イヤホンやヘッドホンなどを使っていると急に音質が悪くなったり片側の耳しか音が聞こえなくなることがあります。今回は我々の日常生活に非常に役立つガジェットであるイヤホン&ヘッドホンの故障の原因、修理方法や費用、自分での修理のやり方などに付いてまとめていきます。

イヤホンやヘッドホンの修理方法・費用まとめ!自分で直すやり方もある?

目次

  1. イヤホンの音質が悪いと感じたら
  2. イヤホンの音質が悪くなる原因とは?
  3. イヤホンの音質が悪くなったら修理のサイン?
  4. イヤホンの修理の原因その1洗濯や雨などの水没
  5. イヤホン修理の原因その2衝撃などによる断線
  6. イヤホンの修理金額・負担費用の相場は?
  7. 修理の方が買い替えるよりもお金が掛かることも
  8. 自分で出来る!イヤホンの修理のやり方をご紹介
  9. 自分で修理をするメリット・デメリット
  10. 修理でもダメな時は買い替える
  11. イヤホンの修理方法まとめ

イヤホンの音質が悪いと感じたら

イヤホンやヘッドホンは日常生活の中で音楽を聴くのに必須ともいえる便利なガジェットです。そんなイヤホンやヘッドホンを使っていると音質が悪くなったり音が聞こえなくなったりするアクシデントが発生することがあります。今回は音質が悪くなった時の修理方法・費用や自分での修理方法についてまとめていきます。

イヤホンからノイズが!原因や対処法・音質アップの方法を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

イヤホンの音質が悪くなる原因とは?

そもそもイヤホンやヘッドホンの音質が悪くなったり音が聞こえなくなる原因は何でしょうか?音質が悪くなる原因は雨や洗濯などでイヤホンやヘッドホンの内部に水や洗剤が入り込む、強い衝撃やコードが引っ張られることによって内部の線が断線しているという原因が主に挙げられます。

イヤホンの掃除方法まとめ!音量が変わり高音質になる正しいメンテナンス | MensModern[メンズモダン]

イヤホンの音質が悪くなったら修理のサイン?

好きな音楽を聴きたいのに片側の耳からノイズが流れたり音が聞こえなかったりすると折角の音楽も台無しになってしまいます。また、お気に入りのものであったり高額のイヤホンやヘッドホンだとすぐに捨てたり買い換えたりするのはどうしても勿体無いと考えてしまいます。

それではイヤホンやヘッドホンなどのガジェットの音質が悪くなった時、音が聞こえなくなった場合などはすぐに修理をするべきなのでしょうか?ここからはイヤホンやヘッドホンなどの修理方法や費用、また自分でも簡単に行うことの出来るイヤホンやヘッドホンの修理方法についてのやり方をご紹介していきます。

イヤホンからの音漏れを防止する方法!原因や確認の仕方を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

イヤホンの修理の原因その1洗濯や雨などの水没

イヤホンやヘッドホンの音質が悪くなる原因で真っ先に挙げられるのは洗濯や雨などの水没によるものです。内部に水が染み込むとイヤホンの振動板は正常に機能しなくなり結果的に音質が悪くなります。ヘッドホンも同様で機器の内部に水が染み込んだ場合音割れなどの音質の低下が起こる可能性があります。

濡れたま使うことでの故障の危険性

雨などで濡れていても大丈夫と思い濡れたままのイヤホンやヘッドホンを端末に挿して使うことは漏電や故障の原因を上げることになります。またイヤホンやヘッドホンなどのガジェット類を通じて端末内部にも水が染み込むと端末本体の故障の可能性も発生するのでイヤホン等を濡れたまま使うことは控えるようにして下さい。

イヤホンを洗濯した時の対処法!水没から復活させる方法やその後の音質は? | MensModern[メンズモダン]

イヤホン修理の原因その2衝撃などによる断線

次に挙げられる故障の原因が断線です。イヤホンやヘッドホンのガジェット類のコードは衝撃等に特に弱く引っ張られることによってコードの内部が伸ばされると容易に断線を引き起こします。他にもコードの上に重いものを乗せたりコードを足で踏んでしまうというのも断線を引き起こす原因になります。

高級で高音質なイヤホンのおすすめランキング!価格での違いも比較 | MensModern[メンズモダン]

イヤホンの修理金額・負担費用の相場は?

イヤホンの修理金額の相場は約1000円〜となっています。高額のものであれば保証書を持っていくと無料で修理してくれる場合もあるので修理に出す前に手持ちの保証書の内容を確認して下さい。またイヤホンの相場は1000〜3000円となっているので場合によっては買い替える方が修理と比べて安価に済むケースもあります。

ヘッドホンの場合

ヘッドホンの場合は修理費の相場はパーツ代+3000円〜とイヤホンよりも相場が高額となっています。しかしヘッドホンの保証書はイヤホンよりも保証期間が長いものが多いので保証書を持参してショップに行けば無料で修理して貰えるケースもあります。

保証書で交換してもらう際の注意点

イヤホンやヘッドホンのガジェットの保証期間で注意が必要なのは『破損原因』です。保証書によって無料で修理して貰えるのは『自然故障』という事故などで故障した場合のみといったケースが多いです。また店やメーカーによっては断線も保証の対象外となる場合があるので壊れた際には保証書の記載事項を確認することが必要になります。

ヘッドホンスタンドでおすすめは?おしゃれに飾れる人気ランキング | MensModern[メンズモダン]

修理の方が買い替えるよりもお金が掛かることも

修理の方が必ずしも買い替えるより安く済むとは限りません。イヤホンの価格相場は平均が1000〜3000円に対して修理費が1000〜となっています。もし手頃な価格のイヤホンならば修理するよりも買い換えた方が安く済む場合があります。またヘッドホンも同じでパーツ代を含むと修理費が買い替えるよりも高額になる場合があります。

イヤホンの人気ランキングまとめ!高品質でおすすめアイテム・選び方紹介 | MensModern[メンズモダン]

自分で出来る!イヤホンの修理のやり方をご紹介

イヤホンやヘッドホンのガジェットの修理には一般的にお金が掛かると考えるものです。しかし簡単な修理を自分で行うことによって修理に掛かる費用を委託する費用と比べて安くすることが出来ます。ここでは個人でも出来るようなイヤホンやヘッドホンなどのガジェットの修理の方法を紹介していきます。

プラグを修理する場合

イヤホンやヘッドホンのプラグは専門店やネットなどで1000円程度で購入することが出来ます。プラグ部分を外した先端をカッターで被覆を外し端子同士が導通しないようにハンダ付けを行います。この状態で正常に動作するかを確認した後、コードが引っ張られてもハンダ付け部に影響が出ないようしっかりとかしめます。最後にキャップを付ければプラグ修理は完了です。

ハンダ付けを自身で行う場合には事故に注意して下さい。ハンダの先端は非常に高い温度となっているので不用意に触れると火傷や皮膚がただれる危険が発生する可能性があるので十分に注意して使用して下さい。また電子器具の静電気が飛ぶ危険性もあるので火器が周りにある場所での作業も控えて下さい。

イヤホンおすすめメーカー・ブランドランキング!音質やデザイン紹介 | MensModern[メンズモダン]

自分で修理をするメリット・デメリット

修理するのに必要なパーツなどを専門店で購入してイヤホンやヘッドホンの簡単な修理を自分で行うことによって店に委託する場合と比べて費用はどこまで安くなるのでしょうか?ここからはイヤホンとヘッドホンの個人修理と業者の修理の費用、それに伴うメリットやデメリットを紹介していきます。

メリット:費用が修理と比べて安価

自分で修理を行うと修理費用はパーツの代金だけとなるため業者に委託する場合と比べると費用はかなり安くなります。ヘッドホンの委託修理の費用は平均がパーツ代金+3000円程度になります。これに比べると自分で修理を行うやり方はパーツ費用のみなので委託修理よりも安くなります。また自分で修理を行う場合には業者と異なり好きなパーツを自分で選ぶことも出来ます。

デメリット:場合によっては修理出来ないこともある

内部の複雑な断線や細部の破損などは個人では扱えないため修理に出すことをオススメします。またやり方を理解していても慣れていない場合は修理に失敗してイヤホンやヘッドホンなどが完全に故障するといった場合もあります。個人でイヤホンやヘッドホンの修理を行う場合はやり方を理解した上で修理を行うようにして下さい。

Bluetoothヘッドホンのおすすめ!高音質でコスパがいいのは? | MensModern[メンズモダン]

修理でもダメな時は買い替える

修理でも直らない場合は買い替えを検討してみて下さい。イヤホンやヘッドホンの保証期間は約1年ほどです。そのくらいの期間使用している場合は買い替えどきです。イヤホンならば相場は1000〜3000円、ヘッドホンでは5000〜になります。また最近では防水や衝撃に強いタイプのイヤホンやヘッドホンも専門店で多く販売されています。

ヘッドホンとイヤホンはどっちが良い?音質の違い・それぞれのメリット比較 | MensModern[メンズモダン]

イヤホンの修理方法まとめ

イヤホンやヘッドホンなどのガジェットが故障する原因は水没や断線など様々なものが挙げられます。今回は自分で出来るイヤホンやヘッドホンの簡単な修理の方法のやり方を紹介しました。また簡単な修理なら自分でパーツを購入し修理することで委託修理よりと比べると非常に安価な費用で収まることも紹介しました。

イヤホンやヘッドホンなどのガジェットの音質が悪くなった場合や壊れた際にはこちらの記事で費用や修理の方法を参考にして自分のお気に入りのイヤホンやヘッドホンを直して下さい。今回は『イヤホンやヘッドホンの修理方法・費用まとめ!自分で直すやり方もある?』についてまとめてみました。

イヤホン関連記事

イヤホンからの静電気を予防する方法!簡単に防げる対処法とは? | MensModern[メンズモダン]

評価 4.9/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ