みなさんはドローンがレンタルできることをご存知ですか?ここ最近、個人でも企業でも導入をされているドローンですが、実はドローンのレンタルサービスがあるのです。今回はそんなレンタルサービスの利用料金や価格を徹底比較をしていきます。ぜひ参考にして下さい。

ドローンのレンタルサービスまとめ!利用料金や価格など徹底比較

目次

  1. ドローンってレンタルできるの?
  2. ドローンのレンタルの注意点とは?
  3. ドローンレンタル会社比較「東京カメラ機材レンタル」
  4. レンタル会社比較「DMM.comいろいろレンタル」
  5. ドローンレンタル会社比較「RENTALDrone.JP」
  6. ドローンレンタル会社比較「ドロンパ」
  7. ドローンレンタル会社比較「Drone-Rental.net」
  8. ドローンレンタル会社比較「ACEレンタル」
  9. 会社比較「株式会社ストロベリーメディアアーツ」
  10. ドローンのレンタルサービスまとめ!

ドローンってレンタルできるの?

ここ最近では、ドローンの商用利用や個人での利用も増えておりますので、以前よりもドローンの本体価格は手頃にはなってきております。とはいえ、そうは言ってもドローンはまだまだ購入するには、初心者が手を出しやすい価格とは言えず、ドローン初心者にはハードルが高いのが現状になっております。

現状ですと、しっかりとした撮影のできるドローンを購入したいと考えると、最低でも5万円以上のものになってしまいます。ドローンに興味をもった初心者の方がこの額を出すのは、大変勇気のいることだと思われます。そこでおすすするのが、ドローンのレンタルサービスになります。

たとえば、2泊3日などの短い期間からでもドローンを借りることができるサービスになります。様々な会社からドローンのレンタルサービスが出ております。今回はそんなドローンをレンタルできる会社をまとめました。各社の価格や利用料金、そしてサービス内容を徹底比較をしていきます。

ドローンのレンタルを今後考えている方や、試しに使ってみたいと思う方はぜひ、参考にして下さい。きっと参考になるはずですよ。まずは、次章でドローンを使用する際の、注意点をご紹介していきます。

ドローンのレンタルの注意点とは?

具体的にドローンを使用する際の注意点をあげていきます。まずは、初心者の方もドローンを利用する前に注意点をしっかり理解することが必要になります。お手軽なドローンのレンタルですが、便利な反面注意点も存在しておりますので、一つ一つ見ていきましょう。

まず一つ目の注意点ですが「どこでもドローンを飛ばせるわけではない」ということです。2015年には首相官邸にドローンが着陸する事件がありました。これ以降日本でも、ドローンに関する法整備が進められております。

具体的には、平成27年12月10日に法改正がされて、ようやくドローンが法律において、どのようなものをさして、どのようなルールが適用されるのかを示すようになったのです。無人飛行機とは「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」と定義をされているのです。

無人飛行機の中でも、いろいろな種類があり、その中にドローンが含まれるというイメージになります。一般的にドローンとは「人が乗ることができない回転翼航空機」となります。自動操縦は、「プログラミングによって飛行できるもの」という定義になり、どちらも現在のドローンに当てはまるものになっております。

ではこんな疑問が湧いてきます。それは「おもちゃのトイドローンは飛ばせなくなくの?」というものです。実は、これは例外で「機体とバッテリーの合計重要が200g未満のものは、模型航空機と定義されております。」ですので、こに機体の場合には、別の種類のものになるということです。

ドローンにはどんなルールがあるのか?

ではドローンにおける航空のルールとはどんなものがあるのか、見ていきましょう。まず無人航空機に関しては基本的なルールが義務化になりました。「3つの飛行禁止空域と6つの飛行の方法」になります。このルールを超えて飛行をさせる場合には、航空局や空港事務所に申請書を提出し、許可と承認をえないと、飛行することができません。

これがドローンを運行する際に使用する守るべきルールになりますので、きちんと理解をする必要があります。もし、ドローンを飛ばす際には、必ず「3つの飛行禁止空域と6つの飛行の方法」を事前に確認をするようにして下さい。

ドローンを知識ゼロで運行するのは危険です!

ドローンをこれから始める方にとって、ドローンに関する知識をゼロで運行するのは危険です。ドローンは飛翔体ですので、それなりのエネルギーを必要とします。高回転するプロペラに手が巻き込まれることがあれば、最悪の事態になってしまいますし、どんな惨事が起きるかわかりません。

またリチウムイオンポリマーバッテリーの使い方を一歩間違えると、火災や爆発の危険につながります。レンタルする前に飛ばす前は、操縦方法だけでなく、ドローンについて、ある程度は深く学んでおく必要がありそうです。まずドローンを初めてレンタルする場合は、事前に確認と、法律関連を勉強しておきましょう。その上で、ドローンを利用することをおすすめいたします。

写真を趣味にしたい初心者へ!おすすめの楽しみ方・カメラの選び方紹介 | MensModern[メンズモダン]

ドローンレンタル会社比較「東京カメラ機材レンタル」

ではここからは、ドローンのレンタルサービスを展開している会社を比較していきます。利用料金や、各種価格、そしてサービス内容をまとめていきますので、ぜひ参考にして下さい。まずドローンのレンタルサービス会社で比較するのは「東京カメラ機材レンタル」になります。

DJIのレンタルドローンを完備しているのが、東京カメラ機材レンタルになります。タブレットなどの撮影に必要なもの、必要な機材は豊富に取り揃えております。レンタル可能な機種は次の通りです。①Phantom2②Phantom3・Professional③Phantom4④Inspire1になっております。

利用料金は、18,000円〜になっております。様々な機種が揃っており、ユーザーからも好きな機種を選べるのが利点になります。

レンタル会社比較「DMM.comいろいろレンタル」

続いてのドローンのレンタル会社比較ですが「DMM.comいろいろレンタル」になります。価格はさきほどの東京カメラ機材レンタルよりお安く、14,800円になります。補償はついております。アップルウォッチやルンバといった話題の商品を取り揃えているDMM.comいろいろレンタルですが、ドローンもレンタルすることができます。

魅力は、その格安な料金設定で「Phantom3・Standard」を14,800円で5日間借りることができます。レンタル可能は機種は次の通りになります。①Phantom3・Standard②パロット・ミニドローンズ・ローリング・スパイダー レッド③パロット・AR.Drone2.0④ジーフォース・HUBSAN・X4DESIREになっております。

多くの種類を借りることができて、ユーザーから見ても魅力がありますね。価格も安いですので、ぜひ検討をしてみて下さいね。

タブレットの車載ホルダーまとめ!スマホにもおすすめのスタンドランキング | MensModern[メンズモダン]

ドローンレンタル会社比較「RENTALDrone.JP」

続いてのレンタルドローンのサービスを提供してくれる会社ですが「RENTAL・Drone.JP」になります。利用料金は12,600円で補償がついております。RENTAL・Drone.JPでは2泊3日で12,600円の割安価格でドローンを借りることができます。そして、レンタル可能なドローンの種類も6種類と豊富取り揃えております。

また、嬉しいサービスとしてドローンを飛行禁止エリアで飛ばすために必要な申請を代行で申請してくれるサービスもあるので、初心者だと複雑な申請類をサポートしてくれるのが良いですね。レンタル可能な機種は次の通りです。

①Phantom3・Professional②Phantom3・Standard③Phantom4・Pro+④Phantom4⑤Inspire1・Pro・Black・Edition⑥Mavic・Pro⑦3DR(3DRobotics)SOLO

⑧Parotto・Bebop・Drone・Sky・Controller・Set⑨Parotto・Bebop・Droneになります。非常に豊富なラインナップを誇っております。ぜひご検討下さい。

ドローンレンタル会社比較「ドロンパ」

続いてのドローンのレンタルサービスを提供してくてる会社比較ですが「ドロンパ」になります。ドロンパの特徴は、価格が14,800円と低価格で補償もついております。料金が低価格であるのと同時に、機材が一通り揃っていて、レンタルで追加をする必要がないのも、非常に嬉しいサービスになります。

また、全てのPhantom3にインテリジェントフライトモードを搭載しており、プロ並みの映像を誰でも楽しむことができます。レンタル可能な機種は次の通りです。①Phantom3・Standard、種類は少ないですが、とてもサービスが充実しているので、ぜひ検討をしてみて下さい。

ドローンレンタル会社比較「Drone-Rental.net」

続いてのドローンのレンタル会社比較ですが「Drone-Rental.net」になります。利用料金は16,800円からで補償はついております。また、Drone-Rental.netでは8種類のドローンから選んでレンタルすることができます。ドローン初心者でもスムーズに撮影できるマニュアルが用意されているので、安心できますね。

レンタルできる機種は次の通りです。①Phantom3・Standard②Phantom3 ・Professional③Phantom4④Phantom4・Pro⑤Inspire1⑥Inspire1・Pro⑦Inspire1・RAW⑧Parrot・Bebop・Drone2になります。非常に種類が豊富なのが特徴になります。ぜひこちらも合わせて、ご検討下さい。

ドローンレンタル会社比較「ACEレンタル」

続いてのドローンレンタルサービスを提供してくれる会社ですが「ACEレンタル」になります。ACEレンタルの特徴はやはり、レンタルできるドローンの種類が多いので、ユーザーの選択の幅が広いのが特徴になります。ドローンの端末は8種類からレンタル可能になります。

また、それでけでなくドローンだけをレンタルするのか、それとも周辺機器も入っているフルセットをレンタルするのかを選ぶことができます。レンタル可能な機種は次の通りになります。①Phantom3・Standard

②Phantom4③Inspire1④Inspire2⑤Mavic・Pro⑥Bebop⑦Bebop2⑧リリードローンになります。こちらも機種が豊富ですので、ぜひ検討をして下さい。

会社比較「株式会社ストロベリーメディアアーツ」

続いてのドローンのレンタルサービスを提供してくれる会社ですが「株式会社ストロベリーメディアアーツ」になります。レンタル価格は、30,000円で、補償があるかどうかは不明になります。株式会社ストロベリーメディアアーツは、東京・大阪・山口・福岡・名古屋等で、映像音響機器のレンタルと販売を行っております。

株式会社ストロベリーメディアアーツでもドローンをレンタルすることができます。個人では手がでないような、上位機種も取り扱っており、LEDやモニターなどをレンタルできるのも魅力的です。

レンタル可能な機種は、次の通りです。①Phantom2・Vision+②Phantom3・Professional③Inspire1④AlignM690Lになっております。映像音響ならではの、サービスが受けれるので、ぜひご検討を下さい。

ドローンのレンタルサービスまとめ!

みなさん、ここまでいかがでしたか?今やドローンは数多くの会社でレンタルすることができます。ですので、まずはドローンの基礎知識を用いて、ドローンの法律等をある程度勉強をして、非常にお手軽なドローンのレンタルサービスを利用してみてはいかがでしょうか?今回は、ドローンのレンタルサービスのまとめでした。


評価 4.4/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ