写真の保存方法のおすすめまとめ!安心・安全・長期間データを守るには?

昔とは違い、写真を気軽に撮れて保存しやすいガジェットが増えました。ですがその分、写真の量も増えてしまい保存しているデータなどの容量がいっぱいになり、安心して長期間保存する事もできません。安全に長期間写真を保存できるおすすめの方法はあるのでしょうか?

写真の保存方法のおすすめまとめ!安心・安全・長期間データを守るには?

目次

  1. 写真データを長期間・安心・安全に保存できる?
  2. 今の時代写真を保存するガジェットは多いけど…
  3. よくある大切な写真のデータの保存方法
  4. 今までの写真データの保存方法の欠点
  5. 写真を長期間保存するコツはバックアップ
  6. 写真データをバックアップをおすすめする人の特徴
  7. バックアップの方法を知っていると安心安全
  8. 長期間写真を保存するバックアップ方法
  9. バックアップ方法をおすすめする特徴の人
  10. バックアップの基本的な条件
  11. バックアップ方法を組み合わせるともっと安心
  12. 写真の保存というよりサブで使うおすすめサービス
  13. 外部のサービスを使うときはセキュリティが心配
  14. 大切な写真データを長期間保存する意味
  15. 写真データを安心安全に長期間保存する方法まとめ

写真データを長期間・安心・安全に保存できる?

写真は昔から思い出を残すためのすごくガジェットですが、今の写真はデータで保存する事が多くなり、プリントすることはほとんどなくなりました。プリントしても時間が経てば焼けてしまったり破けたりで、無くなってしまう事もよくあります。そのようにならないようにデータとして写真を扱う今の安心安全な保存方法を調べてみました。

今の時代写真を保存するガジェットは多いけど…

今の時代の写真の保存方法は昔と違いすべてがプリントされるわけではありません。その代わりに出てきたのがデータとして写真を保存する方法です。デジタル化することでたくさんの写真を保存できるガジェットも数多く出回っています。しかし、データとして保存できるようになった分、消えてしまう確率も高くなってしまいました。

写真整理ソフトでおすすめは?フリーでデジカメ管理を簡利・便利に | MensModern[メンズモダン]

よくある大切な写真のデータの保存方法

では今の時代の写真データをどのように保存しているのでしょうか?簡単に写真を撮れて、データをすぐに保存できるようになっています。昔は撮ったものは現像してプリントしないといけないのでお金がかかっていました。ですが今はプリントする必要もなく、画面で写真をチェックできるので写真の数が増えています。

本体やSDカードに保存したまま

写真の数が増えているのは、カメラの本体や本体から保存できるSDカードに保存する事ができるので、容量も大きいものが多くて削除する必要もないのでそのままにしている人が多いです。SDカードや本体が容量がいっぱいにならないのなら心配がありませんが、すぐにいっぱいになる人は注意が必要です。

パソコンに保存したまま

SDカードや本体に保存していて、写真のデータがたくさんになってしまったらパソコンに移動させる人はたくさんいるでしょう。パソコンに保存していたら編集することもできるので、編集したら満足してそのまま長期間保存してしまいます。それで忘れてしまっている状態で写真のデータを削除してしまうなんてこともよくある話です。

今までの写真データの保存方法の欠点

先ほど書いた今までの写真の保存方法は、撮った写真を保存したまま何もしないでパソコンなら大丈夫、本体やSDカードに入れたままなら無くなる事はないだろうという考え無しでそのままにしているから間違えて消えてしまう可能性が出てきます。今から書く欠点が頭に入って入れば、もしかすると消えてしまうかもしれないと思って対処する事ができるようになります。

間違えると一瞬で消えてしまう

昔の写真はプリントして写真をそのまま保存していたおかげで、写真をなくす事は少なかったのですが、写真のデータを保存すると誤操作ですぐに削除してなくなってしまいます。削除した物を修復するとなるとそれなりの知識や技術が必要になるので写真がデータになったからと言って良い事ばかりではありません。

わざとじゃなくても故障する可能性

一瞬で消えるのは自分の誤操作で消えることもありますが、一番心配なのは何もしていないのにある日突然に消えてしまう事があるという事です。それがパソコンやカメラ本体やSDカードの故障が原因になる事です。これは気をつけていても、ガジェットには必ず寿命という物があります。故障した物を修復できても消えている事がよくある話でそうなる前に対策しなければいけません。

写真を長期間保存するコツはバックアップ

故障や誤操作で消えてしまっては長期間保存することも不可能と思っている人は安心してください。長期間保存するにはコツがあり、それをキチンと行っていれば何も心配する事はありません。そのコツとは「バックアップ」のことです。バックアップとは、故障などの予想できない事に備えて2重以上に予備を作ることです。

バックアップも定期的にするのがおすすめ

ただバックアップをとることは簡単ですが、ここでいうコツとは、バックアップを定期的にとることでリスクを最小限にすることができます。頻繁にとっていれば、間違えて消えた物は最新の形で元に戻すことができて安心して写真を長時間安全に保存する事ができます。なので、なるべく頻繁に最新の状態をキープしておきましょう。

写真の復元方法!誤ってスマホから削除しても簡単にデータ復活できる? | MensModern[メンズモダン]

写真データをバックアップをおすすめする人の特徴

とくに写真をバックアップした方がいい人がいます。それは意外に写真をたくさん撮っている人で、その中で面倒臭がりの人です。このような人は、間違いなくパソコンの中にたくさんの写真が残っており、最悪の場合、一気にすべての写真を無くす可能性があります。そうならないように写真のバックアップはしておきましょう。

バックアップの方法を知っていると安心安全

パソコンに写真のデータを残している人はいいのですが、本体やSDカードに残したままの人もたくさんいるでしょう。消えるという事が頭になければ不安になる事はありませんが、消えてしまっては遅いので簡単なバックアップ方法ならすぐにできますので、これを知っておくだけでも空いた時間にバックアップをして安心安全に長期間写真を保存しておいてください。

長期間写真を保存するバックアップ方法

それでは長期間写真を保存できるようにバックアップの方法を紹介したいと思います。今の時代は色々なバックアップするガジェットや方法がありますので、なるべく簡単な方法で保存できる物を選びました。探せばもっと安心で安全なバックアップする方法はあると思うので本格的に長期間写真を保存したい方はその方法を使って下さい。

とりあえずパソコンに写真データを保存

本当に面倒臭がりの人は、写真を撮ったら本体かSDカードにそのままでなにもしていないでしょう。そんな事をしていたらカメラが壊れたら一緒に写真を保存しているデータが消えてしまう可能性があります。そうならないように一番すぐにできる「パソコンに保存」してバックアップをしましょう。パソコンに入れたらもっとバックアップできる方法が増えます。

外付けのHDDに写真データを保存

外付けHDDとはパソコンのように写真や他のデータを保存用として使うガジェットです。ですがSDカードのように小さくはなく、軽量化はされていますが少し大きめです。容量もSDカードよりも大きく、1つ持っていればほとんどすべての写真のデータが入るでしょう。バックアップで使うのであればそこまで深く考えなくてもどの製品でも便利に使えるでしょう。

DVDやBDなどに写真データを保存

最初にパソコンにバックアップをとることをおすすめしましたが、その後にDVDやBDに写真の保存しているデータを移すこともできます。そうする事で2重以上にデータを守る事ができるので、もっと安心で安全です。パソコンが壊れてしまってもDVDやBDに残っているので別の物で元に戻すことができます。ですが欠点はDVDやBDは傷が付きやすくて見れなくなる事もあります。

プリントして写真を保存

昔のように写真を現像した物を保存していれば様々なガジェットがあるので、現像した写真をデータに戻すこともできます。これにも欠点があります。それは、プリントするとなると昔と同じでそれなりにお金がかかります。1つ1つのプリント代がかかりますのですべてのデータを現像できるわけではありません。お気に入りの写真のみを選んでプリントして保存しましょう。

バックアップ方法をおすすめする特徴の人

それぞれのバックアップ方法を紹介しましたが、それぞれその特徴に合ったバックアップする方法を選ぶことをおすすめします。もちろん何個もバックアップする事もいいですが、写真の数が多い人は保存されているデータの量も多いので、手間がかかります。一つ一つゆっくりバックアップしていきましょう。そうする事で持続して保存する事ができます。

本当に面倒くさがりの人はパソコンだけにでも保存

上でも書いたように、本当に面倒くさい人は写真の数が多くないので本体とSDカードだけでデータもいっぱいになっていないでしょう。そのような人は、パソコンにデータを移すだけでも気持ち違います。しかもパソコンに移すだけなので手間もかからず、気が向いたら他のバックアップ方法でデータを簡単に移すことも可能です。

たくさん写真を撮って編集する人はHDD

写真を撮る事が好きな人は写真の量の多くて、保存されているデータの量も多いでしょう。その上写真を編集している人ならパソコンに写真のデータが入っているはずです。そのような人はパソコンに外付けのHDDを付けて写真の保存しているデータを逃がしておきましょう。パソコンからHDDのバックアップは時間もかからないのでおすすめです。

写真の数も少なくて編集しない人はDVD

最初に書いた面倒臭がりのような人でなければ、写真の数の少ない人はDVDにバックアップをすることをおすすめします。それは、そのDVDやBDは傷がつかなければほとんど消える事が少ないからです。DVDの欠点は容量が少ない事ですが、写真の量が少なければとくに問題にならないので長期間保存する事が可能です。

写真編集ソフトまとめ!Photoshopの代わりに使える無料ソフトは? | MensModern[メンズモダン]

バックアップの基本的な条件

これまで紹介してきた事を読めばわかりますが、バックアップとは予想もできない事でデータが消えるのを防ぎます。なのでバックアップ1つでは安心とは言えず、たくさんバックアップして様々なガジェットに保存しておけばすべて消える確率を下げてくれます。なので安心安全で長期間写真が保存できるというわけです。本当に大切な写真なら何個もバックアップをとっておきましょう。

2重かそれ以上に保存できているか

先ほども書きましたが、バックアップの考えはすべてデータが消える確率を下げるためにとるもので、様々なガジェットで何通りかの方法を使って保存できる物を増やしておきましょう。もちろん向き不向きがあるので自分の得意な方法で簡単にできる物をおすすめします。これも1度ではなく新しい写真が撮れたらバックアップも更新していくので続けやすい方法を見つけましょう。

すぐにデータを元に戻せることができるか

バックアップするときに必要なのは、元の写真が消えてしまった後にスムーズに元に戻せるかどうかです。元に戻す事ができなければいくらたくさん保存できたとしても意味がありません。なので元に戻す方法も知っておく必要があります。しかも元に戻す時に時間がかかっていたら面倒臭くなって、次新しくバックアップするのも面倒になります。

バックアップ方法を組み合わせるともっと安心

先ほど紹介した物をたくさん組み合わせることも可能で、そうする事でより安全に写真のデータを長期間保存する事ができます。そうするためにはまずパソコンに写真のデータを保存する事から始める事をおすすめします。色々なサービスやガジェットを組み合わせることができるのは、スマホなどのできないことがありませんが、まだパソコンでする方がスムーズにできます。

写真の保存というよりサブで使うおすすめサービス

バックアップの方法を紹介してきましたが、スマホなどのガジェットはインターネットと繋げるのでもっと気軽に写真のデータを保存する事ができておすすめなサービスがたくさんあります。そのサービスはドンドン増えていてこれからもこのサービスは充実していくでしょう。ですがもちろん欠点があるのでそれは注意しましょう。

クラウドサービスで保存

それがクラウドサービスという物で、インターネット上で写真などのデータを保存できます。簡単に言うとネット上に自分のHDDのような保存スペースを分けてくれるサービスの事です。これは本当に便利で、パソコンからでもスマホからでもどこでも自分のデータを取り出すことができます。ですが、これも容量に限度がありますので、大量の写真を保存している人には不向きかもしれません。

外部のサービスを使うときはセキュリティが心配

もちろんネット上スペースを借りて写真を保存するという事は、誰かに見られている可能性も無くないです。これを頭に入れて使用することをおすすめします。メインで使うのではなくサブとしてパソコンからスマホなどのデータの移動をするときなどの一時的に保存するときに使うようにしましょう。外部のサービスなので突然にサービス終了を言われて消えてしまっても文句は言えません。

大切な写真データを長期間保存する意味

写真のデータを長期間保存する方法を紹介してきましたが、昔のように現像した写真をたくさん残す習慣があればいいのですが、今の時代に中々現像した写真を手元に残す習慣は少なくなっています。それは写真がデータになって保存するようになったからです。そうなると、昔の思い出を残す方法が必要で、このような長期間保存する方法を知っておかないといけません。

写真データを安心安全に長期間保存する方法まとめ

写真データを長期間保存するには、バックアップの方法を知る事でまずはパソコンに写真のデータを保存して、DVDやHDDに移していきましょう。そうすれば2重に写真が保存されるのでどれかが消えても元に戻すことができて安全です。それでも安心できない人は、大切な写真だけプリントして現像した物を保存しておきましょう。いくつも写真を保存しておくことが長期間保存するコツです。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ