男性のオフィスカジュアルの着こなし・コーデ術!おすすめブランドは?

クールビズの流行により浸透したオフィスカジュアルスタイル。実際、どんなスタイルで仕事に行けばいいのかわからないという男性も多い傾向にあります。今回は男性のオフィスカジュアルスタイルのおすすめブランドとおすすめコーデをご紹介いたします。

目次

  1. 男性のオフィスカジュアルとは?
  2. オフィスカジュアルはどの範囲までいいの?
  3. オフィスカジュアルの注意点とは?
  4. オフィスカジュアルのおすすめカラーとは?
  5. オフィスカジュアルのおすすめスタイルとは?
  6. オフィスカジュアルのおすすめデザインとは?
  7. オフィスカジュアルのおすすめ素材とは?
  8. オフィスカジュアルにおすすめ買い足しアイテム!
  9. おしゃれなオフィスカジュアルは小物で攻める!
  10. 女子ウケがいい男性オフィスカジュアルコーデとは?
  11. オフィスカジュアルのおすすめ男性ブランドをご紹介!
  12. オフィスカジュアルをおしゃれに決めるコツを伝授
  13. 男性オフィスカジュアルのジャケット着こなし・コーデ術
  14. 海外におけるオフィスカジュアルコーデの着こなし
  15. オフィスカジュアルをおしゃれに楽しもう

男性のオフィスカジュアルとは?

日本では環境省が推奨するクールビズの影響により、暑い夏場はオフィスカジュアルを推進する企業は増加しています。クールビズスタイルは、一般的に省エネを推進するため会社でも軽装な服装を着てもいいとする活動です。クールビズスタイルでは、ジャケットやネクタイはなしのスタイルを推奨していますが企業によって服装の指定が異なるため、明確なスタイルは定まっていません。

2012年から推奨されたのが「スーパークールビズ」です。こちらの服装はさらに軽装な格好を推奨したもので、企業によっても異なりますが普段のカジュアルウェアに近い着こなしで勤務してもよいとされています。たとえば、デニムやTシャツ、サンダルなども企業によって可としていますが、こちらも明確なスタイルは決められていないのが実情です。

企業によっては「カジュアルデー」と称し、指定した日はカジュアルな着こなしで勤務が可能としている企業も増えてきています。カジュアルデーも企業によって服装が異なりますが、クールビズと同様な着こなしを求めている企業が多い傾向にあります。オフィスカジュアルは企業によって異なるので、周囲のスタイルと合わせながらコーデを決めるようにしましょう。

ビジネスカジュアル夏の着こなし!クールビズなどオフィスコーデを紹介 | MensModern[メンズモダン]
青いスーツを着こなすコツは?ネクタイの合わせ方や最新スタイル | MensModern[メンズモダン]

オフィスカジュアルはどの範囲までいいの?

男性はセットアップスーツを除いた服装は可

通常のビジネススタイルは、上下同じカラーのセットアップスーツが基本です。オフィスカジュアルは普段の着こなしよりカジュアルスタイルで仕事が可能という意味なので、当然スーツスタイルでなくてもよいということは明確にいうことができます。

環境省が推奨している「クールビズスタイル」も明確なスタイルの定義が定まっていないように、オフィスカジュアルも仕事によってスタイルは異なります。たとえば、営業職の方などは相手企業へ訪問した際に失礼がないようジャケットを着用している方が多い傾向にあります。同じ会社でも職種によって着こなしが異なることがあるので注意しましょう。

オフィスカジュアルの注意点とは?

男性のオフィスカジュアルNG事項:サンダル着用

またクールビズスタイルの中でも、デニムやTシャツ、サンダルは着用不可としている企業がほとんどです。しかし、ベンチャー企業などの比較的自由な通勤スタイルを推奨している企業は普段着でも可とされている会社もあります。新入社員や転職したばかりの方は、周りの着こなしを参考にしながらオフィスカジュアルの度合いを判断していくといいでしょう。

男性のオフィスカジュアルNG事項:ダメージ加工された服

デニムやTシャツなどでもダメージ加工が施されたデザインは避けた方が無難です。会社には様々な年齢層の人が仕事をしています。その中にはダメージ加工をファッションと解釈せず、破れた汚い服装と判断する方もいます。特に男性は破れた部分からすね毛などが見えると相手に不快な印象を与える場合があります。オフィスカジュアルは普段の着こなしと分けて考えましょう。

男性のオフィスカジュアルNG事項:ハーフパンツ

現在のファッションではジャケットとハーフパンツを合わせた着こなしも人気のスタイルの1つ。しかし、スーパークールビズでもハーフパンツの着用を禁止している企業が多い傾向にあります。自由な着こなしが推奨されている企業は構いませんが、仕事で着用する際は十分注意しましょう。

オフィスカジュアルのおすすめカラーとは?

男性におすすめのカラーは「ネイビー」&「ベージュ」

普段の仕事スタイルは、ブラックやグレーなどのベーシックカラーを基調としたスタイルが多い傾向にあります。オフィスカジュアルでは、仕事のスタイルよりもカジュアル感を感じる色目が重要なポイントです。ベージュや明るめのネイビーのジャケットを着用するだけで普段よりカジュアル感がアップ!上品かつ大人っぽいカラーリングなのでおすすめです。

オフィスカジュアルのおすすめスタイルとは?

カジュアル感のあるジャケットスタイル

おしゃれなメンズであれば、オフィスカジュアルもおしゃれに着こなしたいものですよね。おすすめは綿や麻素材を使用した軽めのジャケットをプラスするのがおすすめです。素材は違うだけで、いつもの仕事スタイルにカジュアル感がプラスされます。またニットタイやラペルピンなどの小物を合わせておしゃれに着こなしましょう。

オフィスカジュアルのおすすめデザインとは?

シンプルなデザインがおしゃれな男性の着こなし

オフィスカジュアルの着こなしでは、シンプルなデザインを組み合わせるのがポイントです。無地はもちろんのこと、ストライプ柄は控えめなデザインなのでおすすめです。また柄物のデザインを取り入れたい場合は、チーフやネクタイなどの小物を使用するとスタイルのアクセントになるのでおすすめです。オフィスカジュアルの着こなしは、デザインよりもコーデの組み合わせが重要なポイントです。

オフィスカジュアルのおすすめ素材とは?

季節によって適した素材を楽しもう

春・夏のおすすめ素材は、綿や麻などの涼しい素材のアイテムを選びましょう。麻を着用する際は、摩擦などに弱い素材なので十分注意して着用しましょう。秋・冬は、ウールやカシミヤなどの上質かつ温かな素材を選びましょう。同じストライプ柄のアイテムでも素材によって見え方が変わってきます。シーズンに合わせて素材を選ぶのがおしゃれメンズの鉄則です。

オフィスカジュアルにおすすめ買い足しアイテム!

おしゃれな男性にはジレがおすすめ!

シンプルなデザインのジレを1つ持っておけば、年間通して色々なスタイルを楽しむことができます。オフィスカジュアルであれば、ジレとボトムスだけでもおしゃれに見えます。また通常の仕事スタイルでもスーツの中に合わせるだけで、グッとおしゃれ度がアップします。スーツと同色のジレであれば少しフォーマルな着こなしもOKです。

おしゃれなオフィスカジュアルは小物で攻める!

着こなしに自信がない男性はバッグから攻めよう

オフィスカジュアルといわれても、ファッションにあまり自信がないという方も多いはず。そんな時は通常の仕事スタイルでもいいので、バッグをカジュアルなデザインにかえてみましょう。いつも使用しているレザーのビジネスバッグをキャンパス地のバッグやリュックなどにかえるだけで、カジュアル感がグッとアップします。

女子ウケがいい男性オフィスカジュアルコーデとは?

ニットタイは女性ウケのいいアイテムの1つ!

普段のセンスが試されるオフィスカジュアルスタイル。会社にいる女性からの視線が気になりますよね!女性に人気の高いアイテムの1つが「ニットタイ」です。ニットタイは仕事で着用するネクタイよりも素材が厚いため、ジャケットなしでもおしゃれなスタイルに決まります。特にボトムスはスリムなタイプの方が、スタイリッシュな着こなしに仕上がります。

男性は半袖より長袖をロールアップすべし!

女性は肌の露出が多い男性を嫌がる傾向があるので、シャツも半袖より長袖がおすすめです。オフィス内が暑ければ、長袖シャツをロールアップした方がおしゃれに見えますよ。女性ウケを考えるのは、ハーフパンツは絶対にNGです。またシャツのボタンも第3ボタンまで開けるような過度な露出は控えましょう。

オフィスカジュアルのおすすめ男性ブランドをご紹介!

TAKEO KIKUCHI(タケオ・キクチ)

日本人デザイナ―菊池武夫氏によって誕生した有名ブランド「TAKEO KIKUCHI(タケオ・キクチ)」。トラッドなテイストからロンドンポップまで様々なデザインを手掛ける人気のブランドの1つです。デザインはシンプルなデザインも多いので、幅広い世代に合わせやすいデザインです。ビジネスラインも充実しているので色々なコーデが楽しめます。

Calvin Klein(カルバン・クライン)

アメリカで人気の高いアパレルブランド“Calvin Klein(カルバン・クライン)。シンプルなデザインが多い同ブランドはビジネスからタウンユースまで使いやすいアイテムが魅力です。少し細めのすっきりとしたシルエットが特徴的なブランドなので、体型に合ったサイズを選ぶことを重要なポイントです。ブラックやグレーを基調としたカラーは仕事で着る服に最適です。

Paul Smith(ポール・スミス)

イギリスで誕生したアパレルブランド“Paul Smith(ポール・スミス)。ブリティッシュなスタイルが特徴的なブランドで、シンプルから派手なデザインまで種類豊富なラインナップです。同ブランドで商的なデザインといえば、カラフルなボーダーデザイン!洋服に限らず、小物などにもこだわりたい方におすすめのブランドです。

オフィスカジュアルをおしゃれに決めるコツを伝授

着こなしのアクセントカラーを決めましょう

オフィスカジュアルをおしゃれに着こなすには、アクセントカラーを設定することをおすすめします。レッドやイエローなどのビビットカラーでなくてもOKです。チーフや靴下、バッグや靴などの小物を明るめのカラーで揃えてあげることで全体のスタイルがすっきりまとまります。スタイル全体のカラーはアクセントカラーも含めて3色以内にまとめるといいでしょう。

男性オフィスカジュアルのジャケット着こなし・コーデ術

おしゃれなジャケットで極めるオフィスカジュアルコーデ

いつものスタイルに明るめのジャケットをプラスするだけでもおしゃれなオフィスカジュアルを楽しむことができます。秋冬はツイードやヘリンボーンなどの柄物ジャケットで温かみをプラスするのもおすすめ!シックなカラーで統一すれば上質かつ大人の着こなしに仕上がります。比較的クラシックなスタイルなので幅広い世代におすすめのコーデです。

チノパンを合わせたおすすめオフィスカジュアルコーデ

普段の仕事では着用できないチノパンもオフィスカジュアルならOK!少し細めのチノパンにジャケットなどを合わせたコーデがおすすめです。チノパンは年間通して使えるアイテムなので、1本持っておくと差様々なスタイルに活用できます。秋冬はジレなどを重ね着しておしゃれに着こなしたいオフィスカジュアルコーデです。

クールな男性を演出するオフィスカジュアルコーデ

クールなオフィスカジュアルを着こなしたい方は、シンプルなジレと合わせたコーデがおすすめです。全体のスタイルがすっきりとしているので、がっちりした体型の方よりは細い体型の方におすすめの着こなしです。このコーデのポイントは、全体のカラーを揃えることが重要です。女性ウケもいいコーデの1つなので、ぜひトライしてもらいたいオフィスカジュアルコーデです。

ホワイト系で攻めるオフィスカジュアルコーデ

おしゃれに自信のある方は明るいカラーを使用したセットアップの着こなしもおすすめです。オフィスカジュアルといっても必ずカジュアルでもある必要はありません。明るいカラーのセットアップでは派手すぎる方はジャケットかボトムスの単体アイテムを使用してもいいでしょう。普段の職場で着用できない着こなしだからこそ、オフィスカジュアルで楽しみのも楽しみ方の1つです。

ダーク系デニムを使用したオフィスカジュアルコーデ

デニムの着用が可能なオフィスであれば、ダーク系のデニムもおすすめアイテムの1つ。ダーク系のデニムは、カジュアル過ぎず、ジャケットやニットタイとの相性も抜群です。またライトカラーのデニムよりもダーク系のデニムは上品なスタイルに仕上がります。ダーク系のデニムは年間通して使えるのでおすすめです。

マリーンテイストのオフィスカジュアルコーデ

春・夏の定番スタイルでもマリーンスタイルはオフィスカジュアルとしてもおすすめです。ネイビーとホワイトを掛け合わせばマリーンスタイル風に自然と仕上がります。チーフをボックス型にさせば、さらにおしゃれ度がアップ!シューズも明るめカラーのスリッポンに履き替え、軽やかに着こなしたいコーデの1つです。

ダブルジャケットを使用したオフィスカジュアルコーデ

おしゃれメンズであれば必ず1枚は持っているといっても過言ではないアイテムの1つが「ダブルのジャケット」。最近のシルエットはすっきりとした細めのシルエットが人気です。ネイビーのダブルジャケットであれば、どんなボトムスでも合わせやすいアイテムです。チーフをさしておしゃれに決めたいおすすめのオフィスカジュアルコーデです。

小物で決めるおしゃれなオフィスカジュアルコーデ

ジャケットの着用が義務づけられていない場合は、小物を活かしたオフィスカジュアルコーデがおすすめです。ネクタイを着用しない場合は首元にボリュームがなくなるので、スカーフなどを巻くのもおしゃれコーデのポイントです。シンプルなスタイルの中に小物をアクセントとして使用したコーデはおしゃれ度がグッとアップします。

海外におけるオフィスカジュアルコーデの着こなし

アクセントカラーを上手に使いこなすオフィスカジュアルコーデ

海外のオフィスカジュアルスタイルを参考にする場合は、全体のスタイルのアクセントカラーに注目してみてください。シューズはもちろんのこと、チーフやバッグなど、様々なアイテムにアクセントカラーを取り入れながら上手にスタイルをまとめています。おしゃれ上級者はマネしたいおすすめコーデです。

リュックをプラスしたオフィスカジュアルコーデ

海外のオフィススタイルでもよく使われているアイテムの1つが「リュック」です。使い勝手がいいのはもちろんのこと、おしゃれなカジュアル感をプラスしてくれるアイテムです。アメリカのニューヨークにあるオフィス街などでよく見かけるスタイルですが、日本でもぜひ参考したいオフィスカジュアルコーデです。

オフィスカジュアルをおしゃれに楽しもう

オフィスカジュアルと言われる何を着たらいいのかわからない人も多いと思います。オフィスカジュアルは企業によって規定が異なるので、職場や職種に合わせた着こなしが重要なポイントです。規制が厳しい会社でも少しカジュアル感のあるジャケットスタイルであればほとんど問題ありません。オフィスカジュアルコーデではいつもと違うファッショナブルな着こなしを楽しみましょう。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ