iPadが充電できない原因はさまざまです。しかし多くの原因は自分で対処できる範囲内です。iPadが充電できない原因の中には故障も含まれますが、まずは自分で修理できないか行動してみましょう。コードの確認や再起動をするだけでも充電できないを改善させられますよ。

iPadが充電できない原因は?対処法や自分でできる修理方法を調査

目次

  1. iPadが充電できない!実は多発している問題
  2. iPadが充電できないときでも対処法はたくさんある
  3. まずはiPadが充電できない原因を探ろう
  4. iPadが充電できないときに考えられる原因
  5. iPadが充電できないときはまず自分で対処してみよう
  6. iPadが充電できないときは再起動してみる
  7. 純正充電器でもiPadが充電できないか確認する
  8. iPadが充電できないときは充電コードに異常がないか確認
  9. パソコンでもiPadが充電できないか確認をする
  10. iPadが充電できないのは埃が溜まっているせいかも
  11. どうしても復旧しないときはAppleサポートに
  12. 一通り試しても解決しない場合にはiPadが故障している可能性も
  13. 絶対にダメ!iPadが充電できないからと自分で解体しない!
  14. iPadや充電コードは大切に扱おう
  15. iPadが充電できないときには慌てずに対処しよう

iPadが充電できない!実は多発している問題

iPadやiPhoneなど機械なので充電できないなどのトラブルが起こるのは仕方のないことですよね。しかし実は多発している問題の一つでもあるんです。iPadやiPhoneは充電コードにつないで充電しますが、充電できない理由はコードの問題や本体の問題とさまざまです。

多くの人が直面する問題だからこそ、ある程度自分で修理できる、対処できるような方法が存在します。急に充電できなくなったときでも対応できるように対処法をいくつか覚えておくようにしましょう。またいつもとは違う方法で充電をするのも効果的です。

iPadやiPhoneなどは機械なのでいつか故障するときがきます。万が一故障しても慌てないためにも、サポートセンターがどういったところにあるのか、申請方法はどうすればよいのかも併せて確認しておくと便利ですよ。

iPadで音が出ない・小さい時の原因は?確認方法や対処法を調査 | MensModern[メンズモダン]

iPadが充電できないときでも対処法はたくさんある

iPadが充電できないからといってすぐに諦める必要はありません。そんなときのために対処法と呼ばれるものが多数あるので、すぐにサポートセンターに問い合わせるのではなく、まずは自分で対処するようにしましょう。

自分で修理できるなら自分でやった方が無駄な時間が省けます。また電話する手間も省けるので、ある程度の対処法はやはり覚えておいた方が楽ですよ。どれも簡単なことなので、難しい知識が必要というわけでもありません。専門的な知識がなくてもある程度の原因を探ることができます。

iPadが充電できない原因はある程度の予測ができます。また普段から充電できない状態を作らないためにも充電に関わる機械やアイパッド本体は傷つけないように保管しておくことをおすすめします。ケースを利用したり、布をかぶせる、袋に入れるなどして傷がつかないように保管しましょう。

まずはiPadが充電できない原因を探ろう

iPadが充電できないときは、正しい対処をするためにも充電できない原因を探るようにしましょう。原因を特定した方がその分早く状況も改善しますし、ダメだった場合にはすぐにAppleサポートの方へ修理依頼を出すことができます。

iPadが充電できないという問題を抱えている人はたくさんいて、自分と同じような状況になっている人もいます。iPadが充電できない原因はどこかしらに必ずあるので、いきなり対処法を一から試していくよりも、原因を突き止めた方が早い場合もあります。

iPadの使い道はなに?仕事やプライベートで使いこなすと便利? | MensModern[メンズモダン]

iPadが充電できないときに考えられる原因

iPadが充電できない原因はある程度決まっています。そのため自分のiPadがどんな状態なのかを一度確認すればどんな対処法を試せば良いのかがある程度分かります。まずはiPadをよく確認してどんな異常があるのかを予測してみましょう。

本体に異常がある場合

本体の操作に異常がある、本体の接続が難しいなど本体に何らかの問題や異常がある場合にはそれが原因で充電できなくなっている可能性があります。そのためまずは本体の問題や異常を解決してから充電できないか確認してみましょう。もし充電も切れてしまって異常が解決できないのであればジーニアスバーに持っていきましょう。

充電コードに異常がある場合

iPadが充電できない原因の多くが充電コードに異常がある場合です。接続部分が破損していたり、断線している、接続不良を起こしているなどの場合にはうまく充電できないことがあります。新しいものに買い替える必要があるので、予備を用意しておいた方が良いでしょう。

充電器に異常がある場合

使用している充電器自体が壊れてしまっている可能性があります。iPhoneなどiPad以外も充電できないか一度確認してみましょう。他のものは充電できるのに、iPadだけ充電できない場合にはiPad本体に異常があると分かります。

いつもとは違う充電方法を試してみる

充電できない原因を探るにはいつもとは違った方法で充電することをおすすめします。同じ充電方法を繰り返しても、原因解明にはつながりません。コードなど破損が明らかである場合を除いて、原因が分からない場合には他の方法でまずは充電してみましょう。他の方法で問題が解決するのであれば、そちらの方法で充電するようにしましょう。

iPadが充電できないときはまず自分で対処してみよう

iPadが充電できないとなると誰かに頼りたくなったり、どうしようもないと感じてしまう人もいるでしょう。しかしiPadが充電できない原因の大半は自分で対処することができるものばかりです。そのためすぐに他人に頼るよりも自分で対処した方が早いことがあります。

iPadが充電できない場合にはまず充電コードを調べたり、本体に異常がないか確認し、再起動を試したり…とさまざまな対処法があります。パニックになる必要もないので、まずは自分で試して問題が解決しない場合にサポートセンターに問い合わせるなどしましょう。

iPadが充電できないときは再起動してみる

iPadが充電できないときはiPad本体を再起動してみましょう。単に本体の一時的な不良が原因でiPadが充電できなかったということもあり得ます。一度再起動して充電できるようになっていれば大きな問題はないでしょう。

再起動しても充電できない場合

再起動をしても充電できない場合は、一度電源を落として少し時間を置いてみましょう。10分程時間を置いてから再度電源を入れて充電できるか試してみましょう。これで充電できるのであれば、大きな故障とはいえないでしょう。しかしこの方法でしか充電できない場合には一度修理依頼した方が良いでしょう。

再起動を繰り返しても充電できない場合

本体を何度も再起動している、時間を置いて再起動しているにも関わらず充電できない場合には本体が故障している可能性があります。また充電に使うコード自体に問題がある場合もあるので、コードに異常がない場合には本体が故障しているでしょう。サポートセンターやジーニアスバーに連絡して修理依頼をかけましょう。

純正充電器でもiPadが充電できないか確認する

iPadはアップル社の純正充電器以外でも充電できますが、たまに不具合を起こすことがあります。そのため純正製品を使っていない場合には一度純正充電器を使ってiPadが充電できないか確認してみましょう。

純正充電器で無事に充電できる場合には、本体と充電器の相性が悪い場合もあるので、この際純正充電器に変えるようにしましょう。純正充電器は少し高いと感じてしまいますが、やはり問題が少ないので他のものを使うよりも安心感があります。

純正充電器でも充電できない場合には他の不具合か、充電コードを差し込む部分が故障している可能性があるので他にも異常がないか探してみましょう。他の対処法で充電できれば良いですが、難しい場合には修理依頼も考えておきましょう。

iPadが充電できないときは充電コードに異常がないか確認

iPadが充電できない原因には充電コードの異常も考えられます。特に充電コードが断線(コードが破損して内部の線が丸見え・切れてしまっている状態)していると正常に充電しないことが多くなります。

断線しているコードは埃やゴミが紛れ込むと火事になる危険もあり、ただ線が切れているだけと思っていると大変な事態に発展します。充電コードに異常があると充電できないだけではなく危険もあるので気をつけましょう。

充電コードやUSBケーブルが古くなっている場合には早めに新しいものに買い替えて、充電できないか確認してみましょう。充電コードにも異常が見られない場合には本体の異常の可能性が高いので他の対処法を試してみましょう。

パソコンでもiPadが充電できないか確認をする

純正充電器でも充電ができない、他の充電コードを使ってみても充電できない場合にはパソコンにUSBケーブルをつないで充電できないか確認してみましょう。もしかすると充電器自体が故障しているために、充電できなかったという可能性もあります。

パソコンから問題なく充電できる場合には充電器本体が壊れているので新しいものに買い替えるか、そのままパソコンから充電するようにしましょう。ただパソコンによって充電スピードが遅いので、問題ないのであれば新しい充電器を買うことをおすすめします。

パソコンからも充電できないとなるとやはり本体の故障が濃厚です。他の対処法でも同様な状態であれば修理や異常がないかを確認してもらった方が早いので、ジーニアスバーなどに依頼をかけてみましょう。

iPadが充電できないのは埃が溜まっているせいかも

iPadや充電コードに埃が溜まっていると異物が間に挟まっている状態になるので接続がうまく行かないことがあります。コードの接続部分やiPad本体に埃が溜まっていないかよく確認しましょう。また目に見えていないだけの場合もあるので軽く拭きとってみると良いでしょう。

特に接続部分に埃が溜まると引火する恐れもあり大変危険です。埃は見た目もそうですが、色々な危険を発生させるので、埃がかぶっていると感じた場合にはすぐにふき取るなど手入れは怠らないようにしましょう。

埃やゴミは本体の劣化を早める原因になります。すき間から本体内部に入り込んでしまうと故障の原因になるので、埃がかぶらないようにケースに入れたり布をかぶせるなどして埃から守るべく保管するようにしましょう。

iPad proのおすすめケース!おしゃれ・持ち歩きに使えるカバーは? | MensModern[メンズモダン]

どうしても復旧しないときはAppleサポートに

どうしてもiPadが充電できず、iPadが復旧できない場合にはAppleサポートに修理を依頼したり、こういった状態だと説明してさらなる対処法を教えてもらうようにしましょう。特に機械になれていないのであれば、専門知識を持つ人に聞いた方が早いです。

またiPadなどアップル社の製品を修理する場合にはジーニアスバーに持ち込む必要があります。ジーニアスバーは常に込み合っているので予約がないと受け入れて貰えない場合が多いです。そのためApplestoreなどから予約を入れておくことをおすすめします。

電話・メール問い合わせだけで解決しない場合にはこういった修理をしてくれる場所に持ち込んで修理をしましょう。充電できないiPadをそのままにしておいても、いつになっても使えないままですよ。

一通り試しても解決しない場合にはiPadが故障している可能性も

対処法を一通り試しても解決しない場合にはiPad本体が故障している可能性が高いのでApplestoreからジーニアスバーを予約したり、サポートセンターに問い合わせるようにして本体を直してもらいましょう。

修理にはいくらかお金が掛かりますが、新しいものを買うよりも良いはずです。本体の故障具合によってはそれなりのお金と時間がかかるので、どのくらいの費用でどのくらいの時間が必要なのかも聞いておきましょう。

もしiPadを仕事用として使用している場合には新しく買い替えた方が早い場合もあります。そうなってはやはりお金も無駄になってしまうので、普段から雑な扱いはせずに故障しないように使ってあげましょう。

絶対にダメ!iPadが充電できないからと自分で解体しない!

iPadが故障した、充電できないからといって自分で分解・解体するのは止めましょう。案外解体するのは簡単でも、その後組み立てができないという人が多いです。また解体することでさらに不具合を発生させる場合もあります。

解体しなければすぐに解決できた問題でも、解体することによってさらなる問題を増やすこともあるので精密機械に詳しくないのであれば、興味本位で解体するような真似は止めるようにしましょう。解体をしたい場合には業者に頼むようにしましょう。

しかしiPadが故障した場合には解体せずとも解決できる対処法が多くあります。充電できないからといってむやみに解体する必要はないので、対処法を試しても改善しない場合には素直にAppleサポートセンターかジーニアスバーに頼るようにしましょう。

iPadや充電コードは大切に扱おう

iPadやiPhoneが充電できない多くの原因は充電コードが傷んでいるからです。そのためiPad本体は当然のこと、充電コード(USBケーブル)は大切に扱うようにしましょう。引っ張ったり何かに巻き付けてしまうとその分劣化が早くなります。

また埃がつまると正しく認識されない原因になり、充電できないといった事態になるので埃が被らないような工夫も必要です。充電コードが傷んでしまった場合には新しいものに替えたりして、いつまでも古いものを使わないようにしましょう。

充電コードは劣化しやすいので使ったら都度片づけるなどして劣化しないようにしましょう。劣化や断線したケーブル・コードをそのまま使っていると煙が出て家事になる恐れもあります。大きな事故に繋がる前にケーブルやコードは変えるようにしましょう。

iPadのスタンドでおすすめは?充電対応・おしゃれでかっこいい商品まとめ | MensModern[メンズモダン]

iPadが充電できないときには慌てずに対処しよう

iPadが急に充電できなくなる事態は、実は良くあることです。しかし多くの場合は接続不良や充電コードの劣化などが原因です。そのため慌てずに原因を突き止め、対処法を試していけば多くの場合は解決します。慌ててしまうと余計に分からなくなってしまい、間違った対処法を試してしまうので、iPadが充電できないときはまず冷静になるようにしましょう。


評価 4.1/ 5(合計12人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ