結婚式の服装にベストをプラス!スーツに合わせた色の使い方とは?

メンズのワンランク上のお洒落技としてベストはいい味を出してくれますよね。では、結婚式の服装にベストをプラスするのはどうでしょう。今回は結婚式の服装にベストをプラスする際に気をつけること、色や柄のおススメのベストを調べてみました。

結婚式の服装にベストをプラス!スーツに合わせた色の使い方とは?

目次

  1. 紳士の礼服スリーピース・スーツ
  2. 日本風のスーツ
  3. 結婚式でベスト着用は有り?
  4. スリーピースのコーディネートで大切なこと
  5. 結婚式のベスト着用ネクタイの先端に注意
  6. 結婚式で黒のベストは着用OK?
  7. 結婚式に着用するベストおススメの色
  8. スーツと色違いのベスト着用
  9. ベストは背面がスーツの裏地のようなものがベター
  10. 結婚式に着るベストは無地?柄物?
  11. ベストのボタン数はいくつのものがいいのか
  12. 結婚式のベスト着用時のポケットチーフ
  13. 結婚式のベスト着用時のネクタイ
  14. 結婚式のベスト着用時のシャツの色
  15. 結婚式でベスト着用のメリット
  16. 結婚式の服装にベストをプラスのまとめ

紳士の礼服スリーピース・スーツ

すべて同一の生地で作られるスリーピース・スーツ

スリーピース・スーツとは日本で言う三つ揃いスーツのことを指します。すべて同一の生地で仕立てられたジャケット・ベスト・スラックスの3つのセットから成ります。どれ一つ欠けてもスリーピースとは呼ばれません。

スーツが日本に伝えられたのは明治時代

スリーピース・スーツは現在、あらゆる国で着用されるスーツの正統派です。スーツは紳士の国イギリスで発祥し世界中に広まりました。日本には明治時代に伝わってきたと伝えられています。

現在スーツと言えばツーピースのこと

現在のスーツと呼ばれているものは、ベストのないツーピースがほとんどですが、もともとはスーツと言えばこのスリービスのことを指していました。アメリカに移民したイギリス人も、礼装時にはスリーピース仕立てのスーツを着用しました。

礼服は結婚式に着てもいい?お呼ばれマナーとメンズの着こなし術 | MensModern[メンズモダン]
礼服とスーツの違いを知って大人メンズに!見分け方はある? | MensModern[メンズモダン]

日本風のスーツ

ホワイトカラーが増えスーツの需要が高まった

明治時代日本にスーツが伝わった当初はスーツの普及も少なく、スーツは一部の特権階級(皇族、華族、高名な学者、政治家、高級官僚、財界人)のものでした。昭和になってからホワイトカラーが増え、スーツの需要が格段に高まりました。

日本人のライフワークに合わせたスーツが作られている

現在でもスーツは欧米の文化を色濃く受け継いでいるので、特に「日本風」のスーツという概念はありません。ただ、日本人のライフワークや着こなしに合わせたものが多くのデザイナーによって作られ販売されています。日本の量販店で売られているビジネススーツの多くが、ツーピースであるのがいい例でしょう。

現在の主流はツーピース・スーツ

第二次大戦以降にスリーピースを簡略化したツーピースが作られ日本にも伝えられ急速に普及しました。現在は、正統派のスリーピース・スーツではなく、簡略化されたツーピースが主流となっています。

スーツのスリーピースとは?結婚式&ビジネスでの着こなし方 | MensModern[メンズモダン]

結婚式でベスト着用は有り?

昭和の時代は仕立て屋さんで仕立てるのが一般的だった

昭和40年代、今のように紳士服でいわゆる「ツルシ」の服を購入する概念はありませんでした。スーツはみんな、仕立て屋さんに頼んで作ってもらうものだったのです。その時代のスーツづくりは背広にする生地選びから始まって、採寸して仕立ててもらうまで2週間くらいかかってやっと手元に届いたものです。

ワイシャツのお仕立て券がお歳暮やお中元に!

仕立てて貰ったものには、必ず共布で仕立てたベストが付いていました。お洒落な人はワイシャツまで仕立てました。当時はデパートの「ワイシャツお仕立て券」がお歳暮やお中元として喜ばれたのですが、時代を感じさせる出来事ですよね。

ベストは日常的に着用された

そのように大切にされたスーツですので、結婚式でのスーツにベスト着用は普通にありました。テレビ番組の「太陽にほえろ」「西部警察」、「大都会」、「特捜最前線」の刑事さんたちも、スーツにベスト姿で颯爽と走りまわっていましたね。以前はベストは、結婚式だけではなく普通に日常にも着用されていたのです。

スリーピースのコーディネートで大切なこと

コーディネートで大切なサイズ感

結婚式のスリーピースのコーディネートで大切な最大のこと、それはピッタリサイズを着用することに尽きます。特にベストはジャケットの下に着ることを加味して身体にフィットしたものを選ばないと、結婚式では野暮ったくなるので注意が必要です。

ジャケットを脱いだ時にだぶつきが分かる

サイズ感がバレバレになるのは、ジャケットを脱いだ時にモロに分かります。特に腕の付け根はサイズによってかなりだぶつくので注意が必要です。

ベストはサイズがルーズ、パツパツなものは避ける

結婚式のベスト着用でサイズがルーズ、逆にパツパツなものはスーツスタイル全体の印象を損ないます。ジャストサイズなら、結婚式の途中でジャケットを脱いだ時にもお洒落に見えます。

ベストの生地はスーツに近いものを選ぶ

結婚式のスーツベストは、スリーピースなら共布で付いてくるので安心ですが、別に求める場合は地合いがスーツに近いものを選ぶと間違いありません。結婚式で周りと差をつけるなら、是非ベストの生地選びにも気を配ってください。

結婚式では見えないアイテムにも気を配る

結婚式でベスト着用では、ベルトのサイズ感も大切です。ブカブカのベルトはこれまた、野暮に見えるものです。結婚式では見えないアイテムに気を配って初めて、お洒落なメンズスタイルが仕上がります。

結婚式のベスト着用ネクタイの先端に注意

結婚式でベストの下からネクタイの先端が見えたら

結婚式で素敵なベストを着用しても、ベルトとスラックスの間からシャツやネクタイが覗くとお洒落が台無しで興ざめします。結婚式でベストの下からネクタイの先端が覗いていたら、スラックスの中に入れて補正します。

ネクタイの先端をスラックスの中に

もともとスリーピースのスラックスは股上の深い仕立てになっているので、ネクタイの先端がはみ出すことは考えられないのです。結婚式ではネクタイの結びを失敗して直す時間もない場合、ネクタイの先端が出たらスラックスにしまってバランスを取りましょう。

結婚式でのネクタイは白?意外と知らないマナーと服装のまとめ! | MensModern[メンズモダン]

結婚式で黒のベストは着用OK?

結婚式に黒のベスト着用は大丈夫!

結婚式で黒のベストを着る際に気をつけたいことがあります。基本、結婚式に黒のベストを着ても特に問題はありません。ただ、着用するなら小物に気をつかって華やかな感じにすることが大切になります。

ベストが黒なら小物は派手にする

全体的に黒が多い衣装となると、お葬式のような感じになるのでそれは避けたいところですよね。そこで使いたいのが、ボウタイやポケットチーフです。暗めのスーツにボウタイはドット柄、チーフは白を選ぶとお洒落度がグっと上がり好感度が増すはずです。

蝶ネクタイ用シャツの選び方は?結婚式OKなメンズの着こなしも紹介 | MensModern[メンズモダン]

結婚式に着用するベストおススメの色

結婚式でおススメの色はネイビーかグレー

結婚式に着用するベストのおススメの色は、なんと言ってもネイビーかグレーでしょう。この2色のベストなら、正礼装で使われるジャケットやモーニングにも合い、結婚式のスーツも一気にフォーマルに変身させてくれます。

コーディネートしやすい定番色

結婚式のスーツはこのネイビーかグレーの2色が基本です。なので、ベストにこの2色を選んでおけば、結婚式のブラックスーツ、ネイビースーツ、グレースーツという定番色に馴染むのは間違いないのです。

親族として参加する際にも着用しグレードアップを図る

結婚式に親族として参加する際にも、グレーのベストを着用することでブラックスーツが格式高めの着こなしにグレードアップします。結婚式に着用するベストは、なるべく薄目の生地を選ぶのがコツです。

スーツ×ベストの着こなしコツは?結婚式・ビジネスでおしゃれメンズ | MensModern[メンズモダン]

スーツと色違いのベスト着用

ベストはドレスアップの要素が高い

結婚式でスーツと素材や色が違うベストを着用する場合には、とくに決まり事はありません。この場合、略礼装なのでベストはドレスアップの要素が多いため、自由に着用して大丈夫です。

ベストは背面がスーツの裏地のようなものがベター

背面が切り替わっているベストがおススメ

ベストを選ぶ際には、背面がスーツの裏地のように切り替わってるものを選ぶと着心地がいいのでおススメです。背面が切り替わっていないのは、カジュアルな要素がおおきい傾向があります。

場所柄は考えて着用すべし

ただ、場所柄というものを考えなくてはなりません。もし、招待された会場が格式あるホテルだった場合は、ジャケットと共布かシルバーグレイのベストを着用するのが常識的ですし安心です。

結婚式で着たいスーツコーデ!おしゃれゲストのマナーと着こなしまとめ! | MensModern[メンズモダン]

結婚式に着るベストは無地?柄物?

カジュアルな結婚式なら柄物でも大丈夫

形式にこだわらないカジュアルな結婚式に招待された場合は、着用するベストが柄物でも失礼に当たりません。ただ、結婚式は新郎新婦が主役なので招待客は引き立て役に徹するのがマナーです。そのため派手すぎるものや奇抜なベストで新郎より目立つのはマナー違反なので控えましょう。

コーディネートしやすい無地のベストがおススメ

無地のベストに比べて柄物のベストは、コーディネートが難しいです。結婚式のベスト着用に慣れていない人は、初めから柄物を選ばずに、ここは無難に無地のベストでまとめるとコーディネートに無駄に悩むことがないのでおススメです。

スーツの着こなしでデキるメンズ演出!グレー・ネイビー色ごとに紹介 | MensModern[メンズモダン]

ベストのボタン数はいくつのものがいいのか

ベストのボタンに決まりはなし

ベストのボタン数は4~6個あるのが普通です。結婚式に着用するベストに、ボタン数は決まりはありません。ただ、着用する場合には、一番下のボタンは外したままにしておくのがセオリーです。これは、5つボタンでも6つボタンでも変わりません。

スーツでもベストでも下のボタンは外す

例えばベストがボタンが2つの場合でも、かけるのは上のボタンだけで下のボタンは外すのがマナーです。このボタンを外すマナーは、スーツにもベストにも通用するセオリーとなっています。

結婚式のベスト着用時のポケットチーフ

コーディネートの一環ポケットチーフ

ポケットチーフはスーツの胸元にチラリと見せることで、グッと引き締まった印象を演出することができるアイテムです。ただ、普段ポケットチーフを入れておくと、気障にみられたり気取っている人間だと誤解される向きも多いようです。

スーツの胸元に華やかさを演出するチーフ

フォーマルな結婚式のような場所では、画一的なスーツの胸元にポケットチーフが入れられているだけで華やかな感じを盛り立てるアイテムになりうる場合もあります。

ポケットチーフは折り方で雰囲気が変わる

大切な家族や友人の結婚式です。その場の雰囲気を壊さないように配慮しながら、ポケットチーフで華やかさを演出するのはどうでしょう。ポケットチーフは折り方でガラリと雰囲気が変わります。結婚式で映えるポケットチーフの折り方など、前もって練習しておくのはいかがでしょう。

ポケットチーフの結婚式で映える折り方・挿し方・着こなし方 | MensModern[メンズモダン]
結婚式2次会の服装マナー男性編!スーツやネクタイ・靴はどうすればいい? | MensModern[メンズモダン]

結婚式のベスト着用時のネクタイ

実は白いネクタイは年配者向け

結婚式に招待された際のネクタイの色は、白が常識的と思われるかもしれませんが、最近は変化してきました。近頃では白のネクタイをしているのは、比較的年代が高めの層の方々ばかりです。

若い世代はフォーマル仕様のカラーネクタイ

若い世代の男性の間では、白のネクタイは年配者向けという意識が強く、フォーマル仕様なカラーネクタイを着用する男性も増えてきているということです。

ベストを着用していたらネクタイピンはつけない

結婚式に招待されたときのネクタイに使うネクタイピンは、ベスト着用であれば必要ありません。これはベストがネクタイピンの代わりになって、ネクタイの動きを抑えてくれる役割をするからです。

スーツで使うアクセサリー結婚式版!押さえておきたいマナーと付け方は? | MensModern[メンズモダン]
結婚式で蝶ネクタイがメンズのおしゃれ?服装マナーとコーディネートとは | MensModern[メンズモダン]

結婚式のベスト着用時のシャツの色

コーディネートはクラシックに

フォーマルな場所では、無地のチャコールグレイやネイビーのようなタークスーツやブラックスーツに白いシャツを合わせるのが一番無難でしょう。

襟が少し広めに開いたシャツを着用する

また、ベストを着用する際に襟がはみ出てしまわないように、少し広めに襟が開いたシャツをお求めになるのがおススメです。

男のオーラが醸しだされる

この時に着用するベストももちろん、チャコールグレイかネイビーがおススメ。クラシカルなスーツを着こなすあなたは、男本来のカッコよさと大人のオーラが自然に醸し出されるのではないでしょうか。

結婚式でのスーツとネクタイの選び方!おしゃれにキメる着こなしまとめ! | MensModern[メンズモダン]

結婚式でベスト着用のメリット

ベストはフォーマル度がアップする

結婚式でベストを着用するコーディネートのメリット。一番はフォーマル度がアップしてよりお洒落に見えることにあります。ベストを着用することで、スタイルよく引き締まって見える効果もあります。

体を立体的に、たくましく見せる

「体を立体的に、たくましく見せる」これもベスト着用の魅力でしょう。ベスト着用のポイントはVゾーンの見え方にもあります。

ワイシャツの定義は下着だった

もともとフォーマルな席では、ジャケットを脱ぐことは禁止されています。これは、下に着用しているワイシャツが下着だったことに由来しています。

ベストは上着の位置づけ

でも、ベストを着ていればジャケットを脱いでも大丈夫なのです。そのわけは、ベストの位置づけは上着だから、ベスト姿になっても下着とはみなされず失礼にはあたらないというわけです。

ベストの効果で品よく見える

スリーピース着用の場合は、ネクタイを外してもベストの効果で品のあるコーディネートになります。ネクタイをつけなくても良い場面で、さっと外していつもと違った自分を見せることができます。ベスト着用の効果はこんなところにもあるわけです。

ベスト着用でコート要らず

結婚式に限りませんが、ベストを着用すると温かくて防寒になるので寒い日でもコートがいらなくなります。寒い日は、かさばったコートを着込むよりベストにマフラーと手袋といったコーディネートで颯爽と歩くのです。相当寒い日以外はこれで過ごしている人も多いようです。

結婚式の男性ゲストの服装は?着こなし方とマナーのまとめ! | MensModern[メンズモダン]

結婚式の服装にベストをプラスのまとめ

結婚式の服装にベストをプラスして着用する際の、ベストの選び方や色、材質、コーディネートで気をつけることをまとめました。いつもの装いがぐっと上品に色っぽく仕上がるスリーピース。是非着こなして、結婚式を楽しんできてください。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ