群な香りは?【メンズ】 | MensModern[メンズモダン]

ストレート型マフラーは男のロマン!

いろいろお話してきましたが、マフラーにはデメリットもありますがメリットも多く、自動車のチューニングの代表的パーツです。何より男性ならスポーティなサウンドに心が躍りますよね。余裕があったら自慢の愛車、マフラーを交換してみてはいかがですか?

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ