コミュニケーションが苦手な人へ!仕事関係を円滑に!克服術まとめ

仕事上でもプライベートでも必要となるスキルとして「コミュニケーション」があります。個人の考え方や性格も反映される為、コミュニケーション構築が苦手な人も少なからずいます。ここでは人との交流に苦手意識がある場合の克服術をまとめてみました。

コミュニケーションが苦手な人へ!仕事関係を円滑に!克服術まとめ

目次

  1. コミュニケーションに必要なこととは?
  2. 傾聴することがコミュニケーション苦手を克服
  3. コミュニケーションの出発点は理解すること
  4. コミュニケーションが苦手な人の特徴
  5. コミュニケーションが苦手になった原因
  6. 苦手なコミュニケーションについての前知識
  7. コミュニケーションが苦手な人の病気とは?
  8. コミュニケーションの苦手意識を克服する方法
  9. コミュニケーションを円滑にする工夫
  10. もっとコミュニケーション力をつけよう

コミュニケーションに必要なこととは?

仕事上でもプライベートでも、コミュニケーションの力を強くするために必要なこととは?よく巷の本などで紹介されているのは「折衝力」「交渉力」「説得力」の三つが基本だと言われています。しかしこれらはあくまでもテクニック上のことでしかありません。もっと人の本質や普遍的な部分で大切なことがあります。

傾聴することがコミュニケーション苦手を克服

「傾聴」とは耳を傾けること、つまり「相手の話を聞く」という行為を指します。コンサルタントやコーチ等の職業上のプロフェッショナルでも傾聴を重視しています。コミュニケーションが苦手な人の特徴は、自分中心にネガティヴに考え過ぎていることが原因の一つです。会話や交流の基本は、相手の立場を理解することです。

コミュニケーションの出発点は理解すること

相手を理解するために先ず自分がやらなくてはいけないこととは?当然、相手の気持ちや考えに賛同する、その為の「聞く耳を持つ」という習慣です。自分のことを分かってもらおうとばかりするのではなく、まずは相手を知る方法が先決なのです。

コミュニケーションが苦手な人の特徴

コミュニケーションが苦手な人というのは、突然そうなったわけではなく、何かの出来事や事件によって長年苛まれて克服が出来なくなっているケースが多いそうです。社会人にとってコミュニケーションは重要ですから、仕事や私生活にも少なからず影響が出てきてしまうのです。ここではコミュニケーションが苦手な人に顕れる特徴をご紹介します。

コミュニケーションが苦手な人は「目をそらす」

先ずコミュニケーションが苦手な人に顕著に見られるのが相手と目を合わせないという行為です。会話の最中に下を向く、明後日の方角へ目をそらす、泳いでいて落ち着かない等の様子がわかります。このような特徴では相手より「話を聞いていないのでは?」と誤解を招いてしまいます。

コミュニケーションが苦手な人は「自己主張したがる」

一見矛盾しているかのようなことですが、実はコミュニケーションができない人に往々にして当てはまる傾向は、自我が強いということです。強すぎるがゆえに自分のことを相手に理解してもらいたいという一方通行な考え方で支配されてしまい何でも求めてしまいます。相手には相手の立場や考え方がありますから、第一に相手を尊重しなければ成立しないはずです。

コミュニケーションが苦手な人は「意固地である」

コミュニケーションが苦手な人のルーティーンは、どちらかと言えば自己欲求を満たすことに執着しています。人は進歩・進化に値するルーティーンを極めるからこそ、偉業を果たせるはずです。ところが意固地で自分の欲を満たさないと不快で仕方がないという特徴が目立ちます。「これをしないと調子でない」と思いこみ過ぎているので、相手の立場がそっちのけになります。

コミュニケーションが苦手になった原因

人が成長する際の環境は人格形成の上で重要なファクトです。コミュニケーションが苦手な人は、どうやら環境に問題点が多くあるようです。主な苦手の原因について、ここでは述べてみましょう。

過去のトラウマや外的要因による原因

おそらく最も多い原因は過去に起こった忌わしい記憶にあることです。例えば失恋が原因で異性とのコミュニケーションが苦手になった方、家族間の環境が悪化し、誰も信じられなくなった方など、自分の身に降りかかった負の記憶を、今でも無意識に引きずっていることが原因です。

病気や外傷などのトラブルによる原因

フィジカルとメンタル含めて、病気や怪我、事故によってトラブルに見舞われた場合、根本的な痛みや病原体を払拭できないまま、あるいはダメージが強すぎて回復不能になったことで、コミュニケーション能力に問題が表出する場合もあります。

苦手なコミュニケーションについての前知識

苦手なコミュニケーションを克服する方法があるとしたら、知りたい人はたくさんいることでしょう。コミュニケーション力の強化を通じて、苦手意識をなくす方法をいくつかご紹介いたします。その前にこれだけは知っておいてほしいコミュニケーションについてのことです。

コミュニケーションには2つの方法論がある

コミュニケーションの苦手克服の方法を知る前に、まずはコミュニケーションそのものを解析しておく必要があります。実はコミュニケーションは大きく2つに大別できることをご存知でしょうか?

言語コミュニケーション

言葉を通じてのコミュニケーションを図る作業のことを「言語コミュニケーション」といいます。これは分かりやすいかと思います。更に大きく分けると「伝える」と「聞く」に分かれます。相手の話を聞く作業とは、言いたいことを深堀りし明確にしていく「問いかけ」の方法も含まれます。

非言語コミュニケーション

「非言語コミュニケーション」とは、言語以外の情報から相手の立場を察することを指します。例えばジェスチャー、表情、しぐさ、声のトーンにみられるわずかな心情を読み取るということです。相手の目を見て話すのと同様に、相手が話している時も目を見るようにすると、言葉を超越したところで意思の疎通ができることもあります。

コミュニケーションが苦手な人の病気とは?

コミュニケーションが苦手なのは性格や環境だけではなく、メンタル的な病気から引き起こすケースも否めません。ここではコミュニケーションが苦手という方に見られる、主な病気についてのご説明です。

①対人恐怖症

人前での過度な緊張や顔面紅潮などの症状が出る「対人恐怖症」は、とてもポピュラーなメンタル的病気の一種です。約10人に1~2人がかかるといわれています。人前に出ることがプレッシャーになり過ぎてしまい、社会に対する不安へと進行します。悩みや苦痛がますます大きくなって日常生活にも影響が出てしまうのです。別名「社会不安障害」とも呼ばれる病気です。

②アスペルガー症候群

現代病の一つとして今もって解明できないのが「アスペルガー症候群」です。発達障害の一種に属し約4000人に1人の割合で発症します。言語障害や知的障害の症状とは違った、コミュニケーション上の障害を持つのが特徴の病気です。例えば「わび」「さび」や、間接的な表現を理解できない為、直情型なコミュニケーションで留まってしまい、相手も会話や交流がしずらいと感じます。

③ADHD(注意欠陥多動性障害)

ADHDは、集中力がな散漫・気が散りやすい、落ち着きがない、順番を待てず考える前に実行してしまう等の衝動的な行為が特徴的な病気です。子供に多くみられる特徴でしたが、近年になると大人にもその症状がみられるケースも増えています。他にも目的のない動きやケアレスミス、忘れ物や遅刻の頻繁な人の中に、ADHDに罹っている人がいます。

メンヘラ診断のチェック法を伝授!男女で傾向が違う?特徴を解説 | MensModern[メンズモダン]

コミュニケーションの苦手意識を克服する方法

コミュニケーション能力は生まれ持った性格によって様々ではありますが、ある種のトレーニングやテクニックを利用することで、苦手意識が克服できるものでもあります。普段の私生活はともかくせめて仕事上で円滑なコミュニケーションをしたい!という方におすすめする方法論を述べていきます。

①相手の話を最後まで聞く

先ず最も重要な行動として、必ず行ってほしいのは「傾聴」です。これはシンプルな行為です。相手の話を最後までしっかり聞く、聞き役に徹するということだけです。コミュニケーションが苦手な人ほどなかなかそれが実行できず、つい自分のことを話そうとします。そういう気持ちになってきたら、いったん落ち着いてください。とにかく黙って相手の言うことに耳を傾けましょう。

②非言語コミュニケーションを活用する

言葉を超えた部分で意思疎通ができることで「非言語コミュニケーション」は重要な役割を果たせます。身振り手振り、ジェスチャー、話すときの態度の印象度を考慮し自分らしさを前面に出せばいいのです。どのような行動やしぐさをすれば相手に好印象を与えるかを常日頃から研究する努力をすると、必ず役に立ってきます。

③一つでも多く自信を持つ

コミュニケーションが苦手なろ理由を色々考察していく中で、結局行き着く元凶・原因は、当人に自信が見受けられないということなのです。人前で話すことに緊張する、仕事上で発表することが恥ずかしいといったことも、自分が世の中に対しアピール出来る題材がないからです。一つでも二つでもいいので、これは自分の得意なことだと言える何かを極める努力をしてみましょう。

④評価を気にしない

特別なことでもない限り、周辺の人々からの噂話や評判などは、自分には関係ないことだと開き直る強さが必要です。評価を糧にして進歩できる人ならいいのですが、コミュニケーションが苦手な人は、それがまるで病気か何かにでも罹ったかのように、どっぷりふさぎ込む習性があります。自分の為に生きてください。

コミュニケーションを円滑にする工夫

会話や交流を成り立たせる要素は何でしょうか?その仕組みや方法論を知っておくとコミュニケーションが円滑になります。ここではいくつかのポイントを押さえてご説明します。

難しく考えずわかりやすく話す

会話はウィットに富まなきゃいけない、あるいは粋な計らいやサプライズをしないと喜ばない、そう考え過ぎていやしませんか?もっとも大切なことは「伝わるように話す」ことです。小学生でも理解できるような内容で構いません。先ずは結論をはっきりリとさせ、根拠を順序立てて言うという練習をして苦手を克服しましょう。

語彙力はもちろん大切です

何かを伝える為には様々な単語を駆使しますから、日ごろから言葉や文章についてのノウハウは蓄積する努力が必要です。人一倍、あらゆる情報やメディアの発信等に興味を持って取り組んでみましょう。そこから語彙力が増えていきます。新聞、ラジオ、インターネット、テレビなどのマスメディアを卑下してはいけません。

あとは正直に話すだけ

そして誰しも分かっていながら超えられないハードルが、「正直になる」という状態です。仕事でもプライベートでも、人は無意識にカッコつけたがるものです。そこに歪みが出て苦手意識になります。目の前の相手に自分の気持ちを正直にわかりやすく伝える、そんなシンプルな作法が、実は何度も経験を積んで磨きがかかるものです。

コミュニケーション本おすすめ8選!ベストセラーや人気の本を紹介 | MensModern[メンズモダン]

もっとコミュニケーション力をつけよう

仕事やプライベートの区別に関係なく、コミュニケーションがあって初めて人の生活は成立します。いつも誰かと交渉やディベートを大なり小なり繰り返すことで、自分も成長し日々が潤うことを、ぜひ忘れないようにしたいものです。

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ