快適にパソコンを操作するために重要になるガジェットはマウスです。配線を気にしないワイヤレスがおすすめですが無線なので快適ですが、その分性能を見ておかないとずっと使う物なので後で変えたいと思っても面倒です。おすすめの最新マウスをランキング形式で紹介します。

 マウスのおすすめランキング!ワイヤレスで快適・最新商品を比較

目次

  1. ワイヤレスマウスの最新機種ランキング
  2. 今の時代でもマウスは必要不可欠
  3. おすすめのマウスは使い方次第
  4. 最新おすすめマウスの選び方
  5. ワイヤレスマウスのおすすめ最新読み取り方式
  6. 7位:長持ちのおすすめマウス【エレコム・M-FIR08DRBK】
  7. 6位:Mac用のおすすめマウス【アップル・MLA02J/A】
  8. 5位:持運びおすすめマウス【マイクロソフト・7N5-00011】
  9. 4位:快適おすすめマウス【サンワサプライ・MA-BTLS23BK】
  10. 3位:疲れにくいおすすめマウス【ロジクール・M570t】
  11. 2位:静かなおすすめマウス【バッファロー・BSMBB26SBK】
  12. 1位:絶対王者おすすめマウス【ロジクール・M705t】
  13. 最新マウスを作っているおすすめメーカーを比較
  14. 最新マウスは体の一部として使うガジェット
  15. おすすめワイヤレスマウス最新ランキングまとめ

ワイヤレスマウスの最新機種ランキング

IT化と言われだして時間が経っていますが、パソコンのようなガジェットを使う頻度が上がっている時代にマウスは重要なガジェットの1つです。生活の一部のように仕事でマウスを握っている人も多いでしょうが、使う頻度が高い分、快適に使えるようにワイヤレスのものが比較ランキングサイトなどで目にするようになりました。そのワイヤレスマウスをランキング形式で比較して紹介します。

今の時代でもマウスは必要不可欠

スマホやタブレットなどのガジェットの出現でマウスを使う機会が少なくなっている時代かもしれませんが、それでも快適に使えるマウスはまだまだ人気のガジェットです。その分最新機種は進化していて配線が不要なワイヤレスが主流になりつつあります。特に仕事としてマウスを使っているならこだわりが必要になってきます。

マウスのチャタリングとは?不具合の原因や修理方法・防止の仕方まとめ | MensModern[メンズモダン]

おすすめのマウスは使い方次第

使用頻度が高い人は特に、マウスは使い方次第ではメーカーや機種を自分に合ったマウスに変えることをおすすめします。なぜかと言うと握った状態を長い間キープしていると色々な所に支障が出たりすることもあるからです。もちろんそれ以外にもパソコンなどの作業を快適にするのもマウスは重要なガジェットなんです。

マウスを持ち運ぶ事が多い人

持運ぶガジェットが増えたことでマウスを持ち運ぶことも増ました。外で仕事をしたり、遊んだりすることもできるようマウスも進化しています。大きさが小さくなったり、薄く変形でいるようになったりと、持運びに便利になった分、外でマウスを使う人はそれができるワイヤレスをマウスをおすすめします。

仕事でよくマウスを使う人

仕事でパソコンなどのガジェットを使う人はマウスにこだわる事をおすすめします。それは仕事でマウスを使うという事は、長時間マウスを触るという事です。姿勢が長時間同じな分体の負担も増えるので、自分に合ったマウスを見つけて仕事を快適に進めるようにしましょう。おすすめは、手首が疲れにくい「トラックボール」です。

ゲームでマウスをよく使う人

ゲームでマウスを使う人も今の時代多いでしょう。ゲームでできる事も増えていますので、マウスの重要性も高まっています。ゲームのためのマウスなので機能的に普通に使う物よりも複雑でボタンが多いのも特徴です。ゲームのためのボタンなので慣れればゲームを快適にすることができておすすめです。もちろん短時間でも集中してゲームをするので疲れないように自分に合った物を選びましょう。

最新おすすめマウスの選び方

マウスの選び方はその人がどう使うかで変わりますが、基本となる機能は頭に入れておきましょう。今の時代は色々なマウスが出ていますが自分に合ったマウスを見つけるには、基本となる機能を知っているとそれが見つけやすくなり快適になります。マウスは操作する上で大切なガジェットですのでしっかり選びましょう。

ワイヤレスかどうか

今時代マウスもワイヤレスマウスでも価格が安くて有線と変わりがない操作性です。ですがワイヤレスにも欠点があし、気になる事があるのならワイヤレスにすることもありません。今の機種でも特に電源を持たないのがワイヤレスの欠点ですが、電源の寿命は伸びています。それが気にならなくて配線が少しでも気になる人はワイヤレスをおすすめします。

スマホ・タブレット対応なのか

パソコンに使うガジェットがマウスを思いがちですが、今の時代スマホやタブレットなどのタッチパネルでもマウスは使えるようになっています。スマホやタブレットはなんといっても持ち運びが可能なくらいコンパクトな事がメリットです。それにマウスを使うことで作業の効率が上がりますので試しにマウスを使っているのも悪くありません。

最新読み取り方式のチェック

マウスはそれも同じ作りをしていると思っている人は多いのではないでしょうか。じつはマウスは中身の作りがそれぞれ違うので、使う環境で快適さが大きく変わります。なので今使っているマウスが使いずらいと思っている人がいたら、使っている場所や環境を変えてみてください。例えばマウスパッド加えるだけでも大きく変わります。

ワイヤレスマウスのおすすめ最新読み取り方式

マウスは中身の作りが違うと書きましたが、これは今までが裏面にボールが付いていて、それを転がすことでマウスのカーソルを動かしていましたが、作業を快適にするために進化してます。ボールではなく読み取り方式が変わる事で、快適にカーソルを動かすにはどのような方法があるのでしょうか?自分の使う環境も確認して見てみましょう。

省電力:IR LED

「IR LED」とは赤外線のLEDを使っているタイプのマウスで、特徴としてなんといっても消費電力が低いことで、ワイヤレスマウスは電源を持っていないので電池で供給しています。そのために消費電力が低いと電池交換の頻度を少なくすることができます。面倒くさがりの人にはおすすめのワイヤレスマウスの読み取り方式です。

場所を選ばない:BlueLED

こちらも同じLEDなのですが、「BlueLED」と言うくらいなので青い色のLEDを使ってマウスのカーソルを動かすワイヤレスマウスです。周波数が短い青色のLEDは読み取り精度が高いのでどのような環境でもカーソルを動かすことができるのが特徴です。色々な場所にマウスを持っていくような人にはおすすめの読み取り方式です。

光沢でも読み取る:レーザー

レーザーの光を読み取る事でカーソルを動かす読み取り方式です。先ほどのBlueLEDほどの読み取り精度ではありませんが、多少の凹凸であろうと、通常のマウスでは読み取りが苦手な光沢面でも使用する事が可能でこちらも色々な場所にマウスを持ち運ぶ事が多い人にはおすすめです。ですが、欠点は少し販売価格が高いようです。

とにかく安い:光学式

こちらは比較的色々なマウスに使われている方式です。赤色のLEDを利用していて似ていますが、少し内容が違っています。特に価格的に安く手に入れやすいのが特徴で、マウスならなんでもいいとこだわりがない人には、おすすめの方式です。ですが読み取り精度が悪いのが悪い点でもあります。サブ機としてもおすすめです。

マウス・Bluetooth対応のおすすめは?ペアリング方法などまとめ | MensModern[メンズモダン]

7位:長持ちのおすすめマウス【エレコム・M-FIR08DRBK】

こちらのワイヤレスマウスをおすすめしたのは、なんといっても省電力性なので快適さを長持ちできるマウスだからです。エレコムと聞くと聞いたことがある人も多いでしょうが、それなりの名の知れた会社のマウスなのですが、欠点もあり、安い分大きさが小さく気になる人はあまりおすすめできません。性能面ではそこまで問題が無いので7位にランキングです。

6位:Mac用のおすすめマウス【アップル・MLA02J/A】

iPhoneで知られるアップルから出されているワイヤレスマウスです。もちろんアップル純正のマウスなので、お分りの通り、Macを使っている人にはおすすめのマウスです。デザインもさすがアップルと言うべきのシンプルデザインでおしゃれです。Bluetooth方式でMac使いには快適の操作性で、ボタンが何も付いていないので好みが別れそうなので下位のランキングです。

5位:持運びおすすめマウス【マイクロソフト・7N5-00011】

パソコンを使っている人なら誰でも聞いたことがあるメーカー「マイクロソフト」のワイヤレスマウスです。このワイヤレスマウスはBluetooth4.0搭載なのでタブレットやスマホでもレシ―バー無しで使用可能なので、大きさも薄いこともあって持運びに困る事が無いおすすめのワイヤレスマウスになります。見た目の余計なものがないシンプルさでおしゃれです。

4位:快適おすすめマウス【サンワサプライ・MA-BTLS23BK】

ボタンが5個もあるワイヤレスマウスの「MA-BTLS23BK」です。価格も意外に安くしかも読み取り方式がレーザータイプで使う場所も選びません。それでこの価格で快適なマウス操作ができるのがおすすめする理由です。ですが欠点もあり、価格帯的に安いので人によって比較的壊れやすいという意見もあるので4位にランキングです。

3位:疲れにくいおすすめマウス【ロジクール・M570t】

昔マウスの下にボールが付いていてそれを転がしてカーソルを動かしていました。それをうまく利用して今の形になったマウスが「トラックボール」タイプのワイヤレスマウスです。下についていたボールを上にすることでマウスを動かさずに自分の親指でボールを転がします。コツを掴めば手首や体の負担が少なくなって快適になるマウスですが、慣れるのが大変なので3位にランキングです。

2位:静かなおすすめマウス【バッファロー・BSMBB26SBK】

意外とマウスを使っていると、クリックするとカチカチ音がして気になる事があります。これも好みが別れるみたいですが、カチカチするのが嫌な人はバッファローの「BSMBB26SBK」がおすすめです。カチカチする音を少なくした作りで人気が出ている最新マウスです。しかもインターネットの戻るボタンがマウス横についていて使い勝手がいいので2位にランキングです。

1位:絶対王者おすすめマウス【ロジクール・M705t】

とりあえずマウスは何でもいいけど、一度買ったマウスは長持ちさせたいと思っている人は、間違いなく買って損はしない「M705t」がおすすめです。読み取り方式はレーザータイプで読み取りも申し分ありませんし、マウス横のボタンも搭載しています。その上なんといっても電池が長寿命で電池を入れたら3年は持つことができた話も聞きます。なので1位にランキングです。

最新マウスを作っているおすすめメーカーを比較

ワイヤレスマウスを決める際にメーカーから決める事もおすすめです。メーカーそれぞれ特徴が出ていますので、それを基準に決めでもいいでしょう。有名なメーカーをおすすめしますが、紹介したメーカー以外でもおすすめのマウスはあるので、自分に合ったマウスを見つけて快適なワイヤレスマウスを使いましょう。

マウスの事ならまずは「ロジクール」

ロジクールは、パソコン周辺機器を多く取り扱うのでワイヤレスマウスも豊富で技術力も高いおすすめのメーカーの1つです。よく家電ショップで見るマウス以外にも、高級モデルもワイヤレスマウスやゲーム用のマウスなど幅広いモデルを出しています。特に「MX」シリーズは人気なのでおすすめです。トラックボールタイプも数多く出しているのでチェックしておきましょう。

最新の技術で先進的な「マイクロソフト」

マイクロソフトは、パソコンのOSである「Windows」の開発をしているメーカーですが、マウスやキーボードのような周辺機器も取り扱っている大企業です。こちらも幅広いモデルを出しているのですが、特にスタイリッシュな高機能マウス「Arc Touch」シリーズもおすすめでこれは技術力の高さが特徴だからこそでしょう。

コスパ抜群で快適なマウス「バッファロー」

バッファローはパソコン周辺機器で有名なメーカーですが、国内メーカーなのでどこか安心感があるのでおすすめのメーカーの1つです。特にコスパ抜群なマウスが多いのが特徴です。もちろんその上に静音マウスのような物まで作っているので、幅広いワイヤレスマウスが揃っています。マウスを買おうか迷っている人はバッファローから探し出すのも悪くありません。

ゲーマーのためのマウス「レイザー」

今まで紹介していたメーカーは種類が豊富なメーカーが多かったですが、異質なマウスのメーカーも存在します。それが、ゲーム専用のガジェットを数多く作っているメーカーも存在します。それは海外メーカーの「レイザー」です。解像度が高いゲームでは約8,000~16,000dpiくらいまで高解像度の画面で動かす用のマウスまで作っています。

トラックボール派にはおすすめ「ケンジントン」

日本では有名でないメーカーですが、海外ではパソコン周辺機器を売り出しているメーカーです。先ほど紹介している「トラックボール」を日本国内では販売しているので、一部では根強いトラックボールファンが付いています。「Expert Mouse Wireless Trackball」というモデルは、環境によってワイヤレスとBluetoothを使い分ける事ができて快適です。

最新マウスは体の一部として使うガジェット

マウスはカーソルを動かすためのガジェットなので、それをいかに快適に動かすかがマウスの真骨頂です。それはパソコンなどの操作をするときにマウスは必要不可欠で自分が思うように動かないとストレスになります。要するにマウスの操作性は体の一部のように動かないといけないのでマウス選びはそれくらい大切になります。

キーボードおすすめランキング!使いやすいPC用【有線・ワイヤレス】 | MensModern[メンズモダン]

おすすめワイヤレスマウス最新ランキングまとめ

マウスの機能面を見る時は、「ワイヤレスかどうか」「読み取り方式」「スマホなどで使うか」を確認してからマウス選びをしましょう。その中で特にこだわりがない人は、とりあえずコスパ最高な「光学式」のマウスを選べば安いので後悔はしないでしょう。これなりにこだわりがあって迷っている人は「ロジクール M705t」をおすすめします。


評価 4.0/ 5(合計5人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ