ゴルフのレーザー距離計というものが、注目を集めています。今やゴルフの上達には、科学的な分析を欠かすことができなくなりました。レーザー距離計によって、ショットの状態などを把握することが可能。使い勝手の良いおすすめの優れ物について、紹介していきます!

ゴルフのレーザー距離計でおすすめは?使い勝手の良い優れ物を紹介

目次

  1. 科学的なショットの分析
  2. ゴルフのレーザー距離計とは?
  3. どこにこだわる?ゴルフ用レーザー距離計の比較ポイント
  4. 使い勝手は?ゴルフレーザー距離計「COOLSHOT」
  5. おすすめゴルフレーザー距離計「AGF-Laser1」
  6. 「ピンシーカースロープ」は良いゴルフレーザー距離計?
  7. 優れ物ゴルフレーザー距離計「PINPOINT」
  8. ゴルフレーザー距離計「ショットナビ」の紹介
  9. ルールとゴルフ用レーザー距離計の関係
  10. 便利な機器を使いこなして

科学的なショットの分析

ゴルフの上達へ向けて取り組むべきことは、いろいろとあります。そんな中、レーザー距離計というアイテムを用いてショットに関するデータを科学的に分析することができるようになりました。ゴルフのレーザー距離計は、まさにゴルフに特化している機器ですから使い勝手は良いことが特徴。自分のところから見える限り、どこであっても距離を計測することが可能です。

目の前のポイントからピンまでに至る距離やハザードまでの距離、さらには前の組でラウンドしているゴルファーまでの距離なども簡単にわかります。優れ物のモデルでは、高低差にまで対応しているようなものも。ゴルフのレーザー距離計としては、従来からアメリカのブッシュネル社で作られているものがよく知られてきました。

最近は、それに加えて日本のメーカーであるニコンなども製品をリリースしています。メーカーから紹介されている製品には安全性の高いレーザーが用いられていますから、使用する上での心配はありません。

ゴルフ時のカッパ・レインウェアでおすすめは?おしゃれから激安まで紹介 | MensModern[メンズモダン]

ゴルフのレーザー距離計とは?

ゴルフで用いるレーザー距離計とは、距離測定器のこと。ボールまでに距離がどのくらいあるのか、またコースにどれだけの高低差があるのかなども確認することができます。その使い勝手や性能については、それぞれのメーカーで紹介しているモデルごとに違いが。

共通する性能としては直線距離のほかピンまでに残っている距離、これから打たなければならない距離なども測定することが可能です。優れ物とされる製品では高さに水平距離やスピード、さらには角度などの計測にも対応しています。ゴルファーとしては、持っていることで間違いなく重宝されるもの。

ゴルフ用のレーザー距離計については誤差が非常に少なく、1ヤード以内という精度の高さが特徴となっています。重さは200グラム前後といったものが多く、持ち運ぶにもストレスになりません。ゴルフ場で使用することを考えると、できるだけ高性能の製品がおすすめです。

ゴルフのユーティリティシャフトの選び方!選択のコツと注意点は? | MensModern[メンズモダン]

どこにこだわる?ゴルフ用レーザー距離計の比較ポイント

ゴルフ用のレーザー距離計には、さまざまなモデルがあります。そこからおすすめの優れ物を手にするためには、比較すべきポイントが。高低差機能の有無は、そのひとつです。海外のゴルフ場では平坦なコースが多いため、そこまでこだわる必要はないかもしれません。その点、日本のゴルフ場に関しては起伏に富んでいるコースが多い傾向もあります。

ですから、高低差機能があるゴルフ用レーザー距離計はニーズが高いのです。そのほかにおすすめの比較ポイントが、サイズと使用感。レーザー距離計が正確なものであることは、大前提です。

その上で使い勝手が良くなければ、結局は使いにくいということで高性能であってもやがて使わなくなるでしょう。サイズが小さなゴルフ用レーザー距離計は持っていて邪魔になることもなく、持ち運びも楽ですから良い商品であると評価されています。

ゴルフの手袋・グローブのおすすめは?フィット感やサイズなど正しい選び方 | MensModern[メンズモダン]

使い勝手は?ゴルフレーザー距離計「COOLSHOT」

ニコンのゴルフレーザー距離計である「COOLSHOT」は使い勝手が良く、優れ物のゴルフ用レーザー距離計であると評価されています。その使いやすさに関して、ほかの製品と比べるとかなり違うとされているのです。

レーザー距離計を使用するにあたり、たとえばグリーンの周囲に木の密集地があると距離計の判断を狂わせる要因となり得ます。測定した数値がピンまでの距離であるのか、木々までの距離であるのかが判断しにくいところ。

その点、「COOLSHOT」は優先的にピンまでの距離を表示する仕様となっています。そしてファインダーを確認した際に「LOCKED ON」と表示されていれば、測定が万全であるとわかるのです。コースの高低差が激しい場合には「Gモード」を選択すると距離の目安が表示され、クラブ選びを助けてくれるという優れ物でもあります。

ゴルフの道具は何が必要?初心者の選び方や費用・揃える順番まとめ | MensModern[メンズモダン]

おすすめゴルフレーザー距離計「AGF-Laser1」

ゴルフ用のレーザー距離計としてどれだけ性能が良いとしても、操作性が難しければ使い勝手が良いということにはなりません。それはおすすめではないのですが、ATLASの「AGF-Laser1」は簡単な操作で目標とするポイントまでの距離について瞬時にピンポイントで表示する優れ物のゴルフ用レーザー距離計です。

製品によってはピンまでの距離がある場面ですと、手ブレのために照準を合わせにくくなることも。そのために、レーザー距離計が本来の対象物と違った距離を計測してしまうこともあるのです。

「AGF-Laser1」にはピンサーチ機能が搭載されていて、正しくピンまでの距離が表示されます。ファインダーで対象物を見て、ボタンを一押しすればすぐ距離が表示されます。オートパワーOFF機能もついていて、電源が自動的に切れる点もありがたいところです。

ゴルフのズボンの選び方とマナー!初心者必見の服装・おすすめコーデ | MensModern[メンズモダン]

「ピンシーカースロープ」は良いゴルフレーザー距離計?

日本国内では、アメリカなどと比べてゴルフ場の用地がそこまで豊富であるわけではありません。そのような中で地形を活かしたゴルフ場が多く、自然と起伏に富んでいるのです。ゴルフ用のレーザー距離計であっても、距離をうまく計測することができないケースもあります。

そんなときにブッシュネルゴルフの「ピンシーカースロープ」を使えば、起伏をも読んだ上で正確な距離を測ります。デジタル勾配計までもが備えられていますから、手元と対象物を結んだ直線での距離にとどまらず高さも含めての計算結果が。

操作がワンタッチであり、瞬時に結果が表示されるところも使い勝手の良いものとなっています。そして100パーセントの防水構造も魅力であり、コースの天気にかかわらず悪天候であっても携帯することが可能です。

ゴルフグローブのおすすめアイテムを紹介!自分に合う正しい選び方は? | MensModern[メンズモダン]

優れ物ゴルフレーザー距離計「PINPOINT」

ジャストマネジメントが販売している「PINPOINT」シリーズは、すでにある程度のキャリアを積んだゴルファーが主要なユーザーとして紹介されているレーザー距離計。「PINPOINT900」は実に10ヤードから900ヤードまで、非常に幅広い距離の測定に対応している優れ物です。

計測を行う上では日光などの自然条件による影響で、測定の精度を狂わせる可能性を大きく低めています。ズームの倍率は6倍まで対応していて、小型かつ軽量に作られている点もありがたいところ。

その上で傾斜機能もつけられていて直線、水平での距離はもちろん角度や高低の差についてもすべてまとめて表示されるようになっています。なおゴルフ用の機器ではあるのですが実際にはアウトドアの場面、さらには建設関係の現場などでも活躍しています。

ゴルフの服装のマナーは?押さえておくべきポイント・気を付ける点まとめ | MensModern[メンズモダン]

ゴルフレーザー距離計「ショットナビ」の紹介

テクタイトが開発販売している「ショットナビ」シリーズは、長きにわたり支持され続けているレーザー距離計。ゴルフトーナメントなどでも使用されていて、販売実績なども鑑みて公益社団法人日本プロゴルフ協会による推薦を受けていると紹介されています。

これは、ゴルフ用のレーザー距離計として唯一。日本中、すべてのゴルフ場に関するデータが網羅されています。それに加えてシリーズ中、「Shot Navi NEO2」以降の製品については海外のゴルフ場にまでも対応。実に80以上の国と地域、5万以上のコースで使用することができるのです。

実際にプロゴルフトーナメントの様子がテレビ中継されている際にも、コースに関するデータや計測結果が使用されています。それだけのものですから、信頼性の高さは言う間でもないでしょう。

ゴルフクラブのシャフトの正しい選び方!種類や硬さ・特徴などまとめ | MensModern[メンズモダン]

ルールとゴルフ用レーザー距離計の関係

ゴルフ用のレーザー距離計に関しては現在全米アマチュアゴルフ選手権、全英アマチュアゴルフ選手権などのゴルフトーナメントでも使用して良いことになっています。ただ日本国内で行われている競技会ですと、使ってはいけないとされている場合も多々。しっかり確認せず安易に持って行っては、ルール違反ということになってしまいかねません。

厳密にはレーザー距離計を使って良いとされていても、ルールに反するとされる可能性があるのです。と言うのも何かしらプレーに影響し得る機能がある製品については、該当する機能を使わないとしてもルール違反に該当して失格とされる懸念が。

ですから競技会のルールなどは、あらかじめ詳細に確認しておきましょう。競技で用いようとするときには、競技向けのものとしておすすめされているものや紹介されているものが無難です。

ゴルフのジャケットは必要?ゴルフ場における服装のマナーまとめ | MensModern[メンズモダン]

便利な機器を使いこなして

ゴルフ用のレーザー距離計には、使い勝手が良い便利な機能を備えているものがいろいろとあります。ラウンドを有利にするためにも、ぜひ活用したいアイテムです。少し前と比較して、近年はレーザー距離計の販売価格に下落傾向が。

インターネット上などにも、情報はたくさんあります。競技会ではなく練習のラウンドでだけ使用するということであれば、多種多様な機能を搭載している優れ物の製品が便利。直線距離だけでなく傾斜に高低差、さらには温度や風速などといった項目まで測定することのできるものがあります。

競技会の本番において使用するといったことは難しいものの、練習に活かして環境条件の分析力を養いたいところです。実際にレーザー距離計を使うかどうかで、自分自身の学習スピードに違いが出るかもしれません。

おしゃれなゴルフマーカーまとめ!おすすめアイテムと使い方のルール | MensModern[メンズモダン]

評価 4.6/ 5(合計9人評価)

記事へのコメント

気軽にコメントしよう!

※コメントは承認後に公開されます。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ