男なら一度は弾けるようになりたいアコースティックギター通称「アコギ」。他人に弾いて見せるのもいいですし、一人で有名曲を弾いて楽しむのも悪くないおすすめの楽器です。今回はそんなアコギの初心者向けの選び方や購入方法、おすすめのメーカーなどを紹介します。

アコギのおすすめは?初心者が購入する時に抑えておきたい選び方!

目次

  1. アコギとはどんな楽器?
  2. アコギは初心者の技術上達にもおすすめの楽器
  3. 初心者におすすめのアコギの種類は?
  4. アコギを使うのに必要な道具
  5. アコギのおすすめメンテナンス
  6. アコギ初心者におすすめの選び方①値段
  7. アコギ初心者におすすめの選び方②チューニングしやすい
  8. アコギ初心者におすすめの選び方③見た目
  9. アコギ初心者におすすめの選び方④通販と店舗ではどちらがいい?
  10. アコギ初心者におすすめの選び方番外編・教則本は買うべき?
  11. アコギ初心者におすすめのメーカー①YAMAHA
  12. アコギ初心者におすすめのメーカー②morris(モーリス)
  13. アコギ初心者におすすめのメーカー③Headway(ヘッドウェイ)
  14. アコギ初心者におすすめのメーカー④Taylor(テイラー)
  15. アコギ初心者におすすめのメーカー⑤Epiphone(エピフォン)
  16. アコギが弾けると趣味の幅が広がる

アコギとはどんな楽器?

アコギとは「アコースティックギター」の略で、弦が6本ありそれを指やピックで弾いて音を出す「撥弦楽器」の一種です。よくフォーク系のアーティストが使用している姿をテレビなどで見た事がある人は多いでしょう。

ギターにはアンプにつないで電気信号によって音を増幅して出す「エレクトリックギター」という種類もありますが、アコギは基本的にそれ単体で十分な音を鳴らすことができるため、アンプなど準備がそれほど大掛かりではなくアコギ一本で仕事ができるのでストリートミュージシャンや小規模のライブにも活用されますね。

HIDEの愛用ギターまとめ!XJAPANギタリストのギター・機材を紹介! | MensModern[メンズモダン]

アコギは初心者の技術上達にもおすすめの楽器

上記の通りアコギはエレキと違って弦の振動そのものが直接楽器の音となり、しっかり弦を抑えてから鳴らさないといい音がでないため初心者がギターの腕を上げるにはアコギから始めるといいと言われています。値段は様々ですが、初心者向けのアコギであればアンプなどを準備しなければならないエレキより総合的に安い値段で手に入れやすいのでおすすめ。

初心者におすすめのアコギの種類は?

ドレッドノート

ではアコギにはどのような種類があるのでしょうか。アコギ初心者からプロまで使用している人が多いアコギの種類が「ドレッドノート」です。ドレッドノートはボディがでっぷりしていて低音が力強く響くためコードを弾いて歌の伴奏とする「弾き語り」に非常に適しているアコギとなります。

フォーク

フォークタイプのアコギはドレッドノートに比べボディがくびれているのが特徴的で、比較的繊細な音が出せるため指弾きなどに向いているアコギと言えます。もちろん弾き語りにも使えますよ。ドレッドノートより軽めなことが多く、女性や初心者にもおすすめのアコギと言えます。

クラシックギター

クラシックギターはガットギターとも呼ばれ、アコギの中では最も古い歴史を持つギターです。主にクラシックやジャズ演奏などに用いられ、ソロやインストを弾くことが多く、ネックがとても太いためストロークプレイによる弾き語りにはあまり向いていません。一般的なアコギは弦が金属製であるのに対し、クラシックギターはナイロン製になっています。

エレアコ

アコギにもエレキのように電気信号によって音を増幅させるタイプもあり、こちらのアコギは「エレアコ」と呼ばれています。エレキのように音をエフェクターなどでアレンジしやすく、またアンプを通すためバンドスタイルの中でも活用できます。将来的にバンドをやりたい人はエレアコを選ぶのもおすすめですね。

サイレントギター

前述の通りアコギはアンプを通して音を出力するギターではないため、生音が非常に大きく環境や時間帯によっては練習できないこともあります。そのために「サイレントギター」なる種類のギターも販売されていて、こちらは生音が小さくアンプに通して音を鳴らすためどんな環境でも練習しやすいタイプのアコギになっています。

ジャズ楽器の種類や構成は?初心者にもおすすめ難易度別楽器紹介 | MensModern[メンズモダン]

アコギを使うのに必要な道具

チューナー

アコギを使うためには他に揃えるべき道具もたくさんあります。まず初心者に絶対に必要な道具はチューナーです。チューナーは弦の音を定められた音程に調節するためのもので、内蔵されているマイクに向かって弦を鳴らすことで使用します。

チューニングはアコギを置いておくだけでも変わる事があるので、絶対音感を持っていない限りアコギとともに常に携帯しなければいけません。チューナーはそんなに高いものではなく、数千円で購入できます。

替えの弦

またアコギに限らずギターは弦が比較的切れやすいため替えの弦も用意しておく必要があります。種類が多いので選び方は迷うと思いますが、初心者であればとりあえず有名メーカーである「マーチン」の弦を買っておけば問題ないでしょう。値段も500円前後と高いものではないので最低でも予備に一つは購入しておきましょう。

ピック

ピックはアコギを弾くために必須な道具の一つです。爪と指で弾く「指弾き」スタイルもポピュラーではありますが、初心者がストローク、もしくは弾き語りをするならまずピック弾きから入った方が無難です。初心者であれば「トライアングル」という三角形のピックを購入するといいでしょう。数百円で売っています。

ストラップ

アコギは座って弾くのにも適しているギターですが、ほとんどの場合立って弾くことになります。座って弾くのと立って弾くのでは全然感覚が違うので立って弾く練習をした方がおすすめです。その場合肩にかけるための「ストラップ」が必要になります。

スタンド

アコギを購入した際はおそらくソフトケースかハードケースをつけてくれるパターンがほとんどだと思いますが、ソフトケースのみの場合アコギは単体で自立できないためスタンドを購入する必要があります。またアコギのネック部分に掛かる負担も減らせるのでおすすめですね。

クロス

アコギの弦は手の油や汗が付着するとすぐに錆びてしまうものなので、使い終わったあとはしっかりそれらを拭き取る必要があります。ギターには弦を拭くための専用の「ギタークロス」という柔らかい布が販売されているので楽器店などでそちらを購入しておくといいでしょう。

防音室は自作できる!意外に簡単DIY♪作り方徹底ガイド! | MensModern[メンズモダン]

アコギのおすすめメンテナンス

アコギは木で作られている楽器のため、購入した後も定期的にメンテナンスしてあげないといけない楽器です。特に湿度には気を配らなくてはいけません。湿度が高いとネックが反ってきたり最悪の場合木材が腐食してきたりしてしまいます。ですので湿度が高い環境の場合ハードケースに入れたりしっかりと湿度管理をすることをおすすめします。

また弦を張りっぱなしだとネックに負担が掛かってくるので弾いた後すぐにまた使わない場合、弦のネジを2、3巻きほど緩めてあげるのもおすすめですね。さらに1ヵ月に1回ほど弦を全て外して指版やフレットを奇麗に拭いてあげるといいでしょう。上記に紹介したギタークロスで弦を拭いてあげる事も忘れずに。

アコギ初心者におすすめの選び方①値段

アコギの値段はピンからキリまである

ではここからは初心者がアコギを購入する場合のポイントを紹介していきたいと思います。これからアコギを始めようと考えている人にとって最も気になるポイントは「値段」になるかと思います。ギターと言えば高いものでは高級車が軽く買える値段になるものもありますし、安いものでは数千円で購入できるものまで存在します。

高いアコギのメリットとデメリット

値段が高いアコギのメリットは当然ながら音の質です。安いアコギとは比べ物にならないほど上質な音が出るのでプロとはいかないまでもそれなりの音質でアコギを演奏したいならある程度値段が高いものを選ぶ必要があります。

しかし初心者があまりにも高すぎるアコギを購入すると傷をつけてしまわないかと慎重すぎる扱い方をしてしまうことはデメリットとして挙げられます。初心者はとにかく弾きまくって練習することが重要ですからね。

安いアコギのメリットとデメリット

アコギの中には1万円を割るほどの安いアコギも存在します。値段が安いと保管など神経質にならず壊れるまで弾き倒せるのでそういう意味では練習量が大事な初心者に向いているとは思います。

しかし当然ながら高級なアコギに比べて音は曇っていて音質は低いです。またネックが反りやすかったりボディが壊れやすかったりと保管も難しいですね。指版が高く設定されているものも多く、練習しても思ったような音が出にくいためモチベーションも下がりやすいですね。

初心者が選ぶべき値段は?

では初心者がアコギを購入する場合どれくらいの値段のものがおすすめなのでしょうか。一般的に初心者がアコギを購入する場合、予算は「3万円」程度の価格帯がおすすめとされています。激安アコギより音質は安定していて管理もしやすく比較的思ったような音は出やすいからですね。もちろん余裕があるならもう少し予算を上げてもいいです。

アコギ初心者におすすめの選び方②チューニングしやすい

初心者がアコギを選ぶ際に重視すべきは「チューニングのしやすさ」という要素もあります。アコギはものによってはすぐにネックが反ってチューニングがずれやすいものがあり、出したい音からすぐに外れてしまうものもあります。

そのためアコギを選ぶ際はチューニングが狂いにくいものを選ぶことをおすすめします。予算3万円でもチューニングが安定しているアコギはたくさんありますからね。初心者のうちは判断がつかないことも多いかと思いますので、店員さんにおすすめを聞いてみる事も大事でしょう。ギターショップの店員さんは基本的にギター大好きなので快く教えてくれます。

アコギ初心者におすすめの選び方③見た目

またギターにおいて見た目というのは結構大事です。アコギを購入するという事は誰しも憧れのアーティストはいるでしょうからその人が持っている見た目に近いギターを選ぶとモチベーションが上がりやすく練習も続くと思います。ただしプロのアーティストが使っているモデルは値段が高いのであくまで見た目を近づけるくらいの意識で選ぶのがおすすめです。

アコギ初心者におすすめの選び方④通販と店舗ではどちらがいい?

ギターを購入する方法としてギターショップや楽器店といった店舗で買う方法と通販で買う方法の二つがありますが、アコギ初心者であれば圧倒的に店舗での購入をおすすめします。上記した選び方を実践するには店舗で実際に感触を確かめつつ選ぶ方が確実だからです。

ネットの通販はショップやオークションによってかなり安い価格で購入できることもあります。しかし初心者のアコギの選び方において実際に触れないという事実は大きなリスクになりえます。店舗のようにアドバイスをくれる人もいませんからね。

ジャズマスター(ギターの種類)音の魅力とジャガーとの違い調査! | MensModern[メンズモダン]

アコギ初心者におすすめの選び方番外編・教則本は買うべき?

ギター初心者向けにたくさん販売されている「教則本」の類。プロが分かりやすいように見本の演奏をしてくれるDVDが付属しているタイプもありますよね。初心者はこれらの本を買って学んだ方がいいのでしょうか?

現代においてギター教則本の類は必ずしも購入する必要はないと思います。なぜならば今の時代はYoutubeなど動画投稿サイトで初心者にも分かりやすく弾き方を教えてくれる動画がたくさん存在しているからです。彼らの動画のクオリティは決して既存の教則本にも劣っていないので、現代においてはこういった動画で弾き方を勉強するのがおすすめです。

アコギ初心者におすすめのメーカー①YAMAHA

それではアコギ初心者にもおすすめのギターメーカーを紹介していきたいと思います。まず初心者に最もおすすめされる機会が多いアコギが「YAMAHA」のアコギ「FS」や「FG」と呼ばれる種類です。FGはドレッドノートタイプでFSはフォークタイプのアコギになります。

初心者におすすめのモデルは3万4000円から5万円くらいのモデルで、種類も豊富に選べますし非常に弾きやすくクリアな音質であるため初心者が1本目に手にするアコギはこのモデルがおすすめされることが多いです。

アコギ初心者におすすめのメーカー②morris(モーリス)

日本の老舗ギターメーカー「morris(モーリス)」のギターも初心者にはおすすめです。モーリスのアコギは基本的に高品質で高価なモデルも多いですが、老舗だけあってしっかりと初心者向けのエントリーモデルが2万円台後半から販売されており品質も国内トップクラスです。予算に余裕があればもう少し上のクラスのモデルを購入してもいいでしょう。

アコギ初心者におすすめのメーカー③Headway(ヘッドウェイ)

長野県松本市に本拠を置く「Headway(ヘッドウェイ)」も高品質かつ初心者向けのアコギメーカーです。ヘッドウェイのアコギにおいて初心者におすすめのエントリークラスは「UNIVERSE」シリーズと呼ばれ、海外(アジア)で生産しているため値段が25,000円から55,000円と非常に購入しやすい価格帯に設定されています。

もちろん海外生産とは言え品質の高さは保証されていますね。見た目が渋いローズウッドを使用したアコギもありお洒落なので初心者にも強くおすすめできるメーカーと言えます。

アコギ初心者におすすめのメーカー④Taylor(テイラー)

アメリカでギブソンやマーチンといった大メーカーに次ぐアコギブランドとなっているのが「Taylor(テイラー)」です。上位モデルがニール・ヤングやテイラー・スイフトといったプロのアーティストも愛用しているブランドで、軽やかで上品な音色が特徴的です。弦高が低く設定されているモデルが多いので初心者でも弾きやすくておすすめですね。

アメリカ産のギターはボディが大きいものが多く、体や手の小さい人にとって演奏が大変な時もありますがテイラーには「ベイビー・シリーズ」という小さめのモデルもあり人気を博しています。価格も5万円台から手に入るので初心者はこちらを購入してみるのもおすすめですね。

アコギ初心者におすすめのメーカー⑤Epiphone(エピフォン)

数々の有名アーティストが使っている世界トップクラスのギターブランドと言えば「ギブソン」ですが、そのギブソンの傘下で廉価モデルを販売しているブランドが「Epiphone(エピフォン)」です。廉価といってもギブソンの技術が多数使用されているアコギも多く、決してギブソンにも劣らないギターを販売しています。

エピフォンのアコギには1万円台の非常に安いモデルもありますね。ただしその価格帯は品質があまり高くないので3万円以上するアコギを選ぶことをおすすめします。ギブソンにも使われている技術を安価で体験したいならエピフォンのアコギは価格も安くておすすめです。種類が多くて選び方が豊富なのもいいですね。

洋楽ロックバンド2017年最新おすすめ!コンプリートベスト50 | MensModern[メンズモダン]

アコギが弾けると趣味の幅が広がる

他人に披露するにせよソロで楽しむにせよアコギで曲を弾けるようになるということは多くの人にとって憧れですよね。芸術性も強く趣味の一つとしてはとても優秀だと思います。紹介したように初心者でも選び方を工夫すればそんなにお金を掛けずに購入することが可能になっているので、アコギにチャレンジしてみることをおすすめします。

一人でできる趣味を探そう!大人の時間を楽しむおすすめの趣味は? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.0/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ