海外セレブをはじめ、おしゃれメンズの間で人気を集めているアクセサリー、チョーカー。ネックレスに比べ首元のフィット感が強いチョーカーをおしゃれにコーディネートするメンズが増えています。今回はメンズチョーカーの人気ブランドやコーディネートのアイデアをご紹介します。

メンズのチョーカーが人気!コーデしやすいチョーカーのまとめ!

目次

  1. チョーカー(Choker)とは?
  2. メンズチョーカーのいろいろなデザイン
  3. ハイブランドも注目しているメンズチョーカー
  4. メンズチョーカーの人気ブランドランキング!
  5. 10位:DING(ディング)
  6. 9位:amp japan(アンプジャパン)
  7. 8位:ZOCALO(ソカロ)
  8. 7位:nano・universe(ナノ・ユニバース)
  9. 6位:rinto(リント)
  10. 5位:KONOV(コノヴ)
  11. 4位:GUCCI(グッチ)
  12. 3位:ankoROCK(アンコロック)
  13. 2位:POLIS(ポリス)
  14. 1位:AMBUSH(アンブッシュ)
  15. チョーカーとネックレスのコーディネート
  16. チョーカーを活かしたファッションコーディネート
  17. チョーカーをおしゃれに身につけよう

チョーカー(Choker)とは?

チョーカーはネックレスの1種

チョーカーはネックレスの1種です。本来ネックレスは首に巻き付ける装飾品全般を指す言葉。ですから、トップと呼ばれる飾りがついたペンダントネックレスやよだれかけのように広がるビブネックレス、長く垂れさがるオペラネックレスなどさまざまなネックレスが存在します。チョーカーは首に密着させるように巻き付けるタイプ。長さは35センチから43cm程度が一般的なサイズです。

チョーカーの名前の由来

メンズに人気のチョーカーは英語で表記すると「Choker」となり、その語源は「むせかえる・窒息させる・首を絞める」という意味の「チョーク(Choke)」から来ています。首にぴったりと密着するデザインからその呼び名がついたそうです。

古代の人々も愛用したチョーカー

チョーカーの歴史は古く、古代のエジプトやメソポタミアでもメンズ、レディースを問わず高貴な身分の人々の装身具として愛用されてきました。金やラピスラズリなどで作られたチョーカーが、遺跡から発掘されています。その後、チョーカーは主に女性用のアクセサリーとして発展していきましたが、20世紀に入るとまた別の意味を持つようになりました。

パワーコスチュームとしてのチョーカー

イギリスで生まれたパンク・ファッションは、若い世代から熱狂的な支持を集めました。引き裂いたTシャツやスカルモチーフと共に、パンク・ファッションを代表するアクセサリーが鋲のついた首輪です。パンク・ファッションにおけるメンズチョーカーは、首輪から連想される飼い犬のイメージと、尖った鋲の凶暴なイメージが融合し、既存のルールへの不満や破壊のメッセージを帯びています。

ネックレスのメンズに人気の安いブランド10選!おすすめアクセサリーは? | MensModern[メンズモダン]

メンズチョーカーのいろいろなデザイン

さまざまなタイプのメンズチョーカー

ここ数年のメンズチョーカー人気の高まりにつれ、さまざまなデザインのメンズチョーカーがいろいろなブランドからリリースされています。トレンドにもなっているメンズチョーカーは、そのデザインから大きく2つのタイプに分けることができます。

軽めデザインのメンズチョーカー

軽めのデザインのメンズチョーカーには、ヘンプと呼ばれる麻ひもや細めの革ひもを編んだもの、リボンなどの薄い布、細めのゴールドやシルバーのチェーンなどがあります。天然素材をもとにしたメンズチョーカーは、サーファーにも人気がありビーチシーンにもフィット。天然石や貝殻、牛の骨などメンズライクなチャームをアクセントに。

重めデザインのメンズチョーカー

重めのデザインのメンズチョーカーと言えば、本物の首輪のようにも見えるハードなイメージ。スタッズを付けたり、シルバーと組み合わせたりしたデザインは、パンクロックやゴシックファッションとの相性も抜群。チョーカーだけでなくバングルなどのアクセサリーとテイストを合わせてトータルコーディネートを楽しむメンズも多いようです。

チョーカーは男女兼用できるネックレス

チョーカーは、基本的に男女兼用できるネックレスです。メンズ向けのチョーカーは、ごつめのデザインやハードなモチーフなどが使われることが多いのが特徴ですが、そういったハードなチョーカーを女性が身につけてもOK。カップルで共有することもできますね。

メンズネックレスはシンプルなデザインが女子ウケ良し!正しい選び方伝授! | MensModern[メンズモダン]

ハイブランドも注目しているメンズチョーカー

2017年コレクションでも続々登場しているメンズチョーカー

ハリウッド女優をはじめとする海外セレブのレディースの間では、数年前からトレンド入りしているチョーカーですが、メンズチョーカーも2017年のパリやニューヨークのコレクションで多くのメゾンが取り上げています。メンズの場合、シンプルなデザインが多くレザー素材が人気です。

Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)のメンズチョーカー

ハイブランドの「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が発表した2017年春夏コレクションでは、90年代にインスパイアされたメンズファッションが目を惹きました。派手なプリントシャツにメンズチョーカーをコーディネートして、アバンギャルドな雰囲気に。

SFがテーマになったGUCCIの2017年秋冬コレクションにも

GUCCI(グッチ)は2017年秋冬コレクションの中でSFをテーマにしたアナザーワールドを展開しました。異形の宇宙人的なモデルたちが纏う衣装は、どこかレトロな近未来風。デコラティブに身につけたたくさんのアクセサリーの中に、さまざまなデザインのチョーカーも。

palmiers du mal(パルミエ・デュ・マル)のメンズチョーカー

ニューヨークで誕生したラグジュアリーなメンズウェアブランド「palmiers du mal(パルミエ・デュ・マル)」では、2017年秋冬コレクションにおいてトレンドのパジャマルックにチェーンタイプのメンズチョーカーをコーディネート。リラックス感のあるパジャマルックとハードなイメージのチェーンチョーカーが絶妙なバランスです。

メンズチョーカーの人気ブランドランキング!

ハイブランドからアクセサリー専門ブランドまで

ここからは、メンズ向けチョーカーの人気ブランドをランキング形式でご紹介していきます。ハイブランドからアクセサリー専門ブランド、プチプラブランドと幅広いラインナップです。各ブランドの傾向をつかんでおくとお気に入りのメンズチョーカーを見つけやすくなります。

10位:DING(ディング)

原宿発信ブランド「WEGO」でも取り扱っているメンズチョーカー

それではここから、メンズチョーカーの人気ブランドランキングをご紹介していきましょう。第10位は「DING(ディング)」。リーズナブルなアクセサリーブランドです。こんどうようじさんがプロデュースし、メンズだけでなくジェンダーレスに使えるデザインとリーズナブルな価格が魅力。シンプルなリングチョーカーは牛革が素材ですが、1,000円以下で購入できるコスパの良さも人気です。

9位:amp japan(アンプジャパン)

メンズチョーカーの人気ブランドランキング第9位は「amp japan(アンプジャパン)」。シルバーアクセサリーでよく知られているブランドですが、こちらはラバストーンと呼ばれる溶岩石やターコイズなどを素材にしたメンズチョーカー。ブレスレットやアンクレットとしても使える3WAYデザインが人気です。西海岸風のファッションとの相性もよいので、デニムやTシャツに合わせたコーデもおすすめ。

8位:ZOCALO(ソカロ)

美しい伝統的モチーフをメンズチョーカーに

続いてご紹介するのは「ZOCALO(ソカロ)」。世界各地の民族に伝えられてきた伝統的な紋章や宗教的なモチーフをデザインに取り込んだ個性的なシルバーアクセサリーが人気のブランドです。こちらはチベット密教の法具であるドーシェをモチーフにしたペンダントヘッド。チベットのドラゴンとともにインパクトのあるメンズライクなデザインです。

7位:nano・universe(ナノ・ユニバース)

レザーコードのシンプルなメンズチョーカー

メンズチョーカーの人気ブランドランキング第7位は「nano・universe(ナノ・ユニバース)」。シンプルなレザーコードがどんなファッションにもフィットします。こちらのメンズチョーカーは、「The standard 2WAYchoker」というネーミング通り、2重にすればブレスレットとしても使用可能。ブラックとベージュの2色展開です。

6位:rinto(リント)

ハンドメイドのメンズチョーカー

ブランド名「rinto(リント)」の由来は日本語の「凛と」からついたそう。「rinto」の品のあるアイテムのセレクトは、ブランド名に通じるところがあります。こちらのメンズチョーカーは、天然石をハンドメイドで仕立てたもの。ターコイズブルーのほかに、ダークグリーンやネイビー、ブルーにパープル、さらに2色づかいのタイプもあります。細めのメンズチョーカーなので、2重にしてブレスレットとしてもOKです。

5位:KONOV(コノヴ)

メンズに人気のアクセサリーブランド

続いてご紹介するのは、ステンレス製のメンズアクセサリーで有名なブランド「KONOV(コノヴ)」。メンズに人気の高いスカルやドラゴンのモチーフがついたアクセサリーをリーズナブルな価格でリリースしている「KONOV」では、ナチュラルなウッドビーズとボーンモチーフを組み合わせたメンズチョーカーもみつかります。

4位:GUCCI(グッチ)

メンズならではの存在感のあるチョーカー

メンズチョーカーの人気ブランドランキング第4位は、すでにご紹介したハイブランド「GUCCI(グッチ)」。幅広のレザー素材をベルト状にデザインしたメンズチョーカーは、ハイブランドとしての風格さえ感じられます。大胆なバックルやヒョウのモチーフはメンズならでは。強烈な存在感を放ちます。

メンズライクなスーツにも

「GUCCI」の2017年コレクションにおいて、メンズのスーツに合わせてチョーカーを身につけるコーディネートがいくつも発表されました・オーソドックスなオフホワイトのスーツにも、ブラックレザーのチョーカーを。スーツとチョーカーの色のコントラストが効いています。

3位:ankoROCK(アンコロック)

ジャンルやジェンダーを問わないアクセサリーブランド

メンズチョーカーの人気ブランドランキングもいよいよTOP3の発表です。第3位にランクインしたのは、ジャンルやジェンダーにとらわれないアクセサリーをリリースしているメンズアクセサリーブランド「ankoROCK(アンコロック)」。メンズにおすすめのハードなデザインのチョーカーは「奴隷チョーカー」という鮮烈なネーミングも話題に。

メンズブランドの視点でセレクトするユニセックスアイテム

「ankoROCK」では、メンズアクセサリーブランドとしての視点に立ってユニセックスなデザインのアイテムのセレクトも行っています。「an meets zakka」では、スウィートな要素も盛り込んだチョーカーも発見。メンズにもおすすめのシンプルな2重チョーカーです。

2位:POLIS(ポリス)

イタリア生まれのメンズアクセサリーブランド

メンズチョーカーの人気ブランドランキング第2位は、「POLIS(ポリス)」。イタリアで誕生したメンズアクセサリーブランドで、腐食しにくいステンレスやメンズライクなレザーを素材にしたアイテムが人気を集めています。羽根やタガ―、クロスにイーグルといったメンズならではの力強いモチーフが魅力的です。

シンプルな胸元を演出するメンズチョーカー

「POLICE」では、オールステンレススティールのチョーカーも人気です。こちらは、「 MAGNUM(マグナム)」と名付けられたショートネックレスタイプのチョーカー。メンズらしいパワフルなイメージのある弾丸をモチーフにしています。

1位:AMBUSH(アンブッシュ)

シンプルでおしゃれなメンズチョーカー

メンズチョーカーの人気ブランドランキング第1位は「AMBUSH(アンブッシュ)」。東京カルチャーにインスパイアされたメンズアクセサリーを次々と発表しているブランドです。世界的にも知名度が高く、2015年には「ファッション界を変える世界の500人」に「AMBUSH」のデザイナーが2名とも選ばれるほど。海外アーティストとのコラボも充実しています。

コートにもコーディネートできるメンズチョーカー

「AMBUSH」の「STANCE PADLOCK CHOKDER(スタンス・パドロック・チョーカー)」はメンズのシンプルなコートに合わせても光ります。チャームのパドロックには、ブランド名を刻印。真鍮と牛革の組み合わせがおしゃれです。

存在感のある幅広レザーのメンズチョーカー

「RING LEATHER CHOKER(リング・レザー・チョーカー)」は、おそろいのデザインのブレスレットもリリースされています。なめらかに結ばれたリング部分はシルバーとゴールドの2色展開。幅の広いレザーがメンズらしい存在感をアピールします。

チョーカーとネックレスのコーディネート

レザーチョーカーとゴールドネックレスのコーディネート

続いて、メンズチョーカーのコーディネートアイデアについてまとめてみまhそう。メンズの場合、チョーカーのみ身につけるシンプルなコーディネートのほかに、重ね付けを楽しむアイデアもあります。たとえば、レザーコードをぐるぐる巻いたようなシンプルなデザインのチョーカーに、ゴールドのチェーンネックレスを組み合わせてもOKです。

ウッドビーズチョーカーとネックレスのコーディネート

ナチュラルな雰囲気のあるウッドビーズのメンズチョーカーに合わせたのは、大きめのモチーフのついたネックレスとシンプルなチェーンネックレス。アクセサリー好きのメンズは、ピアスやブレスレットなどもプラスして盛り気味コーデも楽しめます。

スタッズチョーカーとクロスペンダントのコーディネート

メンズチョーカーの重ね付けコーディネートで気を付けたいのは、テイストの統一感。素材やモチーフ、デザインから受ける印象をちぐはぐなものにせず、まとまったイメージのものをセレクトするようにしましょう。たとえば、パンクロックな雰囲気のスタッズ付きメンズチョーカーに合わせたネックレスには、クロスのチャームをチョイスして。

チョーカーを活かしたファッションコーディネート

シンプルなチョーカーにシンプルなTシャツを

最後に、メンズチョーカーとファッションのコーディネートアイデアをご紹介しましょう。メンズファッションでは、シンプルが基本。Tシャツのショートパンツという何気ない組み合わせでも、シンプルなブラックレザーのメンズチョーカーを合わせるだけでぐっとおしゃれ度がアップします。

パンクテイストのTシャツとのコーディネート

レザーコードを2重にしたメンズチョーカーに、ランダムな穴あきデザインのTシャツを組み合わせると、パンクテイストのあるコーディネートが完成します。ボトムスもダメージデニムやレザーパンツなどをチョイスしてトータルコーディネートを。ジャケットなどのアウターは、あえてきれい目を選ぶとセンスアップ。

レイヤードコーディネートにチョーカーをプラス

タウンユースにもビーチスタイルにもおすすめなのが、Tシャツと襟付きシャツのレイヤードコーディネート。メンズらしいシンプルな組み合わせですが、細身のメンズチョーカーをプラスしておしゃれな雰囲気を演出して。首が詰まった印象にならないように、TシャツをVネックにするのがおすすめです。

ジャケパンコーディネートとチョーカー

メンズのきれい目カジュアルファッションの王道でもあるジャケット+パンツのコーディネート。インナーとパンツをブラックでまとめ、タテのラインを作っています。さらにブラックレザーのメンズチョーカーをプラスすることでトレンド感も演出。レイヤードで羽織ったシャツも赤と黒のチェックをチョイスして統一感を。

ブラックのワンカラーコーディネート

モードなメンズスタイルに欠かせないのが、ブラックのワンカラーコーデ。メンズチョーカーだけでなく、ハットもブラックでまとめています。1つ1つのアイテムはシンプルなデザインですが、ワンカラーコーデはおしゃれに見せるマジックテクニックの1つですね。

メンズネックレスのブランド人気ランキング!おすすめのデザインは? | MensModern[メンズモダン]

チョーカーをおしゃれに身につけよう

ネックレスの1種であるチョーカーについて、その歴史や人気ブランドランキングなどをまとめてご紹介しました。チョーカーは首に密着するデザイン。メンズ向けにはドラゴンなどの力強さを感じるモチーフやレザー素材が人気です。チョーカーとほかのネックレスとのコーディネートアイデアも参考になりますね。お気に入りのメンズチョーカーを見つけて、おしゃれに身につけてみませんか。


評価 4.6/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ