デートを断られた・・・。次はどうする?正しい対応のしかた徹底ガイド

デートを断られた男女が次にどんな対応をするべきかまとめました。デートを断られた場合でも次の対応をすることによって、脈なし・脈ありのどちらかへ行くかわかりません。デートを断られたときの男女の対応をチェックして、次につなげていきましょう!

目次

  1. 女性にデートを断れた男性の次の対応は?
  2. 女性にデートを断られたときの主な理由
  3. デートを断られた時の対応で脈あり・脈なしがわかる
  4. 脈ありの場合1:次の予定を女性から提案される
  5. 脈ありの場合2:女性が明確な理由を教えてくれる
  6. 脈なしの場合1:女性が次の予定を教えてくれない
  7. 脈なしの場合2:こちらから連絡すると女性に言われる
  8. デートを断られた時は自分の行動を振り返ることも大切
  9. デートに誘う前のステップはちゃんとしていた?
  10. 女性側の忙しさを男性側が把握できていた?
  11. デートの内容は女性が魅力的に思えるものだった?
  12. デートを断られたら次の対応を練ろう
  13. デートを断られたらすぐに男性から次のお誘いはしない
  14. 次に誘うまでに女性と親しくなる
  15. デートを断られた男性の対応策を活用して次につなげよう

女性にデートを断れた男性の次の対応は?

デートを断られたとしても次の対応によって女性が脈ありに動く場合も

女性からデートを断られた場合、男性としては「ダメだった……」と落ち込んでしまいますよね。相手の女性が好きであれば好きであるほどデートを断られた男性の心理は辛いもの。ただし、デートを断られたとしてもどうしても諦めきれない場合は次の対応策を講じることによって脈ありに動く場合もあるのでデートを断られた男性は要チェックです。

「デートを断られた、もうダメだ!」と諦める前に相手の女性の様子を見て再チャレンジできるかどうか伺ってみると良いかもしれません。後になって「あの時諦めなければ……」と思わないように、再チャレンジの機会を見てみるのも1つの方法です。ただし、全く女性に脈がない場合もあるのでデートに誘う男性側としては見極めていくことが大切。

デートを断られた男性の対応策をチェックしよう!

今回は、デートに断られた場合の脈あり・脈なしの判断方法やデートを断られた後の次の対応策についてご紹介します。もしデートを断られたとしても脈ありの兆候が女性側に見られる場合は、再チャレンジするのもおすすめ。しっかりと女性の状況を把握しながら、デートを断られた後の対応策を講じてみてはいかがですか?

デートをドタキャンされた時の理由や対処法は?女性の本音・心理を徹底調査 | MensModern[メンズモダン]

女性にデートを断られたときの主な理由

予定が合わない

それではデートを断られた場合の女性側の主な理由についてチェックしていきましょう。デートを断られた時の理由としてあげられるのが、単純に女性側の予定が合わなかったという場合。勉強や仕事、趣味などで忙しい女性の場合はピンポイントで日時を指定しても予定が合わない場合があります。こういう女性の時は、あえて日時を指定せずにデートに誘ってみるのも1つの方法。

「今月あたり〜へ行かない?」といったように日時を指定せずに相手に選択範囲を広げるようなデートの誘い方をすれば忙しくてなかなか予定が合わせられない女性だとしても、デートの誘いにのりやすくなります。もし、デートに誘いたい相手が忙しい毎日を過ごしている女性であればそういった誘い方をすると断られた、ということも少なくなるかもしれません。

好みのタイプではない

続いてあげられる理由が、男性が好みのタイプでなかったということ。この場合はいくらしつこく誘っても結局は断られた、ということで終わってしまう可能性が高くなります。「タイプではなかったんだ」と潔く諦めて次に行くことも大切。相手の女性がどうしても好きな人だったとしても相手の気持ちがこちらへ向かない以上は報われないので諦めも重要です。

デートを断られた時の対応で脈あり・脈なしがわかる

女性の脈あり・脈なしはデートの断り方によって判断

このようにデートを断る女性にはそれぞれの理由があります。デートを断られた理由を知るためにはデートを断ったときの女性からのLINEやメールの内容から判断していきましょう。

女性の連絡の仕方によって脈あり・脈なしの判断をすることによって次につなげられるかどうかもはっきりします。ただデートに断られたからといって落ち込むのではなく、女性の様子も見ながら対応していきたいですね。

次につなげられる男性の対応も大切!

女性側が少しでも脈ありであれば男性側のレスポンスによっては、再チャレンジすることによってデートに誘うことを成功できるかもしれません。デートを断られないように上手に男性側から誘っていくことも大切。流れをしっかりと作ることによって「デートに行っても良いかな」と女性に思ってもらえるように頑張っていきましょう!

脈ありの場合1:次の予定を女性から提案される

デートを断られた場合も次の予定を提案されたら期待できる

それでは、デートを断られた場合でも脈ありと期待することができる女性からの反応をチェックしていきましょう。まず脈ありと判断できるのが「この日はダメなんだけれども、◯月◯日あたりなら都合がつくかも」といったように女性側から新たなデートの日時を提案された場合。この時は、女性もデートへ出かけてもOKと感じているので脈ありと判断できるでしょう。

予定の調節をしよう

女性から新しいデートの予定を提案された場合は早速日程調整に入りましょう。スムーズにデートの約束を取り付けることで、女性との距離も縮められます。

提案された日時が厳しかったとしても、なるべく女性側の予定に合わせてデートの予定を取り付けたいですね。女性側が乗り気だったとしても、なかなかデートの予定が合わないと「じゃあ、良いか」と思われてしまうかもしれません。

デートの脈ありサインの見極め方!知っておくべき女性の好意を表すサイン | MensModern[メンズモダン]

脈ありの場合2:女性が明確な理由を教えてくれる

明確な理由といつ頃なら空いているか教えてくれたらOK

女性側が明確な理由を教えてくれる場合もデートを断られたとしても希望が見えます。「今は仕事が忙しくてダメなんだ、来月あたりなら都合がつきそうだけれども」といったようにしっかりと理由を教えてくれて、空いてそうな頃を教えてくれたら脈ありを考えても良さそう。

はっきりとした日時を明記していなくても、空いていそうな期間を教えてくれればデートにも誘いやすくなりますね。こういった場合も再度デートに誘ってみてもOKではないでしょうか。

相手のペースを考えて連絡をとり合おう

相手が忙しくて予定がつかない場合、男性の側から急かすのはNG。早くデートにこぎつけたいからといって女性側の予定をせっつくと「落ち着かない人だな」と思われて、せっかく女性の気持ちが向きかけていたのにダメになってしまうかもしれません。

女性のペースに合わせてゆっくりデートの予定を決めるのがおすすめ。焦らずに落ち着いて行動することで、女性の気持ちを掴みやすくなります。

脈なしの場合1:女性が次の予定を教えてくれない

デートを断られた後に予定を聞いても答えてくれない

脈ありとは反対に、脈なしの場合も見ていきましょう。脈なしだな、と感じた時はあまりしつこくしても意味がありません。早めに判断をして次へ行くのも恋愛においては大切ではないでしょうか。脈なしの事例としてあげられるのが、デートを断られた後に女性が次の予定を教えてくれないパターンです。

「この期間はどう?」といったようにデートの予定を聞いたとしても「ちょっとわからないな」といったように煮え切らない答えが出てきた時は脈なしと考えても良いでしょう。もし脈ありの場合は女性から積極的に予定を提案してくれるはずなので、こちら側からデートの予定を提案してもはっきりと答えない場合はデートに行きたくない可能性が高くなります。

無理にデートに誘うのはやめよう

女性がなかなか答えてくれないからといって「じゃあ、この日は?」「この日は?」といったようにしつこくデートの予定を聞くのはNG。あまりしつこく聞くと女性側の負担になってしまいます。好意を持っているのだからこそ、女性側のこともしっかり考えてデートに誘っていきたいですよね。しつこくデートに誘うのはやめて、次へ行きましょう。

脈なしの場合2:こちらから連絡すると女性に言われる

デートを断られた後に「こちらから連絡する」=連絡はしない

デートを断られた女性から「こちらから連絡するね」と言われた場合も脈なしの場合が高いです。もし、本当に連絡をしてくれたら良いですが「こちらから連絡するね」と言われた後に何ヶ月も音沙汰なしなのであれば相手の連絡する気がないと判断しましょう。「こちらから連絡する」=連絡はしないと考えておくといつまでも連絡を待たなくて良いので気持ちも楽です。

食い下がるのはやめよう

「どうして連絡くれないの?」といったように女性に食い下がるのはやめましょう。こういった連絡は女性側からすると「面倒だな、連絡をしたくないのを察してくれないのかな?」と思われてしまい、さらに印象がダウンしてしまいます。連絡がないのであればこちらからは無理に連絡せず、後追いをしないようにするのが良いのではないでしょうか。

デートを断られた時は自分の行動を振り返ることも大切

デートに誘う前の自分の行動が原因である場合も

デートを断られた場合、デートに誘う前の自分の行動が原因になっているかもしれません。デートに誘うためには前段階を重要視することも大切。本来ならデートをOKしてくれるはずが、自分自身の行動によって「あまりデートに行く気がしないな」と思われてデートを断られた、ということにもなりかねないので気をつけておきたいですね。

次につなげられるように自分を振り返ろう

デートを断られた場合は次につなげられるように自分の行動を振り返ることが大切。現在好きになっている人とデートに行けなかったとしても、次に好きになった人をデートに誘う場合の参考にすることができます。女性にとってどのような行動すればデートの誘いを受けやすいのか、チェックしていきましょう!

デートに誘う前のステップはちゃんとしていた?

ステップを飛ばすとデートを断られた、ということになりやすい

デートを断られた時にまず振り返っておきたいのが、デートに誘うまでにしっかりステップを踏んでいたかということ。今まで特に気にしていなかった人からいきなりデートに誘われたとしても女性からすると「あまり行きたくないな」と思ってしまうのも当然ですよね。デートの誘いにのってくれるようなステップを踏んでおくことも大切です。

女性との距離を縮めておくことが大切

女性をデートに誘う前は、それなりに関係を縮めておくことが大切になります。「この人となら2人で出かけても良いかな」といったように女性に思ってもらうために、メールやLINEなどを使って仲良くなっておくのが重要なポイント。仕事や学校などで顔を合わせる機会が多いのであれば、そういったシーンでも女性との距離を縮めておきたいですね。

女性側の忙しさを男性側が把握できていた?

忙しい女性はデートに誘われても余裕がない

意中の女性をデートに誘う前は女性側の様子を見ておくことも重要なポイント。誘う相手が仕事で忙しかったり、趣味に熱中していたりといった状況にある場合、デートに誘われても受ける余裕がないので断られてしまいがちです。女性がデートに出かけられるくらいの余裕があるかどうか状況を判断して、ちょうど良いタイミングで誘うことも大切。

女性が恋愛モードにあるかも重要なポイント

女性自身が恋愛モードにない場合、いくら誘ったとしても断られた、ということが積み重なるばかりです。「今は仕事が楽しいから」「趣味に没頭しているから」といった理由によって恋愛モードにない女性は恋愛そのものを面倒と感じている可能性が高いので無理に誘っても意味がありません。こうした女性の状況も判断しながらデートに誘っていきたいですね。

デートの内容は女性が魅力的に思えるものだった?

デートの内容によって断られた、ということになりやすい

断られたデートの内容が女性にとって魅力的でない場合もあります。興味がない映画に誘ったり、歌に自信がないのにカラオケに誘われたりしても女性は困ってしまいますよね。「この人のことは気になるけれども、デートの内容が不安だから行きたくないな」と思われてしまってはもったいないのでデート内容を吟味することも大切。

女性がいきたいと思えるデートを男性が提案することが大切

デートに誘う女性が普段どのようなことを趣味にしているのか、どういったところに行くと楽しいと感じてくれるのか普段の会話や周囲からの情報によって判断をしてデートプランを練っていくことが大切です。女性側にとって魅力的なデート内容である場合、デートの誘いにのってくれる可能性が高くなるのでこだわっておきたいですね。

初デートにおすすめの場所は?女子が行きたい場所や誘い方の注意点とは? | MensModern[メンズモダン]

デートを断られたら次の対応を練ろう

脈ありと感じる時は次の対応が重要

もし、デートを断られたとしても相手に少しでも脈ありの兆候を感じられるのであれば次の対応がとても大切になります。次の対応次第で、女性の好感度が上がるか下がるか決まっていくので気をつけていきましょう。

再チャレンジのために男性がするべき次の対応をチェック!

デートを断られたけれども再チャレンジできるかも!と思えるのであれば、再チャレンジするためのポイントをチェックしておくのがおすすめ。女性が「デートに行きたい!」と思えるようなデートの誘い方で再チャレンジすれば、きっと成功するはず。次につなげられる対応策について見ていきましょう。

デートを断られたらすぐに男性から次のお誘いはしない

間髪入れずに誘っても断られやすい

もし脈ありと判断できたとしても女性側が忙しくしている場合、間髪いれずにデートの誘いをしても断られてしまいます。大切なのは女性のペースに合わせた誘い方をすること。そうすることで女性も「デートに行っても良いかな」と思ってくれます。

相手の様子を見ながら、2〜3回までなら誘ってみよう

2回目のデートのお誘いは女性の様子を見て2週間後くらいにしてみてはいかがですか。「忙しさはどう?」といったように女性の様子を気遣う言葉も大切。もし2回目の誘いも断られたとしたら、1〜2ヶ月後に再チャレンジ。それでも断られるようならデートの誘いを受ける気持ちがないということなので諦めましょう。

次に誘うまでに女性と親しくなる

LINEやメールで関係性を構築

次のデートに誘うまでの期間も重要。その間にメールやLINEを使って女性との距離を縮めておくことで、次のデートの誘いにのってもらいやすくなります。もし女性が仕事で忙しくしているのであれば「毎日お疲れ様」といった労わりの言葉をかけるなど「素敵な人だな」と思えるようなアクションをしておきたいですね。

様子を見て男性から誘ってみよう

メールやLINEなどで距離が縮まり、女性からも親密感を感じられるようになったら様子を見てデートに誘ってみましょう。女性が「2人で出かけても良いかな」と思えるほど距離が縮まっていればデートの誘いにのってくれるのではないでしょうか。

デートの誘い方LINE編!メールで確実にOKを貰えるやりとりの方法 | MensModern[メンズモダン]

デートを断られた男性の対応策を活用して次につなげよう

デートの誘いを断られたとしても対応によっては、次の誘いにのってくれるかもしれません。女性の様子から脈あり・脈なしを判断してみてくださいね。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ