履歴書の書き方で困る綱目のひとつ、趣味。履歴書に書かれた趣味によって興味を惹き、面接に繋がることもあります。自分をアピールできる最大のポイント!どうすれば人事の興味を惹くことができるのでしょう。履歴書に趣味を書くときのポイントや書き方、例文などをご紹介します。

趣味を履歴書に書くときのポイントは?人事の心を掴む書き方&例文まとめ

目次

  1. 就職や転職に必須!自分を知ってもらう履歴書
  2. 履歴書の趣味・特技で面接が有利になる?!
  3. 履歴書の趣味・特技【書き方の流れ】
  4. 履歴書に書かれた趣味・特技は自分の強み!
  5. 履歴書に書くときにおすすめできない趣味
  6. 最近増えているアニメや漫画、ゲームは?
  7. 履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【スポーツ】
  8. 履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【旅行】
  9. 履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【ドライブ】
  10. 履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【料理】
  11. ちょっと変わった趣味・特技で面接官の興味を惹く
  12. これまでのバイト経験を活かした書き方
  13. 履歴書の趣味・特技に書かれているもので多いのは?
  14. 履歴書に趣味・特技を書くことで自分自身をプレゼン
  15. 趣味を履歴書に書くときのポイント・書き方や例文まとめ

就職や転職に必須!自分を知ってもらう履歴書

就職や転職の際に必要な履歴書。短い期間に自分を知ってもらうための書類です。これまでの学歴や職歴はもちろん、就職に有利な資格などさまざまな事柄を書き込みます。

履歴書は自分をPRする重要な書類

就職時にはあらかじめ履歴書を見てその人の内面「人となり」を読み取ります。と、いうことは履歴書は自分をPRするための重要書類!書き方ひとつで印象も違ってきます。

履歴書の趣味・特技欄もしっかり埋める

履歴書には学歴や資格など、就職に有利なことを書き込むのはもちろん、趣味・特技欄もしっかり埋めることをおすすめします。履歴書に書かれた趣味や特技によってその人の持ち味が分かることも。面接官に好印象を持たれる、興味を惹くことができる書き方とは?!

履歴書の趣味・特技で面接が有利になる?!

就職のときに面接で趣味なんかあまり関係ないだろう、当たり障りのないことを書いておけば、と考える人も少なくありません。でも、複数の就職希望社がいるときは履歴書の趣味・特技によって不利・有利が変わることもありえます。履歴書の趣味や特技によって合否に影響を与えることはそれほど大きくありませんが、それでもしっかり書き込まれた履歴書のほうが印象は良くなります。

趣味・特技がないから空欄はNG

特に特化した趣味・特技を持ち合わせていないから、と履歴書を空白にするのはNG。自分をアピールするためにも趣味・特技は1番わかりやすい項目になっています。書き方によっては面接官の興味を惹くことも。そのためにも趣味・特技欄を空白にするのは避けましょう。

書かないほうがいい趣味もある

履歴書の趣味は書いた方がいい、としましたが実際には書かないほうがいい趣味もあります。もちろん趣味は人それぞれ異なるので他人の好みに口を出すことはありませんが、趣味によっては企業側から難色を示されることも。面接官の目に留まるような履歴書・趣味項目の書き方などをご紹介します。

社会人におすすめの趣味や習い事とは?ストレス発散にもなる選ぶポイント | MensModern[メンズモダン]

履歴書の趣味・特技【書き方の流れ】

履歴書の趣味・特技を書くときに書き方に困る人も多くいます。正直に自分の趣味・特技だけを一言で書いてしまうのはもったいない!漠然とした書き方は分かっているけど、いざ履歴書に書くときにはどうすればいいのでしょうか。

自分の趣味や特技を把握する

履歴書に趣味・特技を書く前にまず紙などに書き出します。複数ある場合はそのなかから履歴書を送る企業や職種に見合った趣味・特技を選びましょう。紙に書いてみると意外と難しい自分の趣味・特技。自分をアピールできるような履歴書にすることが重要です。

趣味に関連したエピソードを探す

履歴書の趣味に書き込まれたことは面接のときに質問されることもあります。そのため趣味に関連したエピソードをいくつか用意しておくほうがいいでしょう。趣味によって得られた経験や貴重な体験など、実績があるほうがおすすめ。

趣味がスポーツはわりと好印象

趣味がスポーツなら実績などがあるとベスト。スポーツでは「県大会出場」や「優秀賞」など、自分が評価される場面も多くあります。趣味がスポーツの場合は努力や忍耐力などをイメージしやすく、仕事においても好印象になりやすい趣味。たとえ実績がなくても続けた年数によっては高い瓢華を得られます。

企業によっては野球チームやサッカーチームなど会社全体でスポーツを推奨していることろもあります。スポーツを推奨している企業ではスポーツに取り組んでいることは自分をアピールできる強みにもなりやすくなります。

履歴書に書かれた趣味・特技は自分の強み!

履歴書に書かれた趣味・特技は自分の強みをアピールすることでもあります。複数あるなら履歴書の趣味・特技をそれぞれの企業に関連したものを書くのがおすすめです。

履歴書を送る企業によって書き方を変える

特に履歴書の趣味は送る企業によって書き方を変えることをおすすめします。複数の企業を面接するときにいつも同じことを書いているのはもったいないですよ。履歴書を送る企業がどんな人材を求めているかを把握することで履歴書の趣味の書き方も変わります。

企業が求めるスキルを選んだ趣味・特技の書き方がおすすめ

学歴や資格は履歴書を送る企業が求める資格を持っているかどうかで有利さが変わりますが、資格でなくとも趣味・特技でその企業に合っているかどうかがある程度わかります。趣味や特技の書き方によって自分が持つ能力をアピールすることもできます。履歴書で自分が企業にプラスになる人材ということを知ってもらいましょう。

複数の就職希望者がいるとき、IT関連に就職を希望する場合は趣味がプログラミング、特技がタイピングのほうが好印象。企業側からしてもパソコンに精通している人物のほうが育てやすいと感じます。逆に飲食業で趣味がプログラミングと言われてもあまりピンとこないもの。

希望する企業にとって自分がどれほど魅力的な趣味・特技を持っているかで面接官の興味を惹く・惹かないが変わってきます。

履歴書に書くときにおすすめできない趣味

履歴書を書くときに空欄はNGですが、なんでもいいから埋める、というのもあまりおすすめできません。履歴書に趣味を書くのにあまりおすすめできない趣味もあります。

嘘の趣味を書くのはもってのほか!

趣味が見つからない、よく分からないから面接官受けしそうな趣味を書いてしまうことも。でも、嘘の趣味を書くことは絶対に避けましょう。嘘の趣味を書いていると面接のときに聞かれて口ごもってしまえばそれだけで印象が悪くなります。質問されても会話が続かない、答えられない、なんてことになってしまいます。

ギャンプルはマイナスイメージになりやすい

パチンコや競馬などギャンプルを趣味にしている人もいますが、履歴書に書くことはあまりおすすめできません。ギャンブル関連はどうしてもマイナスのイメージに繋がりやすくなっていまいます。もちろん希望する企業がパチンコ関連の雑誌だったりするときは書き方を工夫すればOK。

また、ギャンブル同様に政治・宗教もおすすめできません。面接官と意見が食い違ったり偏見を持たれることもあります。

最近増えているアニメや漫画、ゲームは?

近年アニメやゲーム、漫画などを趣味にしている人も増えています。映画で大ヒットや社会現象など、ニュースで取り上げられることもあるので広く一般的に知られていますが、履歴書の趣味に書くのはどうなんでしょうか。

就活場面では一般的でないことも

ゲームやアニメ、漫画などは一般的に広く知れ渡ってきたといっても興味のない人には未知の世界。面接官によっては所詮子どもの遊び、と認識される場合もあります。お硬い企業を希望する場合はアニメやゲームなどを趣味に書くことは控えたほうが無難です。

書き方次第ではアリ

避けたほうが無難ですが、もちろんゲームやアニメ関連の企業を希望する場合は別です。ゲーム会社やアニメの制作、声優などを希望するときはむしろプラスになります。それ以外の企業でも書き方次第では履歴書に書くのもアリ。

ゲームやアニメを趣味にしたことによって得られた経験や体験をしっかりと書き込むことができれば自分の能力を発揮することができます。

履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【スポーツ】

スポーツが趣味の場合、書き方のポイントはスポーツを通して得られた経験を書くことがおすすめです。スポーツが趣味でも学生時代に部活で野球やサッカーをやっていて、卒業後も継続しているなら書きやすくなります。

趣味がスポーツなら体力があるイメージ

どんなスポーツでも継続していれば自然と体力がつくもの。健康管理もできているなど、面接でもプラスになる面が多め。活動実績があれば履歴書に書き足すと良いでしょう。スポーツを趣味にしていることでアクティブな印象を与え、仕事でも軽いフットワークが機体されるでしょう。

趣味がスポーツ・履歴書に記入する例文や書き方

スポーツを趣味にしている場合、履歴書に記入する例文や書き方をご紹介します。書くことが苦手なら箇条書きでもOK。自己紹介的な文章にする書き方がベスト。あまりだらだらと長くならないように注意が必要です。

例文としては『身体を動かすことが好きなのでスポーツや運動が趣味です。学生時代にも運動部(サッカーやバスケ、野球など)に所属していました。卒業後もジョギングや筋トレで身体を動かしています』など。

スポーツで実績を出しているならもちろん、スポーツを継続している場合は続けている期間、例えば8カ月など明確にするのもアリ。一度も休むことなく続けているならそれも付け加えましょう。何かを継続して続けられるということは忍耐がある、と思われます。

趣味で始めるスポーツのおすすめは?大人になってから始める初心者向け趣味 | MensModern[メンズモダン]

履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【旅行】

旅行が趣味の場合、書き方や例文はどのようにするのがいいでしょうか。旅行、といっても国内と海外では受ける印象が少し異なります。

海外旅行が趣味なら英会話を期待されることも

海外旅行を趣味にしている場合は英会話ができる、と期待されることもあります。日常会話などの英会話ができるなら面接ではかなり有利。最近ではビジネスシーンでも英会話が必要になる場面も多々あります。旅行にかかる費用をなるべく抑えているならそれも書き込むことをおすすめします。

趣味が旅行・履歴書に記入する例文や書き方

旅行を趣味にしている場合の書き方や例文をご紹介します。旅行といえばアクティブなイメージ。営業などを希望するならかなりの強みに。1人でも旅行する場合は行動力や決断力があると判断されることも。例文としては『色々な場所を旅行するのが趣味です。知らない土地でその土地ならではの文化に触れるのが楽しいです。旅行の計画や下調べも重要視しています。』など。

海外旅行がメインで日常会話ができるなら『英語ができる』『どの国の言葉が話せる』などを加えましょう。旅行で経験したことや印象に残ったことなど、旅行のエピソードを思い出しておくと面接でもスムーズに応えることができます。

履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【ドライブ】

趣味がドラブという人も少なくありません。休日になると好きな場所へふらりと出かけるのは自分自身で程よくストレス解消やリフレッシュできる方法を持っているということ。ドライブだけでなく車に詳しいならそれも付け加えます。自動車関連企業を希望するならおすすめの趣味。

ドライブが趣味なら地理に詳しい印象を受けやすい

ドライブが趣味、ということは土地勘がある、地理に詳しい印象があります。また、運転技術を問われる場合もあるので免許がゴールドカードなら率先して伝えることをおすすめします。ドライブが趣味でよく車を運転するにも関わらず安全運転を心がけているのでルールやマナーをしっかり守れる、誠実ある人物に。

趣味がドライブ・履歴書に記入する例文や書き方

ドライブを趣味にしている場合の書き方や例文をご紹介します。ドライブは単に車を運転するだけでなく、目的を持っていないけれど好きな場所に向かう、行動力のある人物に。

例文としては『趣味はドライブです。近くだけでなく遠出をすることもあります。知らない場所では道に迷うこともありますが、そのおかげで素晴らしい出会いもありました。』など。

ドライブすることで多くの人に触れ合うこともあります。これは見知らぬ人とでも会話する能力があるので営業職などにばっちり!車だけでなく、バイクでのツーリングも同じような書き方ができます。ドライブをするときは安全運転を心掛けていることも付け加えましょう。

履歴書に趣味・特技を書くときのポイント・例文【料理】

最近では一人暮らしでも自炊する人が増えています。自炊することで趣味が料理になることも。料理というのはレシピを見たり、料理ができあがるまでの段階を手際よく進めなければなりません。それを仕事に活かすこともできます。仕事を効率よく進めたり、料理によって会話の幅が広がることも。

自炊している人は趣味と言いやすい

趣味・特技が見つからない!と悩んでいるとき、自炊している人は料理を趣味・特技にしてしまうのもアリ。趣味ではなくても毎日料理していれば調理することが得意になることも。レシピを完璧に再現するだけでなく、よく自分流にアレンジしている場合は創造力を持っていると捉えられます。

趣味・特技が料理・履歴書に記入する例文や書き方

料理はできる人には簡単に思われがちですが、調理する行程では手際の良さやアレンジする際の創造力などが必要になります。書き方や例文としては作る楽しみだけでなく、誰かにごちそうしたエピソードなどを付け加えると社交性のある部分も見えてきます。

趣味・特技が料理の場合、履歴書に書く例文として『料理が趣味です。食べたいものを作るだけでなく、色々なレシピを試し、そこから好みにアレンジするのが楽しくなります。思い描く味になるように試行錯誤する行程も楽しく、上手くできれば友人を招いてごちそうします。』など。レシピを見なくても作れる料理のレパートリーは多いほど好感触。

自炊しているということで倹約家のイメージもあり、無駄を省くことができる印象。得意料理を2~3種応えられるようにしておくとOK。

ちょっと変わった趣味・特技で面接官の興味を惹く

スポーツやドライブなど定番な趣味は履歴書にも書きやすいですが、多くの面接者がいる場合にはちょっと変わった趣味・特技で面接官の興味を惹くのもおすすめです。

特技が早起き!朝の散歩が趣味

朝早く起きるのが得意で特技にしている、早朝の散歩が趣味という人も。早起きできることは寝坊しない、遅刻をしないと捉えてくれます。散歩も立派な趣味に。例文としては『早起きが得意です。寝坊で遅刻をしたことがありません。早く起きて人の少ない時間に散歩すると気分がすっきりします。』など。

記憶力のある人はそれを特技に

記憶力が優れているならそれを特技にしてしまいましょう。会社にとって物覚えがいい、ということは仕事の飲み込みも早い、取引先の相手を覚えやすいとかなり有利になります。趣味も記憶力に関連したもの、例えば暗記などにするとちょっと変わった趣味で興味を惹きやすくなります。

記憶力を趣味・特技にするなら例文は『人の顔と名前や物事を覚えるのが得意です。記憶力には自身があります。覚えることが楽しく、暗記が趣味になってしまいました。』など。覚えていることを短くまとめて発表するのもおすすめです。

これまでのバイト経験を活かした書き方

就職するまでにいくつかアルバイトをしたことがある人もいます。もし、バイトで得た経験が特技や趣味になった場合はそれを挙げるのもいいですね。

コンビニバイトで接客スキルが上がった!

バイトで定番のコンビニ。不特定多数のお客さんがくるので接客スキルが上がることも。営業職を希望しているなら接客スキルがあると有利に。履歴書に書く例文は『コンビニでアルバイトをしていました。毎日多くのお客様と接しているうちに人の動きに敏感になりました。陳列された商品の配置にも気を配ることができるようになりました。』など。

コンビニに限らず接客業をしていたのであればコミュニケーション能力が高いと取られることも。また、クレームや失敗にも的確に素早く対応できるならそれも付け加えましょう。仕事をしていると避けては通れないのが失敗やクレーム。自分のミスを把握し、同じことを繰り返さず次に繋げることもできます。

計算が早くなった

スーパーやデパートなどレジやお金を扱う仕事をしていた場合、計算が早くなることもあります。計算が早いだけでなく、暗算が得意になったケースも。それも立派な特技として挙げることができます。

履歴書に書くなら『暗算や計算が得意です。数字を見ただけで瞬時に正しい答えを導くことができます。』など。数字を扱う企業も少なくないので暗算や計算が早いのは強みになります。

履歴書の趣味・特技に書かれているもので多いのは?

一般的や定番の趣味は人とかぶってしまうことも。同じような趣味が並べば人事も「またか」とうんざりしてしまいます。履歴書の趣味・特技欄にもっとも多く書かれているのはどんなものなのでしょう。

かなり多い【読書】

趣味に読書を書き込んでいる人はかなり多いそう。履歴書の趣味項目に『読書』と一言書くのは目に留まりにくく避けたほうがよさそうです。趣味が読書であるならこれまでに読んだ本の数や読書によって得られたものなどを明確にし、面接官の興味を惹きましょう。

趣味が読書であるのなら本を読むことで難しい感じが読み書きできるようになった、さまざまな知識を得られたなど、読書を通じで得たものを書き出すのもおすすめ。

【映画鑑賞】もありきたり

読書に次いで多いのが映画鑑賞。もちろん映画が好きで趣味にしている人もいます。しかし他に趣味があればそちらを優先して映画鑑賞はおまけ程度に書くのがおすすめ。映画鑑賞、とだけ書かずにどの監督が好きなのか、ジャンルや俳優など細かく挙げるほうが興味を惹きやすくなります。

履歴書に趣味・特技を書くことで自分自身をプレゼン

履歴書に趣味・特技を書くことは自分自身をプレゼンすることにあたります。履歴書という書類のみで自分の情報を希望する企業に伝える手段。

履歴書をうまくまとめられるとプレゼン上手?!

履歴書をうまくまとめる、人事の興味を惹くことができる書き方はプレゼンも上手にこなせます。資格や学歴など、資料としての履歴書よりも自分を知ってもらうための履歴書のほうが印象は良くなります。例えるなら映画の予告編のようなもの。

相手の知りたいことを書き込む

履歴書は自分を知ってもらうだけでなく、相手の知りたいことを書き込む書き方がベスト。自分を合格させることで、その企業にどんなメリットがあるかを示します。希望する企業が望む人材を把握し、それに関連する趣味を持っているなら率先して書くことをおすすめします。

趣味を履歴書に書くときのポイント・書き方や例文まとめ

就活の場合、履歴書はどうしても資格や志望動機が重要になりがち。しかし趣味や特技を疎かにするのはあまり賢い選択とはいえません。人事にとっては趣味でその人の「人となり」を知るための僅かな手段となり、面接するかどうかを左右されることも。

いくつかの例文や書き方をご紹介しましたので履歴書の趣味項目、書き方に迷ったときは参考にしてみてください。自分をアピールできるポイントをおさえて、読みやすい履歴書にするのがおすすめです。


評価 4.7/ 5(合計10人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ