テレビを買い替えるタイミングは?寿命年数や4Kデビュー時期など調査

高性能なガジェットといえるテレビ。そんなテレビの買い替えのタイミングに悩む人は多いのではないでしょうか。4Kテレビなど、高画質なものも増えており、かつてよりテレビの耐久年数は短くなっていると言われています。そんなテレビの買い替え時を紹介します。

テレビを買い替えるタイミングは?寿命年数や4Kデビュー時期など調査

目次

  1. テレビを買い替えるベストなタイミングとは
  2. テレビの買い替え時と言われる寿命とは
  3. テレビを買い替えざるを得ない故障とは
  4. テレビ買い替え時に4Kにすべきなのか
  5. 自分の生活環境に合わせてテレビの買い替えを
  6. テレビ買い替えのタイミングで大型にするべきか
  7. 8Kテレビに買い替えするべき?
  8. 『東京オリンピック』がテレビの買い替え時
  9. テレビ買い替えは新型が続出したときに型落ちを!
  10. テレビ買い替えはお早めに

テレビを買い替えるベストなタイミングとは

高価なガジェット類といえるテレビ。そんなテレビの買い替えのタイミングってなかなか難しいですよね。現状で特に困っているわけではないんだけど、でもそろそろ寿命な気がする。4Kテレビっていうのも気になるし…と、迷うポイントは多いです。

そんなテレビの買い替えにおすすめなタイミングを紹介します。テレビの寿命と言われる年数がどれぐらいなのか、4Kテレビってそんなにきれいなのか。テレビの買い替えに気になる情報をまとめて紹介します。

テレビの買い替え時と言われる寿命とは

よくガジェット類にも寿命があると言われています。つまり、ガジェット類にも時代遅れという言葉が存在するわけなんです。それを、ガジェットの寿命というような表現をすることもありますし、そもそもの電化製品としての寿命も存在します。

基本的に、液晶テレビの寿命は7年から10年ぐらいだと言われています。これにはちゃんとした理由があって、液晶テレビのバックライトの寿命がそれぐらいの期間だといわれているんです。また、液晶テレビ内の半導体などのガジェットに重要な電子部品の耐久年数もそれぐらいなんです。

昔のブラウン管のテレビは非常に寿命が長く、年数としては数十年使うことが出来ましたが、液晶テレビは壊れやすく寿命が短いようですね。また、年数に関係なく、突然壊れることもあるようで、買い替えを検討していなくても、購入せざるを得ない状況になりやすいようです。

テレビの保証期間も、ガジェットが壊れるのを予想したかのような時間に設定しており、修理に出すぐらいなら買い替えた方がいいとなる場合も多いのだとか。短い年数で壊れるのは悔しいですが、4Kテレビなど、高性能であればあるほど、そういう寿命の短さが目立つようです。

テレビを買い替えざるを得ない故障とは

ガジェット類の辛いところは、いつもどおり電源をつけただけなのに、すでに壊れていたということが起きるのです。よくある耐久年数による寿命の壊れ方は、ノイズが入ったように、画面が乱れた状態です。

場合によっては、コンセントを抜いて放電することで改善されることもありますが、この現象が起こった段階で耐久年数に来ているといえます。また、放電しても治ることはまれで、完全にテレビの買い替えのタイミングとなってしまうようです。

治っても一時的な場合が多く、電源を落としてテレビをつけるとまた、ノイズが入ったり勝手にテレビが消えたりするようです。耐久年数の10年が過ぎているテレビは、寿命が来てこのような現象が多発するようです。

テレビ買い替え時に4Kにすべきなのか

そんな寿命に合わせて、テレビの買い替えを検討するわけですが、実際に4Kテレビにするべきなのかというわけです。この4Kは単純にいえば、いままでのテレビより『高解像度』というわけです。

一般的なフルハイビジョンのテレビにくらべて、4倍の画素数で、描画されるため画面の粗さが目立ちにくいというわけです。この性質から『4Kにするなら大画面』にしなければ意味が無いのです。

薄型のテレビが一般的になり、スペースを取らないことから、より大きなテレビが安価で販売出来るようになりました。

それに合わせて、画面が大きくなると、ハイビジョンでは追いつかなくなってきたんです。ブルーレイで映画やライブを見たりする人も多いと思いますが、ブルーレイの画素はハイビジョンより大きいんです。

ブルーレイは高画質でいいわー!と思っていても、実際の真価を味わうためには、4Kテレビでかつ、大型の画面で見てこそなんです。その点が4Kテレビを買うか、買わないかの選び方のポイントなんです。

自分の生活環境に合わせてテレビの買い替えを

いま自分の家にあるテレビを近づいてよーく映像をみてください。映っている映像がどこかつぶれたような感じがしませんか。これは、自分のテレビがハイビジョンで高画質な映像を描画しきれていないんです。

これは大きなテレビであればあるほど、目について気になります。逆に小さなテレビの場合は、遠くから見ていると気にならないので、別に4Kにしなくていいんです。

テレビ買い替えのタイミングで大型にするべきか

その点を踏まえると、テレビ買い替えのタイミングで、大型にするかどうかをスペースと費用的な面からしっかりと考えましょう。

大型にすると耐久年数は同じですが、寿命がはやく来やすいという噂もあるようですが、そのあたりは、ガジェットの運です。そして、4Kを実感できるのは、40型以上のサイズといえるでしょう。リビングにそれだけの大型のテレビを置けるか検討することが大事ですね。

8Kテレビに買い替えするべき?

恐ろしいことに、2014年ごろに4K放送が開始されたばかりなのに、今度は8K放送が開始されているんです。8K放送は2016年に開始されており、家電業界は2020年の東京オリンピックに向けての時期が買い替えのタイミングだと力を入れているようです。

曲者なのは、この4Kも8Kの放送も、地上波の地デジでは行われていない点です。あくまでCS放送やBS放送がこれらの放送に対応しているだけで、そのことを知らずに4Kテレビにしている人も居るんです。大方のガジェットファンは、地上波の帯域では4K放送を行うのは難しいと考えているようです。

では、4Kや8Kのテレビに買い替えるタイミングはいつなのか、ということです。このタイミングはやはり『東京オリンピック』です。

ディアウォールでテレビ台・テレビ棚を作ろう!作り方・アイデア紹介 | MensModern[メンズモダン]

『東京オリンピック』がテレビの買い替え時

テレビ買い替えのタイミングとして、やはりその効果を実感出来るタイミングを選ぶべきです。その点において、2020年に行われる東京オリンピックは、非常に高画質なテレビで見ると、臨場感を味わえること間違いなしです。

これは日本でオリンピックが行われるときだけでなく、昔からテレビの買い換えはオリンピックのような大きなスポーツイベントのときが、買い換えどきだと言われていました。各家電量販店も値下げやサービスを行いますし、メーカーも新商品をバンバンと出すため、新型や型落ちを購入しやすいタイミングなんです。

東京オリンピックがおこなわれる2020年には、4Kや8Kの番組がCSやBSで増えることは予定されており、オリンピックを高画質で見たい!という人には、このタイミングは最高の買い替え時です。

一人暮らしにおすすめのテレビは?サイズなど選ぶときのポイント | MensModern[メンズモダン]

テレビ買い替えは新型が続出したときに型落ちを!

そういう点で言えば、いますぐ買うか、いま買わないなら2020年まで待つべきですね。もはや、東京オリンピックまで3年を切り、各メーカーは新製品をバンバン売り出してきます(どこが新しくなったのかよくわからない騙したような商品を)

このタイミングで、最新型を購入するもよし、4Kを体感するために、型落ちの50型以上の大型テレビを購入するのがおすすめです。予算としてはやはり15万以上は必要です。いまから、オリンピックイヤーに向けて、テレビ買い替え貯金をしておいて良いかもしれませんね。

また、すばやい動きを正確に描写するには、やはり日本メーカーのもののほうが良いようです。LGなどの中国や韓国、台湾などのテレビは安価ですが、スポーツなどの速い動きは残像感が残るようです。

無印良品のテレビ台の口コミは?ニトリ・イケアと収納比較! | MensModern[メンズモダン]

テレビ買い替えはお早めに

この記事を書いている2017年というタイミングは、東京オリンピックまでのテレビ買い替えの最後のタイミングかもしれません。2018年に買い替えるぐらいなら、いま買い替えてしまったほうが良いかもしれませんね。それ以降は、2020年に入り、東京オリンピックモードに入ったタイミングを狙うべきです。

ちなみに、4Kにこだわらないなら、東京オリンピックを気にしないで購入しても良いかもしれませんね。おそらくガジェット界隈では、東京オリンピックとなると高性能を謳った4Kや8Kが主力商品になって、それ以外のテレビはあまり推されないようです。

そして、4Kテレビに買い替えるなら必ず大型を買いましょう!50型ぐらいの15万円のものをドドン!と購入してこそ、テレビを買い替えてよかったと思えるものになります。自分のテレビを確認して、耐久年数まであと何年かを確認して、予定を立てることをおすすめしますね。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ