メンズファッションの定番のデニム。その中でも歴史あるペインターパンツを今ではどのように着こなしすればいいのか、春夏秋冬の季節別でのコーディネートやペインターパンツのおしゃれな履き方、合わせたたい靴など着こなしテクをご紹介していきます。

ペインターパンツのメンズコーデ!種類&季節別着こなしテクニック

目次

  1. ペインターパンツを知ろう
  2. ペインターパンツの魅力とは
  3. ペインターパンツの種類
  4. ペインターパンツを選ぶコツ
  5. メンズペインターパンツの季節着こなしコーデ
  6. 爽やかアイテムを使った春コーデ服
  7. 鮮やかカラーと組み合わせた夏コーデ服
  8. 系統MIXさせた秋コーデ服
  9. 小物使いを意識した冬コーデ服
  10. メンズペインターパンツおすすめブランド
  11. 靴選びでイメージが変わる
  12. インターパンツのメンズコーデのまとめ

ペインターパンツを知ろう

ペインターパンツとはワーク系のパンツの1種でデニム素材やインディゴ染と白糸で織られたヒッコリーなど、とても丈夫に作られた素材でできており、動きやすいようルーズで太めのパンツのことを言います。元々はペンキ職人が使っており、ハンマーループやスパナ用ポケットなど、作業に使う道具を効率よく取り出し作業ができるように作られました。

ペインターパンツの魅力とは

ペインターパンツは動きやすさを目的として作られていたので、履いていてストレスを感じる事が少なく、またアメカジ系コーディネートでは欠かせない定番アイテムとなります。太めのシルエットの中にハンマーループやパッチポケットなど作られた当初のディテールが今では着こなしのアクセントとして活かされ、他のデニムパンツ種類の中でも存在感があるとても魅力あるパンツです。

ペインターパンツの種類

ペインターパンツの中でも昔に比べ種類がたくさんあります。数ある種類の中から代表的なアイテムをご紹介していきます。

デニムペインターパンツ

定番中の定番デニムのペインターパンツです。ペインターパンツを初めて買う方におすすめです。履きなれた定番のデニムにペインターパンツならではのディテールを楽しめます。コーディネートも定番のデニムなので合わせやすさもあります。

ヒッコリーパンツ

ペインターパンツと言えばヒッコリー素材でできたヒッコリーパンツです。履くだけでアメカジ感を出すことができます。普通のパンツには飽きた方や、スパイスがあるパンツが欲しい方にはおすすめです。ストライプ柄に織られたヒッコリーパンツはインディゴ染と白糸を混合させている為、履くたびに色が抜け味わいあるパンツに育てることで愛着が沸くパンツでもあります。

ペインターパンツ(ショーツ)

デニム素材は夏には適しません。こちらはペインターパンツのショーツです。ペインターパンツのディテールをそのまま活かしアメカジテイストに着こなせます。無地のデニム以外にもヒッコリーのショーツもありコーディネートのアクセントとして活躍でき、通常のショーツに比べしっかりとした生地感のものが多いので、ヘビロテしても生地が弱りにくく長持ちするのでおすすめです。

ペインターパンツを選ぶコツ

昔と比べ今となってはペインターパンツ1つにしても様々なデザインの服が発売してます。大事なのは自分に合った服を選ぶ事です。その中で2つの着こなし方をすればファッションを楽しめ他の人よりおしゃれに見せれる事ができます。

シルエットで選ぶ

元々は可動域を確保する為に太めに作られてきたペインターパンツ。今ではファッションアイテムとしてペインターパンツのディテールを残しながら、シルエットは細身から太めまで様々な種類があります。

太めシルエット

ペインターパンツと言えばこちらの太めシルエットパンツです。股上も深く履いていてもストレスを感じず楽チンなのが特徴です。また、履くだけアメカジの雰囲気を出すことができ、男らしいのも特徴となります。

ストレートシルエット

太めのペインターパンツに比べやや股上が浅く作られたストレートパンツです。一般的なストレートパンツと似ていますが、ペインターパンツの特徴でもあるハンマーループやスパナ用ポケットなどのディテールはそのままなので、履きなれたストレートパンツでもペインターの良さを味わえる事ができます。

細めシルエット

股上も浅めで、太ももから足先まで細めに作られたタイトめのペインターパンツです。太めのパンツに比べすっきりとした印象を与えることができ、太めのシルエットは苦手の方はこちらがおすすめです。

2ロールアップは必ず行う

ペインターパンツと言えばロールアップは鉄則です。ルーズな分、昔からロールアップして履くというのがお決まりで、パンツの中でもペインターパンツは唯一ロールアップとセットなのです。

パンツを履く際に意外にも多くの方が疎かにしている部分が裾の部分です。どんなに素敵なパンツを買っても裾がだらしなかったらおしゃれに見えずもったいないです。逆に裾を気をつけている人が少ない分、気を使っていればその分おしゃれに見えます。ロールアップの太さは4cm~8cmほどと幅広くロールアップすることができます。

ジーンズのロールアップのおしゃれなやり方!裾や丈感がポイント? | MensModern[メンズモダン]
デニムのおしゃれなロールアップ!やり方やおすすめコーデなど徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

メンズペインターパンツの季節着こなしコーデ

ペインターパンツの着こなし方は季節によって与える印象が大きく変わります。今回は様々なペインターパンツをつかった季節コーディネートをご紹介していきます。

爽やかアイテムを使った春コーデ服

ペインターパンツホワイトカラーを使った着こなしコーデです。ミリタリーテイストのアウターとペインターパンツの組み合わせですが、インナーのボーダーを差し込むだけで、男らしさの中に爽やかさや清涼感ある雰囲気を出すことができます。

ペインターショーツを使った着こなしコーデです。太めのピッチボーダーのアウターを使うとこでアメカジとマリンを組み合わせたコーデです。ショーツを使うことにより足元もすっきり見せる事ができ、全体のバランスを重すぎないよう計算されたコーデです。

鮮やかカラーと組み合わせた夏コーデ服

定番のペインターパンツを使ったコーデです。シンプルなのにどこか雰囲気があるのは、色褪せた服をあえてチョイスし、古着テイストにまとめております。重めのペインターパンツには色鮮やかなピッチボーダーとの相性も良く夏っぽさを演出します。

ペインターショーツと色鮮やかな半袖シャツの夏らしい涼しさ満点のコーディネートです。ペインターショーツはさらに重さを抜く為にチノ素材を使っております。バケットハットと合わせアウトドア要素を取り入れた大人のカジュアルコーデです。

系統MIXさせた秋コーデ服

ペインタパンツの特徴を存分に発揮させたアメカジ×ワークスタイルの王道コーデです。ポイントはヒッコリーパンツと相性が抜群のカバーオールを組み合わせ、インナーにアメカジ鉄板シャツブロックチェックシャツのホワイトカラーを合わせる事で顔周りを明るく見せこってりしすぎないコーディネートです。

フリースと組み合わせたアウトドアMIXコーディネートです。ストレートのペインターパンツを使い全体をIラインを意識したスタイリング。アイテムはパーカーやアウトドアでは必須なフリースなどカジュアルなアイテムを使ってますが、シルエットを意識しスタイリッシュにまとめております。

小物使いを意識した冬コーデ服

冬の定番レザーとのコーディネートです。シャンブレーシャツにデニムベストにペインターパンツを合わせる事でワーク系コーデの完成です。男らしく無骨な雰囲気を出す事ができます。

冬はどうしても暗めの色を使いがちになり、全体が重たくなります。こちらはビビットなイエローパーカーを指し色にホワイトのペインターパンツで清涼感を出したコーディネートです。ミドル丈のアウターは大人の雰囲気を出す為の簡単テクニックです。

冬と言えばダウンコーデです。ダウンはボリュームが大きいので、合わせるペインターパンツは太めよりストレートのシルエットを選ぶとすっきり見えるのでおすすめです。また、くるぶし上までロールアップし柄物や色物の靴下で足元にアクセントをつける事でおしゃれにスタイリングできるのでおすすめです。

メンズペインターパンツおすすめブランド

Lee/リー

1899年に創設したLeeは1900年前半に衣料工場を設立し特にデニムには力を入れており今ではデニム=Leeと言われるまでとなりました。

インディゴブルーのペインターパンツで使う度に味わいある色落ちが楽しめます。3本スティッチを採用し強度を強くすることで、きれいにロールアップする事ができます。太すぎないストレートペインターパンツで流行にも左右されずコーディネートの幅も広がります。

Leeはその実績ある歴史から色々なショップとコラボ商品を発売しております。中でもアウトドアブランドのグラミチとのコラボ商品は話題になりおすすめです。スエット素材を採用し、糸はデニム同様のインディゴと白糸を使うことで、デニムほど重さもなくデニムのように色落ちが楽しめるいいとこ取りのアイテムです。

Carhartt/カーハート

カーハートはアメリカ生まれのワークウエアブランドです。ワークウエアブランドらしく丈夫に作られそのシンプルなデザインにアメカジと言えばカーハートと言われるほどになりました。特にペインターパンツやオーバーオールなどが有名です。

ペインターパンツらしく太めのシルエットに大きくロールアップしたコーディネートです。きれい目に合わせる為ホワイトシャツを合わせた定番コーデです。第1ボタンを閉める事によって誠実さをプラスするテクニックもおすすめです。

orSlow/オアスロウ

オアスロウは2005年創設の日本ブランドです。デザインナーが日本のデニムの産地岡山の児島でキャリアを積んでおりデニムへ拘りあるブランドです。珍しいブラックペインターパンツで男心をくすぐられるアイテムです。今までになかったシックで大人のペインターパンツはヘビロテ間違いありません。

BEAMS/ビームス

いつの時代もその時代のトレンドにあったアイテムを提供してくれるブランドビームス。今回は真っ白なペインターパンツです。今季らしい細身のシルエットにストレッチ素材を加え動きやすさを確保しております。これまでにはなかったきれい目で履けるワークパンツはおすすめです。

靴選びでイメージが変わる

ローファー

男らしいペインターパンツにドレス系の定番ローファーを合わせる事で、スタイリッシュにまとまります。ポイントは必ずロールアップをする事です。足元がすっきりしおしゃれ度がアップします。また、秋冬はロング靴下で柄や色物を使いアクセントとしてコーディネートするのもおすすめです。

ワークブーツ

ペインターパンツの定番の組み合わせのワークブーツ。太めのパンツにはゴツめのブーツは相性抜群です。こちらもロールアップすることで足元がすっきりと軽く見えます。アメカジやワークスタイルには欠かせない組み合わせです。

サンダル

夏場のデニムは暑いです。特にペインターパンツは丈夫さを目的とし生地も厚くできているので、夏には足元は涼しくサンダルで全体の軽さを出すのもおすすめです。

スニーカー

スニーカーの中でもトゥの部分が丸い形をしているコンバースはペインターパンツとの相性も抜群です。ポイントはコンバースの紐キツく閉める事でよりトゥの部分が強調されおしゃれにスタイリングできます。

メンズブーツの種類や履き方をマスター!長さや形状で名前が違う? | MensModern[メンズモダン]
レザーサンダルのメンズコーデ・着こなしまとめ!おすすめブランドは? | MensModern[メンズモダン]

インターパンツのメンズコーデのまとめ

今回はペインターパンツの季節別コーディネートをご紹介致しました。歴史あるペインターパンツは今でもその形を変えずおしゃれアイテムとして取り入れられている数少ない服の1つです。今では種類が豊富にあるペインターパンツの選ぶコツをしっかり気を付け季節のコーディネートを楽しんでみるのもおすすめです。


評価 4.3/ 5(合計8人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ