オールデンの靴の魅力は?定番モデル・サイズ感・コーデについて調査

メンズ靴の憧れブランド・オールデンはアメリカ靴の王様と讃えられるブランドです。今回はオールデンの定番モデルをはじめ、人気のモデルやサイズ選びのポイント、コーデのコツなどを徹底調査しました。オールデンの靴で足元をおしゃれに決めてモテるメンズに近づいてみませんか。

目次

  1. 「アメリカ靴の王様」オールデン(ALDEN)
  2. 革靴にとっての重要な木型(ラスト)
  3. オールデンの革靴と言えばコードバン!
  4. オールデンの革靴人気モデル8選!
  5. 8位:PENNY LOAFERS(ペニーローファー)
  6. 7位:TANKER BOOT(タンカーブーツ)
  7. 6位:Plain Toe(プレーントゥ)
  8. 5位:Chukka Boot(チャッカブーツ)
  9. 4位:TASSEL LOAFER(タッセルローファー)
  10. 3位:Wing Tip(ウィングチップ)
  11. 2位:U TIP(Uチップ)
  12. 1位:V TIP(Vチップ )
  13. ビジネスシーンに通用するオールデンのコーデ
  14. カジュアルでも幅広く楽しめるオールデンのコーデ
  15. オールデンの靴で足元をおしゃれに!

「アメリカ靴の王様」オールデン(ALDEN)

創業は1884年のアメリカ

世界中のメンズのハートを虜にしている「アメリカ靴の王様」オールデン(ALDEN)。まずは、靴ブランドとしてのオールデンの歴史をひも解いてみましょう。オールデンの創業は1884年。創業者であるチャールズ・H・オールデンの名前をブランド名に掲げ、アメリカのマサチューセッツ州に誕生しました。創業当初は、カスタムメイドのブーツやドレスシューズがメインのアイテムだったそうです。

オールデン氏から経営を受け継いだターロウ家

創業者のオールデンが引退後、ブランドを引き継いだのはターロウ家。その後現在に至るまでターロウ家が4代にわたって一族経営を続けています。

医療用の矯正靴をきっかけに

オールデンの靴づくりの歴史の中で、大きなターニングポイントとなったのは、医療用の矯正靴の開発をてがけたこと。歩行が困難な方やX脚など、足に問題を抱える方のための医療用矯正靴作りが、バランス矯正にすぐれたオールデンが誇る代表的木型「モディファイドラスト」を生み出したのです。

革靴にとっての重要な木型(ラスト)

オールデンの靴を代表する7種類の木型

革靴を語る上で、ラストと呼ばれる木型は避けては通れません。木型は靴のベースとなるフォルムを決める役割があるからです。木型によって、靴底の形や甲革とのつながり、靴全体のシルエットやサイズ感などが変わってきます。オールデンにはモデルに合わせていくつかの木型があります。今回は日本で入手しやすい7種類をまとめました。

小さいサイズ1.ABERDEEN LAST(アバディーン・ラスト)

オールデンの木型の中で、小さいサイズのものは3種類。これらは一般的なアメリカンブランドの靴と同じサイズ感です。「ABERDEEN LAST(アバディーン・ラスト)」は、ベーシックなドレスシューズ系のシルエットが人気。オールデンの靴の中でも細身に作られているので、スマートでエレガントな印象に。

小さいサイズ2.PLAZA LAST(プラザ・ラスト)

ノーズが角ばったスクエアトゥのデザインが独特のシルエットを生み出す「PLAZA LAST(プラザ・ラスト)」。靴全体のフォルムも長めに作られているので、細身でエレガントな印象を与えます。

大きいサイズ1.BARRIE LAST(バリー・ラスト)

オールデンを代表するロングセラー「990」に使われている木型が「BARRIE LAST(バリー・ラスト)」。ノーズデザインがやや長く、履き口はやや狭め。足の甲をゆったりと包み込むデザインが、デキる男のビジネスシーンにぴったりです。一般的なアメリカンシューズに比べるとハーフサイズ大きめのサイズ感になります。

大きいサイズ2.MODIFIED LAST(モディファイド・ラスト)

上述のように、靴ブランドとしてのオールデンにとって重要なたターニングポイントとなった医療用矯正靴から生まれた木型が「MODIFIED LAST(モディファイド・ラスト)」。フットバランスシステム(Foot Balance System)と呼ばれる足の均整を回復する木型は、程よいカーブがソールを圧迫する設計。一般的なサイズよりもハーフサイズほど大きめです。

大きいサイズ3.TRUBALANCE LAST(トゥルーバランス・ラスト)

「TRUBALANCE LAST(トゥルーバランス・ラスト)」はブーツに使われることが多い木型です。こちらの木型にもフットバランスシステムが採用されているので、長時間履いていても足が疲れにくいと評判。カジュアルな雰囲気になじむ、ゆったりと余裕を持たせたデザインで、映画「インディ・ジョーンズ」に出てくるインディ・ブーツにも採用されました。

ローファー用のVAN LAST(バン・ラスト)

「VAN LAST(バン・ラスト)」は「レジャー・ハンドソウイン・モカシン」というローファーに使われている木型。上述の小さいサイズの木型に比べると、つま先が幅広でゆとりがあります。一般的なアメリカンブランドの靴のサイズ8がぴったりという方は、同じサイズ8または1つ小さめのサイズ7.5を試してみてください。

日本限定のMILITARY LAST(ミリタリー・ラスト)

正式名称「379X」の「MILITARY LAST(ミリタリー・ラスト)」は、その名の通り軍靴用の木型です。タンカーブーツ用に日本の「ラコタハウス」とオールデンが共同開発しました。フットバランスシステムが採用され、ゴム製のヒールでグリップ力も高めています。

日本ではあまり見かけない木型も

オールデンには。このほかにも日本ではあまり見かけない木型があります。細身でエレガントな「LEYDON LAST(レイドンラスト)」や大きめサイズの「TRUELINE LAST(トゥルーライン・ラスト)」、ビジネスシーンにもフィットする「GRANT LAST(グラント・ラスト)」など。「HAMPTON LAST(ハンプトン・ラスト)」はおしゃれ上級者に人気があります。

オールデンの革靴と言えばコードバン!

革靴の素材となるコードバンとは?

ここまで革靴を語るうえではずせない木型についてまとめてきましたが、革靴のデザインや見た目の印象には素材となる革も重要ですね。オールデンでは、コードバン(cordovan)と呼ばれる最高級皮革を素材にしています。コードバンは農耕用の馬の臀部から採れる希少な革。光沢があり丈夫なので靴や財布などの素材として人気があります。

コードバンで作られる革靴の魅力

コードバンは、その希少性から「革のダイヤモンド」「キング・オブ・レザー」と呼ばれています。コードバンの最大の魅力は滑らかな光沢のある美しいルックス。そして、硬質で丈夫でありながら、しなやかさも感じさせる独特の質感。使い込むにつれ、艶を増し色を変えるエイジング(経年変化)も楽しめる魅力あふれた革と言えるでしょう。

コードバンの革靴の注意点

コードバンは丈夫ではありますが、傷がつきやすい繊細な素材でもあります。コードバンを愛する人々は、そうした傷も受け入れていますが、できればきれいな状態を保ちたいもの。丁寧に扱うことを心がけましょう。また、雨にも弱く、シミになってしまうこともあるので要注意です。

オールデンのコードバン全種類!靴のサイズ感・カラーラインナップは? | MensModern[メンズモダン]

オールデンの革靴人気モデル8選!

ランキング形式で定番から最新モデルまでをご紹介

それではここから、オールデンの人気モデルをご紹介していきましょう。定番のロングセラーモデルから最新モデルまで幅広いラインナップを8つ厳選しました。オールデンではすべてのモデルに型番がついていますので、要チェック。木型のタイプも記載しておきますので、お気に入りの1足を見つけてみてくださいね。

8位:PENNY LOAFERS(ペニーローファー)

オールデンが誇る手縫いの定番ローファー

まず最初にご紹介したいのは定番の「PENNY LOAFERS(ペニーローファー)」。靴のアッパーをまたぐようなサドルストラップに切れ込みが入っているデザインが特徴。型番「987」の「Cordovan Leisure Handsewn Moccasin(コードバン・レジャー・ハンドソーン・モカシン)」は手縫いがポイントになっています。

オールデンが作る日本人の足に合ったローファー

「バリー・ラスト」が使われたペニーローファーの中で、型番「99162」は日本人の足にフィットするモデルとして知られています。通常のペニーローファーに比べると足の甲の部分が高くなっているので、すっぽりと包み込まれる履き心地が楽しめます。

7位:TANKER BOOT(タンカーブーツ)

人気が高く入手困難なモデル

続いてご紹介するのは「TANKER BOOT(タンカーブーツ)」。もともと戦車(タンク)に乗る兵士が履いていた軍用ブーツをモデルにしたブーツです。上述のように、日本の「ラコタハウス」との共同開発で作られた木型「ミリタリー・ラスト」が使われています。こちらの型番は「4545H」。ブラックのコードバンがメンズライクで美しいですね。

数が作れない原因は「ノルウェイジャンフロント」!?

人気の高いタンカーブーツですが、なかなか数が出ていないのはフロントに施されたノルウェイジャンフロントが理由の1つ。トゥ部分にあるノルウェイジャンフロント(モカ縫い)は、熟練の職人が1針1針手縫いでステッチしていくため、手間がかかるそう。こちらは型番「4540H」。丸みのあるトゥが特徴的です。

6位:Plain Toe(プレーントゥ)

幅広いシーンで活躍する定番プレーントゥ

続いてご紹介するのは、ブランドを代表する定番モデル「Cordovan Plain Toe Blucher Oxford(コードバン・プレーントゥ・ブラッチャー・オックスフォード)」。シンプルなデザインは、ビジネスシーンになじむスーツコーデにも、デニムに合わせたカジュアルコーデにもフィットします。型番は「9901」、木型はバリー・ラストです。

プレーントゥの基本型番は「990」

オールデンのプレーントゥの基本は、型番「990」。人気が高くなりすぎて、なかなか手に入らない1足になっています。こちらはおしゃれなセレクトショップの雄「ユナイテッド・アローズ」が別注をかけたもの。ダークバーガンディの渋みのあるカラーが美しいですね。

5位:Chukka Boot(チャッカブーツ)

シンプルで美しいチャッカブーツモデル

ランキング第5位は「Cordovan Chukka Boot(コードバン・チャッカブーツ)」。くるぶし丈のチャッカブーツを上質なコードバンで作ったオールデン。ピカピカに磨かれたチャッカブーツは、幅広いファッションに対応します。1番人気の型番は「1339」、木型はバリー・ラストです。

「1340」はビジネスシーンにも対応可能

オールデンのチャッカブーツにはいくつかのモデルがありますが、型番「1340」はご覧の通りシンプルなデザインなのでビジネスシーンにも対応可能です。コードバンの艶やかな光沢がスーツ姿にもはまります。ほかに、オールデンではスウェードのチャッカブーツも作られています。

4位:TASSEL LOAFER(タッセルローファー)

メンズのエレガンスを引き出すタッセル

ランキング第4位は「TASSEL LOAFER(タッセルローファー)」。こちらは型番「664」、木型は「アバティーン・ラスト」です。 上述のように、「アバティーン・ラスト」は細身でドレッシーな雰囲気。タッセルの飾りがメンズのエレガンスを引き出します。

コードバン以外の素材でも

オールデンのタッセルローファーはコードバン以外の革でも作られています。エレガントなルックスに、柔らかな革や上品な白いレザーが似合いますね。

3位:Wing Tip(ウィングチップ)

おしゃれメンズのアメリカントラッド定番靴

メンズの革靴の中でもおしゃれなデザインで知られる「Wing Tip(ウイングチップ)」。ブローギングと呼ばれる装飾とW字型の切り替えデザインは、水はけをよくするための工夫が原点にあります。もともとウイングチップは田園での散策や狩猟時に着用されていました。そのため、カジュアルな印象が強くフォーマルファッションには適しません。

カラーによって受ける印象が変わる

オールデンのウイングチップには、「9741」をはじめ「97891「97504」、「97894」などいくつかの型番があります。カラーバリエーションも多く、それぞれ印象が異なりますね。こうして並べると、ミルクチョコレートやダークチョコレートのような色合いですね。

2位:U TIP(Uチップ)

コーディネートの幅が広いオールデンのUチップ

オールデンの人気モデルランキングの2トップは定番デザインがランクイン。まずは「U TIP(Uチップ)」チップと言うのは、革片のこと。U字型のチップが切り替え部分に使われているため、この名称がつきました。コーディネートの幅が広く、人気が上昇しています。こちらの型番は「961」です。

希少な手縫いのUチップ

オールデンのUチップは非常に高い人気を誇りながらも流通量が少ないことでも知られています。特に手縫いのモデルは、職人の数が減少していることもあって激レアなので、店頭でご自身のサイズを見かけたらぜひゲットすることをおすすめします。こちらは型番「2210」、木型は細身の「アバディーン・ラスト」です。

1位:V TIP(Vチップ )

ドレッシーな雰囲気のVチップ

続いてご紹介するのは「V-tip(Vチップ)」。靴の甲部分がV字型に見えるでしょうか。Uチップに比べるとチップの先端がきゅっと尖ってドレッシーな雰囲気。こちらは型番「54321」、木型は「モディファイド・ラスト」。バーガンディのこっくりとした色合いは、エイジングを重ねるとより一層深みを増していきます。

「永遠の定番」として愛されるオールデンを代表する靴

オールデンのVチップは「永遠の定番」と称されるオールデン・ブランドの顔。コードバンだけでなくカーフを素材にしたVチップも好評です。雨に弱いコードバンに対し、カーフは多少の雨なら問題なし。きちんとお手入れをすれば、カーフもしっとりと滑らかな光沢が味わえます。型番は「54441」です。

ビジネスシーンに通用するオールデンのコーデ

ブラックのコードバンなら鉄板!

オールデンの靴を使ったコーデのアイデアもまとめてみましょう。まずは、ビジネスシーンにおけるオールデンのコーデから。ブラックのコードバンやカーフ素材のオールデンなら、スーツとの相性も抜群。ブランドの定番でもある歩きやすいバリー・ラストのモデルがおすすめです。

オールデンなら海外出張にもおすすめ

フライト時間が長い海外出張でも、オールデンのチャッカブーツを愛用されている方がいらっしゃいます。スマートカジュアルな服装にもフィットしますので、コーデの幅が広い1足と言えるでしょう。

脱ぎ着しやすいスリッポンタイプも

スリッポンタイプのペニーローファーもビジネスコーデにおすすめ。紐靴に比べて脱ぎ着しやすいのが特徴です。シンプルなデザインでも、オールデンのブランド力を感じる艶が魅力的。

カジュアルでも幅広く楽しめるオールデンのコーデ

ホワイトデニムとの軽やかコーデ

オールデンの靴は、カジュアルなシーンでもおしゃれな足元を演出してくれます。素足感を出したい夏は、フットカバーを賢く利用。定番のペニーローファーとホワイトデニムとのコーデで軽やかに。

きれい目カジュアルをかっこよく決める

オールデンをデニムに合わせる場合は、濃い目のインディゴを選ぶのがおすすめです。きれい目カジュアルな着こなしにコードバンの艶やかな光沢がぴったりフィット。ジャケットを羽織れば完璧です。

人気のセットアップコーデにも

メンズファッションの中で注目を集めているセットアップにも、オールデンの靴がなじみます。シンプルな着こなしの足元を本物で彩って。

オールデンの靴で足元をおしゃれに!

アメリカ靴の最高峰と讃えられるオールデン(ALDEN)の靴について、ブランドも歴史や代表的な木型(ラスト)、人気の定番モデルやコーデアイデアなどをまとめてご紹介しました。高級素材であるコードバンを使用したオールデンの靴は高価なものも多いのですが、長く履き続けることができるのでコスパは良いといえるでしょう。オールデンの靴で足元をおしゃれに装ってみませんか。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ