電気ブランの飲み方やおすすめカクテル!ビールをチェイサーにして飲む?

電気ブランのおすすめの飲み方についてまとめました。電気ブランで作るおすすめのカクテルや、ビールをチェイサーにする飲み方など電気ブランの楽しみ方はバラエティ豊か。電気ブランのおすすめの飲み方をチェックして、大人の時間を楽しみましょう!

目次

  1. 電気ブランのおすすめの飲み方を知りたい!
  2. そもそも電気ブランとは何?
  3. 電気ブランの名前の由来は?
  4. 神谷バーでおすすめされている電気ブランの飲み方
  5. 他にもある!神谷バーでの電気ブランのカクテル
  6. 自宅で電気ブランを楽しみたいときにおすすめの飲み方
  7. 電気ブランのカクテルに合わせたい!フリットのレシピ
  8. 電気ブランで下町気分を楽しめる生姜焼きのレシピ
  9. 電気ブランのカクテルと合わせたい!ジャーマンポテト
  10. 好みの飲み方で電気ブランを楽しもう!

電気ブランのおすすめの飲み方を知りたい!

カクテルなどさまざまな飲み方ができる電気ブラン

古くから親しまれてきた電気ブランというお酒をご存知ですか?多くの文豪も愛してきたという電気ブランは、現在もお酒好きの間で人気の高いアルコール飲料として知られています。電気ブランの飲み方はバラエティ豊か。ストレートやロック、ソーダ割りなどいろいろな飲み方ができるので好みの電気ブランの飲み方を探してみるのがおすすめです。

電気ブランの美味しい飲み方をチェックしよう!

今回は、電気ブランの美味しい飲み方や電気ブラン発祥のお店の紹介など電気ブランに関する情報をまとめました。日本で昔から親しまれてきた電気ブランを飲めば、レトロな気分を楽しめること間違いなしです。さまざまな飲み方を試せば、お酒の新しい楽しみ方を見つけられるかもしれませんね。好みの電気ブランの飲み方を見つけましょう!

そもそも電気ブランとは何?

浅草の老舗・神谷バーで生まれた電気ブラン

そもそも電気ブランとはどんなものなのでしょうか?電気ブランは、浅草の老舗として知られる神谷バーの創業者が明治15年に生み出したもの。ブランデーにワイン、ジン、薬草、キュラソーなどを加えて作られたお酒です。それぞれの配合分量は、秘伝のものとして企業秘密にされているのが特徴。電気ブランならではの独特の風味にやみつきになる人が続出しています。

電気ブランが発売された当時はアルコール度数が45度ありました。現在の電気ブランはアルコール度数30度、オールド電気ブランは40度になります。いずれにせよアルコール度数の高いお酒なのでチェイサーをつけて飲むのが定番。

さまざまな飲み方で文豪にも愛されてきた

多くの文豪に愛されてきた神谷バーの電気ブランは、文学作品にも登場するほど高い人気を集めていました。太宰治の「人間失格」をはじめとした有名な小説にも登場しているので、ぜひ電気ブランを飲みながら読んでみてはいかがですか。誕生から100年以上経過した今でも、多くの人に愛されている電気ブラン。好みの飲み方でいただきたいですね。

ブランデーを使ったカクテルレシピ!美味しい定番カクテルを作ろう | MensModern[メンズモダン]

電気ブランの名前の由来は?

ブランはブランデーの略

電気ブランの名前の由来についてもチェックしてみましょう。電気ブランの「ブラン」はブランデーの略。電気ブランはブランデーがメインとなっています。

電気=ハイカラなもの

「電気」という言葉は、電気ブランが生まれた当時はハイカラなものをさす言葉として使われていました。「電気◯◯」と何かを表すことが多く、それに沿って名付けられたのが電気ブランの由来。安くてアルコール度数が高く、美味しく飲める電気ブランはハイカラなものとして浅草の人々に好まれてきました。

カクテルシェーカーのおすすめはコレ!振り方からレシピまで! | MensModern[メンズモダン]

神谷バーでおすすめされている電気ブランの飲み方

ビールとチェイサーにする電気ブランの飲み方が定番

電気ブラン発祥の店である神谷バーでは、ビールをチェイサーとして電気ブランを飲むのが定番。ビールと電気ブランの相性はとても良く、チェイサーとして取り入れるのにぴったり。電気ブランはストレートでビールをチェイサーとしていただきます。もちろん、水のチェイサーも取り入れてくださいね。

美味しい洋食も組み合わせた飲み方がおすすめ

神谷バーならではの下町グルメも電気ブラン&ビールの組み合わせに欠かせません。ナポリタンなどを注文して、電気ブラン&ビールと共に楽しんではいかがですか。

ウイスキーとブランデーの違いとは?味やカロリー、度数を比較! | MensModern[メンズモダン]

他にもある!神谷バーでの電気ブランのカクテル

電気ブランソーダ&サワー

神谷バーには電気ブランを使ったカクテルもあります。電気ブランソーダはさっぱりとした味わい、電気ブランサワーはほど良い甘みを感じられるのが特徴。

Denki Blan Fix

電気ブランにチェリーブランデーを加えたDenki Blan Fixは大人の味わい。アルコール度数高めなので、気をつけてくださいね。

自宅で電気ブランを楽しみたいときにおすすめの飲み方

ジンジャーエールと合わせてカクテルに

自宅で電気ブランを味わいたい時におすすめなのがジンジャーエール割り。甘くないドライジンジャーエールがおすすめです。さっぱりとした味わいを楽しめます。

電気ブランをアイスティーで割ったカクテル

電気ブランはアイスティーと合わせても美味しく飲めるのがポイント。アイスティーと合わせることでまろやかな風味になり、気軽にお酒を楽しむことができます。

バーボンとウイスキーの違いは?スコッチやブランデーとの違いも調査 | MensModern[メンズモダン]

電気ブランのカクテルに合わせたい!フリットのレシピ

フリットに必要な材料

電気ブランをさらに美味しく飲むには、おつまみにこだわるのもおすすめ。自宅でも簡単に作れるおつまみを取り入れれば、お家居酒屋気分で電気ブランを楽しむことができます。まずおすすめしたいのがフリット。サクサクで揚げたてのフリットは電気ブランサワーとの相性がぴったりです。ぜひ電気ブランのソーダ割りなどと合わせてみてはいかがですか。

フリットに必要な材料は、卵白2個分、片栗粉大さじ1と1/2、薄力粉大さじ1と1/2、サラダオイル小さじ1、塩ひとつまみになります。フリットにする具材は好みに合わせて選んでいきましょう。ズッキーニはミニトマト、エビなどさまざまな具材がフリットによく合います。ぜひいろいろな具材でフリット作りを満喫してみてくださいね。

簡単なレシピ

卵白に塩を加えたら、ピンとツノが立つまでメレンゲ状に泡立てます。メレンゲが作れたら、片栗粉と薄力粉を加えてヘラを使ってさっくりと混ぜ合わせましょう。メレンゲの泡を潰さないように混ぜるのがポイントです。全体に混ざったらサラダオイルを加えて混ぜ合わせてください。

好みの具材を食べやすい大きさにカットしたら分量外の小麦粉をまぶし、メレンゲの衣をつけます。170℃の油でこんがりと揚げたら完成。

電気ブランで下町気分を楽しめる生姜焼きのレシピ

生姜焼きに必要な材料

電気ブランと共に下町気分を自宅で楽しみたい時におすすめなのが生姜焼き。下町の居酒屋で電気ブランを楽しんでいるような気分を満喫することができます。生姜焼きは料理初心者でも簡単に作れるのが嬉しいポイント。柔らかくジューシーな豚肉の美味しさはやみつきになる美味しさです。ぜひ気軽に作ってみてはいかがですか。

生姜焼きに必要な材料は、生姜焼き用の豚肉200g、サラダオイル小さじ2、生姜のすりおろし小さじ1、醤油小さじ1、酒小さじ1になります。たれの材料として、みりん大さじ1、醤油大さじ1、砂糖小さじ1、酒大さじ1、しょうがのすりおろし小さじ1/2。キャベツの千切りをお好みで用意しておきましょう。生姜焼きをさっぱりといただくことができます。

美味しい飲み方ができるレシピ

豚肉に生姜のすりおろし・醤油・酒を揉み込んで、下味をつけます。フライパンにサラダオイルをしいたら、下味をつけた豚肉を焼きましょう。豚肉の両面を焼いたらいったん取り出します。たれの材料のみりん・醤油・砂糖・酒・生姜のすりおろしをフライパンに入れて煮立たせてください。

全体にとろみがついてきたら豚肉を入れて味を絡めます。全体に味がからんだらお皿に盛り付け、キャベツの千切りを添えたら完成。

電気ブランのカクテルと合わせたい!ジャーマンポテト

ジャーマンポテトに必要な材料

電気ブランのカクテルと合わせたいおすすめレシピとしてあげられるのがジャーマンポテト。ほくほくとした食感のポテトとジューシーなベーコンは電気ブランのカクテルと相性が良く、美味しくいただくことができます。電子レンジを活用して作れるので、食べたい時にすぐできあがるのが魅力。電気ブランを美味しくいただきたいときに作ってみてはいかがですか。

ジャーマンポテトに必要な材料は、玉ねぎ1/2個、ジャガイモ3個、ベーコン160g、ニンニクひとかけら、オリーブオイル大さじ2、コンソメ顆粒小さじ2、パセリのみじん切り大さじ1、塩胡椒。お好みで粉チーズをふりかけても美味しくいただくことができます。ベーコンではなくソーセージを使ってもOK。冷蔵庫にあるものを活用しましょう。

簡単なレシピ

ジャガイモの皮を剥いたら食べやすい大きさにカットし、600Wの電子レンジで5分ほど加熱します。玉ねぎは薄切りにし、ニンニクは薄切り、ベーコンは1cm幅にカットしましょう。フライパンにオリーブオイルをしいたらニンニクを入れて炒めます。ニンニクの香りが出てきたら玉ねぎとベーコンを加え、玉ねぎがしんなりするまで炒めてください。

ジャガイモを加えて軽く炒め合わせたらコンソメと塩胡椒で味を調えます。お皿に盛り付け、パセリのみじん切りをふりかけたら完成。

好みの飲み方で電気ブランを楽しもう!

古くから多くの人々に愛されてきた電気ブランには魅力がたくさん。電気ブランと相性の良いおつまみを用意して、好みの飲み方で堪能してみてくださいね。

関連するまとめ

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ