水筒代わりに使えるスタバのサニーボトルが、おしゃれで実用的だとして人気を集めています。スタバのサニーボトルの魅力や具体的な使い方などを、まとめて解説します。持ち運べるサイズの実用的な水筒をお探しの方は、ぜひスタバのサニーボトルをチェックしてみて下さいね!

スタバのサニーボトルの実用例!水筒にぴったりな使い方とは?

目次

  1. スタバのグッズはおしゃれ
  2. スタバのサニーボトルとは
  3. スタバのサニーボトルはいくら?
  4. サニーボトルは洗いやすい
  5. サニーボトルを自分でアレンジ
  6. サニーボトルは持ち運びに便利
  7. サニーボトルにドリンクチケット
  8. サニーボトルでお得に!
  9. サニーボトルはデトックスウォーターにも
  10. サニーボトルに入れればおしゃれ気分?
  11. スタバのサニーボトルの使い方の注意
  12. スタバの季節限定サニーボトルも人気!
  13. 過去の限定モデルもおしゃれ
  14. 【おまけ】タンブラーとどっちが良い?
  15. スタバのサニーボトルを活用しよう

スタバのグッズはおしゃれ

スタバは、コーヒーやフラペチーノ、ティーメニューなど幅広いドリンクと、サンドイッチやケーキなどの軽食が楽しめる人気のカフェスポットです。ちょっと一息つきたい時や、友人や恋人とお茶をしたい時、勉強や仕事の作業に集中したい時など、様々な場面でスタバを利用する人は多いでしょう。

スタバは定番のドリンクメニューももちろん美味しいですが、常に季節限定のドリンクが出ていて、それをチェックするという楽しみもありますよね。人気のシーズナルメニューは、遅い時間には売り切れているなんてこともあるくらいです!

スタバの魅力は、美味しいドリンクやおしゃれで落ち着いた空間にもありますが、実は様々なカフェグッズも人気を集めているんです。スタバの店内には、タンブラーやマグカップなど様々なグッズが販売されています。その中でも、今回は「サニーボトル」についてご紹介します。

スタバの誕生日プレゼント!喜ばれること間違いなしの贈り物は? | MensModern[メンズモダン]

スタバのサニーボトルとは

スタバの人気グッズの一つ

サニーボトルとは、タンブラーと同様に水筒代わりに使うことのできるスタバのカフェグッズです。蓋の部分の形が太陽をイメージさせることから、サニーボトルという商品名になっています。スタバならではのおしゃれなネーミングですね。

サニーボトルの耐熱温度は高いのですが、商品としては冷たい飲み物専用とされています。その理由は、スタバの店頭でサニーボトルに飲み物を入れて提供する際に、熱いものを入れると手で持つのが危険になってしまうためのようです。

自宅で使う場合、サニーボトルを何かで包むなどして手で持っても熱くない使い方をすれば、サニーボトル自体の耐熱温度は100度なので、ホットの飲み物を入れることも可能です。スタバでは、スタンダードなタイプとサニーボトルと、ストラップが付いて持ちやすくなったタイプのサニーボトルが売られています。

おしゃれなタンブラー・水筒を紹介!スタバ以外のブランドでおすすめは? | MensModern[メンズモダン]

スタバのサニーボトルはいくら?

スタバのサニーボトルは意外とリーズナブル

スタバのサニーボトルは、スタンダードタイプが1950円(税抜)、ストラップ付のタイプが2300円(税抜)です。スタバのサニーボトルは、案外買い求めやすいリーズナブルな価格ですね。どのタイプも共通して、用量サイズは500mlです。

サニーボトルは洗いやすい

スタバのサニーボトルの良いところ①

スタバのサニーボトルが実用的で便利なポイントとして、「洗いやすい」という点が挙げられます。水筒って、奥の方まで綺麗に洗うのがなかなか大変だったりしますよね。水垢などが溜まってしまうと、不衛生な状態になってしまいます。しかしサニーボトルは、一番下の部分と中間から上の部分、そして蓋の部分を分解することが出来ます。

そのため、ボトルの奥の方まで簡単に洗うことが出来て手入れが楽なのです。楽に洗って衛生的に使うことが出来るので、とても助かります。汚れが落としきれないと、水筒を長く使うことが出来なかったりしますが、サニーボトルはその点、きちんとケアして永く使っていけそうなアイテムです。

サニーボトルを自分でアレンジ

スタバのサニーボトルの良いところ②

スタバのサニーボトルが分解できるのは、洗いやすいだけでなくアレンジして楽しめるというメリットにもつながります。スタバのサニーボトルは、違う商品であっても下の部分と中間から上の部分、蓋の部分を組み合わせて使うことが出来ます。

そのため、スタバのサニーボトルを複数持っている人は、手元で部品を自由に組み合わせて、自分だけのサニーボトルにアレンジして使うことが出来るのです。スタバのサニーボトルを持っている人は沢山いますが、このようなアレンジをして使えば他人と被ることがなくて嬉しいですね。日常で使う何気ないアイテムに自分の個性を表せるのは、ちょっとした楽しみになって良いでしょう。

サニーボトルは持ち運びに便利

スタバのサニーボトルの良いところ③

スタバのサニーボトルのサイズは、スタンダードなタイプが「幅7.2cm×奥行7.2cm×高さ21.0cm」、ストラップ付のタイプが「幅7.0cm×奥行7.0cm×高さ21.5cm」とコンパクトです。どちらも容量が500mlなので、大体ペットボトルのサイズをイメージすると近いでしょう。

水筒としてカバンに入れて持ち歩くのにも便利で、実用的なサイズですよね。重さも約120グラムと軽いので、カバンに入れて持ち運ぶのにも苦になりません。仕事やレジャーの際に、飲み物をいちいちコンビニや自動販売機で買っていたら、案外出費がかさむものです。

持ち運びに便利なスタバのサニーボトルを活用して、自宅から飲み物を用意していけば、とても経済的で賢いですね。また、甘い清涼飲料水を日常的に飲むよりも、健康に良いお茶や水を飲む方が体にも良いので、サニーボトルを利用して普段飲むものにも気を付けてみると良いでしょう。

サニーボトルにドリンクチケット

スタバのサニーボトルの良いところ④

スタバでサニーボトルを購入すると、好きなドリンクを一杯無料で飲めるドリンクチケットがもらえます。サニーボトルを購入したその場でチケットを使っても良いですし、後日来店した際に使ってもOKです。

このチケットはドリンクのサイズに制限はなく、有料のカスタマイズも一緒に利用することが出来ます。スタバで普段はカスタマイズをせずにドリンクを頼んでいるという人も、この機会に有料カスタマイズにトライしてみるのも良いでしょう。

ちなみに、スタバの有料のカスタマイズには、「ミルクを豆乳に変更」「エスプレッソショットの追加」「コーヒーの追加」「バニラシロップ・ヘーゼルナッツシロップ・キャラメルシロップの追加」「ホイップクリームの追加」「チョコチップの追加」などがあります。少しのカスタマイズでも、味に変化が出ておすすめです。

有料といってもプラス50円だけですので、ドリンクチケットでのサービスをきっかけにお気に入りのカスタマイズを見つけた場合には、ぜひ次回も注文してみて下さいね。カスタマイズによって、ドリンクが更に美味しくなったり、自分好みになって楽しむことが出来ます!

スタバのドリンクチケットの入手方法!おすすめの活用方法は? | MensModern[メンズモダン]

サニーボトルでお得に!

スタバのサニーボトルの良いところ⑤

タンブラーを持ってスタバでドリンクを買うと料金が割引されるというサービスがあることは有名ですが、この割引サービスはサニーボトルにも適用されます。スタバのサニーボトルを持参して、サニーボトルに入れてもらうという形でドリンクを注文すれば、20円の割引をしてもらえます。

1杯につき20円の割引は大した額ではないと思う人もいるかもしれませんが、よくスタバに行く人であれば、積み重なるとかなりお得なサービスだといえます。また、スタバのドリンクはショート・トール・グランデ・ベンティとサイズによって値段が変わりますが、その差額は大体40円づつです。

つまり、サニーボトルを持参することによって割引サービスを受けると、たった20円で1ランク大きいサイズのドリンクが買えるということになります。こう考えると、20円の割引って大きい気がしてきますよね。

サニーボトルはデトックスウォーターにも

スタバのサニーボトルの良いところ⑥

スタバのサニーボトルのデザインの特徴は、上半分が透明になっていて中身がよく見えることでしょう。一時ブームになったデトックスウォーターを、スタバのサニーボトルに入れて持ち歩くという人も多いようです。

デトックスウォーターとは、ミネラルウォーターにカットしたフルーツを漬けたもので、毒素排出の効果があるため美容や健康に良いとされている飲み物です。サニーボトルにデトックスウォーターを入れると、鮮やかなフルーツが入っているのが見えて、目にも楽しいのです。普通のお茶や水を入れるよりも、ぐっとおしゃれに見える使い方ですよね。

サニーボトルに入れればおしゃれ気分?

スタバのサニーボトルの良いところ⑦

サニーボトルは見た目がスタイリッシュでおしゃれなので、ただの水筒を持つよりも見た目がおしゃれです。水やお茶を入れるという使い方をしているだけなのに、なんだかおしゃれな雰囲気が漂うなんて嬉しいポイントです。カバンの中にお気に入りのデザインのサニーボトルが入っていると、それだけで少し気分が上がりそうですね。

スタバのサニーボトルの使い方の注意

スタバのサニーボトルは水筒代わりに使えて実用的なアイテムですが、使い方に少し注意点があります。それは、魔法瓶の水筒のように保冷の機能が無いということです。冷たい状態で飲み物を保ちたい場合には、保冷のカバーをつけるか、中に氷を入れておく必要があります。

また、水筒やタンブラーと違って、サニーボトルは表面に結露による水滴が発生します。カバンの中に入れる際や、机の上に置く際には、水滴の影響に気をつけましょう。水気が気になる場合には、タオルを巻いたりカバーをつけるなどの対策をとりましょう。

スタバの季節限定サニーボトルも人気!

スタバはシーズナル商戦がうまい!

スタバでは、タンブラーやマグカップなど様々な季節限定デザインのグッズが発売され、多くのファンに喜ばれています。サニーボトルにも季節限定デザインがあり、発売して間もなく売り切れるということもあるようです。

スタバの季節限定品や地域限定品を集めているというスタバファンも多くいますので、そういった方々にとってはシーズナルモデルのサニーボトルは要チェックアイテムなのです。季節感のあるオシャレなデザインのサニーボトルは、使っていて楽しい気持ちになりますし、そのシーズンの思い出の一員になってくれそうですよね。

過去の限定モデルもおしゃれ

スタバグッズはネットでも

実用的で人気の高いスタバのサニーボトルは、過去に発売された限定モデルにも素敵なデザインが多く、コレクターを喜ばせています。スタバの店頭には現在発売中の新しいサニーボトルしか並びませんが、amazonなどのネットストアを見ると、様々な限定モデルのサニーボトルが販売されています。

スタバ店頭で気に入ったデザインのサニーボトルが見つからなかったという人は、ネットで過去のサニーボトルや、他の地域限定のサニーボトルを探してみても良いかもしれません。様々な種類のサニーボトルがありますので、きっとお好みに合うサニーボトルが見つかるでしょう。

【おまけ】タンブラーとどっちが良い?

スタバの水筒対決

スタバでは、サニーボトルと並んでタンブラーも人気商品ですよね。サニーボトルもタンブラーも、水筒代わりに使える実用的なアイテムとして多くの人に利用されています。実用性としてどちらも優れていますし、使い方も似ているので、どちらを選んだらいいか迷う人もいるでしょう。

サニーボトルとタンブラーは、金額にはあまり違いがありません。サニーボトルのサイズが500mlで統一されているのに対して、タンブラーはものによってサイズが違います。もし使いたいサイズにこだわりがあるのであれば、タンブラーの方が好みのものを探しやすいかもしれませんね。

また、タンブラーはサニーボトルのように表面が結露するということがありませんので、カバンの中や机の上が濡れるという心配がありません。自分の使い方によって、水滴がつくのがどうしても困るという場合には、タンブラーを使う方が良いでしょう。

ただ、サニーボトルとタンブラーでは、入れ物自体の重さがサニーボトルの方が軽いため、サニーボトルは持ち運びに便利という強みがあります。荷物を重くしないで済む使い方をしたい人には、サニーボトルがおすすめです。さらに、サニーボトルの方が全体的にポップでカラフルなデザインが多いようです。

実用性や使い方も重要ですが、デザインが好みに合うかどうか、そのアイテムを持っていて気持ちが楽しいかどうかというポイントも、選ぶ際の基準にしてみてはいかがでしょうか。サニーボトルとタンブラー、それぞれに特徴があり、それぞれが実用的で便利なアイテムです。ぜひ自分の使い方に合う方を選びましょう。

スタバのサニーボトルを活用しよう

スタバのサニーボトルの魅力と、使い方について解説してきました。見た目はおしゃれで、実用性にも優れているという、とても優秀なアイテムであるということが分かりましたね。サイズも持ち運びに便利ですし、スタバ店頭ではお得なサービスも受けられます。こんなに良いことがあるなら、サニーボトルをぜひ使ってみたくなりますよね。

自分が使うアイテムとしてはもちろん、スタバのサニーボトルはプレゼントとして選ぶのもおすすめです。ちょっと欲しいな…と思いながら買っていなかったものをプレゼントされると、かゆいところに手が届いた感じですごく嬉しいですよね。スタバのサニーボトルをプレゼントすると、気が利く!プレゼント選びのセンスがある!と喜ばれるでしょう。

様々な魅力を持ったスタバのサニーボトル、ぜひ手に入れて、快適なドリンクライフを送ってくださいね!


評価 3.6/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ