iPhoneユーザーの皆さんは「iPhoneを探す」という機能をご存知ですか?とても便利な機能ですが、修理や下取りにiPhoneを出す場合にはこの機能をオフにしなければなりません。iPhoneを探す機能のメリットと、必要に応じてオフにする方法をご説明します!

iPhoneを探すをオフにする方法!修理や下取りの前などにやるべき事は

目次

  1. 「iPhoneを探す」機能とは?
  2. 「iPhoneを探す」機能のメリット
  3. 「iPhoneを探す」で出来ること
  4. 修理・下取りに出すiPhoneは…
  5. 設定から「iPhoneを探す」をオフに
  6. アプリから「iPhoneを探す」をオフに
  7. PCから「iPhoneを探す」をオフに
  8. 他のiPhoneから「iPhoneを探す」をオフに
  9. パスワードが分からない場合は?
  10. 「iPhoneを探す」をオフにする方法分かった?

「iPhoneを探す」機能とは?

便利機能「iPhoneを探す」

便利なスマートフォンが普及し、今やスマートフォンを持っていない大人の方が珍しいくらいの時代になりましたね。スマートフォンには様々な機種がありますが、iPhoneは多くの人に使われている代表的なものです。今回は、iPhoneの機能の一つである「iPhoneを探す」をオフにする方法について解説します。

「iPhoneを探す」は、自分のiPhoneがどこにあるのかという位置情報をしり、そのiPhoneに対していくつかの遠隔操作が出来るという機能です。何気なくiPhoneを使っている日常の中では、この機能を特別意識する機会は少ないでしょう。しかし、必要が生じた時には大変役に立つ便利な機能です。

ちなみにこの機能は、探したいiPhoneの電源が入っていて、「iPhoneを探す」と「位置情報」がオンになっていて、なおかつネット接続が可能な環境にiPhoneがある場合に有効な機能です。

iPhoneの電源が入らない時の原因は?症状や対処法について調査 | MensModern[メンズモダン]

「iPhoneを探す」機能のメリット

「iPhoneを探す」という機能は、その名の通り自分のiPhoneがどこにあるのかを知る機能です。iPhoneをどこかに置き忘れてきてしまった、失くしてしまったという場合に、自分のiPhoneを探すのにとても役に立ちます。地図表示で自分のiPhoneの位置情報を知ることが出来て、それを手がかりにiPhoneを見つけることが出来ます。

iPhoneは高価なものですし、大切なメールや思い出の写真、スケジュールメモなど無くなって困るデータも沢山入っていますよね。「失くしちゃったから新しいのを買おう!」と単純に諦められるものではありません。「iPhoneを探す」機能は、iPhoneの紛失トラブルの大きな味方です。

iPhoneを探すでオフラインと表示される原因・理由は?対処法まとめ | MensModern[メンズモダン]

「iPhoneを探す」で出来ること

「iPhoneを探す」サウンドモード

「iPhoneを探す」には、自分のiPhoneの位置情報を知るだけでなく、iPhoneを安全かつ迅速に自分の手元に戻すための便利な機能が搭載されています。それは、「サウンドモード」と「紛失モード」と「iPhoneを消去」で、どれも遠隔操作が可能です。「サウンドモード」とは、iPhoneから音を出して、どこにあるのかを見つけやすくする機能です。

「iPhoneを探す」紛失モード

「紛失モード」とは、iPhoneのロック画面にメッセージを表示できる機能です。失くしたiPhoneを拾得してくれた人に向けたメッセージを設定すると良いでしょう。例えば、「このiPhoneは紛失したものです。見つけた方はご連絡をお願いします。(自分の電話番号)」というような形で、自分に連絡をもらえるようなメッセージを設定することができます。

メッセージの内容は自分で自由に入力して設定可能です。自分のフルネームや住所など、個人情報を書き過ぎるのはおすすめできません。あくまでも、iPhoneを見つけるために最低限必要な情報だけをメッセージに入れましょう。

「iPhoneを探す」iPhoneを消去

「iPhoneを消去」は、紛失したiPhoneのデータを悪用防止のために消去して初期状態に戻す機能です。他人の手に自分のiPhoneが渡ったと思うと、相手がどんな人なのか全くわからず不安になりますが、この機能を使う際には注意が必要です。

「iPhoneを消去」を選択すると、iPhoneの中にあるデータは完全に消えて、初期状態にリセットされます。データのバックアップを取っている場合には、手元にiPhoneが戻ってきてから復元することが出来ますが、バックアップなしにこの機能を使ってしまうと、大切なデータを全て失うことになってしまいます。

iPhoneのバックアップは、iCloudやiTunesで取ることができます。突然のトラブルで困らないためには、普段からこまめにバックアップを取っておくことをおすすめします。

修理・下取りに出すiPhoneは…

修理・下取りの準備

便利な機能である「iPhoneを探す」ですが、iPhoneを修理や下取りに出す時、初期化する時にはこの機能をオフにする必要があります。オフになっていないと、修理や下取りで受け付けてもらえませんし、初期化の手順では必ず「iPhoneを探すをオフにしてください」というメッセージが表示されます。

ではここから、「iPhoneを探す」をオフにする方法をご説明します。自分のiPhoneの設定やアプリからオフにする方法と、PCの操作でオフにする方法、そして友人など他人のiPhoneからオフにする方法があります。

オフにしたい時の状況によって、必要な方法をとりましょう。修理や下取りの前に、オフにする方法が分からず困っている方はぜひチェックして下さいね!

設定から「iPhoneを探す」をオフに

「iPhoneを探す」をオフにする方法①

設定から「iPhoneを探す」をオフにするには、設定の中の「iCloud」を選びまあす。その中に「iPhoneを探す」機能が入っていますので、、オンオフのバーをオフにスライドしましょう。バーが緑色になっている状態がオンで、白くなっている状態がオフです。

オフにする際には、AppleIDのパスワードを入力する必要があります。パスワードが分からない場合の対応は、後程ご説明します。

アプリから「iPhoneを探す」をオフに

「iPhoneを探す」をオフにする方法②

「iPhoneを探す」機能はもともとiPhoneの設定に入っていますが、専用のアプリもあります。無料ですのでダウンロードしておくと良いでしょう。AppleIDとパスワードを入力してサインインすると、自分が所有している端末が表示されます。端末の一覧から、「iPhoneを探す」をオフにしたい端末を選んで削除すれば、そのiPhoneはオフ状態になります。

PCから「iPhoneを探す」をオフに

「iPhoneを探す」をオフにする方法③

パソコンからの操作で「iPhoneを探す」機能をオフにする場合は、iPhoneの電源は必ず切っておきましょう。電源を切ることができない場合は、SIMカードを抜き取っておきます。iPhoneをインターネットに接続していない状態にするためです。

インターネットで「iCloud.com」を検索してiCloudにアクセスし、AppleIDとパスワードを入力します。メニューの中から「iPhoneを探す」を開きます。すべてのデバイスを選択し、所在地の確認が完了するのを待ちましょう。デバイスの一覧で、「iPhoneを探す」をオフにしたい端末がオフラインになっていることを確認してから、端末の右に表示されたバツ印をタップして削除します。

「iPhoneを画面から削除しますか?」というメッセージが出るので、削除を選択すれば「iPhoneを探す」機能がオフになります。確認のためにすべてのデバイスを再表示すると、今オフにした端末は一覧に出てこないはずです。

他のiPhoneから「iPhoneを探す」をオフに

「iPhoneを探す」をオフにする方法④

自分のiPhoneが手元にない場合は、友人など他の人のiPhoneから操作して「iPhoneを探す」機能をオフにすることも可能です。その場合も、パソコンから操作した時と同じくiPhoneの電源をオフにするか、SIMカードを抜いておく必要があります。

方法は、先ほどご説明したアプリを使ってオフにする方法と同じです。操作したいiPhoneに「iPhoneを探す」アプリが入っている必要があります。

パスワードが分からない場合は?

「iPhoneを探す」をオフにするためには、どの方法でもAppleIDとパスワードの入力が必要になります。パスワードを忘れてしまった場合、AppleIDのアカウント管理ページにアクセスし、AppleIDを入力してパスワードのリセットを行います。

セキュリティ質問に答えるか、登録のメールアドレスでパスワードリセットのためのメールを受け取ることによって、パスワードをリセットし、新しいパスワードを設定します。エラーが出たり手順が分からなくて困った場合には、アップルサポートへ問い合わせてみましょう。

「iPhoneを探す」をオフにする方法分かった?

「iPhoneを探す」の便利な機能と、オフにする方法について解説してきました。iPhoneを紛失してしまった場合には、この機能は大変役に立つものですね。iPhoneには、普段は使わなくてもいざという時に役に立つという機能が沢山あり、そういった機能を知っておくことでiPhoneを120パーセント活用することが出来るでしょう。

いざ必要になった時、修理や下取りに出したい時に困らないために、ぜひ「iPhoneを探す」機能の使い方とオフにする方法を覚えておきましょう!


評価 3.5/ 5(合計4人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ