軽やかな使いごこちとナチュラルな仕上がりが人気のギャッツビー・ヘアジャムシリーズ!ヘアジャムの中でも一番のセット力を誇る「黒」は作り込まずに自然にキメたいときに大活躍します。そこでヘアジャムシリーズの魅力と「黒」の使い方やセットの仕方を調べました!

流行りのヘアジャムは黒がおすすめ?付け方・セットの仕方を調査!

目次

  1. メンズヘアスタイリング剤の今
  2. ナチュラルな仕上がりが魅力「ギャッツビー・ヘアジャムシリーズ」
  3. ギャッツビー・ヘアジャムシリーズの新ラインナップは5種類!
  4. ワックスが苦手な人にピッタリ!ヘアジャムがおすすめな理由とは?
  5. ヘアジャムの基本的な使い方・セットの仕方は?
  6. ヘアジャムシリーズで一番のおすすめは「黒」!
  7. ヘアジャム「黒」を使ったおすすめスタイリングその1
  8. ヘアジャム「黒」を使ったおすすめスタイリングその2
  9. ヘアジャム「黒」が適さないヘアスタイルってある?
  10. ヘアジャム「黒」を使ってナチュラルでこだわりのヘアスタイルを実現させよう!
  11. ヘアジャムシリーズ「黒」についてのまとめ

メンズヘアスタイリング剤の今

メンズのヘアスタイリング剤にはワックスをはじめとしてジェルやスプレーなど実に様々な種類がありますが、現在メンズの間ではナチュラルなヘアスタイルが流行していることもあり、昔のようにジェルやワックスなどのスタイリング剤を使ってガチガチに固めたスタイリングは時代遅れとなっています。

そのため、自然な仕上がりを求めている若者が多く、若者たちの間で従来ほどスタイリング剤の需要がないというのが現状です。また、ジェルのバリバリした仕上がりや、ワックスのべたつきが苦手という人も多くいます。

ナチュラルな仕上がりが魅力「ギャッツビー・ヘアジャムシリーズ」

そんなメンズヘアのトレンドに沿った形で、従来のスタイリング剤の使用感の悩みを解消したのが男性化粧品を多く手掛けるマンダムから発売されている「ギャッツビー・ヘアジャムシリーズ」です!「素髪のように軽やか」というコンセプトのもと簡単に自然な毛流れをつくり出せる新しいタイプのスタイリング剤です。

ギャッツビーのスタイリング剤といえばワックスの「ムービングラバー」が人気ですが、ワックスより軽くナチュラルな仕上がりを求める若者たちの声を受けて、2013年に初めて「ヘアジャムシリーズ」が発売となりました。2017年8月には製品を改良、ラインナップを一新してリニューアル発売となっています。松田翔太さんの印象的なCMでもおなじみですね。

ワックスはギャッツビーがおすすめ!評価とワックスのまとめ12選! | MensModern[メンズモダン]
おすすめヘアワックスのメンズ人気ランキング!選び方ややり方など | MensModern[メンズモダン]

ギャッツビー・ヘアジャムシリーズの新ラインナップは5種類!

2017年8月にリニューアルとなって発売になったヘアジャムのラインナップは5種類です。香りも新たにアクアフルーティーへと一新されました。5種類の色は、黒・青・白・紫・グレーの5色です!それぞれの種類の特徴や使い方について紹介していきます。

黒と青はリニューアル前から人気のタイプ

黒の「エッジィニュアンス」はヘアジャムシリーズの中で一番強力なセット力がある人気のタイプです。リニューアルにより、べたつきが軽減されました。青の「タイトニュアンス」は今流行りのきっちりヘアをつくるのに便利なタイプでリニューアルにより軽さがアップしています。

白・紫・グレーは新たなタイプとして登場!

白の「フローニュアンス」は柔らかな毛流れをつくれるタイプ、紫の「アクティブニュアンス」はパーマなどのクシャっとしたニュアンスづくりに、グレーの「マットニュアンス」はツヤを抑えた無造作ヘアづくりに使えるタイプとなっています。

ワックスが苦手な人にピッタリ!ヘアジャムがおすすめな理由とは?

ここ何十年かはメンズヘアのスタイリング剤の主流はワックスでしたが、メンズのワックスは高いセット力を備えるためにぎっちり固める系のものが多く、使用感がべたついているのが難点でした。しかしヘアジャムはそうした難点をクリアしたスマートな使い心地を実現しています。その性質とおすすめの理由について詳しく見ていくことにしましょう。

パウダー配合のさらっとした液状スタイリング剤が使いやすい!

ヘアジャムはさらっとした液状のテクスチャーでなじませやすく、独自に配合されているパウダーによりラクにスタイルをキメることができ、またそのパウダー成分が皮脂や汗、湿気を吸着するのでセットしたスタイルを長い時間キープするのに役立っています。

オイルフリーでべたつかない!

オイルフリーなのでワックスのようなべたつき感がなく、シャンプーでの洗髪時やセット後の手の洗い落ちも素早いのが嬉しいポイントです。容器はワンタッチオープン式のキャップとなっているので使いやすく、素早いスタイリングが可能となっています。

ヘアジャムの基本的な使い方・セットの仕方は?

軽い使い心地でナチュラルな仕上がりが実現するヘアジャムですが、使い方はどのような感じなのでしょうか?ヘアジャムを使った基本的なセットの仕方についてみていきましょう。

"スゴ楽”だけどスマートにキマる!

基本的な使い方としてはヘアジャム100円玉大位を手に取り、手のひらの上でよくのばしてから乾いた髪全体にサッとなじませて、お好みのスタイルにセットすれば完了です!難しいテクニックは必要なく、種類によって立ち上げやナチュラルな毛流れ、ふわっとニュアンスやパーマアレンジ、マットな束感など自由自在です。

崩れたときのセット直しも簡単!

強い風や激しく動いた後に崩れてしまっても、軽く濡らした手でサッと整えるだけでセットしたてのようにスタイルがよみがえります。万が一つけすぎたりして白い粉が出てしまった場合にも水でなじませればきれいに戻ります。

メンズのヘアセットのやり方!スタイリング・ワックスの塗り方などまとめ | MensModern[メンズモダン]
メンズのヘアセット方法やコツは?前髪の分け目やワックスの塗り方 | MensModern[メンズモダン]

ヘアジャムシリーズで一番のおすすめは「黒」!

ヘアジャムはナチュラルな仕上がりなのでホールド力は期待できないと思っていませんか?たしかにジェルやハード系ワックスのように固めてキープする力はありませんが、ヘアジャムシリーズの黒「エッジィニュアンス」ならナチュラルなのに高いセット力を持っているので、しっかりクセづけしたい人にはおすすめです!

シリーズ最大のセット力を持つ黒「エッジィニュアンス」

ヘアジャムの「黒」はヘアジャムシリーズ最大のセット力となっており、ワックスのような重さは嫌だけど、ワックス並みのセット力を求める人に多く受け入れられ、人気となっています。「黒」を使えばナチュラルさを失うことなくしっかりとしたヘアスタイリングが可能となります。

「黒」は流行のショートスタイルに最適!

ヘアジャムの「黒」は今メンズの間で流行中のベリーショートなどのショートスタイルのセットに最適です。高いセット力があるので、短い長さの髪でも立ち上げやクセづけが自在にキマり、仕上がりも自然です。

ヘアジャム「黒」を使ったおすすめスタイリングその1

ヘアジャム「黒」を使ったおすすめスタイリングとその使い方・セット方法についてご紹介していきます。まずは清潔感抜群のベリーショートスタイルの立ち上げヘアのつくり方をご紹介します!

全体にざっとなじませたらサッと整えるだけ!

ヘアジャム「黒」を手に取り手のひらの上でよーくのばしたら、髪を洗うときのように手のひらを素早く動かしてざっと全体になじませ、手ぐしで毛流れを整えながらサイドと後ろを手のひらで抑えるように整え、前髪から頭頂部にかけてつまむように毛先を立ち上げればベリーショートの無造作立ち上げヘアの完成です!

ワックスで髪型がキマる付け方!男に磨きをかける簡単セットのまとめ! | MensModern[メンズモダン]

ヘアジャム「黒」を使ったおすすめスタイリングその2

ヘアジャム「黒」ならショートレングスでも容易に毛流れを作ることが可能です!セット力が高いので立体感を出すのも簡単です。続いてショートスタイルのナチュラルな毛流れをつくりたいときのヘアジャム「黒」の使い方・セット方法をご紹介します。

トップの強い毛流れと前髪がポイントのスッキリショートスタイル

その1と同様に、全体になじませたらトップの髪を左右の手でクロスするように掴みながら毛流れを作り出します。その毛流れにつながるように前髪も立ち上げて根元近くをつまむようにして立体感を出せば爽やかで自然なスッキリショートスタイルの完成です。

前髪のワックス付け方!コツを覚えて簡単にキープ【メンズヘアセット】 | MensModern[メンズモダン]

ヘアジャム「黒」が適さないヘアスタイルってある?

ベリーショート~ショートスタイルの立ち上げヘアや毛流れづくりを得意とするヘアジャム「黒」ですが、使用が適さない髪型はあるのでしょうか?詳しくみていくことにしましょう。

長めヘアのスタイリングに「黒」は不向き

ヘアジャム「黒」はベリーショート~ショートスタイルへの使用を推奨していることもあり、長めのヘアスタイルへの使用は向いていません。高いセット力ゆえに長めの髪に使うと引っかかりが生じて上手くセットできません。髪が長いからといって使う量を増やし過ぎると、いくら軽いつけ心地のヘアジャムとはいえ、べたつきの原因となってしまいます。

柔らかさやマット感は演出できない

ヘアジャム「黒」は柔らかな毛流れや、マットな質感を出すことはできません。「黒」ではなく他の種類のヘアジャムを選びましょう。柔らかなふわっとしたニュアンスを演出したい場合は白の「フローニュアンス」、マットな束感を演出したいのであればグレーの「マットニュアンス」を使うといいでしょう。

ヘアジャム「黒」を使ってナチュラルでこだわりのヘアスタイルを実現させよう!

ヘアジャム「黒」の高いセット力なら、柔らかくてすぐへたりがちな髪でも硬くていうことをきかない剛毛でも思い通りに立ち上げたり毛流れをつくることが可能です。しかも自然に仕上げることができるので、今までいろいろなスタイリング剤を試したけど思い通りに仕上がらなかった人は是非試してみるといいですよ!仕上がりの違いに感動すること間違いなしです。

ヘアジャムシリーズはドラッグストアやホームセンター、コンビニなどでも売っていて比較的どこでも購入することができ、値段も手ごろなのでチャレンジしやすいのではないでしょうか?レギュラーサイズは120mlで¥800、旅行などに便利なモバイルサイズは30mlで¥300(共に税抜き)となっています。まずはより手ごろなモバイルサイズでお試ししてみるのもいいかもしれませんね。

軟毛向けのワックス紹介!おすすめの商品と髪質の見分け方を紹介 | MensModern[メンズモダン]

ヘアジャムシリーズ「黒」についてのまとめ

ナチュラルで軽い仕上がりながら高いセット力を持つヘアジャムシリーズの「黒」エッジィニュアンスは、ワックスのべたつきを排除してワックス並みのキープ力を実現した夢のようなスタイリング剤です。特にベリーショート~ショートスタイルのスタイリングにお悩みの方は、ぜひヘアジャム「黒」をお試しいただければと思います!

ヘアジャムシリーズは「黒」を含め用途やレングスに合わせて5つの種類があるので、ご自分の目指すスタイルやテイストに合わせた使い方をすればきっと思い通りのスタイルに近づくはずです。


評価 3.4/ 5(合計3人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ