眠れない時の対策は?すぐに寝れると噂の478呼吸法など試したい事を紹介

眠りたいのに眠れないときの対策法についてまとめました。眠れないと健康を害したりといろいろな弊害が出てくるので早めの対策が必要。眠れないときの暇つぶし方法や478呼吸法などの対策をチェックして、健康的な眠りを楽しんで行きませんか?

眠れない時の対策は?すぐに寝れると噂の478呼吸法など試したい事を紹介

目次

  1. 眠れないときの対策方法が知りたい!
  2. 対策必須!眠れない日々が続くとどうなる?
  3. 眠れないときの対策には何が必要?
  4. 眠れないときの対策に最適な478呼吸法
  5. 478呼吸法は眠れないときの対策以外にも役立つ
  6. 刺激を感じると眠れないようになるので注意!
  7. 眠れないときは半身浴で事前の対策をしよう
  8. 眠れない夜は最適な飲み物で対策
  9. どうしても眠れないときはストレッチで暇つぶし
  10. 眠れないときは早めの対策方法を取り入れよう!

眠れないときの対策方法が知りたい!

眠れない日々が続くと体の不調にも繋がる

眠れない日々が続くと、勉強や仕事など昼間の活動に大きな影響を与えますよね。眠れないと感じたときは早めに対策をすることが大切。対策方法を早めに取り入れることで眠れない日々を解消できるようになります。眠れないことをそのまま放置しておくと健康を害することも。

眠れないな、と感じたら呼吸法など有効な対策方法を取り入れることで早めに対策していきましょう。眠れないと十分に体を休めることができず、健康的な生活を送れなくなってしまうかもしれません。眠れない日々が続いたために大切な日に風邪をひいてしまった、ということでは大変ですよね。早めの対策をして、眠れない日々から抜け出しましょう。

対策方法をチェックして、健康的な眠りに入ろう

今回は、眠れない日々を抜け出したいときにおすすめの対策法や呼吸法、暇つぶし方法についてご紹介します。ゆったりと気持ちをリラックスさせて眠れない状態から抜け出すために必要な対策方法をチェックして、快適な眠りを手に入れませんか?早めに対策して、眠れない日々から脱却しましょう!

筋トレも睡眠が大事?身長と一緒で睡眠・休息をしっかり取りたい理由は? | MensModern[メンズモダン]

対策必須!眠れない日々が続くとどうなる?

記憶力低下や集中力低下

まずは、眠れない日々が続くとどのような影響が体に及ぼされるのかチェックしていきましょう。眠れない日が続くことによって現れる健康の弊害としてあげられるのが、記憶力や集中力の低下。十分な休息がとれていないことで脳の機能が低下し、十分な集中力を発揮することができなくなってしまいます。記憶力に関しても同様。

眠れないために脳が機能せず、仕事や勉強の妨げになってしまいます。いつもであれば時間内で終わらせられる作業も眠れない日々が続くことで集中力が低下し、十分なパフォーマンスを見せられないのが問題。効率的な作業を進めるためにも眠れない日々を抜け出して、脳をしっかりと休めることが大切になります。

眠れないと肌や体調にも不調をきたす

眠れない日々は健康面にも大きな影響を与えてしまいます。眠れないことで体が休まらず、その日の疲れを十分い癒すことができないのがポイント。疲れが癒されないまま次の日になり、万全な体調ではない状態で仕事や勉強をしなければならないために体調不良を引き起こしやすくなります。すぐに風邪をひいててしまうなど、眠れないことは健康に悪影響になること間違いなし。

眠れないことは肌質の低下にもつながります。人は寝ている間に肌のターンオーバーが行われ、新しい細胞に入れ替わるのが特徴。眠れない日々が続くことで肌のターンオーバーが阻害され、肌荒れを引き起こすことがあります。吹き出物が出たり、ニキビがあったりする男性はそれだけで魅力がダウン。肌質のためにも眠れない日々から抜け出す必要があります。

眠れないときの対策には何が必要?

脳の興奮を鎮める

眠れない原因としてあげられるのが、脳が興奮状態になっているということ。自律神経には副交感神経と交感神経の2種類があります。交感神経は脳を活発に働かせているときに優位に立ち、副交感神経はリラックスしているときに優位に立つのが特徴。心地よい眠りにつくためには脳の興奮を鎮め、副交感神経が優位にたっている状態にする必要があります。

眠りやすい環境を整える

なかなか眠れないのには眠る環境に問題があるのかもしれません。枕が頭や首にあっていなかったり、マットレスが体に合っていなかったりと、細かなところが原因となり眠れない状況を作っている可能性があります。自分の体にしっかりフィットした寝具が揃えられているかどうか、眠れない日々が続いたときはチェックしてみましょう。

外の音がうるさかったり、明かりが漏れていたりといった細かなところも眠れない原因につながることがあります。神経が過敏になっていると些細なことでも気になり、眠れない状態になってしまうことが多々ありますよね。そういったことも踏まえながら、眠れないときの対策方法についてチェックしていきましょう。

眠れないときの対策に最適な478呼吸法

478呼吸法とはどんなもの?

眠れないときの対策としてまずおすすめしたいのが478呼吸法。478呼吸法とは、アリゾナ大学医学部の教授が提案する眠れないときにぴったりな呼吸法のことです。478呼吸法を取り入れながら瞑想を行うことで脳の興奮をおさえ、リラックス状態に。眠りに入りやすい状態を作ることができる便利な呼吸法として眠れない人の間で人気を集めています。

眠れないときに取り入れたい!478呼吸法の具体的な方法

それでは、478呼吸法の具体的な方法についてチェックしていきましょう。まず息を閉じた状態で鼻から4回、ゆっくりと息を吸い込みます。続いて、息を止めて7秒間静止してください。7秒が経過したら口から息をはきながら8つ数えます。これで478呼吸法のワンサイクルの完了。

眠れないときは、478呼吸法のワンサイクルを3回繰り返しましょう。これを繰り返すことで脳がリラックスし、眠りに入りやすくなります。眠れない人が暇つぶしに478呼吸法をやったら1回で眠りにつけたという話も。個人差はあると思いますが、この呼吸法を何回か続けていくうちに自然に眠りへ入れるようになるかもしれません。ぜひ行ってみましょう。

478呼吸法は眠れないときの対策以外にも役立つ

集中力をアップしたいときに

478呼吸法は、眠れないときの対策だけでなくさまざまなシーンで役立ちます。まずおすすめしたいのが、集中力をアップしたいときに478呼吸法を取り入れること。478呼吸法を取り入れてリラックスすることで集中力が高まり、勉強や仕事に集中しやすくなります。なかなか集中できない、というときは呼吸法を取り入れてみてはいかがですか。

ストレスや緊張を緩和したいときに

ストレスや緊張を緩和したいときにも478呼吸法を実践するのがおすすめです。呼吸法を取り入れることで副交感神経が刺激され、リラックス状態に。イライラが続いているときや、大事な場面で緊張してしまったときはぜひ取り入れてみましょう。眠れないときにも役立つ呼吸法、ぜひ日常生活で役立てていきたいですね。

刺激を感じると眠れないようになるので注意!

寝る前にスマホやゲームをいじるのはやめる

スマホやゲームは脳を刺激して興奮状態にさせてしまうので、眠る前には避けておくのがベスト。特にスマホは眠る前についつい見てしまいますが、これが眠れない原因になってしまうことがあります。スマホやゲームから発せられる光も脳の興奮につながり、眠れない状態につながるので要注意。

カフェインやアルコールを避ける

カフェインやアルコールも脳を刺激する原因になるので、眠れない状態になってしまいます。アルコールを飲むと眠くなるというときもあるかもしれませんが、実際の眠りはとても浅いので、すぐに目が覚めてそのまま眠れないようになってしまうことも。眠る前にこれらを飲むのは避けましょう。

眠れないときは半身浴で事前の対策をしよう

ゆったりお湯に浸かることでリラックス

眠れないと感じているときは、半身浴で事前対策。半身浴をすることで血行が促進され、リラックス状態になれます。38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯に20分ほど浸かるだけでもリラックス効果を得られやすいので、眠れないときは取り入れてみましょう。

入浴剤も取り入れてみよう

好みの香りを楽しめる入浴剤を入れるのもおすすめ。心地よい香りに包まれることで脳がリラックスし、眠りに入りやすい状態になれます。

眠れない夜は最適な飲み物で対策

ホットミルクやホットココアがおすすめ

眠れないときは、ホットココアやホットミルクを飲んで対策をする方法もあります。どちらの飲み物にも脳をリラックスさせる効果があるとされ、眠れない夜の強い味方に。温かいものを飲むことで血行も促進され、眠りやすくなります。

続けることで反射的に眠くなるように

眠る前にホットココアやホットミルクを飲む習慣をつけることで、脳に「これを飲むと眠くなる」という意識を植え付けることもできるようになります。こうなると反射的に眠くなるので、ぜひ続けてみてはいかがですか。

どうしても眠れないときはストレッチで暇つぶし

心地よいストレッチを行おう

どうしても眠れないときに暇つぶしにおすすめなのがストレッチ。ストレッチをして暇つぶしをすることで体がリラックスし、いつの間にか眠くなっていることも。ストレッチ動画をチェックして、眠れない夜の暇つぶしに取り入れてみてはいかがですか。

ヨガを取り入れてみるのもおすすめ

安眠ヨガを暇つぶしにして、リラックするのもおすすめ。体を適度に動かすことで、快適な眠りに入りやすくなります。どうしても眠れないときは、こうした動きも大切。眠れないからといったスマホやゲームをしてしまってはますます眠れない状態になってしまうので気をつけましょう。

眠れないときは早めの対策方法を取り入れよう!

眠れないな、と感じたら早めに対策することが重要になります。眠れない状態を放っておくと、いつの間にか不眠症になってしまうことも。今回ご紹介した方法を取り入れて、眠れない状態から抜け出すようにしましょう!

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ